クロソイド曲線 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

のいえられこーず

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

のいえられこーず

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

のいえられこーず

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

のいえられこーず

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

のいえられこーず

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

のいえられこーず

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

クロソイド曲線    

国境のトンネルを 口下手な父の背中を 後部座席に寝ているふりで 長い時間きいていた にぎわう峠のドライブインで いったい何を食べたのか 今はもう覚えていない 見知らぬ町 見知らぬ人々 いつもとは違う顔の父がいた ナトリウム灯に 群がるように雪がふる 硬く白い路面に 縦型の信号機に雪がふる 促されるまま 55個のカーブの のこりをひとつ、 またひとつ数えて からだが右左に傾くたび 父と子のぎこちない言葉が すこしずつ解けだした 最初で最後の二人旅 今年、父と同い年になる


作成日時 2021-01-22
コメント日時 2021-02-15
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

クロソイド曲線 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 50
P V 数 : 3868.6
お気に入り数: 10
投票数   : 19
ポイント数 : 11
#現代詩 #受賞作
項目全期間(2021/02/25現在)投稿後10日間
叙情性44
前衛性00
可読性22
エンタメ00
技巧33
音韻11
構成11
総合ポイント1111
 平均値  中央値 
叙情性11
前衛性00
可読性0.50.5
 エンタメ00
技巧0.81
音韻0.30
構成0.30
総合2.83
閲覧指数:3868.6
2021/02/25 05時22分29秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

クロソイド曲線 コメントセクション

コメント数(50)
小林素顔
作品へ
(2021-01-22)

本当に美しい抒情詩というのは、語の並びの美しさを超え、語に新しい意味を付与することさえ出来るものだと私は思っているのですが、この詩はその域に達しているのではないでしょうか。 ウィキペディアで題名を調べて、その意味を知った後、改めて詩を鑑賞して、そう感じました。

3
井上橙子
井上橙子
作品へ
(2021-01-22)

父子の冬の情景が広がりました。 >父と子のぎこちない言葉が すこしずつ解けだした 最初で最後の二人旅 華美でありませんが、確かにお父様と心が通いあった暖かみが伝わって来ました。

3
中貝勇一
作品へ
(2021-01-23)

滋味深い、そういう言葉が読後にふと思い浮かびました。 2箇所だけある読点の使い方(あるいはスペースの使い方との差異)が気になりました。

2
藤 一紀
作品へ
(2021-01-23)

こんにちは。背中で語ることしかできない口下手な父親の声なき声に耳を澄ませていたのかな。 家のなかでは父―子という関係についつい縛られていても、旅行のような非日常のなかでは相好を崩すこともある。ドライブインでの出来事は幼い語り手にとって、父の違う一面として驚きを伴って映ったことでしょう。あれはなんだったんだろう?と。 そんなことを思い出しながら雪道を車で走る現在の語り手の姿を目に浮かべることができます。言われるままにカーブの数を数えることで、ほぐれていく息づまるような空気。「緩和曲線」とはよく言ったものです。 だけど、そういうふうでなく、そういうふうにしかできなかったのだとしても、もっとちゃんと下手でもいいから、言葉で言ってくれればよかったのにね。 けれども同い年になるまで生きて経験してきた語り手も、そううまくはいかないことを知ったことでしょう。 在りし日の父の姿を思い出しながらいつしか自分の現在の姿と重なっていくとすれば、昔抱いていたわだかまりもほぐれて、父―子の愛情はここでようやく、遅ればせながらの交差をしたのかもしれません。まさに「緩和曲線」ですね。 当時と同じ道を車で辿りつつ、語り手のなかで変容する父―子の関係性が遠近感をもって表れているように感じます。 多くを流暢に器用に話すだけがいいとは限らない。父が言葉少なくともなんとか言葉にならないものを伝えようとしたことを語り手も継いでいこうとするかもしれません。この作品のように。

3
宵月
作品へ
(2021-01-23)

車中と車外の描写が丁寧に書かれていて、それが心情をしっかりと伝えてくれる、カーブに合わせて身体が左右に揺れる、その揺れがこれまでの隙間を埋めて気持ちを通わせる、そんなふうに感じました。 タイトルが最後に心に戻ってくる、そんな気がしました。 素敵な詩です。

2
宵月
作品へ
(2021-01-23)

0
杜 琴乃
作品へ
(2021-01-24)

美しいなぁ。なにより美しいのはこの景色をとらえた筆者の眼差しだと思います。それを強く感じさせる第一連 >国境のトンネルを/口下手な父の背中を/後部座席に寝ているふりで/長い時間きいていた 「口下手な父の背中を」「きいていた」という詩句。多くを語らない父と、同じく沈黙する筆者の抑制されたコミュニケーション。 ドライブインでの思い出も、外食で何を食べたかよりも「いつもとは違う顔の父」が印象に残っている。 作中の「ナトリウム灯」というどこかレトロな響きが自然と歳月の経過を感じさせます。 最後に明示されている「今年、父と同い年になる」ことについて、思いを巡らせれば到底語りつくせないでしょう。それをあえて語らず、感情を極限まで抑えた丁寧な風景描写によって美しく厳粛に書かれた父子の思い出が、素敵で羨ましくも思いました。

2
帆場 蔵人@⚰
作品へ
(2021-01-24)

>55個のカーブの >のこりをひとつ、 >またひとつ数えて >からだが右左に傾くたび 散々、似た感想が書かれているから特に印象深い所を書きます。引用した箇所、これを読むとき現在の語り手が自分で道を走っている姿が浮かび過去の描写と重なりました。丁寧に描かれた作品でタイトルも含めて味わい深い作品でした。

2
福まる
福まる
作品へ
(2021-01-24)

父との思い出は私にもあります、まだ健在ですがこの登場人物は父との思い出を大切にしているのがひしひしと伝わってきます

2
羽田恭
作品へ
(2021-01-24)

ウィキペディアに 「クロソイド」という名は、人間の運命の糸を紡ぐとされるギリシア神話の女神クローソーに由来するもの とあり、その意味でもこの題がつけられたのかもしれませんね。 >最初で最後の二人旅 > > >今年、父と同い年になる 父と同い年になっても一緒にクロソイド曲線の道路を曲がっているのでしょうか。 言葉が少ないながらいい関係だったようにも思えます。 印象深い作品でした。

2
白川ロイヨ
作品へ
(2021-01-24)

> 国境のトンネル という半ば固有名詞と化した言葉の使い方が非常に上手く白旗を挙げるしかないな、と感じました。 そこに付与されたイメージの強さに負けないだけのメッセージが込められていて引用のお手本を見た思いです。 非常に楽しめました。

2
afterglow
小林素顔さんへ
(2021-01-24)

コメントありがとうございます。タイトルはこの作品の舞台となっている場所をWikipediaで調べている時に見つけました。素顔さんが感じたように、作者であるぼくも読み手としてそこへ戻ったような不思議な気持ちになりました。

0
afterglow
井上橙子さんへ
(2021-01-24)

コメントありがとうございます。作品のテーマが伝わったようでよかったです。今冬の大雪があって書けたようなものなので……なんていうのか、幸せな体験をしました。

0
AB
作品へ
(2021-01-24)

タイトルたまらないですね。それが運命を描いてるとされることも。 後部座席の情景、自分のうろ覚えな記憶とかぶります。 無粋で申し訳ございませんが、以前即興ゴルコンダで書いたものの一部を記します。 新しい病院へ向かう車の後部座席で/寝転がって窓の向こうを見ていた/ お泊りはもういやなんだけど/指を銜えるほど/もうちっちゃい子供でもない やがてドアが開き/傘をさしながら/ゴメン/と言った父の気持ちが/今でも判らない 静かに停まった駐車場で/どこからともなく/ゴメン/と聞こえたのだが それは父の声ではなく/僕の声なのか/同じ雨が降るわけもないのに

2
afterglow
中貝勇一さんへ
(2021-01-24)

コメントありがとうございます。 読んでくれて嬉しかったです。

0
afterglow
藤 一紀さんへ
(2021-01-25)

藤さんはいつもコメントで作品に寄り添ってくれますね。 読んでもらえて嬉しいです。ありがとうございます。

0
渡辺八畳
作品へ
(2021-01-25)

すでにコメントがたくさんついている詩に私も一言残すことはあんまりしないんだけど、まぁ読んでしまったからね。いわれている通り良い詩です。 下手するとほんとに悪い意味で道徳的な、お涙頂戴になってしまいそうな題材でありつつもそうなっていないのは、やはり端々の表現が丁寧だからだろう。急ハンドルをきっていないんだよね。それこそクロソイド曲線のように、無理のない道筋を描きつつ最終行へと向かっている。 3連目もね、これがあることで記憶の淡さが表現されて良い。 あとやはりタイトルね。本文とは切り離されたものであるからこそ、タイトルで飛躍を起こせれば詩の魅力は倍増する。それの実践がこれ。

3
ryinx
ryinx
作品へ
(2021-01-25)

この作品で、最初に惹かれたのは、 車中の描写です。 語り手の幼い記憶の中で、 それはまるで揺り籠のように、子供の頃の語り手を包み込んでいたのではないかと思いました。 雪の溶けるように、幼い頃の、父と子のさまざまな想いは、いくつもの曲がり角を経由しながら、多くの時間の中、やがてより暖かく寄り添うように変化していったのではないかと思いました。   − 最初で最後の二人旅 今は亡き父と共に、旅を続けてきた軌跡を思いました。

1
afterglow
宵月さんへ
(2021-01-25)

コメントありがとうございます。もう朧げな記憶を辿りながら書きました。 読んでくれて嬉しいです。

1
藤 一紀
作品へ
(2021-01-25)

先にコメントしてても後から投票できると思ってたらできないシステムだったんですね(汗 ついでに他の方のコメント読んで、なるほどなあ!と思いました。特に渡辺さんの《下手するとほんとに悪い意味で道徳的な、お涙頂戴になってしまいそうな題材でありつつもそうなっていないのは、やはり端々の表現が丁寧だからだろう。急ハンドルをきっていないんだよね。それこそクロソイド曲線のように、無理のない道筋を描きつつ最終行へと向かっている。》ってのは大きく頷けるし、語り過ぎてないのがいいですね。

1
afterglow
杜 琴乃さんへ
(2021-01-26)

コメントありがとうございます。 ナトリウム灯の橙色の光はぼくにとって非日常の象徴でした。 眼差しを美しいと感じてもらえて嬉しいです(照)

0
渡辺八畳
作品へ
(2021-01-26)

0
渡辺八畳
作品へ
(2021-01-26)

↑ ミスです

0
afterglow
帆場 蔵人@⚰さんへ
(2021-01-26)

コメントありがとうございます。 現在の語り手の姿にまで思いを馳せてもらえて嬉しかったです。

0
afterglow
福まるさんへ
(2021-01-26)

コメントありがとうございます。家族の数だけ思い出がありますね。読んでいただけて嬉しいです。

0
沙一
作品へ
(2021-01-27)

いやあ、みなさんもコメントしているように、素朴ないい詩だなあと思いますし、いまさらありきたりな賞賛コメントをしてもおもしろくはないと思うので、一点、引っかかるところを述べるなら、クロソイド曲線というタイトル、これだけは作者が自分のものにできていないような、いわゆる付け焼き刃の感が否めません。語感としてはかっこよくきこえるかもしれませんけど、はてしてこの耳慣れない借りてきたかのような一語で便利に要約できてしまう詩なのでしょうか。それに比べたら素顔さんによる本作の批評文のタイトル『人にやさしい曲線』のほうがまだそれなりのオリジナリティを感じられました。せめて、このクロソイド曲線がなんたるかを、検索を前提とせずに読者にも感じられるように詩の本文に織り込むことができたなら、さらによかったであろうと思われます。

1
afterglow
羽田恭さんへ
(2021-01-27)

コメントありがとうございます。そうなんですね!タイトルからイメージを膨らませていただけて嬉しいです。

0
afterglow
白川ロイヨさんへ
(2021-01-28)

コメントありがとうございます。冒頭の部分で川端の作品を思い浮かべた方、多いだろうなと思います。 楽しんでいただけたようでよかったです。

0
afterglow
ABさんへ
(2021-01-29)

コメントありがとうございます。 タイトルは初めからこれでいこうと決めていました。

0
杉原 道幽
作品へ
(2021-01-29)

なんか最後の文読んだら映画始ったときみたいなあのブルブルって感じがしました 適当みたいでごめんなさい でもほんとです 語彙力が無いもんで とても良い作品だと思います

2
雨野小夜美
雨野小夜美
作品へ
(2021-01-29)

最初は、クロソイド曲線という耳慣れない言葉と、お父様とのさりげないエピソードに違和感があるなあ、という印象だったけれど、その違和感が逆にこの詩の魅力を引き出しているように思います。平易な文章に、難解な言葉を落とし込む。そしてとても読みやすいので、テクニックをぜひ真似したいです。

2
afterglow
渡辺八畳さんへ
(2021-01-30)

コメントありがとうございます。 八畳さんが褒めてくださり、推敲を重ねた甲斐がありました。 タイトルの力を忘れないようにしたいです。

0
長谷川哲士
作品へ
(2021-01-30)

今は亡き父との事想い出す。私の人生半分程は碌に口も利いていないのだが、想い出絵面は益々出づるばかり。カーブの数を数え身体揺れる度に父子の言葉溶け出す、という所が大好きです。

2
afterglow
ryinx さんへ
(2021-01-31)

コメントありがとうございます。 ぼくは車の運転が好きです。運転しながら見る景色は過去の記憶を呼び起こすことが多くて、まるでタイムマシンのようだなと思うのです。

2
afterglow
藤 一紀さんへ
(2021-01-31)

再びの登場ありがとうございます。 皆さんのコメントを拝見しながら当時も、それから後もずっとわからなかった父の気持ちが少しずつ見えてくるような気がしています。

0
afterglow
沙一さんへ
(2021-01-31)

お読みくださりありがとうございました。

0
奥村うみ
奥村うみ
作品へ
(2021-01-31)

一つ一つの言葉が無駄なく美しくつながっているように思い、感動しました。 完成度の高い作品ですね。

2
afterglow
杉原 道幽さんへ
(2021-02-01)

コメントありがとうございます。 そういう感覚、わかります。 そしてまた始めから読んでくださると嬉しいです。

0
afterglow
雨野小夜美さんへ
(2021-02-01)

コメントありがとうございます。タイトルに一見して難解に見える言葉を選んだのは本文中に書かなかった場所を示すためでもあります。試しに検索してみてください。

0
田中宏輔
田中宏輔
作品へ
(2021-02-01)

ぼくが亡くなった父親と同い年になるには、あと11年たたなければなりません。

2
afterglow
長谷川哲士さんへ
(2021-02-01)

コメントありがとうございました。

0
エイクピア
作品へ
(2021-02-02)

カーブを数えるところがいいと思いました。

2
afterglow
奥村うみさんへ
(2021-02-02)

コメントありがとうございます。 今回推敲した時にそこを意識していましたので嬉しいです。

0
afterglow
田中宏輔さんへ
(2021-02-02)

そうなんですね。 人の寿命ばかりは思うようにならないのが悲しいです。 コメントありがとうございました。

0
afterglow
エイクピアさんへ
(2021-02-03)

コメントありがとうございます。 カーブ毎に標識が付いているのでヘッドライトに照らされたのを声に出して読み上げたように覚えています。

0
afterglow
中貝勇一さんへ
(2021-02-03)

もう一度頂いたコメントを読んでいて、見逃していた言葉に愕然としています。 「滋味深い」という言葉を普段の生活のなかで使ったことがなかったのです。 意味を調べて、なんて素敵な褒め言葉だったのだろうと、今頃になってじんわりと嬉しさが染みてきています。味わってくれてありがとうございました。

0
鈴木 海飛
作品へ
(2021-02-11)

なんとなく車が55回カーブをするときの車の軌跡を想像してながめております。 最初はぎこちない感じが 慣れてくると車の速度が速くなり、 だんだんその土地のカーブのコツをつかみうまくなると 今度は逆に、重力加速度を同乗者にあたえないようブレーキとハンドルを操り、ゆるくすすんでゆく車の姿をわたしはみています。 その姿はとてもきれいな曲がりかたをしているように見えました。 車の中も外もその軌跡も 緩やかでほっこりな詩ですね。 この詩に登場する「父」像がいろんな方の父親像に当てはまる。やはりとてもいい描写。やっぱりすごい詩だな と思いました。

2
afterglow
鈴木 海飛さんへ
(2021-02-12)

コメントありがとうございます。 軌跡を想像してもらえて、この作品を書いて良かったなと思います。 読み手がいつのまにか車中に一緒に同乗してきたようで嬉しいのです。

1
真清水るる
作品へ
(2021-02-15)

幾星霜を 生きてこられた お父様の言葉は 重いのであろうなあ。と、思いました。 そして、5 5個のカーブとあるので、作者は55年の年月を 通して、お父様を 思っておられるのかもしれないと、思いました。

1
afterglow
真清水るるさんへ
(2021-02-15)

コメントありがとうございます。 残念ながら作者はもっと若いです 笑

1
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2