ルーティン - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

エセ詩人

いでよ、エセ詩人!

コトダマ とはよく言ったものだ。 ハキダセ と 男は言う。 おまえは誰だ? わたしは何者だ?   

湯煙

硬派な作品

萩原朔太郎や中原中也のエッセンスを感じます。

千治

体験記『呆気ない宣告』

それはあなたの現実かもしれない。

大概のことは呆気なくドラマティックではない。そうした現実の丁寧な模写が作品に厚みを増している。

ほば

世界は自由だ━不死━

わかるということ

あなたにとっては何が、その理解が起きるピースになるだろうか?

ほば

ふたつの鐘がなるころは

鐘は明くる日に鳴る! いつでもそうだ!

運営在任中に出会った多くの作品の中のベスト。決して忘れない。

yasu.na

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち(久遠恭子)

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち(久遠恭子)

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち(久遠恭子)

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち(久遠恭子)

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち(久遠恭子)

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow



作品を
別枠表示

ルーティン    

夜更け 余計な電柱の明かりがしらじら きれいな駅へいそぐわたしの 余計なぶぶんを照らし出す ああ、これで あたまを空に 明日も暮らしていけるねと わたしは安心して肩をおとし コンビニごはんの残りをかじる 代々木 余計なビルのライトがあかあか 都会にあふれる余計な電車を 絵の具みたいにえがき出す ああ、これが わたしが昼間 かちをうみ出すせかいだと ホームの隅から薄目でながめ クールなかたちに口をすぼめる 寒気 余計な家々の灯りがあおあお 静かにいきる無数のひとが シナリオもなくうごいてる ああ、ここに すごく卑屈で 温度がひくめのわたしにも ひかない君がいてほしいと 身震いしながら期待をたくす 死ぬ気 余計なかつての記憶がほつほつ 心にうもれる余計なきもちは ほんのりはい色にひかりだす ああ、こんな わたしはいま なんで生きてて息をしてるの ぼんやり不思議を飼いながら 死んでるみたいに生きてみたい 抜け毛 余計な髪の流れてつうつう お風呂の床にたまったお湯に 見えないふりしておし黙る ああ、これは すこし前まで わたしの名前で呼ばれてて わたしのいたみを引き受けた 仲間のすがたをいつくしむ 眠気 余計でひとりでおそいわたしを ヒリヒリするまでピリピリはがし ピンクのはだにローションを塗って ああ、ここに ママがいたら わたしをなんてなぐさめるだろって はだかを毛布にくるくるくるんで せかいのそとまで夢を見にいく ヤバい わたし



ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

ルーティン ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 27
P V 数 : 1917.1
お気に入り数: 1
投票数   : 5
ポイント数 : 1

作成日時 2024-04-18
コメント日時 2024-05-12
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2024/05/30現在)投稿後10日間
叙情性11
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント11
 平均値  中央値 
叙情性11
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合11
閲覧指数:1917.1
2024/05/30 12時52分41秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

ルーティン コメントセクション

コメント数(27)
湖湖
湖湖
作品へ
(2024-04-18)

余計、という言葉で括られる世界の断片とあなた。自己否定は悲痛で不憫な感情です。小さな存在にも尊厳が宿り愛に足るのですよ。少なくとも私はそう信じています。あなたは余計な存在なんかじゃないです。

1
おまるたろう
おまるたろう
作品へ
(2024-04-19)

>ヤバい >わたし ここは「あー働きたくねー」の方が決まってた気がする。 おしい!

1
ほり
作品へ
(2024-04-20)

リズムがいい文体、そしてリズムがいい風景の移り変わり。 疲れた目で見る夜の町、光と闇、照らされる部分、照らされたくない部分、人と自分、そして自分と自分の乖離、そういう感覚、思いがとてもよく伝わってくる作品で、あるある毎日あるあるって思ってしまいます。 抜け毛を「すこし前までわたしの名前で呼ばれててわたしのいたみを引き受けた仲間」として見る発想、すごいです!憧れます。今度抜け毛をもっと親切に扱います。

1
佐々木春
佐々木春
湖湖さんへ
(2024-04-20)

コメントありがとうございます。言葉では余計とか言っていますが、そんな自分も嫌いじゃないって感じなんだと思います。ややこしいですね。

1
1.5A
作品へ
(2024-04-20)

同じ感覚を持って書いていたとしても、書き(見せ)方によって伝わり方も変わってきて、そういうものを体験されている最中なのだと思います。一つの連が8行(サブタイトルは除く)できちんと構成されていて、読み手からすると約束事のように読みやすくはあるのですが、もっと自由に書かれた方が言葉の魅力を引き出せるのではないかと思います。詩という形式にあてはめた作品という感じがしました。日常を切り取った優れた作品をいくつかこのサイトでも読んだことがありますので、他の方の作品を視点にして、考えて学ぶべきことは多いと思います。

2
メルモsアラガイs
メルモsアラガイs
作品へ
(2024-04-21)

多分に言葉遊びの感覚が強いと思われるのですが、前に置かれた副題が面白いですね。 余計な景色に流されてきた記憶のくり返しから終わりは~ヤバい、わたし。ですか、通常の毎日を客観的かつ否定的に眺め観る。そうなれば、ちょっと待てよ、このルーティンはヤバい、わたし、ということでしょうか、自虐ネタに置き換えて遊んでみた。ということでしょう。余計なかつての記憶がほつほつ~とか~つうつう~とか、くり返される言葉の余韻も独特ですね。 日常の景色からわたしの気配に置き換え言葉でいじけてみせた。ということでしょうか。

1
A・O・I
作品へ
(2024-04-21)

詩としての形として収めることにチャレンジしてみた、きっと楽しく書いたのではないかとおもう。まずそれを大事にするべきだね。評価を気にせずにたくさん書くことをおすすめする。出力しないと見えないものだし、まだまだあーだこーだ悩むときじゃないとおもうのです。ところでこの最後の『ヤバいわたし』というオチの必要性をまったく感じないのだけど、なにか詩の体裁としてカチッと仕上げることを拒否したような、作者の照れの姿と見えましたが

1
佐々木春
佐々木春
おまるたろうさんへ
(2024-04-21)

それは思いつきませんでした笑

1
佐々木春
佐々木春
ほりさんへ
(2024-04-22)

コメントありがとうございます。共感しただいてうれしいです。抜け毛ってなんとも言えない切なさがありますよね。あの姿を見るたびにきっと何かを引き受けてくれたんだなって思います。

1
佐々木春
佐々木春
1.5Aさんへ
(2024-04-23)

ありがとうございます。おっしゃるとおり詩みたいなかたちに当てはめてみたらうまく書けませんでした。自分でも全然書けた感じがしなかったので、それが一つの学びかなと思っています。

1
呉爾御息
作品へ
(2024-04-23)

言葉遊びがちゃんと効いててすげーなと思います。これいいなあ。

1
佐々木春
佐々木春
メルモsアラガイsさんへ
(2024-04-25)

コメントありがとうございます。毎日のアンチクライマックスの繰り返しをあまり詰めずに軽い言葉で書いてみました。副題も思いついた言葉をつなげてみました。「いじけてみせた」というのはおっしゃる通りだなと思いました。少し笑顔でいじけてる感じです。

0
佐々木春
佐々木春
A・O・Iさんへ
(2024-04-27)

コメントありがとうございます。詩みたいな形に挑戦してみました。当たり前かもですが、なんだかうまく収まらなかった感じです。 いろいろやってみようと思います。 最後はおっしゃる通り、照れというか、誰宛でもないちょっとした抵抗みたいなものだと思います笑

0
佐々木春
佐々木春
呉爾御息さんへ
(2024-04-28)

ありがとうございます!

0
エイクピア
作品へ
(2024-04-29)

流れが、リズムがある詩だと思いました。内容が気にならないぐらいの、流れ。「なんで生きてて息をしてるの」こんな問いがあまり深刻な意味を持たないような感じがこの詩のポイントだと思いました。

1
佐々木春
佐々木春
エイクピアさんへ
(2024-04-30)

コメントありがとうございます!

0
ローゼ・ノイマン
ローゼ・ノイマン
作品へ
(2024-05-01)

0
ローゼ・ノイマン
ローゼ・ノイマン
作品へ
(2024-05-01)

先程は失礼… コメントとしては、 短編6篇+1 描写と扱う題材が上手いと思った。 (何か上から目線の文体になる。) 描写としては色が飛び出る様 な感じがあった。 題材は人並みな言い方になるが、 現代的なものなのだと思う。

0
ローゼ・ノイマン
ローゼ・ノイマン
作品へ
(2024-05-01)

物語、語りのうまさを感じた。 背景?色彩の描写は 色彩が飛び出る感じがした。 深海の明かりに泳ぐ魚になった気分。 プロレタリアの視点、心情の汲み方。 ものの語り、 描写面は総合的に上手いと思った。 (先程の駄文は許してください…)

2
秋乃 夕陽
秋乃 夕陽
作品へ
(2024-05-01)

仕事帰りにふと感じる、詩に表現されたようなあれこれ、またふと我に返って身震いする時のあの感じ、共感しました。

1
田中宏輔
田中宏輔
作品へ
(2024-05-02)

さいごの言葉が効いている。

1
エイクピア
作品へ
(2024-05-10)

ヤバイわたしは世界の外まで夢を見に行く。死人のように生きて見たい私は、抜け毛に注目する風呂場。死ぬ気はまさに地の果てで認識されているのかもしれません。代々木とは何か。ただの東京の地名か。「わたし」のホームグランドなのかもしれませんが、「寒気」が独特な役割を果たして、この詩に独特な雰囲気を付与していると思いました。

1
佐々木春
佐々木春
ローゼ・ノイマンさんへ
(2024-05-10)

丁寧に読んでいただきありがとうございます。

0
佐々木春
佐々木春
秋乃 夕陽さんへ
(2024-05-10)

コメントありがとうございます。ふと感じたことのかけらを集めてみました。

1
佐々木春
佐々木春
田中宏輔さんへ
(2024-05-10)

最後の言葉はなんとなく出てきました。ありがとうございます。

0
佐々木春
佐々木春
エイクピアさんへ
(2024-05-11)

あまり深く考えてはいなかったのですが、ありがとうございます。

0
秋乃 夕陽
秋乃 夕陽
佐々木春さんへ
(2024-05-12)

わかります。 私も感じることあります。

1
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2