自分の言葉は他人の言葉 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

着順は知らない

まるでショートフィルム

駆け抜ける風を感じて

ピム

伝記びりびり

言語と身体のきしみ

緘黙のぼくは祖父母の目の前で伝記を破ることにした。

r

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

犬のしっぽ

    遍界不曾藏  犬がしっぽを振る世界

湯煙

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

name

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

yasu.na

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

この作品は読んだことがありません。


批評対象
作品を読む

自分の言葉は他人の言葉    

<批評対象作品>
ことばの刻み


自分が発する言葉、つまり書いたり話したり考えたりすることにオリジナリティは存在しない。それはすべて他人からの集積だからだ。 >ことばの刻みは 他人の顔で しかもいつかの私の顔だ この最終連の末尾で、他人から一周回って「私」の顔と表現されるところが妙である。語り手は「僕」から「私」へと変化し、自分自身も他人たちの一部として還るのだ。簡単に言ってしまえば、自分も他人の一部だよねってことだが、ここでは語り手が一人称内で変化することによって、その還元がより自然に行われることになる。 己の言葉が他人からの言葉で成り立つならば、それは当然、思いもよらない、害になるような、鋭利なものも含まれる。 >ことばの刻みの断面は 黒曜石の濡れた色 言葉は、自他共に人を傷つける力を持つ。それは「断面」と表現されるように、ほんの少しの部分、エッジのようなところでさえ、である。 「僕」はそれを吸い込まないよう(読んだり聞いたりしないよう)に注意している。 しかしそればかりではだめだ。前述のとおり、自分が発する側でもあるから、 >だから僕は僕の中から 僕を漏らさぬべきだった このように自制しなければならない。 作者は当然、作品を書くにあたって、言葉を使っている。そのなかにギラギラしてどす黒い、黒曜石の濡れた色はなかっただろうか。少なくとも私には感じられなかった。作品自体が、作者の言葉に対する意識や姿勢を語っているのである。 このような作品が生まれることによって、黒曜石の濡れた色を世界から消していけないだろうか。それは無理な話かもしれない。しかし、「黒曜石の濡れた色」との言葉自体が、言葉のエッジを丸くしているような気がする。だって「黒曜石の濡れた色」なんてすごく良い響きじゃないか。


作成日時 2020-10-29
コメント日時 2020-11-10
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

自分の言葉は他人の言葉 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 7
P V 数 : 1335.3
お気に入り数: 0
投票数   : 1

自分の言葉は他人の言葉 コメントセクション

コメント数(7)
大塚拓海
大塚拓海
作品へ
(2020-11-04)

よい選評、よい詩に出会えた気がします。 言葉とはどこからくるのか、言葉はどうやって生み出されるのか。その遠い場所に思いを馳せて、言葉を生み出したい気持ちがあります。しかし、どうやっても自分のエゴや限界を通してしか、表現ができないもどかしさを常に感じます。 この詩の中に出てくる「僕」は、私のそうした悩みを共有してくれる存在だと気がつくことができました。 どうやったら、純粋な、それこそ「黒曜石」のように真っ黒で純粋な言葉を生み出すことができるのでしょうか……。

0
r
大塚拓海さんへ
(2020-11-04)

拙い批評に目を通していただいてありがとうございます。 対象とさせていただいた作品を、私が誤読している可能性が大きいため断言はできませんが、自分の言葉と思っているものは、実は他人からの集積物であるから、大塚さんの仰る「自分のエゴ」は他人のエゴでもあると思います。 話は変わりますが、私の別に書いた批評文で、「自律した言語体系」というものの多くが、他人からの集積物であると考えられます。逆に、「身体が感知するもの」はまだ言語化されていない(できない)領域なので、大塚さんの言う「純粋」(間違ってたらごめんなさい)な言葉はそこから生まれるのではないかと感じます。

1
よびな
よびな
作品へ
(2020-11-05)

批評ありがとうございます。自分の書いた文章について、他の人が書いたものを読むことはとても嬉しいです。 批評への感想ですが、私がこの詩を書いたときは「他人の言葉は実は自分の言葉だ」、という意識で書いた記憶があるのですが、rさんの批評には「自分の言葉は実は他人の言葉だ」という見方が書かれていると思います。誰かから受け取る言葉も、さらに誰かに発する言葉も、実は全部自分の中にあるのだ、という意味ですよね。私の詩についてrさんに書いていただいた文章から私が感じたことですが、これは面白いと思いました。

1
r
よびなさんへ
(2020-11-05)

こちらこそ、他の方の作品の批評などおこがましい限りのことをしてしまいましたが、書かずにはいられないキッカケをくださったことに感謝しています。そして喜んでくださり何よりです。 言うまでもなく、言葉のやりとりは、コミュニケーションを支える大切なものでもありますね。傷つける言葉というよりも、その奥にある感情を減らしていきたいですね。

0
大塚拓海
大塚拓海
作品へ
(2020-11-05)

「他人の言葉は自分の言葉」「自分の言葉は他人の言葉」そうか、それらは裏返しだったのか。と気がつく。単純なことなのに、よびなさんのコメントで初めて気がつきました。 私が言った「純粋」は確かに身体に近いところにある、リズムや感覚に基づいている気がします。表現ではそれを目指したいと思っていますね。 しかし、「自立した言語体系」という言葉も面白くて、言葉がそれ自体で自立して文法や語幹で新しいものを生み出すことができるならば、自分のエゴを介していないという意味で純粋さがあると思います。 身体に近いところでは、意識が届かない意識以前の純粋さがあって、言語そのものに接近すると超意識的な純粋さがある気がします。 そして、その純粋さは円を描くように、つながっている気がします。

0
r
大塚拓海さんへ
(2020-11-08)

私の書き方がとてもわかりにくいせいで、誤解を招いてしまったようです。 「自律した言語体系」というのは、身体が感知する以前に、既に言葉として存在してしまっているものです。変化したり、成長するものではなく、すでに完成されていて、動くことのない言葉です。ただ、私たちの感覚とはかけ離れてしまっていることが多いので、「自律した」という(もっと良い表現があるのだと思いますが)名前を私はつけています。 たとえば今この瞬間、私達が五感を通じて感じていることは無数にあるわけですが、それを全て言語化するのは難しいわけです。だから、既成の言葉でとりあえず語る。それは別に良いとか悪いという話ではありません。 作品をつくるにあたって、この「自律した〜」は、わかりやすさや、勢いやリズムを作ったり、良い面もありますし、これを使わないことは無理です。 しかしほんとうに良いものは、そこからではなく、身体が感知する、身体性から生まれてくるのだと思います。

0
ピム
ピム
作品へ
(2020-11-10)

>自分が発する言葉、つまり書いたり話したり考えたりすることにオリジナリティは存在しない。それはすべて他人からの集積だからだ。 >ことばの刻みは 他人の顔で しかもいつかの私の顔だ 上が批評 下が作品 上を読んでから下を読むと 下の切れ味が増したように 下を読んでから上を読むと 下の不透明さが補正される ベクトルは微妙に上下で違う しかし両者が醸し出す力学は 不思議に相補的で強固なもの

0
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 3