君は主人公じゃなかった - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

三浦果実

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

三浦果実

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

三浦果実

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

三浦果実

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

三浦果実

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

三浦果実

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

君は主人公じゃなかった    

いつまで経っても始まりの村から進まない君の冒険。だって詩人になろうとしている君には剣も盾も必要なくて、筆と紙さえあればそれで良いのだ。君は誰も救えぬまま、この世界を悲観して今日も自室で書き物している。私はそんな君の事なんてもう忘れて、サーカスの見世物小屋みたいな奴ら、イカれたメンバー、愛すべきバカ達に囲まれて生きていくことにした。モヒカンにリボンは付けるし、肩パッドに生け花する。入れ墨はしないけど、アップリケを縫い付ける。なんか分かんないけどずっと楽しくて、知らないうちに過労死してしまうようなパーティーをずっとしている。君が葛藤しながら退屈な思想の海に潜り込んでいる間に、陸海空なんて行ったり来たりしていた。魔王が我が心にあると考えている頃に、私は現の魔王と君の代わりに行かされた勇者なんかと毎日が晩餐会。君が寝ている頃、私は寝ても起きても騒がしい世界に生きている。そよ風とか、優しさがどうとかもう全部忘れた。君よりも先に、言葉の概念になった。名前の付くもの全てになった。これから名前が付くものにも既になっている。私達がこの星に迫る隕石を、愉快な仲間達と打ち返してさよならホームランだって言いながら輪廻転生を一周する遊びをしている頃、君の部屋のカーテンからそっと日射しが入り込む。


作成日時 2021-06-24
コメント日時 2021-06-25

君は主人公じゃなかった ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 19
P V 数 : 666.2
お気に入り数: 1
投票数   : 1
ポイント数 : 0
#現代詩
項目全期間(2021/09/20現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:666.2
2021/09/20 19時31分23秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

君は主人公じゃなかった コメントセクション

コメント数(19)
よびな
よびな
作品へ
(2021-06-25)

この詩を読んでの感想です。 さびしからずや道を説く君、という感じがいたしました。あの短歌はとても妖艶だと思います。

0
エイクピア
作品へ
(2021-06-25)

ロールプレイングゲームを強く意識した詩なのかもしれません。現実とゲームの区別が付かなくなったアニメと言う訳でもないのかもしれません。舞台はアメリカであろうか。アメリカをモデルにした、ヴァーチャルワールド。魔王や勇者との晩餐会は愉快だったのかもしれません。

0
カオティクルConverge!!貴音さん
よびなさんへ
(2021-06-25)

お前の歩く道は寂しくないぞ!って意味でしょうか。すみません、その短歌の出所は分からないですが、この作品も妖艶な1面があったならと思います。

0
カオティクルConverge!!貴音さん
作品へ
(2021-06-25)

勝手に期待してちょっと失望したんです。私はお前みたいにはならんぞって思わせてくれた事を書きました。キッカケになった人の事はもう知りません。現実の私も大差ないですが、意気込みとしてはお前はそうやってろ事です。

0
yamabito
作品へ
(2021-06-25)

萬意なのだと思いますが、詩句のそれぞれに意味を持たせ、それなりの重力を持たせておられるのかな?という感じがしました。 作者さんのお名前が無いので、想像が付きませんが、今までにもこういった作品をどこかで読んだことがあるように感じます。故に、本作品が個性的なのかどうかという判断は出来ずにいます。 私個人的に、読解をメインとする詩の楽しみ方は苦手なので、あれですが、本作品の主題部分はおおよそ想像がつきました。あと、気づくのは、文体のスムーズさですよね。語尾の設定も無理がないし、かなりしっかり推敲されたものなのかな?という気がしました。的外れでしたらごめんなさい。

0
カオティクルConverge!!貴音さん
yamabitoさんへ
(2021-06-25)

書いてきたタイプの作品でありますし、大賞作品「花火」の事も片隅では意識していたので、個性的ではないだろうなと思います。書き上げ事態はサッと終わらせましたが、仕事中など頭の中で考えている時間は長かったのでそれが推敲ならばそうです。私も読解は苦手です。なぞなぞとかしたくないです。

0
三浦果実
作品へ
(2021-06-25)

過労死しちゃうようなパーティーをずっとしている人は、魔王がなんて書かないんですよね。つまりすべてが空想的、、いや、好きな言葉をどこからか持ってきて並べてるだけで魅力的な空想にさえなっていないと思います。サーカスとか、イカれたメンバーとか。散文って改行詩と違って、自然体に近い手法だとしたら、作者の地が出やすくて、経験値とどこまでリアリティある嘘が付けるのかが試されるのだと思います。

0
沙一
作品へ
(2021-06-25)

「舞台はアメリカであろうか。」というエイクピアさんの見方がちょっとおもしろいなと思って。この作品、はじまりの村や勇者や魔王やら、いかにもファンタジーRPG風な言葉が出てくるものの、イカれたメンバーやパーティーやホームランやら、展開がまるでアメリカンだなあと。 テーマに関していえば、勝ち進んでいようと負けていようと、人は誰しも自分の人生の主人公であるわけで、それを「君は主人公じゃなかった」なんていう断定は、勝手な価値観の押しつけでしかないと思うんですよね。他者への想像力が足りないというか。開放的な広さがあるはずなのに、視野は狭い。まさしくアメリカとかの田舎のようです。 文体は小気味よくて読みやすかったです。ところでコメント欄で作者があささんの『花火』に言及されていますけど、それは思いもよりませんでした。なぜならこの作品の文章は誇張法を多用した散文の範疇に収まるもので、あささんのように飛躍感のあるルミナスラインは、今作には見出せないからです。

0
カオティクルConverge!!貴音さん
三浦果実さんへ
(2021-06-25)

散文って散らかった文だから好きに並べれば良いと思ってましたー。 リアリティのある嘘ってなんですかね? 都市伝説とか陰謀論とかじゃなくて言って事がさっぱりなんですけど 「分かりました。」ってこの場とかで言うことですか? そういうのを書くとしたらちょっと窮屈な感じしますね。 詩に詳しい方が言うのでしょうから、そうなんでしょうね。

0
カオティクルConverge!!貴音さん
沙一さんへ
(2021-06-25)

視野が狭くて多分ですが この場合は良いのかなと思います。 生活面の視野については終わりないですが努めている最中です。 他人を自分のイメージで決め付けて失望する作品でもあると思うので 広く持たなくて良いのかなと取り敢えず思いました。 しっかりとイメージして出来るかは分かりませんが、そうなんですね。花火は花火って言うだけあって、飛躍感があるんですね。 言葉が跳ねるんですね。 そして、光…ふむ。

0
三浦果実
カオティクルConverge!!貴音さんさんへ
(2021-06-25)

再レスしない主義なんですけど、言うとですね、作者さんの返しコメント素晴らしいです。要は私の場合は作者さん宛というより、作品へのコメントに近いです。読んだ書評をAmazonレビュー欄に書いてる感覚です。なので、作者が読者に謙るレスの必要性ないし、作者さんの自由度ある返レスは好ましく。いうまでもありませんが、私は一読者です。詩も文学もよくわかんないですー。

0
沙一
カオティクルConverge!!貴音さんさんへ
(2021-06-25)

作者自身に内容をこれはこれでいいのだと主張されたら、一読者からは何も言う筋合いはありません。「へー、そうなんだ、それでなにが楽しいのかな」と思うしかないでしょう。 ただ、あささんの作風を意識して書かれたのであれば、そこには根本的な違いがあると思うんですね。『花火』に関していえば、文章に論理的な脈絡がありません。それが飛躍感にもつながっているわけなんですが。つまり文章に、論理的に主張らしい主張がないんですね。もちろん読者が解釈することは出来ます。比べてこの『君は主人公になれなかった』は、作者からの返信内容からも明らかなように、確固たる主張があった。そこに読者が入り込める余地はあるでしょうか。上辺だけ真似ようとしてもうまくいきませんよ。作品として、他者への想像力の足りなさが、そのまま読者への想像力の欠如にもつながっていないでしょうか。

0
カオティクルConverge!!貴音さん
沙一さんへ
(2021-06-25)

とりあえずこんなんでも楽しいには楽しいです。 でも、私なりの花火を打ち上げるには 言の繋がりを無くし、意見を持たないって事ですかね? 余裕というか隙間というか。 花火はやってみたいです。 やっぱり綺麗ですし。

0
survof
作品へ
(2021-06-25)

言葉と言葉、文章と文章が本当にスムーズに織り合わされていて、読んでいて非常に心地よいリズムを感じさせますね。あまりにスムーズに、しかも意味が上滑りしながら言葉が流れていくので、割と濃いめの味とイメージを持った言葉が、それもかなりの密度で使われているにもかかわらず、次々と読むスピードすら超えた速度で希釈されていって、読み終わった後には透明な水のようになって何の後味も意味もイメージの残像や感情の余韻すらも残さないように感じられるのがとても不思議だと思いました。この読後感は、かといって朝目覚めた時に見ていた夢の余韻が残っている時のあの感覚とはちょっと違っていて、夢を見なかった(と自分では思っている)時の朝の目覚めに似ています。あるいは、朝起きかけてラジオをかけて、また二度寝している間にかすかに聞こえてくる音楽とか会話とか、全部耳では聞こえているんだけども、二度寝から目覚めた時には何も覚えていないときのような。 そういう意味でいうと「君よりも先に、言葉の概念になった」から始まる幾つかの観念的なフレーズすらも流されて他の言葉たちと一緒に希釈されて、余韻を残さないようになってしまっているように感じられてしまうのがすごく勿体無いようには感じたりします。というのはこの一連の言葉って、この読後感とすごくマッチするように思うからです。 でも、文体としてはすごい好みです。意味を押し流してしまっているところも含めて。

0
15歳
15歳
作品へ
(2021-06-25)

難しいこと考えないで純粋に思ったことを失礼します 空元気な「私」と、「私」が卑下している「君」。でも最後は「君」の所にもそっと日差しを当ててやる「作者」。全部きっとおんなじ人。だって作者も詩をかく人なんだから。痛々しさと、弱い自分を見守る心の温かい眼差しを感じました。散文詩というのもいいなぁ

0
カオティクルConverge!!貴音さん
survofさんへ
(2021-06-25)

ありがとうございます。 書き上げは止めずに1発でやれたので内容はともかく滑らかさは出たかなと考えてましたが、そこは悪くなかったみたいですね。 難しいですねぇ 余韻を残すような文章って スッキリ水洗トイレみたいになっちゃいましたー! トイレはあれですが文体では香りとか残したいです。 ゆっくりと取り組んでいきます。

0
蛭子子
蛭子子
作品へ
(2021-06-25)

なんとなく、「私」側の賑やかさの中に寂しさや病的な感じが同時に感じられる所が好きです。明るく楽しい言葉が並べられていて、前へ前へと進んでいるのにどこか虚しい感じがあるというか。 2000年代くらいのアニメ作品の画面のようなはっきりした明暗が感じられ、同時に一つ一つの単語が明滅するような、毒々しくも危うい感じを持っていて、読んでいて心地よい虚脱感を感じました。 作者さんの意図とは違うかもしれませんが、自分が勝手に読み取ったのはそんな感じです。好きな詩です。

0
カオティクルConverge!!貴音さん
15歳さんへ
(2021-06-25)

はじめまして、15歳さん。 見付けてくれてありがとう。 15歳さん、見てくれた。 ありがとう。

1
カオティクルConverge!!貴音さん
蛭子子さんへ
(2021-06-25)

お前と行きたかった冒険 だけど主人公じゃなかったのです 頭を叩けば悲しい音のする そこを見付けてくれて ありがとうございます

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1