作品投稿掲示板 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

のいえられこーず

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

のいえられこーず

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

のいえられこーず

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

のいえられこーず

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

のいえられこーず

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

のいえられこーず

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車



詳細設定を開く

詩の日めくりに寄せて

 湯煙
 3   370.0   2   0 
<批評対象作品>
詩の日めくり 二〇一四年十三月一日─二十九日

スマホを見ながら歩いていると電柱にぶつかり、額にこぶができた。 雪道を歩いていると足を滑らせ、尻もちをついた。 ある風の強い日。ふわりと帽子が舞いあがり、どこかへ飛んでいった。 などなど。 日常のそこかしこに、さまざまな出来事があります。予測することの......


現代詩 批評 選評文
作成日時 2021-01-09

懐かしき遠い日々

 梓ゆい
 1   383.1   0   0 
<批評対象作品>
祖父の痕跡

祖母の家にある御蔵と、昔の農耕器具が保管されている小屋の事を思い出します。 私は迷いこむ。 上記の一言は、私自身御蔵と小屋の中に 入るたびにいつも感じていたことです。 怖いなかにもあった好奇心、冒険家になった気持ちで入り込んでは叱られることもありました......


現代詩 批評 選評文
作成日時 2021-01-07

鳴海幸子へ。

 死紺亭柳竹@2021年1月17日過渡……
 3   585.2   0   0 
<批評対象作品>
捨てる-Dole-大蛇

すこぶる愉快な絶望。女子高生なんだから!あーっ、もう!......


現代詩 批評 選評文
作成日時 2021-01-04

これもう東京でいいんじゃないかな?

 鈴木歯車
 1   477.2   0   0 
<批評対象作品>
トーキョーアレルギー

一度、福岡に行ったことがある。都会だというのでワクワクしていたのだけど、天神駅から降りた私を待っていたのは、そういうキラキラの類ではなかった。私を待っていたのは、無数の人らがうごめくグルーヴ感のすさまじさと、悪意のようなけたたましさと、剣山の中に放り込まれたよ......


現代詩 批評
作成日時 2021-01-02

読むことすなわちPenséesそのもの

 文盲
 0   331.5   1   0 
<批評対象作品>
詩の日めくり 二〇一四年十一月一日─三十一日

読書することは考えること、思考そのものである。筆者の思考の流れが、一文一文に息づいている。それは読むことによって、読み取ったそのものから連鎖する、無限の派生。 そもそも、なぜ私たちは書くのか。 それは読むことによって、書かれるものが生まれる。この順番は......


現代詩 批評 選評文
作成日時 2020-12-29

ひとのかたちをしたかなしみ

 百均
 0   472.8   2   0 
<批評対象作品>
ひとのかたち

ほばさんの詩を読む時にたまに思う事であるが、人間を描く時に人間を見つめる目線が単純に冷たいなと思うことがある。だが、それは冷たいと思う事が冷淡なという修飾を伴って表される表現とはまた違う景色を見せる時があって、それを僕が読み物から感じてしまうということは、僕自......


現代詩 批評
作成日時 2020-12-15

現実と現実の行間に浮かび上がる詩情と「普遍的な愛」

 楽子
 5   547.1   1   1 
<批評対象作品>
あなたとどんぐりとハナミズキの赤い実とわたし

リアリティ、というのは時に下手な幻想よりも美しく夢のような空間を生み出すことがあります。 この詩もまさしくそのような詩であり、 1行目 >風が冷たくなって 水路に落ちる枯葉が増えて より、「私」の抱える悲しい心が、 冷たくなった風、かさついた枯葉が落......


現代詩 批評 選評文
作成日時 2020-11-17

カナブンへの視線

 r
 1   519.7   0   0 
<批評対象作品>
濃色の徒労

人工の光に飛び込み、ごつん、とやっているあの描写だけでこの作品の価値というか、面白さはじゅんぶんに担保されていると感じた。しかもそれを普段私たちは何も感じないか、思っても「バカだな」とかその程度のことを、「徒労」とはっきり言語化してしまうほどの観察眼に、作者さ......


現代詩 批評
作成日時 2020-11-23
投稿作品数: 189