Allegro Tempestoso - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

name

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

yasu.na

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

Allegro Tempestoso    

  樹木が騒ぐと……   背骨の奥底が、軋んでくるのだ   樹木が騒ぐと……   肉の奥底が、縮んでくるのだ 低気圧に紛れて 真っ青な俺がやってくる 眠ってどっかに行ったっきりの 普段の俺を引っ張り出して それを殴ってくる 目をつぶって ようやく 電子機器の眩しさから 離れられたと思ったのに 青い明滅 Vu, Vu, VuVu, は 心を真っ逆さまにする 束の間の安息が まっ、さっ、かっ、さっ、まっ、に 突き落とされる ――まさか、熱でもありはしないな? ベットの上で くちゃくちゃの毛布と一緒に 地獄のような惑星になって 必死につぶる瞼の下で ぐるっ、ぐるっ、ぐるっぐる、と 俺の目ん玉回り出す そんなんだから 部屋にないはずの針時計が 鳴り響き始めて…… Takataka takataka takataka, Ta! そうして いじけた子供が 汗っかき、べそっかきしたみたいに ぐっしょりの朝と 初っ端からかっ飛ぶ脈拍とが あっという間にやってくる!   俺が騒いでも   樹木は軋み縮まないのだ……

scroll


作成日時 2020-08-29
コメント日時 2020-09-16
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

Allegro Tempestoso ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 9
P V 数 : 1164.1
お気に入り数: 3
ポイント数 : 11
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2020/09/19現在)投稿後10日間
叙情性22
前衛性22
可読性11
エンタメ00
技巧32
音韻32
構成00
総合ポイント119
 平均値  中央値 
叙情性11
前衛性11
可読性0.50.5
 エンタメ00
技巧1.51.5
音韻1.51.5
構成00
総合5.55.5
閲覧指数:1164.1
2020/09/19 10時42分52秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

Allegro Tempestoso コメントセクション


コメント数(9)
暁美玲暁美玲(2020-08-30):作品へのコメント

この詩、すごく好きです。題名もいいですね!影響を受けました。

3
中貝勇一 (2020-08-30):暁美玲さんへの返信

暁美玲さん、コメントありがとうございました。 題名はイタリア語で、いわゆるクラシックの音楽用語でもあります。「速く、嵐のように激しく」という意味です。 読みながら音楽的な要素も味わっていただけたら幸いです。

1
暁美玲暁美玲(2020-08-30):作品へのコメント

コメントのコメント返し、すみません。題名はググりました。 ピアノが好きで、速度記号とかよく調べてから弾きます。 詩にこれを持って来ているなんて、すごくお洒落です。内容も本当にいいなと 私も同じ発想で詩を作ってみたいと思います。 (すみません。あまり深い考察の思考とかできなくて感覚的にしか言えないのが悔しい)

2
白目巳之三郎 (2020-09-03):作品へのコメント

独特の哀感がある詩だと思いました。ところどころに使われている擬音語的な言葉がなかなかに詩全体に聞いていて、諦観と共に救いを感じる詩でした。

2
中貝勇一 (2020-09-05):白目巳之三郎さんへの返信

コメントありがとうございます。 先のコメントにも記したように、音楽用語を用いたタイトルの作品です。したがって、オノマトペや促音の積極的な使用は音楽性と、狂乱の表現のためにあるものでした。 諦観と救い、ある意味、個人的にま大切な(詩作だけでなく人生の)テーマの1つです。それを感じて頂けたようで、何よりです。

0
帆場 蔵人@⚰ (2020-09-11):作品へのコメント

眠れない夜は周囲の物音、車のエンジンの振動や時計の音、肌にものが触れる感覚ですら足早で自分を苛むように感じることがあります。そんな感覚を思い出します。 一連目で肉と骨ときたのであれ、血はどこだ、などと思っていると真っ青な俺が現れます。真っ青というと血の気がひいたイメージで、いまの自分でないという事は過去の後悔の記憶でしょうか。苛まれるイメージ。真っ青はそのまま電子機器の光やまっさかさまの音につながっていくようで、非常に工夫されてると感じます。 四連目からは惑星や目玉の回転、無いはずの時計の針の音、これらもイメージが引っ張られてあれよあれよ、と読まされます。地獄の惑星とか、もうしっちゃかめっちゃかに眠れそうで眠れない悶える心と肉体が地球の回転にまで乱されているようです。 自然のなかにある自分が意識されるのだけど、物凄い異物感というかノイズみたいな自分のちっぽけさに悶える自分自身の眠れぬ夜が引き出されてくるようで追体験という意味で詩だな、と思う。 そう言えば最初に血はどこだろうと書いたのだけれど最終連に至って脈拍が朝とともにカッ飛んでくるのは嵐のような夜、過去が去り、散々、苦しんでも朝が来て血がめぐり確かに脈打つ振動。そんな振動があり、自分は確かにそこにあるのに変えられないものがあるという諦観の独白が一連目に呼応してとても響きました。 うまく纏まらない感想ですが、非常に掴まれた詩です。ありがとうございました。

3
中貝勇一 (2020-09-13):帆場 蔵人@⚰さんへの返信

帆場さん ご丁寧にコメントありがとうございました。 眠れないときの肉体の感覚と、音楽性(特に促音を歯切れよく入れることに努めました。)を感じてくださったようで何よりです。 苦しんでも時間の経過はどんな形であれ受け入れなければならない諦観と、一方でそれに悶えながら耐える人間の様を、まさにTempestoso(テンペストーソ、嵐のように)と結びつけて表現した次第です。

0
原口昇平 (2020-09-15):作品へのコメント

 表題から分かることが少なくともふたつあります。  ひとつは、このタイトル表記はイタリア語圏のものではないということです。イタリア語圏におけるタイトル表記は、ふつう全体の最初の文字だけを大文字とします。  もうひとつはより重要です。すなわち“Allegro”と“Tempestoso”はそれぞれよく使われる西洋音楽の用語ではあるのですが、しかし結びつけると若干の齟齬を感じる言葉だということです。“Allegro”は、普及した音楽用語としては単に「速く」を意味すると思われがちですが、もともとのイタリア語の形容詞としては「快活な」「陽気な」という意味を第一義に持っています。そのことを知る人にとっては、“Allegro”に“Tempestoso”(嵐のように)を結びつけると、渦巻く高揚感のなかに陽気なものと陰惨なものが同時に混在しているかのような、狂乱の雰囲気が感じられるのではないでしょうか。  その二語の結びつきが帯びうるニュアンスは、イタリア語圏の表記から離れたこの詩の作者にとってどのように感じられているかはさておき、少なくとも私のような読者にとっては古典美にはっきり対立するものです(実際、“Allegro tempestoso”という速度・曲想表示は歴史的に見て比較的新しいはずであり、Googleで検索してもすぐに見つかるのは20世紀の作品における使用例がほとんどであって、そうした使用例は狭義の西洋芸術音楽の古典(クラシック)ではなくてむしろモダニズムや歴史的前衛の時代のものです)。  この詩の音楽性もまた――あらゆる詩は(いわゆるヴィジュアルポエトリーであっても)それぞれに音楽性を持つと私は信じているので、その考えに基づくとこの詩固有の音楽性もまた――古典美からは離れていて、実際、規則的な展開よりもむしろ、不規則かつ急激に立ち現れる促音によって特徴づけられています。これは、嵐のときに感じられるような、突然窓に激しく打ち付けてくる雨のごとき心象を読者に抱かせるでしょう。  古典的なものからそれほど離れてはいない要素もまた、不均衡を強調しています。一例を挙げると、末尾二行は嵐の一過を経た後で詩全体の主題に触れながら詩全体をしめくくっており、この形は西洋の詩に古くからみられる結尾です。同時にこれは冒頭四行と非対称な切り返しの関係にあります。冒頭四行は自然から自己へ強い影響があることを語る一方で、末尾二行は自己から自然への影響がないということを明かしています。そのように流れ込んでくるものは膨大に受け取られているが、流れ出ていくものはどこにも受け取り手がいないということが、この詩の御しがたい語りを生んでいるのかもしれません。

1
中貝勇一 (2020-09-16):原口昇平さんへの返信

まず大文字の件については、やはり原口さんの指摘の通り、AllegroとTempestosoという語義の隔たりのためです。 イタリア語の普通の付け方に反したというよりも、この2つの「曲想」の結びつきの距離を示す大文字とでもいいましょうか。大変鋭いご指摘で、タイトルをつけた感覚を言語化することが出来ました。感謝です。 西洋の詩型には明るくないのですが、やはり可読性や僕の(いかに締めくくるかを考える)傾向を踏まえて、こんな形になりました。 ただし、これもご指摘の通り、変拍子の表現と言いますか、促音を使ったり、単純な対称性を排したりということはかなり意図的にやっていました。 苦しめど苦しめど結局は個人だけの問題だ、というそういう諦念が僕の中にあって、それがこの作品の動機のひとつにもなっていました。 西洋や古典とつきあわせたコメントで、大変作者である僕自身勉強になりました。重ねて御礼を申し上げます。大変ありがとうございました。

0
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2