花鳥風月 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

エセ詩人

いでよ、エセ詩人!

コトダマ とはよく言ったものだ。 ハキダセ と 男は言う。 おまえは誰だ? わたしは何者だ?   

湯煙

硬派な作品

萩原朔太郎や中原中也のエッセンスを感じます。

千治

体験記『呆気ない宣告』

それはあなたの現実かもしれない。

大概のことは呆気なくドラマティックではない。そうした現実の丁寧な模写が作品に厚みを増している。

ほば

世界は自由だ━不死━

わかるということ

あなたにとっては何が、その理解が起きるピースになるだろうか?

ほば

ふたつの鐘がなるころは

鐘は明くる日に鳴る! いつでもそうだ!

運営在任中に出会った多くの作品の中のベスト。決して忘れない。

yasu.na

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち(久遠恭子)

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち(久遠恭子)

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち(久遠恭子)

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち(久遠恭子)

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち(久遠恭子)

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow



作品を
別枠表示

花鳥風月    

(わー、、きれーー・・・) と思うようになった 自分のことが 好きなんだろう



花鳥風月 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 13
P V 数 : 1184.1
お気に入り数: 0
投票数   : 1
ポイント数 : 0

作成日時 2023-05-23
コメント日時 2023-06-21
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2024/05/30現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:1184.1
2024/05/30 16時40分40秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

花鳥風月 コメントセクション

コメント数(13)
田中恭平 new
田中恭平 new
作品へ
(2023-05-23)

感想です。さいきん、その音楽で、ギターのディストーション・サウンドとか 過剰なベース音とか苦手になってしまった私にとって、こういうミニマルに、抒情のぜんぶ 書いちゃう、って凄い救い?大袈裟だな、まあ清涼感をビーレビというメディアの 環境で鳴らす、非常に私は良いと思うんです。 そればかりになったら駄目なのだけれど、「希少」なわけだから。一票です。

0
三浦果実
作品へ
(2023-05-24)

どことなく、ミスタードーナツの味がするから不思議だ。

2
田中恭平 new
田中恭平 new
作品へ
(2023-05-24)

ああ、非常に、キャッチコピー的ではありますね。

0
つつみ
田中恭平 newさんへ
(2023-05-24)

昨年末、学生の時の友達と飲んだ時に、「SERENITY(セレニティ)」の2ndアルバム「フォールン・サンクチュアリ」の話になり、最近のはわからないけど、は今もそのアルバムはたまに聴くよ、という人と、聴いていない人に分かれて。私はもう随分聴いていませんでした。頭が痛くなってしまう。 演歌や歌謡曲の良さがわからなくて、いつか消えるんだろうなと思っていた時期がありました。母にそういう話をすると、「あんた、5歳の時に、「雨の慕情」を歌いながら踊ってたよ。」というので、このまま年を重ねると、いつの日か八代亜紀の歌が好きだと思う日がくるのかもしれないと思いました。

2
つつみ
三浦果実さんへ
(2023-05-24)

以前、ララで掃除した部屋の写真を添付して「掃除しました♪」などとツイートしていた自分って、承認欲求が強かったのだろうと思います。だから、ミスドの味がしたのかもしれません。

2
つつみ
田中恭平 newさんへ
(2023-05-24)

再度のコメントありがとうございます。この作品がキャッチコピー的であるかどうかは、自分ではよくわからないのですが、キャッチコピーを考える方って本当にすごいと思います。商業施設の広告のキャッチコピーを見るのはとても好きです。

2
田中恭平 new
田中恭平 new
つつみさんへ
(2023-05-24)

あっ。それは、アート、の範疇でわざをなそうとしなくなったということかなと。 厳密に分類すれば 仕事、わざっていうのは、ジョブ/ワーク/アート なのだけれど 多くの書き手は、アートがとおいものだからそれを目指すけれども 文学、文芸にしろ、ワークはあります。すいません、もうご存じかも知れませんが。 といいますか、その意識が、ちょっとネット詩では足らない?のかな、 なんかそういう筆者のはなしを伺っても、勝手、意味のある一票になれば幸いです。

1
田中恭平 new
田中恭平 new
作品へ
(2023-05-24)

ごめんなさい。補足が必要なので自分語りを。 私はスペンサーというなんでもかんでも考える人の影響で、分類ということに拘って なんでかというと、スペンサーがわからないとあの正岡子規がわからないから。 まあ、でもスペンサーを無理に読む必要もなく、 ただ、スペンサーの分類を展開すると  ジョブ/ワーク/アート その自分の生活でいえば、家のゴミを出しに行く、これはジョブです。 事務所で、記録係と荷物持ちをしている、これもジョブです。 ただ、事務とか仕事の計画、プラン、顧客相手のニーズに合わせる キャッチコピーは、これはワークだと。 ビーレビューでいえば、たわしさん、とか紅茶猫さんは 僕の視点なのですけれど、ワークしつつ、それはアートの次元に入っていっている。 ライフ・ワークという言葉もあるけれども、それはアートに発展します。 まあ、ジョブでも、アートでも、極めていくと、アートになる。なってしまう。 それは自己承認欲求とかは全然とおい話で。 この話は、文学、文芸をこえて、生活に、仕事に寄与するはなしなので 筆者他、コメントやりとりを見ている方に向けて、あえてさせて頂きました。 すみませんでした。

1
つつみ
田中恭平 newさんへ
(2023-05-24)

補足していただきありがとうございます。どういうことなのかわからないままでいたので助かりました。 たわしさんと紅茶猫さんの作品をもう一度改めて読ませていただきたいと思いました。 自分の仕事は、アートを目指しながらも、未だにワークでもなく、ジョブ的なるものだと感じております。まず、アートを「目指す」という姿勢がダメなのだと思い、今は淡々とジョブをこなしている日々です。 とあるコンテスト的なるものに出た際、グランプリをとったのは、SNS上では、「いいね」の数は少なく、なかなか食べていくのも難しいと、ご自身で悩みながらも、バイトをしないことにこだわり、ずっと同じスタイルで創作活動を続けていらっしゃる方でした。 そのとき、参加者全員に向けられた審査委員長さんのコメントがとても衝撃でした。 「ほとんどの作品が「いいね」の数に左右されすぎていると感じた。バランスをとりすぎている。自分にしかできないものを極めてください」 その話を聞いた日から5年も経つのに、未だに自分にしかできないことなんてわかりません。 しかし、田中恭平 newさんのコメントを読み、改めて、極めるという意識を持ちたいと思いました。 ありがとうございます。

2
よんじゅう
よんじゅう
作品へ
(2023-06-21)

釘のような作品ですね。

0
つつみ
よんじゅうさんへ
(2023-06-21)

ありがとうございます。ここでいうのもあれですが、よんじゅうさん、他のコメントヤバくないですか?わたし、結構よんじゅうさんのことで悩んだんだよー。とってもとっても心が痛むくらいに。今でもなんとなく引きずってる。でもなんか裏切られた感じがするー。ごめんね、わたし、精神やられちゃってるからさ、ただの被害妄想なんだけどさ、でもでも、このままじゃ多分近々よんじゅうさんオレンジカードに発行されちゃうんじゃない?カード発行されたいのかい?いろんな人がよんじゅうさんのこと考えたと思うよ。そんなこと関係ない?わかんない?運営さんかなり怒ってるとおもうよー。運営さんはあなたのことで相当迷惑してるんだよー。よんじゅうさんのことで私にまでヒステリックからまれちゃってね。かわいそうじゃない?仲良くやりたいよわたしも。ほんとは。でも疲れた。今の運営さんは8月までだからさ。だから。なにいいたいのかわかる?わたししはもうわからないから、よんじゅうさんがかんがえてね。作品に関係ないコメントしたらだめだけど、私、どうしてもよんじゅうさんに伝えたかったからね。おねがいね。

0
よんじゅう
よんじゅう
作品へ
(2023-06-21)

自分が思ったこと感じたこと考えたことが言えないなら詩なんかやめてます。つつみさんありがとうございます。よかった。ちゃんと言えたぜ。

1
つつみ
よんじゅうさんへ
(2023-06-21)

ありがとうございます。っていってくれてありがとうございます。 自分が思ったこと感じたこと考えたことだけ言ってたら、私もこないだうっかり、指摘されちゃって。著作権がどうだとか、なんだとか。難しいね。ネット詩は。わたし、結局ちゃんと理解できないまま、作者さんや指摘した人に謝ったの。作者を不快にさせたらだめってマナーガイドラインにあるからね。だから謝った。 マナーガイドライン守らないと、もう、ここでは投稿できなくなっちゃうよ。なにか、悪口みたいなコメントになっちゃうときは、それなりにちゃんと理由を書かないといけないんだよ。 しかも、8月までの運営さんの場合は、投票するための理由をちゃんと書かないといけないらしいの。それ以降はまだわかんない ほんとうにいいと思ったとき、わたしは言葉なんてでないけどね。でもそれじゃだめなんだって。 私はよんじゅうさんのコメント好きだよ。私もマナーガイドラインなんて忘れて、好きなように書けたら、わたしもきっとよんじゅうさんに近い書き方になってしまうと思う。 でも、それじゃだめでさ。よんじゅうさんが、このビーレビというサイトで投稿を続けたいなら、決まりを守らないといけないの 難しいよね

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2