指揮 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

大人用おむつの中で

すごい

これ好きです 世界はどう終わっていくのだろうという現代の不安感を感じます。

硬派な作品

萩原朔太郎や中原中也のエッセンスを感じます。

千治

体験記『呆気ない宣告』

それはあなたの現実かもしれない。

大概のことは呆気なくドラマティックではない。そうした現実の丁寧な模写が作品に厚みを増している。

ほば

世界は自由だ━不死━

わかるということ

あなたにとっては何が、その理解が起きるピースになるだろうか?

ほば

ふたつの鐘がなるころは

鐘は明くる日に鳴る! いつでもそうだ!

運営在任中に出会った多くの作品の中のベスト。決して忘れない。

yasu.na

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち(久遠恭子)

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち(久遠恭子)

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち(久遠恭子)

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち(久遠恭子)

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち(久遠恭子)

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow



作品を
別枠表示

指揮    

生まれつき聾唖を背負った 人生は地獄だと 一本の大きな釘が私の胸めがけて突き刺してきた その日から私は 果てしない透明の中に自分を失いそうになりながら 無音を指揮する能力を身につけようとしていた 26歳になってすぐ統合失調症を背負った やはり人生は地獄だと もう一本の大きな釘が私の胸めがけて突き刺してきた その日から私は 限りない狂気の中に心を崩されそうになりながら 幻聴を指揮する能力を身につけようとしていた 思えば不思議なことだ 無音と幻聴 この相反する現象が混ざりながら同居していて 二本の大きな釘が私の胸の最奥へ 螺旋を描きながら結び合い 一本の釘になる その日から私は 引き裂かれそうな自我を保ちながら 矛盾を指揮する能力を身につけようとしていた 私の人生は暗闇に満ちていて 星がひとつひとつ光り輝いていた 私の胸に突き刺さった一本の甘美な釘を抜き取って 指揮棒のように人生の地獄を奏でながら 背負ってきた全ての悲しみの向こう側へ その祝福を指揮することができるのは 他でもない私しかいない


指揮 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 10
P V 数 : 833.0
お気に入り数: 2
投票数   : 3
ポイント数 : 0

作成日時 2024-05-19
コメント日時 2024-05-27
#現代詩
項目全期間(2024/07/21現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:833.0
2024/07/21 00時32分09秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

指揮 コメントセクション

コメント数(10)
A・O・I
作品へ
(2024-05-19)

私を指揮できるのは私自身という強い意志。良い詩です

0
黒髪
作品へ
(2024-05-19)

釘を抜き取ったら、どんな素晴らしい可能性が開けるでしょうか。 『HUNTER×HUNTER』っていう漫画で、主人公の仲間の男の子が、兄によって脳に埋め込まれていた 針を抜き取って、覚醒した、っていう話がありますね。 無責任に言うと、暗闇を指揮するその内的体験は、誰も感じたことのない高みに上るでしょう。 その経験を踏まえて詩にすれば、みんなと通じて素晴らしいことができる。

0
佐々木春
佐々木春
作品へ
(2024-05-19)

胸に刺さる長く太い釘、無音と幻聴、指揮と指揮棒 直面されている具体的な困難を共有することはできませんが、自分の血を流している釘を大きな痛みとともに抜き取って指揮棒にするという光景の強さに心が動かされました。

0
湖湖
湖湖
作品へ
(2024-05-19)

自分の人生をがっぷりと勇敢に真っ向から扱う姿は御立派です。素晴らしい意気込みのある詩ですね。感動した。

0
A・O・Iさんへ
(2024-05-24)

コメントありがとうございます。 僕は虫のように弱い人間ですが、弱音を奏でてばかりではいられないと思ったのです。しかし、無音や幻聴を指揮することは、やや強弁に過ぎたのかもしれません。闇の中で虫のように生きている人間の悶絶ぶりを素直に綴らせてもらいました。けれども、光が欲しいですよね。自分の人生、祝福を指揮することができるのは、やはり自分自身です。武士は食わねど高楊枝、という諺にあるように、武士の家系として心強く生きていかなければならないと思っています。

1
黒髪さんへ
(2024-05-24)

コメントありがとうございます。 内的体験と言うと浅学ながらバタイユを想起しますが、絶望の物語を通して眩しい希望を描きたいと思っていました。酔狂とも言える反骨精神の実況です。夜は暗くても星は見える、だから僕は大丈夫だと自分に言い聞かせています。

0
佐々木春さんへ
(2024-05-24)

コメントありがとうございます。 ”No pain, no gain”という言葉が僕は大好きなんですよね。痛みなくして得るものなし、という意味です。心の痛みを生む釘を指揮棒にすることで心の支えとなるものにしたかったのです。雨の中でも嵐の中でも、たった一人でも、悲しみの向こう側へ懸命に指揮してやろうではありませんか、人生を祝福するために。

0
湖湖さんへ
(2024-05-24)

コメントありがとうございます。 予定調和的ではないかと危惧していたのですが、好感触に感謝致します。男の意地を描写して良かったです。無音や幻聴を指揮することと、胸に刺さった釘は架空の比喩とは言え、無音と幻聴という耳の問題を抱えている事実があるからこそ、比喩のリアリティが読み手に伝わったのでしょう。そういう自信があります。僕は人生の敗北者なのかもしれませんが、敗北者とは言え負け惜しみではなく自分の人生を祝福したいと思います。

1
おまるたろう
おまるたろう
作品へ
(2024-05-24)

生きていくうえで悲しみというのは誰でもありますが、それは不快なものだと定義することができます。これは例えば、映画や舞台、感動ポルノで演じられる悲劇への観客の反応とは決定的に異なります。 人生に起きる不快。これは個々人の感じ方の問題でしかないのですけど、だからこそ強力な根拠となりえる。 まあ、ホラー映画だって不快と感じる人がいますが、これはあくまで劇場内での出来事なので、どうにも不快でたまらないのなら、会場を出て行けばいいわけですけど、実際は不快なだけではないですね。わざわざ観に行ってるんですからね。 人生でいくつか起きる事件によって不幸になるときに、これは単にしあわせがないからということではなくて、もっとはるかに強く不快が同伴している(今、わたしは長い闘病の末に亡くなった父のことを思い出しています) 不快な感じ。社会的に、人生的に否定的に評価せざるを得ない事実に反応しないといけない時に、意思的に、こういう感じ方をしないのが、いちばんよいのではないかな...と考えました。 あと、こういうことも考えたのですけど、もし自分の人生に否定的な事実があったとしても、ホラー映画を見ている観客みたいな感じ方で捉えられれば、たんに不愉快なだけではないはずなので、そのほうがいいのではないかな、とか。 わたしなりの「指揮」論でした。

0
おまるたろうさんへ
(2024-05-27)

『指揮』論ありがとうございます。 不快な出来事も昇華させることが創作の醍醐味でしょう。カタルシスを得るために創造するには、当事者感覚を持って自身の人生と向き合うことが重要です。同時に自分の状況を俯瞰する冷徹な能力も要求されるでしょう。主観的でありながら客観的であるということ。バランスのいい視点を持つことは、創作における作品内の情報の取捨選択の決定に役立ちます。ただ、自分の人生の出来事を、自分自身どれだけ把握できているか、認識のネットワークでどこからどこまで網羅できているか、それは人生に対する態度の問題でしょう。認知バイアスで認識が歪んでいる場合も考えられますがね。映画であれば不快なら出ていけばいいのですが、人生からは逃げられません。ツァラの唱えたダダだけが運命から逃がしてくれるそうですが、壊れた頭で無意味へ走るのも御免ですね。絶望です。キェルケゴールの死に至る病の一種に侵されながら、聖書を読む気にもなりません。それでいて絶望を捨てる勇気もありません。僕の絶望は家にあります。毎日、絶望的な映画の中で暮らしています。解決策が見つからない絶望です。しかし、ユーモアは必要ですね。真剣なユーモアで絶望を吹き飛ばすことができればいいと、希望があるとすれば、それしかないと思っています。

1

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1