作品投稿掲示板 - B-REVIEW

佐々木春


投稿作品数: 7
総コメント数: 90
今月は1作品にコメントを付与しました。
プロフィール
記録
プロフィールはありません

佐々木春の記録 ON_B-REVIEW・・・・

初コメント送信者の燈火

作品への初コメント数バッジ(くわしく)
獲得バッジ数

精力的レッサー(月毎)

月毎コメント数バッジ(くわしく)
獲得バッジ数
✖0 ✖2 ✖2

精力的B-Reviewer

総合コメント数バッジ(くわしく)
獲得バッジ数

精力的投稿者

投稿作品数バッジ(くわしく)
獲得バッジ数

コミュート

2024-04-11

クロール

2024-03-22

終戦前夜

2024-03-08

リモート

2024-03-02

サイクル

2024-02-16

この部屋で

2024-02-11

爛漫

2024-02-10

ありがとうございます。そういうものが書きたいと思っていたので、うれしいです。 (コミュート)

2024-04-14

褒めていただきありがとうございます。しっとりしたものが好きなのかもしれません。 (コミュート)

2024-04-13

コメントありがとうございます。1.5Aさんの返信にも書いたのですが、ずっと小説読んできたのであまり詩のかたちのことがよくわかってないという問題があります…。コメントいただいて、詩も色々読んで、見え方をいろいろ模索してみたいと思います。1.5Aさんとともに、毎回丁寧にコメントいただきありがとうございます。 かもしれないについてはわざとじゃないです。わたしがかもしれないって感じの人間だからだと思いますが、そこもこれから気を付けてみます。 (コミュート)

2024-04-13

コメントありがとうございます。自分で書いてても冗長に思うこともあるので、これから、表現の強弱みたいなことも考えていきたいと思います。もともとずっと小説を読んできていて、ただ小説だと自分の書きたいことには長いなと思ってこのようなかたちになっているのですが、そこにも凝縮した形での濃淡があった方がよいと思いました。 (コミュート)

2024-04-13

丁寧にコメントいただきありがとうございます。褒めていただきうれしいです。わたしも夜の人気のないプラットフォームや電車でそのようなことを感じたりします。通勤はやっぱり面倒だしテレワークもよいのですが、コメントいただいた孤独感、それもまた自分の一部のようで嫌いじゃなかったりします。 (コミュート)

2024-04-13

コメントありがとうございます。一言では表せない心象風景を書いてみたいと思っています。 髪型についてはそんなに言及していませんが笑 (コミュート)

2024-04-13

コメントありがとうございます。少なくとも「わたし」は溶けて泳いでいこうと思ってるんだと思います。 (クロール)

2024-03-28

信じていただけないのはお褒めの言葉と受け止めながら、少し調べてみたいと思います笑 丁寧にアドバイスいただきありがとうございます。 (クロール)

2024-03-27

はずかしながら現代詩人会のことも詩会のことも知りません…わたしが書いたものはここに投稿したものが全てなので詩集はもちろん出していません。自分が書いたものがよいのかどうかもわからないのですが、ありがとうございます。 (クロール)

2024-03-26

コメントありがとうございます。自分が歩いているときの感覚を表現してみました。最後の方は自然に生まれてきた感覚ですが、徐々に焦点が定まっていくというのは歩いているときの思考そのものなのかもしれないなと思いました。 (クロール)

2024-03-25

コメントありがとうございます。 (クロール)

2024-03-24

すごく褒めていただいてありがとうございます。素直に受け取らせていただきます笑 (クロール)

2024-03-24

素晴らしいと言っていただいて素直にうれしいです。ありがとうございます! 感覚に働くといっていただけたのもうれしいです。 (クロール)

2024-03-23

コメントありがとうございます。ロードムービーなのかはわかりませんが笑 (クロール)

2024-03-23

お褒め(?)の言葉はうれしいですが、投稿初心者だけでなく詩を書いたことはほんとにほとんど小学生以来ないです笑 本は好きなので小説を中心にいろおろ読んできましたが、書いたことはないです。 (終戦前夜)

2024-03-15

こどもの頃の夏休みってなんであんなに楽しかったのかなと思います。そんなすてきな思い出に戻っていけるすてきな作品だと思いました。 (気晴らし遊戯)

2024-03-14

すごくキラキラしてて新鮮でした。 (バタフライ)

2024-03-14

たまにはいいと思います。 (まんぷく)

2024-03-14

さわやかですね。甘夏が好きなので、そのイメージで読みました。 (甘夏)

2024-03-14

愛ですね。 (目線の先)

2024-03-14

コメントできるほどの知識もないのですが、おもしろく穏やかに読ませていただきました。 (平安時代の今の春)

2024-03-14

すごい世界観だと思いました。ぼんやり探してるわたしが普段感じることのないその捉え方に読んでよかったと思いました。 (穴)

2024-03-14

から のあとが気になりました。 (償い)

2024-03-14

そうおもう気持ちがステキだなと思いました。 (かみさま)

2024-03-14

とても稚拙な言い方で申し訳ないのですが、人生経験の違いを感じました。 (酔いどれは真実を吐くが誰も気にしない)

2024-03-14

普段生活してる中でこれほど前向きになれることもないので、なにか励まされているような気持ちになりました。 (日月)

2024-03-14

消えないでください、と思いました。あまり効果はないかもしれないのですが。 (「つかれた。」)

2024-03-14

タイトルのfを越えてゆこうよというタイトルのところで、わたしだと超えていこうよって書いてしまいそうなので、もしかしたら意識して書いてらっしゃるのかもしれませんがその違いに掴まれました。最後のお金のところ、真面目なことをいうと本気でお金がほしいひとはお金がほしいと書くのかなと考えてみました。拙いコメント失礼します。 (fを越えてゆこうよ)

2024-03-14

詩を評価するような知識もないのですが、一連目がとてもよいなと思いました。他の方のコメントも勉強になります。 (コック)

2024-03-14

どれくらい歩くのが速いのかなと考えました。走るまではいかないのか、競歩の選手くらいなのか、競歩の選手ってすごいスピードなんだろうと思うのですが、あんまり「歩くのが速い」という印象でもないのですが。 (早歩き)

2024-03-14

難しい問題ですね。 (だから)

2024-03-14

石板に刻まれた古代文字みたいにも見えて、読むって何かとか、なんで文字を読みたいと思うかって考えながら読みました。なんでなんでしょうね。 (Ⴑ௧?ㄝテ"௧ŋ?Ⴑ⨧)

2024-03-14

前向きにコメントいただきありがとうございます。はげまされます。多くの方にコメントいただいてよい経験になりました。これからも気の赴くままに書いていきたいと思います! (終戦前夜)

2024-03-12

ひょんな流れからもう一回読んでいただいてありがとうございます。文句みたいなこと言ってしまいましたが、みなさんからたくさんコメントいただけてとても有り難いです。おかげさまで自分の書いたものを少し相対化できた気がします。解釈を拒んでるわけじゃないのですが、ぼんやりした印象を言葉の連なりにしてみたのでそもそも大した何かがないだけかもしれません… あと、全然ベテランじゃないです、投稿始めたのも先月で、その前に詩を書いたのは小学生の頃かもしれません笑 (終戦前夜)

2024-03-12

ありがとうございます。自分でも趣旨というほどのメッセージがあるわけではないのですが、ハツさんのコメントのようなことを考えてみることもよくあります。 (終戦前夜)

2024-03-12

丁寧なコメントありがとうございます。三連目は自分でも少し違ってる気がして最後までこれでよいのか迷ってました。自分ではその違和感が言語化できなかったのですが、確かにそうなのかもしれないと思いました。その他の視点のところも、自分で書いてるときにはどうしてもその流れから外れることができないのですが、そういうやり方があるんだなと勉強になります。表現もいくつかほめていただいてうれしいです。 (終戦前夜)

2024-03-12

「ズラッと続けておいたほうが、titleや意味につまづかず、読ませたと思う。段や空白を与えるとどうしてもヒトは間を感じ取ろうしてしまうものなのね。」 ありがとうございます。確かに自分で読んでいてもそうかもしれません。当たり前ですがタイトルや段や空白もしっかり考えないといけないことが今回の投稿でよくわかりました。もちろん中身も。 (終戦前夜)

2024-03-10

いえいえ、こちらこそ分かりづらい作品をすみません。筆力がないのは自分でも痛感していますので、これからも、もしこうした方がいいと言ったアドバイスがあればお願いしたいです。よろしくお願いします。 (終戦前夜)

2024-03-10

読み手は自由というのはその通りかと思いますが、作品ではなくコメントなので、わかりやすくアドバイスいただきたかったです。当たらないところばかりですが、「意味深悦なその文筆力に笑ってしまう。何を目指すのか、それは勃起に滾る祝砲への合図なのか」というところの意味がわからず、ただただ悲しい気持ちになりました。 (終戦前夜)

2024-03-10

コメント読み返しました。率直なご意見はありがたいですが、性的な表現を断定的に押し付けられるのはとても不愉快ですので今後やめていただければと思います。 (終戦前夜)

2024-03-09

コメントいただいて落ち着いて読み返してみたのですが、ほとんどの部分はたんたんと誇張なく書いてるなと思いました。ただ受け取られ方もあると思うし、書いてる側のテンションとそれがどう読まれるかも難しいですね。 (終戦前夜)

2024-03-09

ありがとうございます。 (終戦前夜)

2024-03-09

わたしにはコメントの意味がよくわかりませんでしたが、ありがとうございます。 (終戦前夜)

2024-03-09

コメントありがとうございます。戦争とか終戦とか言葉に溢れている中で、フリーズしてどこかに追いやるのではなくて何とかパラフレーズしていけないかという思いがあります。でも重い言葉であることは確かで成功していないのかもしれません。タイトルも難しいですね。 (終戦前夜)

2024-03-09

ありがとうございます。そうですね、長いとか短いとかは後から考えればいいのかもしれません。まずは逆らわずに書くこと、やってみたいと思います。とても良いと言っていただいた部分、感性というほどのものかはわかりませんが、わりと自然と出てくた言葉たちなので、そういうのを大切にしたいと思います。 (リモート)

2024-03-05

コメントありがとうございます。状況はさみしいのですが、そのさみしさをちょっと心地よくも思ってるんだと思います。 (リモート)

2024-03-05

「短い作品には短いなりの、長い作品には長いなりの理由を、その物語に付帯させるべきと思います。」というコメント、そのとおりだなと思いました。この作品についてなぜこの長さなのか深く考えずにこうなってしまっていたので。いろんなものを書きながらバランスを身につけていきたいと思います。良い感性と言っていただきありがとうございます。 (リモート)

2024-03-04

ありがとうございます。宇宙落語とのコメント、意識してなかったですが確かにと思いました。夜空を見上げるたびにそこにある星の姿が何億年もかけて届けられたものであることに心打たれています。 (リモート)

2024-03-03

ありがとうございます。おそらくわたし自身が諦めやすくて、どこかでその距離感にちょっと心地よさみたいなものがあるからこんな形になったんだろうと思います。黒髪さんの自由意思への考え方があれば、こんなあっさり終わらないだろうとコメントいただいて思いました。 (リモート)

2024-03-02

読んでて心地よかったです。よくわかりませんが素敵だなと思いました。スポンジボブ大好きです。 (紙を細かくたたむ時)

2024-03-02

ありがとうございます。あまり長くならないようにすっきり終わらせたかったのでこうなったのですが、その意味では最後の一文はなくてもよかったかもしれません。100億年くらい死に続けてるっていうところが最初に浮かんできました。 (リモート)

2024-03-02

コメントありがとうございます。 (リモート)

2024-03-02

丁寧なコメントありがとうございます。実は最初はラスト二行がふと浮かんで、それが自転車に乗ってるときのイメージとつながったのでこういうかたちになりました。そのつながりが自分の感覚のままでかたちにできてないから弱いのかもしれません。あと「きみ」は特定の誰かではありません。ぼんやりしたちょっと投げやりなあたたかい気持ちを書いてみました。 前半の自転車、よく書けてると言っていただいてうれしいです。また書いていきたいと思います。 (サイクル)

2024-02-24

今になって前半?は確かに長いような気がしてきました(ただ気がしてということで「何」が長いのか短いのかはわからないのですが)。実際にはだいぶ削っています。こうやって振り返るのもおもしろいですね、キリがなくなりそうですけど。 (サイクル)

2024-02-21

知らないあいだに自分が受けれてるコロケーションも実は当たり前じゃないし、意味も決められらいってことが、詩を読んでて気づくってことがあります。でもそれを気付かせるにはただ無意味な連なりを作るだけじゃダメで、なにかその人にとってのリアルな感覚を埋め込んでいけるかどうかなのかなと、読んでて思いました。 (ゲシュタルト崩壊)

2024-02-19

わたしには難しかったですが、言葉や文字の並びはおもしろいなと思いました。 (拡大図のとなり)

2024-02-18

財産は僕の好きな人なのか、僕の好きだった人なのか、そこがわたしにはわかりませんでしたが、あえてその効果を出しているのでしょうか。 (財産は僕の好きな人)

2024-02-18

的外れなコメントかもしれませんが、生きたいという気持ちが伝わってきました。 (息ー。)

2024-02-18

読み込んでいただき、ありがとうございます。電動自転車で走るのってささやかだけど楽しいですよね。 (サイクル)

2024-02-18

いえいえ、わたしも紅茶猫さんのコメントを読んでコンクリート・ポエトリーを調べてみたくらいなので、全然気にしないでください。 (サイクル)

2024-02-17

ありがとうございます。「こんな文章のような現実が毎日あれば、楽しいだろうなと思います。詩を書くことで、過去の経験が、より光り輝くような効果があるのだと思います。」と言っていただきうれしいです。楽しいことばかりではありませんが、生活の中でふと湧き出る温かい感情をかたちにしていきたいなと思っています。 (サイクル)

2024-02-17

ありがとうございます。 「閉じた箱の中から光が漏れ出ていくように、その無機質な言葉の中心に無数の感情のきらめきが込められたような作品」と言っていただいてうれしいです。そういう作品を書きたいと思っています。終わり方は自然と出てきた感覚を言葉に乗せてみました。 (サイクル)

2024-02-17

コメントありがとうございます。コンクリート詩なんて大したものではなく、どこで改行してよいのかわからないのでこうなっています。1平方kmというのも、単純に10mの立方体に囲まれて生きてるように思ってるっていう感覚です。 (サイクル)

2024-02-17

コメントありがとうございます。難しくしてるつもりはないんですが、それが今のわたしのリズムなのかもしれません。 (サイクル)

2024-02-17

わたしには書けない生活の重みのこもった詩だと思います。牛のことを考えたこともないので、この詩を読むことでは筆者のいる世界に思いをはせることができました。 (星)

2024-02-15

真意がどこにあるのかよくわかりませんでした…。 (多様性の時代)

2024-02-15

内容については言えるほどの知識もないのですが、長いという印象はなかったです。ただ、この分量と文体であれば縦書きのほうがいいんじゃないかなと思いました。勝手な印象ですが、そっちの方がイメージもわきやすいんじゃないかと思いました。 (無題)

2024-02-15

ロマンティックな内容なのだろうと想像できますが、固有名詞が詩の重要な要素となっているので、読者を選ぶとと思いました。(わたしはティツィアノもソルヴェーグ・ドマルタンも知りませんでした…) (欲望の翼)

2024-02-15

詩に詳しくないので見当違いかもしれませんが、文字の並びやかたち、意味ではなく音の連鎖がおもしろいと思いました。 (それのほか みちはない)

2024-02-15

詩のことを深く知らない私の印象にすぎませんが、背景に明確に伝えたいことがあると思われ、散々としてよりストレートに書いた方が有効なのかもしれないとも思いました。 (これまでの物語とこれからの物語へ)

2024-02-15

見当違いかもしれませんが、かっこいいというよりさわやかな詩だと思いました。 (雪国)

2024-02-14

深い後悔が伝わってきました。他の方のコメントとも関係するのですが「時間は無内容のまま」という書き出しから「時間は内容を持ち得るか」みたいな思考が働いてしまうので、そこはできれば回避した方がいいのではないかと思いました。 (時間の内容)

2024-02-14

この先の内容が気になりました。 (雲)

2024-02-14

幽霊と自嘲する語りの物悲しさがいいなと思いました。 (春の幽霊)

2024-02-14

海が嫌いになる背景に個人の経験があるようで、それが素敵だと思いました。 (海が嫌い。)

2024-02-14

メッセージはストレートに感じられます。カレー好きなので、甘口と辛口のところをもう少し丁寧に表現いただけたらさらに深く入り込めたと思います。カレー好きの前提なのでそうでなければ気にしないでください。 (憧憬を振り返る)

2024-02-14

背伸びしていない感じが素敵だとおも思います。背伸びしないってなかなかできないので。 (昨日よりも生きている)

2024-02-14

わたしの力不足なのですが暗渠と瞼の裏側の関係が最後までわからなかったです…。 (暗渠)

2024-02-13

わたしが評価するのもおこがましいですが、よい詩だと思いました。言葉を繋ぐとき、音で選んでいるのか、形と意味で選んでいるのか(もちろんどちらかだけというわけではないでしょうが)気になります。 (晴曇)

2024-02-13

コメントありがとうございました。実は投稿して読んでみて、すこし自分でなくても書けるんじゃないかと思っていました…難しいですね。ストック作品です。とにかくしっくりいくまで書いていこうと思います。 (この部屋で)

2024-02-12

コメントありがとうございます。そうです、まじめなんです笑 (この部屋で)

2024-02-12

燃えかすというネガティブな語感なのが、全体として中立的というか一歩引いたような距離感に思えて、そこが好きです。 (自画像)

2024-02-12

ありがとうございます。コメントいただいて気づいたのですが、もしかしたらわたしには、誰かにわたしになってほしいとか、わたしが誰かになりたいとかそういう思いはあまりないのかもしれません。 (爛漫)

2024-02-11

わたしには書けない言葉がたくさんありました。そして、居酒屋をめぐって考えることもわたしにはできないので、その強さが作品に出ているのではないかと思いました。 (チープ)

2024-02-11

大したコメントは書けませんが、このようにイメージを喚起する具体的な経験があって、それが試作のモチベーションになっているのは素敵だなと思いました。 (あなたのかたまり)

2024-02-11

ありがとうございます。自分でも何が本当なのかわからないので、読むたびに印象が違うというコメントもうれしいです。 (爛漫)

2024-02-11

コメントありがとうございます。本当に「何か永遠を感じる瞬間をカシャッと切り撮ったような」ものが伝えられるといいなと思っていたので、うれしいです。そういうものの集まりに感覚を凝らしていきたいです。 (爛漫)

2024-02-11

コメントありがとうございます。前向きにとらえていただきうれしいです。これからも自分なりの感覚で書いていきたいです。 (爛漫)

2024-02-11

コメントありがとうございます。もっともっと書いていきたいと思います。 (爛漫)

2024-02-11

コメントありがとうございます。表現の角を落とすということ、時間をおいてから読み返すということ、やってみたいと思います。 (爛漫)

2024-02-11