出会い頭にご注意ください - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

大人用おむつの中で

すごい

これ好きです 世界はどう終わっていくのだろうという現代の不安感を感じます。

硬派な作品

萩原朔太郎や中原中也のエッセンスを感じます。

千治

体験記『呆気ない宣告』

それはあなたの現実かもしれない。

大概のことは呆気なくドラマティックではない。そうした現実の丁寧な模写が作品に厚みを増している。

ほば

世界は自由だ━不死━

わかるということ

あなたにとっては何が、その理解が起きるピースになるだろうか?

ほば

ふたつの鐘がなるころは

鐘は明くる日に鳴る! いつでもそうだ!

運営在任中に出会った多くの作品の中のベスト。決して忘れない。

yasu.na

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち(久遠恭子)

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち(久遠恭子)

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち(久遠恭子)

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち(久遠恭子)

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち(久遠恭子)

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow



作品を
別枠表示

出会い頭にご注意ください    

私たちに共通の目的があったと信じるならば それは 結ばれることではなく 出会うことだった のかもしれない この出会い  ー私とあなたの一瞬の交差点ー に向けて 私は 蠢くこの生命力を 持て余すこの若さを 燃え尽きないこの情熱を 惜しむことなく全部かけて 喜怒哀楽に足をとらわれながらも 全速力で 一生懸命に 走ってきた ああ、私の人生ってそういうものだったんだ あなたにぶつかったときに 宇宙にカラフルに飛び散って 転んでいる私に 「あっめちゃきれいかも」 って思わせるための 準備段階にすぎなかった この一瞬のための とてつもなく長い下敷き にすぎなかった んだ 子供のときに転んで 手を肉まで切ったことがある なにがなんだかわからなくて 暖かい血の海と睨めっこしながら長い長い時間一人で泣いていた 思えば あのときの悲鳴も涙も全部 あなたの名前を呼ぶための発音練習だったんだね だから私はできた はじめてセックスしたときに やべえなぁって思ったくらい血が出た 冷たくなった血の海に背中をべっちゃりとおしつけながら 私は苦しさに耐えていた 思えば あのときの体の動きも息切れも全部 あなたのところまで走り抜くための準備運動だったんだね だから私はできた そんなこんなで 赤い記憶も 黄色い記憶も緑の記憶も青い記憶も全部 私があなたにぶつかったときに マーブルチョコのように宇宙に飛び散ってしまった まじできれいだったよ ほんとうに これよりきれいなものを 私は見たことがないって あなたは信じられるのかな 私たちはぶつかった 私は転んだ あなたは全く動かなかった ちょっと苦笑いしただけ ごめんねって言っただけ そして手をかわいく振りながら去っていってしまった くそ 転んだまま私はずっと空を見てた 起き上がれない カラフラな記憶たちは宇宙の暗闇に吸い込まれてしまって、帰ってこない くそ ああ いったいなぁ いたい あかい あい あっ … 空と睨めっこしているうちに私は分からなくなってきた 空が何色かと 私たちの共通の目的はいったいなんだったかと 私たちはなんで出会ってしまったかと 私はなんで泣いている、なんで痛いのかと なんとなく分かってきたのはただ一つ 準備も本番もついに終わった ということ  だけ


出会い頭にご注意ください ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 15
P V 数 : 894.4
お気に入り数: 2
投票数   : 2
ポイント数 : 0

作成日時 2024-05-17
コメント日時 2024-06-08
#現代詩
項目全期間(2024/07/21現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:894.4
2024/07/21 00時13分45秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

出会い頭にご注意ください コメントセクション

コメント数(15)
佐々木春
佐々木春
作品へ
(2024-05-17)

最後は終わってしまったのですね。なんで終わってしまったのでしょうか。 マーブルチョコのように宇宙に飛び散ってしまった まじできれいだったよ というところ、宇宙の星たちがマーブルチョコみたいだったら綺麗だなと思いました。木星とか海王星とか火星とか、けっこうマーブルチョコみたいですよね。

1
湖湖
湖湖
作品へ
(2024-05-17)

即物的なようでいて経験と成長が率直で明るく描けていますね。けろっとしていて若々しい。

1
ほり
佐々木春さんへ
(2024-05-18)

佐々木春さん、コメントありがとうございます! そう、マーブルチョコのところはまさに星々がマーブルチョコになるのをイメージして書きました笑 俵万智の短歌でマーブルチョコが出てくるのがあるんですけど、あれを読んで以来自分が書いたものにも出てほしいなってずっと思っていて、そしてついに! 読んでいただきありがとうございます!

0
ほり
湖湖さんへ
(2024-05-18)

湖湖さん、読んでいただきありがとうございます! 率直さと若々しさが伝わってとても嬉しいです!ありがとうございます!

1
1.5A
作品へ
(2024-05-18)

採れたての野菜をざくざく切っていくような、瑞々しい文体だと思います。文章の改行が読点の代わりになっていて、特有のリズムも生んでいると思いました。読む、というよりもいつの間にか最後まで読まされてしまいました。内容も面白かったのですが、「あなたは信じられるのかな」以降は、なにかぼんやりとしていて、初めに書いてあることが繰り返し書いてあるみたいな感じ、たぶん別れ的なことを示唆されているのかなとも感じましたが、このぼんやり感をもっと強烈に書き出してみるとか、払しょくするような新しい展開を作られるとか、もうひと手間加えられると、もっと面白くなりそうな気がします。それから「出会い頭にご注意ください」という表題は、本文といまいち噛み合っておらず、分かりにくさを感じました。見た目の可愛さと、それからカラフルさもあるので、文中の言葉をお借りすると、「マーブルチョコ」でも良かったのではと思いました。終盤で「カラフラな記憶たちは~」とあって、タイプミスかなと思いました。

1
おまるたろう
おまるたろう
作品へ
(2024-05-18)

ま、眩しい。 ほりさんは、自分の記憶をその輝きのままに再現できる人ではないかな。これは、できるようで、できるものではないので、技術ではない。常に体温が37度くらいある感じがするんですよね。今後、どんなふうに発展していくんだろう。

1
ほり
1.5Aさんへ
(2024-05-23)

1.5Aさん、コメントありがとうございます! 面白く読んでいただけてとても嬉しいです! 確かに終わりの方はぼんやりしてますね、転んで頭を打ったのでしょうね、、まあ最後は転んでしまって、「あなた」に行かれちゃって、それで痛くて悔しくて、そのぐずぐず感を描きたかったっていうのもありますけど、もっと切れる書き方がよかったのかもしれません、考えてみます! 「出会い頭にご注意ください」っていうのは、「私」と「あなた」の出会いは衝突として描かれてると思うんですけど、そういう衝突に気をつけてくださいっていうか、気をつけたほうがよかったというか、そういう意味ですね。危ないです、、 読んでいただきありがとうございます!

1
ほり
おまるたろうさんへ
(2024-05-23)

おまるたろうさん、読んでいただきありがとうございます! 本当に私はただ再現する、再現者です、詩人でも作家でもない笑

1
熊倉ミハイ
熊倉ミハイ
作品へ
(2024-05-30)

普通に好きですねこの詩。 子供の時の痛みが「発音練習」になるような、そんな人生のトラウマから何まで意味を与えてくれることになった「出会い」。でも、最後にはそんな相手とも別れが来てしまう。 今後、その記憶の塗り替えは起きるのかなと考えてみると、二重構造が示されていますね。子供の時の転倒と同じように、相手とぶつかった時にも心情が転んでいる。その転倒で流した血を、また別の意味に塗り替える未来の相手が現れる、伏線がまた張られているようです。「転倒」を巧く使った表現だと思います。私もこんな恋愛詩が書きたいなぁ……

1
エイクピア
作品へ
(2024-05-31)

血の記憶は忘れ難いものでしょう。準備も本番もついに終わったと言うセンテンスにふと立ち止まります。共通の目的を思い出そうとして、記憶がフル稼働する。色に置き換わる記憶。ランボーの母音の詩をふと思うのですが、「カラフルに飛び散って」。「カラフル」に想起するものがあるのでしょう。

1
ほり
熊倉ミハイさんへ
(2024-06-01)

熊倉ミハイさん、コメントありがとうございます。 そこまで読みとっていただき嬉しいです。そうですね、書いてて思ってたのは、子供のときにただ泣いていただけなのですけれど、今回は同じく転んで泣きながら相手の名前を呼ぶというのと重ねると本当に子供のときのあの泣き声が発音練習っぽく見えるなぁって。簡単な調音はクリアしてたので次はちょっと複雑な調音にしようっと笑 痛みも同じですね、今度はちょっと複雑な痛み、きっとできるっしょって。 読んでいただきありがとうございます!

1
ほり
エイクピアさんへ
(2024-06-01)

エイクピアさん、読んでいただきありがとうございます! ランボーの「母音」ですね、共感覚的ってわけではないですけど、でもなんか、記憶とか経験とかって何何色っぽいなぁって感じるときがありますね。特に記憶フル稼働のときに、こう、ね、色の嵐になります。

0
田中宏輔
田中宏輔
作品へ
(2024-06-01)

詩的だ。

0
紅茶猫
作品へ
(2024-06-02)

>なんとなく分かってきたのはただ一つ 出会うための準備と「出会い」という本番を終えた話者はそこまでの過程が分かったと言ったきり、ぷつりと詩が終わっている。 このぶつかった相手がこの話者と同じ程度の目的を持っていたとは読めませんでした。 それはこの話者の心の解釈でもあるような。 本当に準備をしていたというよりは、そう自分を納得させていた、ただ単にぶつかる相手を探していた、転がる自分が止まる石ころを。 話者の主体が強固なので何だか意地悪な読みになりました。 基本的にはこの話者は優しい人なのではないかと解釈します。 変な読み解きめいたものをつらつらとしてすみません。 流れるような言葉の展開が転がる石ころを連想させました。

1
ほり
紅茶猫さんへ
(2024-06-08)

紅茶猫さん、読んでいただきありがとうございます! そうですね、本当にそういうことですね、現にあるのは衝突だけなのですが、話者にとってそれは、まさにそのために人生の全てをかけてきたという錯覚に陥ってしまうくらい、それほど大事なことでした。話者にとって、ましてや相手にとって最初からそうだったわけでもないと思います。ことが起こってから事後的に話者がそう思っているだけですね。 とても丁寧に読み解いていただきありがとうございます!

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1