あなたのかたまり - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

エセ詩人

いでよ、エセ詩人!

コトダマ とはよく言ったものだ。 ハキダセ と 男は言う。 おまえは誰だ? わたしは何者だ?   

湯煙

硬派な作品

萩原朔太郎や中原中也のエッセンスを感じます。

千治

体験記『呆気ない宣告』

それはあなたの現実かもしれない。

大概のことは呆気なくドラマティックではない。そうした現実の丁寧な模写が作品に厚みを増している。

ほば

世界は自由だ━不死━

わかるということ

あなたにとっては何が、その理解が起きるピースになるだろうか?

ほば

ふたつの鐘がなるころは

鐘は明くる日に鳴る! いつでもそうだ!

運営在任中に出会った多くの作品の中のベスト。決して忘れない。

yasu.na

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち(久遠恭子)

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち(久遠恭子)

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち(久遠恭子)

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち(久遠恭子)

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち(久遠恭子)

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow



作品を
別枠表示

あなたのかたまり    

丸の内駅のホームで、あなたを見かけたとき、BOSEのヘッドホンから聞こえていた音楽より、脈がバクバク鳴る音のほうがはるかに大きくて、動けなくなった。まるで、両方の靴が触れている地面から、たった今足が二本生えたかのように震えて、動くことができなくなった。生まれた場所を好む両足は、(気温の低く、暗い湿気た場所を好む植物が、沖縄の暖かく乾いた気候では上手く育てないのと同じことだと言い張るように、)頑として動かない。ヘッドホンはエンドレスでフジコ・ヘミングが演奏する『革命』を流し続けていて、その重苦しさに気が狂いそうになって、右手でヘッドホンを耳からずらした。丸の内駅にいる人々は皆、足早にオフィスや行くべき場所へ向かうのだから、ぐすぐず立ち尽くしているわたしを迷惑そうに見て、でも首や目線を進行方向へ向け直したときには、行く先で待っている仕事等のことを考えるのに忙しくて、ホームで立ち尽くすわたしを忘れてしまえる。でもわたしにはできない。一日を100のかたまりに分けたなら、(まずあなたはこのたとえを笑うだろうが、)わたしはそのうち15個のかたまりに該当するじかん、ぼうっとあなたのことを思い出している。思い出してはうち消して、15個のかたまりが18になる日も、9の日もたしかにあるけれど、でもわたしはあなたを記憶している。忘れることなく、日々記憶し続けている。生きていると、忘れることができることの例とその数にびっくりすることはあっても、本当に忘れられないことなんて一つもない。二十一のときには、忘れられない女のひとがいた、わたしはそのひとのことをたくさん書いた。詩にした、散文にした、たくさんの、わたしの(書いた)彼女がまだインターネット上にはいる。わたしにとって、忘れるとは、書いて、書いて、全部を物語にして泣くことだった。セラピーなんかにもならないくらい落ち込んでぐるぐると、虎がバターになるくらいぐるぐるぐるぐるおなじところを回って、つかれ果てて倒れて、でもわたしはやめなかった。ずいぶんとすり減らし、たくさんの傷をつくって、手脚は何かをつくったり歩くためではなく、転げおちるためにだけ大きく広がって、わたしのからだを傷だらけにした。 あなたのかたまりも、15から、9になり、9から20になり、20から、5に、3にと減っていくことはわかっている。だって昨日の晩は思い出さなかった。 耳から外れたヘッドホンから、遠く、革命が聞こえる気がして、耳を澄ます。足を引きずり、息も絶え絶えに為される革命が、わたしを忘却へ駆り立てるために、丸の内駅のホームにうっすらとながれている。あなたはとっくにどこかへいってしまった。わたしはバクバクする心臓がやっと落ち着いたことに気づいて、ヘッドホンを首から外してユニクロのバッグにしまう。巾着型のバッグの口を縛っている紐をのろのろとほどいて、やっとのことでヘッドホンをしまった。忘れるためには、生きるしかないと、あたりまえのことが、丸の内駅のホーム、放送で流れる。(忘れるためには、生きるしかないので、)


あなたのかたまり ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 11
P V 数 : 865.0
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 0

作成日時 2024-02-08
コメント日時 2024-02-11
#現代詩
項目全期間(2024/04/15現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:865.0
2024/04/15 12時54分51秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

あなたのかたまり コメントセクション

コメント数(11)
A・O・I
作品へ
(2024-02-08)

いいね、とても情景として感情として美しく浮かぶと思います。ただひとつラスト手前 [・丸の内駅のホーム、放送で流れる。]←なぜ放送〝で〟なのだろうと考える。その前文の [・生きるしかないと、あたりまえのことが、] ここはすごく大事なところなのだけど。繋げるには〝放送で〟だけでは伝わりきらず足りない気がします。放送とは?どんな意味をもたらすのか、たとえば周囲のひとびとの動きだったり時間、空気感。そういったものでもっと強めることが出来たのではないかなと思います。

1
ハツ
ハツ
作品へ
(2024-02-09)

A・O・Iさん、コメントありがとうございます。 >丸の内駅のホーム、放送で流れる。 ここを切らずに一文にしたかったので、「あたりまえのことが、丸の内駅のホーム、放送で流れる」にしたのですが、ご指摘いただいて読み返すと、必然性はなく、テキトーにおいたようにしか見えませんね。ホームの放送で、だろうが特に変わりがないですもんね。 >放送とは?どんな意味をもたらすのか、たとえば周囲のひとびとの動きだったり時間、空気感。そういったものでもっと強めることが出来たのではないかなと思います。 こちらのご指摘がとてもありがたかったです。この箇所、わたしの書きではまだまだ解像度が低いので。 >いいね、とても情景として感情として美しく浮かぶと思います。 もちろんコメントのこちらの部分も嬉しかったです。ありがとうございます。

1
1.5A
作品へ
(2024-02-09)

固有名詞が多く使われているという印象を持ちました。というのも僕が今書いているものにも音楽の名前やユニクロという社名を使っていて、その偶然が生み出すものがあると思ってコメントを書かせて頂きました。先程の固有名詞が、皆が聞きなじみのある地名、物、社名、音楽など、虎がバターみたいな言葉もそうかも、ほどよく散りばめられていて、そういった言葉が書き手と読み手の距離を縮めるために作用していると思います。でもその割合が多くなり過ぎると、それありきといいますか、狙っている感じも出てきてしまって、塩梅が難しいかと思いますが、途中、数字から発想されていくイメージ、哲学的?な、がその狙っている感じを上手く打ち消しているように思いました。主人公が男性、と明確には断言できませんが、女性だと思って読んでいたので、中盤に小さな驚きがありました。ただ、僕だったらヘッドホンは最後に外すかなと(耳が作中のひとつのポイントになっている気がしますので)。駅だから、外したことで生まれる雑踏、それは自分が普段から知っている音であったり、はたまた見知らぬ世界へと踏み込んでしまった警告のアラームであったり、動くことすらままならず、立っていることしかできなかった世界が、また動き出す合図として、「外す」という行為を、しかしわたしが立っているここは一体どこなんだろうみたいな、少し不思議な世界が見える終わり方へ、繋げていくこともできるのではないかと思いました。でも、作者の方が提示される終わり方もすごくいいなと思いました。

1
紗月皐
紗月皐
作品へ
(2024-02-09)

序文にいきなり心を掴まれて、「わたし」の心情への共感など様々な気持ちが浮かんできました。そして一日をかたまりに分ける、という表現がその後の気持ちの変化を描くことへの大きな意味を成していること、そしてそれが作品への没入感を増していき、とても身近なもののように感じられて読んでいてとても素直に心に届く作品だと感じました。

1
ハツ
ハツ
1.5Aさんへ
(2024-02-10)

>ただ、僕だったらヘッドホンは最後に外すかなと(耳が作中のひとつのポイントになっている気がしますので)。駅だから、外したことで生まれる雑踏、それは自分が普段から知っている音であったり、はたまた見知らぬ世界へと踏み込んでしまった警告のアラームであったり、動くことすらままならず、立っていることしかできなかった世界が、また動き出す合図として、「外す」という行為を、しかしわたしが立っているここは一体どこなんだろうみたいな、少し不思議な世界が見える終わり方へ、繋げていく コメントありがとうございます。引用部分、参考になるコメントで、ありがたく読みました。リライトするときに、別のパターンとしてぜひ参考にしたいです。固有名詞の話もすごくわかりやすく書いてくださって、次回以降書くときに、バランスは意識するようになると思います。数年前、ゼンメツさんが『傘泥棒』という作品のコメント欄で固有名詞の働きについて書いておられて、すごく参考になったことを思い出しました。(下のコメントにリンク貼りますね。)コメントありがとうございました。

1
ハツ
ハツ
作品へ
(2024-02-10)

記憶違いでした。なかたつさんの選評のコメント欄にて、1.5Aさんが書いてくださったことと近いことをゼンメツさんとなかたつさんが話しておられる。私用のメモを兼ねて貼っておきます。ただ、誰にとっても参考になると思います。 https://www.breview.org/keijiban/?id=2604

1
ハツ
ハツ
1.5Aさんへ
(2024-02-10)

1.5Aさんの作品だと、こちらが固有名詞の働きを逆手にとっている優れた例に思われます。とても良い作品! https://www.breview.org/keijiban/?id=11584

1
1.5A
ハツさんへ
(2024-02-11)

貴重なひとページをお教え頂きありがとうございます。作品本文、それからコメント欄全てに目を通しました。そこからまた頭に浮かんできたのは、固有名詞って記憶の一部なんだろうなということでした。 文章、そこに息づく呼吸みたいなものは、ある程度(読み手として)反復して読み込めば、噛み砕くことができ(あくまでも模倣にすぎませんが)、それによって、文体、そこから派生するリズムなどを真似することもできます。このあたりは広くセンスが問われそうな部分ではありますが、だから実はそうではないと思っていて、固有名詞を作品にいくつか織り混ぜていく方が、それが持つ記憶が錯綜してしまい、これはセンスが必要なんだと反対に思わされてしまいます。つまり、読み手の記憶にない固有名詞は読み手には刺さらず、逆にそれがあることで作品全体にノイズがかかってしまったり、書き手は読み手を選ぶことはできないということが固有名詞を使用する難しさの前提にあると思います。また固有名詞という限定された名詞を入れずとも作品は成り立ちます。匿名さんの作品から拝借いたしますが、BOSEのヘッドホン、ではなくてヘッドホンないしはイヤホン。フジコ・ヘミングが演奏する『革命』、ではなくてピアノで演奏された曲というように(ユニクロのバッグもそうですね)。でも『革命』はこの作品の中で意味を持っているため置き換えられないところではありますが。 僕は自分の世界しか分からないので、意識して固有名詞を遠ざけてきたのですが、と同時にそれは美しい比喩にも匹敵するような輝きや効果があると心のどこかでは感じています。使われている固有名詞と作品の方向性が調和している場合、それは読み手の記憶を推し量るだけではなく、書き手の意思が読み手の心の中に遊びに来てくれたような、そんな体験がもたらされるのだと思います。 (普通名詞、固有名詞の選択は、僕も基本は読み手との距離感を操作するために選んでいる。)もちろん意図的に遠ざけることもよくする。 遠ざけるためにそれを用いるというのは面白い発想だと思いました。 良い文章体験をさせて頂くことができました。僕の書いたものにも言及して下さりありがとうございました。

1
ハツ
ハツ
紗月皐さんへ
(2024-02-11)

コメントありがとうございます。いただいたコメント、こちらのこころにもまっすぐ届きました。とてもうれしかったです。ありがとうございました。

0
佐々木春
佐々木春
作品へ
(2024-02-11)

大したコメントは書けませんが、このようにイメージを喚起する具体的な経験があって、それが試作のモチベーションになっているのは素敵だなと思いました。

2
ハツ
ハツ
佐々木春さんへ
(2024-02-11)

佐々木春さん、コメントありがとうございます。素敵と言ってもらえて嬉しいです。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1