B-REVIEW 7月のお題詩「ミルキーウェイ」 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

真清水るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち❤️久遠恭子

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち❤️久遠恭子

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち❤️久遠恭子

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち❤️久遠恭子

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち❤️久遠恭子

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

B-REVIEW 7月のお題詩「ミルキーウェイ」    

日頃よりB-REVIEWをご利用いただきありがとうございます。運営の沙一です。 暑くなってまいりましたので、皆様くれぐれも体調にお気をつけください。 7月3日の公式ツイキャスにて、7月のお題は「ミルキーウェイ」に決まりました。 「天の川」と同じ対象を意味するお題ですが、語感によってニュアンスも異なるものですね。語源のギリシャ神話によると、ミルキーウェイ=天の川は、女神ヘラの母乳が流れて出来たそうです。ミルキーでウェイな詩を募集します。 以下、ルールを説明いたします。 ①この投稿のコメント欄では、お題に沿った詩の投稿を無制限に行えるものとします。 ②ここのコメント欄に投稿された詩の全ては、ビーレビ杯不参加とさせて頂きます。 ③システムの関係上、コメント欄に匿名で詩の投稿はできません。 ④コメント欄では縦書き機能は無いので横書きになります。それか、自力で頑張って縦書きしてください。 ⑤投稿者に対する返信として、連詩や返詩も可能です。 ⑥ハートの数を個人的に得点として競ってみるのもいいかもしれません。なので気に入った作品にはぜひハートをつけていってください。 ※無論、マナーガイドラインに反することは禁止です。運営の開催する企画でカードを発行するようなことになってほしくはありませんので、くれぐれもマナーガイドラインを厳守していただきますよう、よろしくお願いいたします。 B-REVIEWマナーガイドライン&ルール(必読) https://www.breview.org/forum_blog/guideline_and_rules それでは皆様、よろしかったら遊んでみてください。


作成日時 2022-07-11
コメント日時 2022-07-31

B-REVIEW 7月のお題詩「ミルキーウェイ」 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 20
P V 数 : 1642.1
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 0
#現代詩 #ビーレビ杯不参加
項目全期間(2022/09/28現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:1642.1
2022/09/28 12時48分52秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

B-REVIEW 7月のお題詩「ミルキーウェイ」 コメントセクション

コメント数(20)
いすき
作品へ
(2022-07-11)

ミルキーウェイ、しゅきー!

1
柳煙
作品へ
(2022-07-11)

はっぴーますたーど

1
つつみ
作品へ
(2022-07-11)

牛乳は体に良くないと 教わった そんなこと急に言われても 困ってしまう おなかをすかせた子供に 何もしてあげられないほど 疲れきってしまった 七夕の話とか星空が ツイートされていても 願い事を考える余裕もないし そもそも何かを信じたところで 何年か後に 「○○はよくないことです」 と言われるんなら もう、何もかも過信しない そうすれば いまおなかがすいてる子供に 何をあげたらいいかなんて 難しく考えることもない 牛乳が白いだけで ありがたいじゃないか

2
nameⅠ
作品へ
(2022-07-11)

150円のお皿は、取らないようにね。

1
作品へ
(2022-07-11)

あのほしにはむかし、皓イ四ツ足が沢山すんでいてね から始まる短冊ものがたり ほら、繋いでね 架け渡してしまえば ボード状に散らばる星屑の、展覧会場にひとつひとつ 「ねぐらを抱いてみたんだ。」 無邪気な笹の葉から落ちた願い事のひとつが不貞腐れる 無愛想なもみの木からポラリスが願いを叶えるほどに 桜の木のもとの、木漏れ日のむこうがわに、 眩しくて冷たい、影だけが揺らめいていてね―― 頷くキミと対照的に首を振るキミを知っているかい 鈍行列車から、眺める、夜空に投げかけて 見て! 砂になったばかりの、氷菓子を、 山のようにふるってできた 小さな川を亘る かえらぬひとは 天を仰いでも 迎えが来る気がしたから 振り向いて、歩き出していたとすれば  何れにしても、どのみち。

0
自由美学
自由美学
作品へ
(2022-07-12)

水面にはしる航跡は脳内報酬系ぶっちぎって オールさばきの甘いハラキリボートが 銀河系のまたたきを ひとすじに辿った先のあぶく銭 競艇場のプールサイドから俺は叫ぶだろう びわ湖の水止めたろか マジポエムで吹いて鼻から牛乳 蛇口から牛乳水道乳道北海道ミルキーウェイ

0
室町礼
室町礼
作品へ
(2022-07-12)

      乳(ちち)論 「母には二たびあひたれども父には一度もあはず」             (『後奈良院御撰何曾(ごならいんぎょせんなぞ)』) 奈良時代のなぞなぞですが 答えは「くちびる」となっています。なぜ唇なのか。 説明はない。 とはいえ一応、これを正解にしておこうというようなものは出ています。 昔は母(はは)を母(ふぁふぁ)と発音しており、上唇と下唇は二度触れ合います。 一方、父(ちち)の発声は唇が開いたままです。 だからなぞなぞの答えは「くちびる」であるとされている。 しかし新村出『波行軽唇音沿革考』によれば母はもともと(ぱぱ)と発音されていたらしい。 それが(ふぁふぁ)になり、最後に(はは)に落ち着いたという。 奈良時代にどんな発音がされていたのか、ほんとうはわからないような気がする。 もっと不思議なのが母の象徴とでもいうべき乳の発声が(ちち=父)であることです。 これについては吉本隆明の『母型論』だったかに目のうろこが落ちるような解説があった。 「乳(ちち)」とはもともと男性器から恍惚時に放出される白濁の液体のことであるというのである。 未開人の心のなかでは男性器から放出される白濁の液と乳首から放出される白濁の液が同じものとして認識されていたのではないか。 つまり乳首と男性器は器官としては同じものとして意識されていた。だから乳首から出る白濁液を(ちち=父)といった。 その無意識の名残が現代にも残っている。 なかなかおもしろい洞察であるとおもった。 女性がなぜ男性器を吸引するか。深層心理としては、それは授乳行為の代弁なのである、という。 ここから吉本独特の壮大な世界が展開する。サスペンスドラマより面白い知的興奮を請け合いますが、さて ホモセクシャルの原因もじつはこの心理意識の倒錯から起きているのではないか。とはいえその原因を探るには一歳以前から胎児までの、言語以前の「内コミニケーション」の世界に踏み込まなければならない。至難の技である。 はなしはとびにとびますが、 上記のなぞなぞを考えた場合、わたしたちはまず幼児期に母の乳に触れ、結婚してからは妻の乳にふれる。 そういうこともなぞなぞの、くちびるが二度会うといいう解答の説明になるような気がしている。

0
妻咲邦香
作品へ
(2022-07-13)

「なかよし」 ミルキーウェイはなかよしで シルクロードとなかよしで 兄弟なのかもしれなくて 試しに入れ替えてみたら ミルキーロードにシルクウェイ シルキーウェイにミルクロード ミルクウェイにシルキーロード ミルキーはママの味 シルキーだとパパの味 母乳への長い道のり 四本足の遠い道のり 這い這いしながら果てしなく 砂だらけの荒野を進む そんな貴方の眠る揺りかごには 数え切れない程の曲線 貴方をこれから形作る 曲線たちが待っているのです だからこんなに柔らかく だからこんなにしなやかで おかげでパパは飢えています 愛情に飢えています マンハッタンは夜の八時 少しだけ今さびしくて パパはみんなに「おかむらさん」と呼ばれています 貴方は空を見上げます 無数の母親たちが列をなして 空を渡っていきます 貴方は遠い将来 父親と呼ばれる生き物になるでしょう 母親と呼ばれる生き物と なかよしになるために 二本足で立っただけなのに なんと切なくなるのでしょう ミルキーウェイはママの道 シルクロードはパパの道

0
柳煙
作品へ
(2022-07-13)

津軽三味線いちご ろくに何で なんで なんで なんで 収穫は、この、お魚! あ、 あいしてーーーー あいしてーーーー ぷう

0
羽田恭
作品へ
(2022-07-13)

乳搾り 天まで届け ミルキーウェイ 人の労働が 牛の生活とミルクとなり 子牛はこぼしながら 飲み続ける 神と同じように 無くなった 乳蜜流れる 楽園よ 乳は流れ 楽しみあり 地を這いずる我らは 苦しみと共に ミルクを流し捨て 楽しみと共に ミルクを送り喜ぶ 誰かへ それは天にまで続く 苦痛を無くす 楽しみがある 天にましませ ミルキーウェイ 牛飼う我らは 地に生きる 牛を見守れ ミルキーウェイ

1
羽田恭
つつみさんへ
(2022-07-13)

牛乳が良くないと言う人はいる 牛乳が良いとする研究結果もある それは体質にもよる どのようなものも良くも悪くもあるのだ わかるのは 牛は我らの友である 星々の下に我らはいる その星々が ミルクを流すのだ 白い河の様な ミルキーウェイ 飢えと渇きを癒してくれよ 我が友よ 牛たちよ 飢えと渇きを満たしてくれよ ミルキーウェイ

1
楽子
楽子
作品へ
(2022-07-13)

《星霜》  空から零れたのは白だった。よりによって死んだ魚を食んでるときだった。  怯えた子供たちは穴だらけになって順番にいなくなる。  彼らはたずねている。「夜は誰のものだ」と。当然ながら子供たちのものではない。  真夏の夜は汗の匂いがしている。  孤独の匂いだ。  ピロートークと口臭。  愛の匂い。  天使たちが掌を上に向けて笑っている。  熱い。星になったように燃える。それは輝くという意味でもある。  後には何も残らない。    これから生まれるのだ。  

0
いすき
作品へ
(2022-07-14)

何か白く光った post script enhanced color E P S 海が笑った

0
柳煙
作品へ
(2022-07-15)

バンズがポカポカ 理性がダラダラ 安田百足 百田尚樹 サラサラ スラスラ タイムレッシングニートドリア

0
AB 脂喰坊主
作品へ
(2022-07-29)

    天の川      A train crossing 渡る列車     the Milky Way          is ふぉがとん    forgotten ふぉがたん    forgotten ふぉ〜がったん  forgotten          and has ご〜ん      gone.     

0
エイクピア
作品へ
(2022-07-29)

天の川を眺められるところは 日本にあるのか おおミルキーウェイ うるわしのヘブンリースターズの輝き 私は眺めていて 肩が凝ってしまった 女神ヘラについては また後日言及することにします。

抒情:0% 前衛:0% 可読:0% エンタメ:0% 技巧:0% 音韻:0% 構成:0%  
0
紅茶猫
作品へ
(2022-07-29)

何をどうと分からない 乳白色に烟る 小瓶 何も語らなく なってから 饒舌になる沈黙

0
紅茶猫
作品へ
(2022-07-30)

言葉はあなたにとって何ですか ただの音、ですか パズルですか 質問状ですか 質問箱ですか 声明文ですか 抗議文ですか 教養の証ですか 咄嗟の何かですか 書かずにいられないものですか 読書メーターありがとうございます とにかく私は給食の牛乳が大嫌いでした。いつも鼻を摘まんで飲んでいました。

0
蛾兆ボルカ
作品へ
(2022-07-30)

「ミルキーウェイ」 子どもの頃からの未解決な疑問というものが、私にはたくさんある。 そのうちの一つが、「お風呂に入って汗を流すと、どうしてさっぱりするのか?」だ。お風呂から出ると火照った身体からたくさんの汗が出るではないか?その証拠に、一度湯水をタオルで拭っても、また体は濡れてしまい、2度も3度も拭くか、2度目の汗はそのままにしておくか、それが嫌なら水でも浴びるしかない。 なぜお風呂から出たあとの汗ではベトベトの身体にならないのか? 小学二年生の頃だった。 当時私の住んでいた集落は、ガスは文化プロパンガスを購入してはいたものの、高価だったのか、風呂は薪を焚いて沸かしており、それは子どもの仕事だった。 人は火の前に長時間座ると、ついウッカリ哲学してしまうものだ。 ある日私は件の疑問が考えれば考えるほど不思議になり、ついに父親に質問した。 父は次のように答えた。 「どうもおかしな事なのだが、風呂に入る前と入ったあとでは、出てくる汗が違うもののようなのだ。」 流石にそれは違うでしょ。 と、子ども心にも私は思った。そんなにいろんな水を、使い分けて皮膚から出すなんて変だ。 私の住んでいた集落には街灯は一本もなかった。街ではないのだから当然だ。 集落では牛を飼っていたからミルクは美味しく星は綺麗だったが、私のその疑問には誰も答えなかった。

1
作品へ
(2022-07-31)

ケタケタ嘲笑う、玻璃の意図で 心臓を縫い付けた、わたしたちの天体観測 隅々まで、血を舐めて、地に平伏せ 底は苑。ウジ虫が蠢く、腐った海に没れ 何も見えない夜 代わり映えもねえ灰の星が流れる それで愛されたいだけなんて フェルトのままごと 真綿の躰 先割れスプーンで、救うの/喰らうの

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2