はじまりの世界へ - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

三浦果実

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

三浦果実

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

三浦果実

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

三浦果実

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

三浦果実

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

三浦果実

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

はじまりの世界へ    

終わっちゃったの? うん、そう、終わっちゃった もう 続かないの? うん、もう、続かない ずっと ずっと 終わったまま? そう、ずっと、終わったまま また 何か 始まる? うん、始まる、きっと 向日葵の芽が伸びて 誰かが 支柱を添えるように 私たちも この「終わり」を支えに 伸びていける ここから先の 暑い季節を 精一杯に 突き抜ける程の 沈み込む程の 青い空と 流れる汗と 一緒に 世界って とても 綺麗

scroll


作成日時 2021-05-11
コメント日時 2021-05-26

はじまりの世界へ ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 17
P V 数 : 1278.9
お気に入り数: 3
投票数   : 3
ポイント数 : 9
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2021/09/20現在)投稿後10日間
叙情性33
前衛性00
可読性22
エンタメ00
技巧00
音韻11
構成33
総合ポイント99
 平均値  中央値 
叙情性0.81
前衛性00
可読性0.50.5
 エンタメ00
技巧00
音韻0.30
構成0.81
総合2.32.5
閲覧指数:1278.9
2021/09/20 21時18分04秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

はじまりの世界へ コメントセクション

コメント数(17)
沙一
作品へ
(2021-05-11)

意図されていない読みで失礼にあたるかもしれないのですが、前半は官能的な行為の後と重なりました。心地よかった春の終わりは惜しい気分にもなりますけど、暑さの厳しい夏が始まっても、嬉しかった思い出が生きる励みになるなあと感じます。

1
宵月
沙一さんへ
(2021-05-11)

ありがとうございます。 全然、官能的な思いはなかったですが、そんな読み方もしてもらえるんだなーと、感動してしまいました。 自分の書いた文章でも、いろいろな読み方してもらえて、嬉しいです。

0
mimi
mimi
作品へ
(2021-05-12)

初めまして、こんにちは。 誰かと対話しているのか、自分自身と対峙しているのか、読み手の想像次第なのかな? 始まりがあるから終わりもある。 終わりがあるから始まりもある。 向日葵の初芽の時期は今でしょうか? 季節感も感じてリアリティーがあります。 青い空からの文面からの「世界ってとても綺麗」が丸い青い地球儀を汗からの雫から連想しました。 沈む気持ちを心だけは汚さず(地球もなんだけど)今の時代を突き抜けたいと思う、そんな気持ちになりました。ドキドキ☆ ありがとうございます(人 •͈ᴗ•͈)

1
三浦果実
作品へ
(2021-05-12)

こんばんは。前回、宵月さんの作品は普通な感じを上手く使っているという主旨のコメントをしました。言い方を換えれば、読者側を意に介さず本来あるべき(かは判りませんが)詩の書きなのかなあと、本作を読んで思いました。もう少し平たく云えば、アクロバットな書きを排除されている、と表すればよいのかもしれません。私は俳句の良さを感受する感性は開かれておらず、(詩を感受する感性もありませんが)ただ、何といいますか、私には何かが見えていない、そのような気づきが、宵月さんの作品に接するたびにあります。それはもしかしたら、宵月さんが作中に多く用いられる季語にあるのかとも。本作でいえば、向日葵という語句です。はじまりの世界とはオリジンなもの、新しく迎える朝のような気持ち。述べてきました私がもつ作者宵月観に沿っていえば、本作の4連までが無く、いきなり向日葵から始まる方が、宵月さんらしいようにみうらは思いました。

1
宵月
mimiさんへ
(2021-05-12)

コメント、ありがとうございます。 どんな時も、空を見上げることを忘れないようにしてます。 世界が綺麗って、いつも感じたいって、思います。

1
宵月
三浦果実さんへ
(2021-05-12)

コメントありがとうございます。 読んでいただき、嬉しいです。 読んでくれる人を考えて、深く考察して、詩を書いている皆様に、申し訳ないくらいに、私は自分の為だけに書いているんでしょうね。 それでも、気に留めて、何か感じていただけたなら、やっぱり、世界っていいなと思います。

0
てんま鱗子(淑白)
作品へ
(2021-05-12)

終わったこと、と 初夏との間が良かったです。読んでいて気持ちが良かったです。

1
あさ
作品へ
(2021-05-13)

こんばんは。ちょっと重い(そして単調な)読みになってたら申し訳ないのですが、冒頭から、幼い子に「どうしてぼくはここにいるの(存在するの)?」と根源的な質問をされてしまった大人みたいな気持ちになり、引き込まれました。 「終わり」(あるいは喪失)というテーマは、みんなにあるのでみんなが(濃淡ありつつ)そうなのかも知れませんけど、私の創作のメインモチーフの一つなので、気になったこともありました。 後半、向日葵が倒れないように支柱を添えるという物理的、情景的な行為から、「終わりを支えに〜」という生き物の中でおそらく唯一人間だけが、自分に終わりがあることを知っているから、その重みのもとに生が成り立っている、という人として根本的なことが、詩として書かれているように感じました。 それでいて、言葉使いが前半は子どもらしく、後半は、世界や季節の自然な肯定の言葉に繋がっていて、その、テーマと文体の比重というか、対比がなんだか爽やかというか、自然体?てらいがない?そんな感じがしました。 たぶん私は実世界との繋がりが薄いから詩を書いているタイプなので(錨を自作している感じ?)、世界との繋がりや、世界と自己との連続性を強く感じる詩に対して、興味深く対岸を見るような感じでついつい眺めてしまうのかもしれません。 でも最初に書いたとおり、突然子どもに根源的なことを聞かれたような衝撃が、詩に襟を掴まれた感じで、それが私的にすごくいい体験でした。

1
宵月
てんま鱗子(淑白)さんへ
(2021-05-17)

ありがとうございます。 次の季節を、新しい気持ちで、迎えられたら、終わりを終わりとして受け止めて、次の季節への支えにしたいと思います。

0
宵月
あささんへ
(2021-05-17)

ありがとうございます。 私はこれまでも今も、沢山の子どもと一緒にいて、子どもはきっと、何もかも分かっていて、大人になるってことで、生きやすいように、いろんな何かを少しずつ、忘れていくんじゃないかなぁと思ったりします。 でも、何かのタイミングや、出来事で、胸が苦しいと思うくらいに、戻る気持ちがあったりして。 そんなものを、文章にしていけたらいいなと、思っています。

1
Thukiniko
Thukiniko
作品へ
(2021-05-18)

タイトルが「はじまりの世界」なのに、出だしから ▷終わっちゃったの? ▷うん、そう、終わっちゃった ときたので、少し意表をつかれた感じがしました。 「終わり」についての捉え方の表現が ▷ 私たちも この「終わり」を支えに ▷伸びていける ここから先の と、説教じみてないけれど、真理をついている感じを受けました。 また、 ▷ また 何か 始まる? ▷うん、始まる、きっと という連では、「きっと」と含みを持たせた感じにしつつ、詩の最後 ▷ 世界って とても 綺麗 と言い切る表現によって詩が締めっていると感じました。

1
Thukiniko
Thukiniko
作品へ
(2021-05-18)

と言い切る表現によって詩が締まっていると感じがしました。 です。失礼しました。

1
まさ
まさ
作品へ
(2021-05-19)

冒頭の会話、 「終わっちゃった」「続かない」「終わったまま」 に死を連想しました。 詩全体に、死と、死があるからこその精いっぱいの生、 という雰囲気を感じます。 「終わりを支えに伸びていける」という表現に 死んでいくものと、残されたものの関係が あらわされている感じがします。 向日葵の発芽時期は、調べたらちょうど今頃ですね。 そして開花時期は真夏ですが、 真夏というとお盆があります。 向日葵がもっとも元気に咲いている時、 死者と向き合う時でもあるような。 それらを踏まえたうえでの、 最後の四行の描写、 ほんの短いあいだの精いっぱいの生のきらめきに、 感動をおぼえました。

1
宵月
Thukiniko さんへ
(2021-05-19)

ありがとうございます。 終わりが、はじまりにつながるものであったら、終わりを怖れることなく先に進めるのかな、と思いながら書いてみました。 そして、どんな時でも、世界は綺麗なものに溢れている、そう思いたいです。

1
宵月
まささんへ
(2021-05-20)

ありがとうございます。 死、を意識することは、やはり、生 を意識することと同じくらいに、生死というか、終わりとはじまりを同じくらいに、大切にしたいと、思うようになりました。 文章を書く、ということは、私にとってあまり深く考えてする行為ではなくて、申し訳ないくらいに、わがままな書き方になっているのかもしれません。 ただ誰かが、少し、気に留めてくれたら嬉しいなといつも思います。 向日葵は大好きな花です、今年も見るのが楽しみです。

1
楽子
楽子
作品へ
(2021-05-26)

すごい良いです。 >向日葵の芽が伸びて >誰かが 支柱を添えるように ここが大成功ですね。 これが無かったら締まらなかったと思いました。 水泳の時間、クロールで息継ぎをしたときにだけ見える空の青さのような、 息苦しくて美しい作品です。

0
宵月
楽子さんへ
(2021-05-28)

ありがとうございます。 クロールの息継ぎ、すごくわかります。息継ぎの瞬間、空が見えました。思い出します。 終わりたい、始まりたい、そんな感じをただ書いてみたのですが、褒めていただき、嬉しいです。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2