風吹き抜ける青 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

のいえられこーず

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

のいえられこーず

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

のいえられこーず

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

のいえられこーず

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

のいえられこーず

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

のいえられこーず

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

風吹き抜ける青    

たんぽぽが遠くへ たんぽぽが遠くへ 自由がコップから溢れて染み出す 陽のあたる場所で 冒険に道化と君が 駆け引きみたいにプレミアをつけて ラブソング捨てちゃった幽霊たちは 今日も愛想笑い浮かべる 君が空に青を見つけられたなら 今日を疑うことなんてないさ 透明なスポイトから零れたDNA 跡形なく消えていくその姿は形而上の街へ 転倒してしまった十六角形愛も oh… データ化されて今では古びた港の格納庫の奥へ 揺れて現れる蝶のホログラム 君は決して昨日を追いかけない 君は決して昨日にすがりつかない 君は決して昨日を追いかけない 風は吹き抜けてwhy? you know why 音もなく時は弾け 青の胸に滲む空は色づいて 透き通るスポイトから零れたDNA 跡形さえ残さないその姿は形而上の街へ 綻んでしまった十六角形愛も oh…(たんぽぽが遠くへ たんぽぽが遠くへ) データ化されて今にも消されるサイトの保管庫の隅へ 誰も触れられぬ蝶のホログラム 君は決して昨日を追いかけない 君は決して昨日を振り返らない 君は決して昨日を追いかけない


作成日時 2020-11-28
コメント日時 2020-12-02

風吹き抜ける青 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 12
P V 数 : 1135.0
お気に入り数: 0
投票数   : 1
ポイント数 : 0
#現代詩 #動画
項目全期間(2021/01/28現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:1135.0
2021/01/28 20時26分52秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

風吹き抜ける青 コメントセクション

コメント数(12)
二ノ宮橙子
二ノ宮橙子
作品へ
(2020-11-28)

素敵な曲と詩でした。風ふきぬける青、とタイトルにありますが抜けるような青空を少女がいく風景を見ました。振り向かず追いかけず縋らず、ただ前を向ける少女時代を感じました。

0
stereotype2085
二ノ宮橙子さんへ
(2020-11-29)

燈子さん、コメントありがとうございます!そうですね。この曲はシンプルでナチュラル。前向きな女の子の歌だと思います。青空を駆け抜けていくイメージ。ありがとです!素敵と言われて感謝です。

0
ガムのくつべら
ガムのくつべら
作品へ
(2020-12-01)

この歌詞には現実から生まれた言葉が一つもないのだと思います。ボカロに合わせているからでしょうか?私にはこな歌の裏側に、都合のいい世界しか見ていない駄目なオジサンの願望や息遣いが感じられました。そういうものを表現したかったのであれば、納得です。

1
stereotype2085
ガムのくつべらさんへ
(2020-12-01)

現実から生まれた言葉がない。多分ガムくつさんはそういう荒んだ生活を送り、荒んだ感性を持ってらっしゃるんだろうなとこちらも納得です。ガムくつさんの、この歌詞に一切共感出来ない自分は特別で、現実を直視していて怯まず、現代詩を書き得る素晴らしく逞しい感性の持ち主だという不遜で、ねじ曲がったゴミのような自負を感じました。 都合のいい世界しか見ていない、というより都合のいい世界さえ見れないガムくつさんの感性の貧相さが手に取るように分かるガムくつさんの評ではないでしょうか。大変参考になりました。老害、典型的でダメな現代詩物書きの講評を読めて爽快です。 そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいですよ。

1
ガムのくつべら
ガムのくつべら
stereotype2085さんへ
(2020-12-01)

なぜ作者がそこまで過敏に反応するのかは分かりませんが、私は作者について言及しているつもりはありませんので誤解をしているのであれば申し訳なく思います。 この作品自体が、裏側にある鬱屈した誰かの感情の比喩なのではないか?それを可愛くてキャッチーなボカロに歌わせることで、『現実を見ろ』と、世の中を嘲笑するスタンスなのではないか、という評価をしたまでです。 もし、そうであるならば私はこの作品は意義のあるとても素晴らしいものだと思います。 そうでないのなら、比喩の運びも、描写も、ただの子供騙しだなという感想を持つだけです。

0
stereotype2085
ガムのくつべらさんへ
(2020-12-01)

そうですか。僕はボーカロイドをそのような婉曲な皮肉のために使うつもりは更々ないですね。それでは。

0
田中宏輔
田中宏輔
作品へ
(2020-12-01)

繰り返される 君は決して昨日を追いかけない 君は決して昨日にすがりつかない 君は決して昨日を追いかけない というリフレインに、この作品の肝があるのだと思いました。

0
帆場 蔵人@⚰
ガムのくつべらさんへ
(2020-12-02)

運営の帆場です。 既にガムのくつべら氏が批判の根拠を書かれましたが、今後は誤解が生まれないよう事前に根拠を示していただく様に注意をお願い致します。これはビーレビで合評に参加される他のユーザーの皆さんにも言える事です。 ただ今回の作者の批判に対する返信は根拠が示されなかった事を踏まえても、言葉が強すぎた所があるように思います。元運営の氏に対して釈迦に説法かもしれませんが不快感を示される事がいけないのではなく、合評の場である事を踏まえて返信前に冷静になる事をお願いしたいと思います。 合評で出される意見はあくまでも作者でなく作品に向けられているものだと思慮します。コメントのやり取りが作品の理解や向上に役立つ、場に資するものである事を再度これを読む皆さんにも考えて頂きたい。そういったことを踏まえての注意喚起ですので、よろしくお願いします。

2
Comoestanuqui
作品へ
(2020-12-02)

透けきれずにいる幽霊が目に浮かび、なんだか楽しそうに、覚悟をしている、まさしくタンポポの、可愛らしい気概を感じる、よくできた詩だと思いました。 動画も素晴らしいと思いました。

0
stereotype2085
帆場 蔵人@⚰さんへ
(2020-12-02)

帆場氏へ。了解。把握しました。 田中宏輔氏への返信は今しばらくお待ちください。

0
stereotype2085
田中宏輔さんへ
(2020-12-02)

田中宏輔さん、こちらでは初めましてですね。ようこそビーレビへ。と言っても文極で僕が活動したのはごく僅かで覚えてらっしゃらないとは思いますが。そうですね。この作品はご指摘していただいたラストリフレインを始めに思いつきまして、そこから肉付けをしていきました。まだまだ楽曲製作者として未熟なのは理解しておりますが、これからも一月に一作はビーレビに楽曲を投稿しようと思っています。それと田中さんなら容易く想像出来るでしょうがやはり歌詞と詩は全然と言っていいほど違う。ましてやボカロのグミ。描き出される世界が自然と変わってくるのです。ボーカロイドが僕にどんな景色を見せてくれるか、楽しみにしています。

0
stereotype2085
Comoestanuquiさんへ
(2020-12-02)

Yoshiさん、お久しぶりです!コメントありがとうございます。透けきれずにいる幽霊、というだけで充分に詩的な表現ですね。可愛らしい気概を感じる。嬉しいです。楽しそうな覚悟もボカロのメグの導きと言ったら大げさですが、彼女は僕の手の届かないところ、気づかないところまでを気づかせてくれました。当初書いていた歌詞を大幅に変更したいきさつもあります。メグというフィルターを通して世界がどう見えるか。しっかり確かめてこようと思いますよ!

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2