午睡の刻 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

さ、さ、さ、

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

午睡の刻    

窓から 射しこむ ひかりに揺れる 小さな寝顔のうえで 未来がうず巻いている シエスタ 君は宝島を見つけたのか シルバー船長や オウムのフリント うず巻く海原を越えて 高らかに笑いながら シエスタ 君は夜明けを迎えて 人を救い人に救われ 愛し愛される英雄に なれるだろう シエスタ 君は大人になって 称賛と勝利を浴びて 絶望も挫折も一時の スパイスでしかない 引力ですら君を止められはしないし その歩みはたくさんの花を産む ガーベラ、ニゲラ、カスミソウ アネモネ……枯れた花も輝いて でも、明日は当たり前に残酷で 夢のまた夢 窮屈に背中を丸めて 一山いくらになって 一山いくらの缶詰めで 飢えを満たし満たされず 蒔いた種は奪われて ひとり眠る夢のまた 夢のなか この 揺りかごを懐かしむ 明日があるのかもしれない 窓から 射しこむ ひかりに揺れる ちいさな寝顔のうえで 未来がうず巻いている ただ祈っている 君が眠るとき その寝顔に ひかりが 射すことを シエスタ したたかに でもやさしい うたたねの音いろが うず巻き続けることを 午睡に微睡む君は未来へと 逆巻いている、シエスタ


作成日時 2018-10-08
コメント日時 2018-11-01

午睡の刻 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 12
P V 数 : 306.3
お気に入り数: 0
ポイント数 : 0
#受賞作
項目全期間(2020/07/05現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:306.3
2020/07/05 17時13分46秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

午睡の刻 コメントセクション


コメント数(12)
日下ゆうみ (2018-10-09):

「小さな寝顔」「未来がうず巻いている」と表現され、そして窓から射しこむ光の淡い揺れを受けうるこの描写の対象は、子どもでしょう。その為、彼は「君は宝島を見つけたのか/シルバー船長や」「愛し愛される英雄」「その歩みはたくさんの花を産む」などの一見童話的なもの、或いは「称賛と勝利を浴びて/絶望も挫折も一時の/スパイスでしかない」という少年マンガ的なものを夢に描いている(この夢の意味は睡眠と将来とに意味が掛けられているのですが)者だとして描写されているのだと思います。そこでは語り手は、言わばこの子ども(およそ少年)に同化し、その寝顔という外見から彼の見る夢の内へと入っていこうとするようです。 しかしここで急に語り手は絶望を提示します。この提示の仕方は先の同化とは異なって、最早その子どもの知らない「当たり前に残酷で」あることに言及し、「ひとり眠る」という孤独の寂寞や「揺りかごを懐かしむ」という懐古など恐らく子どもがしないだろうことを想像しており、ここでは語り手は子どもとの同化から切り離され、一気に自分のことを語り始めているようです。そのことは最後の部分においてまた寝顔という外部の描写が示されていることにも関係しているかもしれませんが、ここで語り手は残酷さを語ろうとした瞬間に彼と自身との耐えがたい差のある者として現れてくると感じます。 そしてある意味、ここでは語り手は彼自身を語ることに失敗しているのですが、それがあるからこそ、この最後の連において最終的に「でもやさしい/うたたねの音いろが/うず巻き続ける」と彼をまだ安寧の内にある者として語ることが、彼に対する慈愛の気持ちと、そうはなれない語り手自身の悲哀を表すことに繋がっていると感じました。同化する語りに徹底できずに、そうした夢に浸るだけでいられた時代とは最早隔たってしまった者として語りを進めざるを得ない語り手は、それでも彼を再び優しげなものとして表現し返すのであり、それが語り手の在り方を示すことに繋がっているように感じました。 他方、個人的に夢の内実は膨らみがあり共感を覚えましたが、それに対置される残酷さは、「飢えを満たし満たされず/蒔いた種は奪われて」という人生を歩んだ者が現在「窓から/射しこむ/ひかりに揺れる/ちいさな寝顔」を見ることが出来るのだろうかという点を含め、そうした「明日があるのかもしれない」という想像に過ぎないように思われ(とはいえ、単純に私の人生経験の少なさに由来することかもしれません)、そうだとすると語り手の悲哀がやや被害妄想的な側面を含むだろうかと考えました。

0
帆場 蔵人 (2018-10-09):

日下ゆうみ さま 丁寧に読み込んで頂きありがとうございます。当たり前に残酷だったり不条理だからこそ、幼い寝顔に価値を見いだしているのですが、対置した現実がリアリティを伴っていない、或いは描き手の自我が出過ぎたのかもしれません。その結びつきを少し考えてみたいと思います。 ただ今、この時の安寧を忘れないで欲しいという気持ちは、やはり人が育っていく上でその思い出があるかないかで違うのだろうなぁ、と。語り手のような人間になるなよ、という気持ちで描きました。

0
藤 一紀 (2018-10-09):

こんにちは。意味を考えなくても読める、というか、読む時の音だけで十分味わえる作品に感じました。

0
帆場 蔵人 (2018-10-09):

藤 一紀 さま コメントありがとうございます。 あはは、 ぼく自身あまり頭を使わずに描いたのでそうなったのかもしれません 笑 とはいえ、読み上げて違和感を感じないようにはしています。逆に違和感があるときは何か仕掛けているとも言えますが。

0
社町 迅 (2018-10-10):

大事なものが窓から差し込む光の中にある様子は それがこの世に存在することをある意味信じられないような そのような神聖さを感じます。 子の寝顔を見るだけでふつふつと沸いてくる充足感が 三~五連での子供の未来を願う様子 七連での、生きる苦しさを説くような場面からでさえも感じられます。 最後の言葉をつまらせながら語るとても強く直向きな親心。 幸せの形、というものなんだなと思いました。

0
しょうこ (2018-10-10):

一連一連の展開がわかりやすくて、きちんと時を刻んでいるようで好きでした。 ひらがな や カタカナ、漢字である箇所。 字というものが好きな方なのかな、とも感じました。 読みやすかったです。

0
みうら (2018-10-10):

帆場さんの作品の中でもこの作品が今までで一番好きです。

0
帆場 蔵人 (2018-10-10):

社町 迅 さま 神聖さ、そうですね。ひかりが差し込んでいるその光景は日常の中の特別な一瞬なのかもしれません。その一瞬の感慨を引き延ばして描いたように思います。同時に詩の語り手の生き辛さがとけて、救われているようでもあります。 コメントありがとうございました。

0
帆場 蔵人 (2018-10-10):

しょうこ さま コメントありがとうございます。 たくさんの言葉が文字がありますが、音は同じでも詩の内容で皆さん使い分けていると思います。しっくりとくる文字をみつけたときは気持ちのいいものですね。

0
帆場 蔵人 (2018-10-10):

三浦天才詩人果実 さま ありがとうございます。 わからないなりにこの掲示板で色々描いてきましたが、あんまりごちゃごちゃ考えずに自分の詩風で描けばいいやと開き直った感があるのが今回の詩ですね。

0
オオサカダニケ (2018-11-01):

本気で書いていることが伝わった。良い詩だなあと思って何度もよみ返しました。

0
帆場 蔵人 (2018-11-01):

オオサカダニケ さま ありがとうございます。読み返して頂けることが何より嬉しいです。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1