愛する方法 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

大人用おむつの中で

すごい

これ好きです 世界はどう終わっていくのだろうという現代の不安感を感じます。

硬派な作品

萩原朔太郎や中原中也のエッセンスを感じます。

千治

体験記『呆気ない宣告』

それはあなたの現実かもしれない。

大概のことは呆気なくドラマティックではない。そうした現実の丁寧な模写が作品に厚みを増している。

ほば

世界は自由だ━不死━

わかるということ

あなたにとっては何が、その理解が起きるピースになるだろうか?

ほば

ふたつの鐘がなるころは

鐘は明くる日に鳴る! いつでもそうだ!

運営在任中に出会った多くの作品の中のベスト。決して忘れない。

yasu.na

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち(久遠恭子)

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち(久遠恭子)

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち(久遠恭子)

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち(久遠恭子)

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち(久遠恭子)

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow



作品を
別枠表示

愛する方法    

もう何も言えない 神のやり口の前では何も言えない 私が一番望むものを 最高度の価値として認めて引き離す 何度も触れ合い傷つけあった 私自身の知っていることしか知れない 望む答えがどこに書かれているか 私は探し回った 何となく全てが答えだったような気がする 大英帝国も 大日本帝国も 大人しくなった 三千羽のハトがお産をする 羽ばたきながら伝書バトは帰って行く 永遠の幸福がどこかにあると知っているから だからこそ帰って行く 豆に打たれてびっくりしては 頭うなずき歩いている なぜそんなに立派な本能を備えていて そんなに頭が悪いのか 考え続ける 答えはない 神はハトに宿っていたか 私の心は求め訴える 愛の言葉を伝えたいのに 私にはその手段がない この情熱が太陽の法か お月様が見てる 笑ってみてる ではあいこでは終われない 決着つくまで取っ組み合いだ 美しい戦いに終わるときはくるのか 永遠に輝く太陽の 中心核に訊ねてみたい 太陽のクソ野郎 おれを燃やしてくれよ 身が骨に変わるまで


ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

愛する方法 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 19
P V 数 : 1149.1
お気に入り数: 0
投票数   : 2
ポイント数 : 0

作成日時 2024-07-08
コメント日時 2024-07-11
#現代詩
項目全期間(2024/07/21現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:1149.1
2024/07/21 00時42分58秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

愛する方法 コメントセクション

コメント数(19)
ぺえ太
ぺえ太
作品へ
(2024-07-08)

> 豆に打たれてびっくりしては >頭うなずき歩いている >なぜそんなに立派な本能を備えていて >そんなに頭が悪いのか ここのハトの描写がうまいと思いました。 私は哺乳類から鳥類、爬虫類、魚類とたくさんのペットを飼っているんですが、彼らは本当に立派な本能を備えていると感心させられますね日々。 また、別種族の動物を見て「かわいい」と思う人間特有の本能は、人間が不必要なほど頭がいいためかもしれませんね。そこにも神が宿っているでしょう

1
黒髪
ぺえ太さんへ
(2024-07-08)

学校の構内にたくさんいたので、昼ご飯のとき、ベンチに座っていつも観察していました。 本能と頭の良さの競演で、地球上の生命はできていると思います。愛の本能と、 賢い頭を備えた人間は、頭がよすぎるために色々考えますが、たとえば哲学者だと、 スピノザとかはとてもいい人で、ライプニッツは史上最高の頭脳とうたわれても、 人間的には問題の多い性格の人だったそうです。歴史を顧みると、神のデザインを 信じさせるような在り方だと、考えますね。

0
おまるたろう
おまるたろう
作品へ
(2024-07-08)

骨太ですね。こういう作品、書いてみたいなあ。

1
黒髪
おまるたろうさんへ
(2024-07-08)

一気に書きました。ためていたものが、自然に出て行ったのですが、私自身の性格が、 よくわからなくなってきました。情熱で燃焼させたいと、暑い日には思ったのだと思います。 今は、病気が治ってきている一番アツいときなのです。

1
takoyo2
takoyo2
作品へ
(2024-07-09)

これもそうですが、みんさん どうして全部語ろうとするのかな? それじゃ詩としての一番大切なものが 全部パーになる。 愛とか神とか最高度の価値とか 書いてしまえばもう標語のように ぶら下がっているだけなのに

1
黒髪
takoyo2さんへ
(2024-07-09)

お読みくださりありがとうございました。

0
エイクピア
作品へ
(2024-07-09)

「大英帝国も 大日本帝国も」 こう言う歴史認識は詩に資すると思いました。 そして「身が骨に変わるまで」はメメントモリだと思いました。

1
黒髪
エイクピアさんへ
(2024-07-09)

共に島国であるという共通点を見ました。 メメントモリが教えてくれます、後悔なんて、クソッタレさ! ときに間違えるとも、謙虚な気持ちを真に実行することで、自らはどれだけでも向上していきますよね。 いっときのハッタリを聞かせても、いっときの満足。それよりは、たとえ悔しい気持ちを持ち帰っても、 真の答えにつなげようとする人々が、美しいと思います。また、遠い旅には友がいります。 助けてくれた人が友です。そして全ての人間が友愛を誓えば、全ての人間が友になります。 エイクピアさんも、私の昔からの友の一人です。袖振り合うも他生の縁ということわざの通り、 全ての関係は否定されるべきではないのです。精神力を持って、智慧を使えば、超えられない 障害はないのです。

0
Molloy
Molloy
作品へ
(2024-07-09)

愛について考えていると、こういうふうに宇宙規模で投げやりな気持ちになっちゃうこと、わたしもあります。読んでて、わかるなー、と思いました。さーて、愛のBIGBANで、いっちょ世界ぶっ壊しに行きましょうか!

1
黒髪
Molloyさんへ
(2024-07-09)

愛について、ですね。情熱に火がついて、ポエムにエネルギー注ぎ込む。BIGBANは個人の範囲でも、 起こっているわけで、正しい道であれば、つまりポエムの表現の中であれば、と、だれしも思う、 つまらない文学なんて読みたくない、規模は大きく、いっちょやってやるぜと、心に誓います。 地球と太陽が情熱的だから、人間が燃え出すのも仕方がないのです。悪いことをすると、冷めちゃう でしょう、だから、道理を守ったうえでの表現には、制限を設ける必要がないわけです。 ダルマ(道理)を守って設定した道を、思った通りに進んで行けば、必ず道は開けると思います。 Molloyさんも、B-REVIEWで、共にそういった道を歩むでしょう。僕は、もう詩人として生きて行く という決心は、ついています。

1
万太郎
万太郎
作品へ
(2024-07-10)

鳩と戯れる光景を、切り取りながら、そこに神話的なポエジーを添えた詩。 本能的な動き、身のこなしが立派であるけれども、人間界の視点から見れば、頭の悪い動きを見せる鳩。のどかな問いかけがいいですね。 ちょっとした美術館の帰り道。あるいは昼下がり。散歩道で途中立ち寄った湖の辺りにいた鳩。そんなイメージが浮かびました。

1
黒髪
万太郎さんへ
(2024-07-10)

ハトは、可愛いんですよ。鶏なんか、三歩歩くと忘れるって言いますけど、その頭の悪さと、 本能の凄い力のミスマッチが、独特の愛すべきキャラクターを作り出しています。 何といっても、鳥だから、自分で殻を破って出て来て、能力の証明はもうすんでいます。

1
佐々木春
佐々木春
作品へ
(2024-07-10)

あふれるエネルギーと意志のようなものを感じました。ハトはあまり得意じゃないですが、今度よく見てみようと思いました。

1
黒髪
佐々木春さんへ
(2024-07-10)

僕はまだ老け込むような年ではないし、エネルギーはたんまりあります。 世間にいるということは、決して悪いことじゃないですね。 ハトの、首に注目して見て下さい。歩いているハトを見られる機会があれば。

0
メルモsアラガイs
メルモsアラガイs
作品へ
(2024-07-11)

そうですね。なんかヤケクソですね。 あれほど信仰心も熱く愛に固執する黒髪さん、という個性もやはり破綻していくのかなと。 まあ、でもぶっちゃけ全部吐き出してみたらいい。 さらけ出す。万太郎さんのように動画を挙げてみられたらどうでしょうか。 一度ツイート?でお顔を拝見した記憶がある。 takoyo2さんが万太郎キャラでオススメするようなアホは狂えよダンス 、あなたには似合わないかも知れない。 それよりもミッキーマウスですね。 あのお耳帽子を被るかDodgersロゴ入り麦わら帽子を被るかして 一度みんなが吹き出すようなパフォーマンスを演じられたらいい 神様も認めて拍手してくださる。一歩抜け出せるやもしれません。 まあ、色々好きにかましましたが、いままでの自分では考えられない状況や趣味の変化。 行動を通して敢えて作り出してみるのも面白いかも、ですね。 。

2
黒髪
メルモsアラガイsさんへ
(2024-07-11)

アラガイさん、お読みくださりありがとうございました。 情熱と、身辺のあれこれを、ミックスしたらこんな風になりました。 ほとんどの僕の問題は、健康と認知の問題だったんですよ。 アラガイさん、ずっと、見守って下さっていた過去を思いますが、私は、 もう迷いませんので、アラガイさんもご自身の迷いを解決して、正しい道を、 歩もうとするのが良いことだ、と思いますよ。自分自身で、自分を発見して、自分らしく見解がまと まると、人は良くなるんじゃないですか。 そこには、自由で自立した存在として、詩を書く詩人になるということも含まれるでしょ。 自分の問題と、人の問題は、大抵違っており、自分の問題は自分で解くしかないのでしょう。 自分の問題がなくなれば、人の問題を気にかけて解決するということも、おたがいに できることでしょう、笑い合って生きて行きましょうよ。寂しいですよね、そうしたことが できないと。問題の所在はどこなんでしょうね。自分自身に対してやるせなさを感じるときもあり、 必ずどんな人も、努力すればそれは克服できることだ、そのように、今、生きてきた私は思ってい ます。小学校の卒業式のことが、忘れられません。あんな良いお祝はなかったです。 自分が思っている価値の置き所を知り、多様な見方をすること、そうしたこと、うまく観察して、 瞑想をするといいと思います。悪いことに対しては、感情的にならず、みんなで助け合って この火のついた家から、外に出て、健闘を称え合えたらいいなと思っています。 ここにおける共通の目標は、良い詩を書けるようになる、ということなので、 詩を無視しない人は、一蓮托生に違いありませんよね。私は、なるべく誰も排除しないで やっていきたいです。全ての人が、大切ですからね。『網走番外地』の第一作みたことありますか。 手錠でつながれ、憎い人と共に脱走する。「おふくろ」って言って、死んでいきましたね。 世を広く見渡せば、みんなの働きばかり、経験を積むのも大事だけれど、智慧を考えて、 問題を解決することが、できますよ。僕は、誰かに憤慨しても、今さらですよ。 やってきたことを誤魔化したくないですよね。誰も漏らさずすべて救う。 朝はやってきた、人々が生きている、私はそれを想像している。 全ての人の無明が明けて、喜んでいる、それを私は想像している。

1
メルモsアラガイs
メルモsアラガイs
作品へ
(2024-07-11)

腹を括られている様子でコメントも読めてきますね。 そうですか。ならばならばお名前を改名してみるのも一考ですね。余計な事でしょうが。 黒髪。というペンネーム。それほど愛着がお有りかしら? 彼女の黒い髪が光を遮り、僕の~。よく普通に文章で使われる言葉です。 自分の何かを変えたいときには先ず何をするでしょう。 そうです。部屋の模様替えからはじめます。 ペンネームはそれを付ける人のセンスがもろに出る。 わたしの経験ではいい詩を書く人にセンスのわるいお名前の人は先ずいなかった。(註/ほとんどです) 黒髪。日本人らしい美しい呼び名ですね。しかし 、わたしは個人的にあなたの作風がこのお名前(黒髪)に合っているとはどうしても思えなかった。 また余計な一言を、失礼しました。

1
黒髪
メルモsアラガイsさんへ
(2024-07-11)

すいませんね。改名は、考えられないです。愛着も、ありますし、全く他の名が浮かばないです。

1
メルモsアラガイs
メルモsアラガイs
作品へ
(2024-07-11)

笑、すみません。余計なことを。

1
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
推薦文を書く

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1