ロマンティストの遊歩 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

三浦果実

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

三浦果実

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

三浦果実

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

三浦果実

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

三浦果実

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

三浦果実

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

ロマンティストの遊歩    

「僕は結局自分がロマンティストであるのを認めたってわけさ」 ローランド・オーザバル 飲んだくれが阿呆とそしられ空から落下する イカロスも呆れるほどの落ちっぷりだ 物理法則も裏切るほどの速度で堕ちて行って 挙げ句幽霊にもなれなかったそいつは 今では療養所で天国の一つを見てる 足元で揺れたのは波に映った月影で そいつのぼやきでも嘆き節でもなかった もう誰もそいつを救わない助けないって言ってるけれど どこかで誰かが手を差し伸べるって 優しい嘘でもいいから口にする僕のことが 君は行き着くところ好きなんだろう 水平線の上に打ち上がる花火は一瞬にして消えていく それはきっと僕と君の命が思いのほか短いことの*証し* 波間から見えたのは悲運を嘆くツバメの分身たる*僕ら* 愛情なんてペットと飼い主が交わした契約で  恋人たちに突きつけられる最終通告だなんて そんなことを吟遊詩人とやらが歌っちまう世ん中で 僕は辛うじて君を信じることが出来て良かったと 思っている 僕は道すがら訪れた海辺を離れ 君のもとへと帰る 君と呼ばれる 君という単語が指し示す 一人の女性だけを意味する 大きな場所へと 必ず 帰る 必ず

scroll


作成日時 2020-10-01
コメント日時 2020-10-27

ロマンティストの遊歩 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 19
P V 数 : 2088.1
お気に入り数: 2
投票数   : 0
ポイント数 : 3
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2021/09/20現在)投稿後10日間
叙情性11
前衛性00
可読性11
エンタメ11
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント33
 平均値  中央値 
叙情性11
前衛性00
可読性11
 エンタメ11
技巧00
音韻00
構成00
総合33
閲覧指数:2088.1
2021/09/20 20時24分53秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

ロマンティストの遊歩 コメントセクション

コメント数(19)
くおんと月夜乃海花
作品へ
(2020-10-02)

どんなに落ちこぼれても、堕ちていっても助けてくれる人間が居ない訳ではない。燕が自立して巣から戻った後にまた同じ巣で子育てをするように、自立して彼女の元へ戻るという強がりのような不器用な愛を感じました。

0
stereotype2085
くおんと月夜乃海花さんへ
(2020-10-04)

くおんさん、コメントありがとうございます!不器用な愛は確かにあるかもしれませんね。冒頭のローランド・オーザバルの言葉はミュージシャンである彼が様々な詩作遍歴を経て、その活動の後期において口にしたものです。詩作の旅を重ねてロマンティストであることを半ば呆れて諦めたかのように認める。とてもいいとは思いませんか?僕は彼のその心証がとても好きなのです。

0
ふじりゅう
作品へ
(2020-10-11)

短評で恐縮ですが、 > 優しい嘘でもいいから口にする僕のことが >君は行き着くところ好きなんだろう ここの文章に極めて違和感があります。明らかに必要な助詞が抜けているのですが、あまり狙ったものとは思えないです。 作品全体としては、後半が特に失速したと思います。アスタリスクも何を表したいのか不明瞭であるのと、必ず、の連呼はチープさを加速させてしまっているような気がします。 >証 も、証→あかし、と読みますので、し、を何故付けたのかよく分からないです。全体的に、あまり推敲が出来ていない印象を禁じえません。

0
stereotype2085
ふじりゅうさんへ
(2020-10-11)

これは厳しい批評が来ましたね。なぜわざわざこの作品、地に埋れていたこの作品を掘り起こし、酷評のターゲットにしたのか意図が分かりませんが、これは単なる私に近しい存在、限りなく私と思しき人物の、自らがロマンティストであることの表明であるので、チープだとかそしられようと「そうですか」としか残念ながら思えませんね。粗探しもご苦労様という感想しか浮かびません。改めて言及しますが、脇へ追いやられていたこの作品を、わざわざ気に入らない旨を表明するためだけに引きずり出した行為はお世辞にも品がいいとは思えません。諭しにもなりますが人生は短いことを常に念頭に置き、貴方にとって有意義な時間、有意義な生活を送られることを願うばかりです。それでは。

0
帆場 蔵人@⚰
作品へ
(2020-10-11)

さて、まずは作品についてコメントします。前半、跳ねるようにテンポよく遊歩というタイトルと合わさって爽やかとすらいえると思います。引用からこういう風に小気味よく描ける所は自分にはない所なので興味深く読みました。問題になっている*の使い方が効果的であったかはともかくとして*を調べてみるとラテン語の小さな星を現わすアスターから来ているようですね。それで僕らや証しを小さな星と見立ててみると作中の君と僕、また読み手が想像する君と僕が無数の星となって星座を形作るような気がしました。そんな星が飾る空に巣立ったツバメが成長して戻ってくるように作品の主体も遠回りして自分がロマンティストだと認めて帰ってくる。詩文では、ここら辺でしょうか。 >君という単語が指し示す >一人の女性だけを意味する >大きな場所へと 君と僕という星が空に輝いているその様子はさすがにロマンティック過ぎますかね。 ただ読み上げてみると少し後半が君と僕という主語が混雑してしまっているように思います。そこら辺は推敲して工夫する余地があったのではないかと思います。ただそれだけを指摘するだけでは作品評としてはどうかと思ったので*についてちょっと考えてみました。あ、そうすると引用を後に持ってきてそこに収斂していくように締めくくりに書いてみるのも面白いかもしれません。 追記として(作品とは別の事なので別に記載します) 確かにふじりゅう氏のコメントは指摘だけではありますが、それをとって酷評というのはどうなのでしょうか。彼のコメントには指摘の理由も記載されています。ビーレビは「マナーを守った」上で「レベルの高い議論や意見交換を行う」事を念頭に置き、合評に勤しむ場所であると理解しています。それを踏まえた上で作品に対するコメントを言下に否定するのはいかがなものでしょう。批判の理由は述べられています。(このように書くとチープに見えるのではないか?という記述の仕方についてですね) また後半が失速したという書き方から推察するにふじりゅう氏の意見は前半が良かっただけに飛び出したものだと僕は推測しました。 それからコメントを書く日付が投稿された直後であろうと、一月後であろうとB-REVIEWのシステム/ガイドライン範囲内であり、コメントしてはいけない理由はないと思うのです。何故、コメントにあるような強い言葉での拒否を示されるのかが僕には解りません。合評の場なのだから批判もひっくるめて指摘の理由について答えて語り合えばいいのではないでしょうか。

3
蛾兆ボルカ
作品へ
(2020-10-12)

こんばんは。 前半部分の呑んだくれを語り手の友人と読み、自殺未遂か転倒か、今は病院にいるその友人の悲運に触れつつ、半ばからはそれをきっかけに自分の大事なもの、そしてある一人の彼女へと抒情した作品と拝読しました。 語り口に一つの落ち着いた文体があるので、鑑賞しやすく、スムーズに流れている作品と思います。 残念に思ったのは、 ーそんなことを吟遊詩人とやらが歌っちまう世ん中で に至る三行で、吟遊詩人というのが今そんなにポピュラーではないと思いますし、誰なのか僕にはわかりませんでした。この詩は重くならないよう造られたポップな作品と思ったのですけど、ここで愛に関する一つの考えを否定するのは、この詩の流れでは大事なところと思います。 「吟遊詩人」という言葉で軽く逃したのはバランス上の工夫かも知れませんが、やはり軽すぎるというか、ここは決めどころだったのではと思います。 端的に言うと、吠えるなら吠える、みたいな。 それと逆にアスタリクスで強調したニ語ですけど、そこはまだ友人がお気の毒な状態にあることが第一に心配なので、そこでそのニ語にあまり集中してしまうのは、人生論的には前向きで良いのですけど、状況としてはまだ単語の強調で乗り越えるには数行早いように思いました。 勢いも流れもあるし、内容も転換があるので、全体としては良い作品と思います。

1
stereotype2085
帆場 蔵人@⚰さんへ
(2020-10-12)

帆場さんへ。前半の作品の批評は恐らく追記にある私への注意勧告のために書いたと思われるので一つ一つ返信するのは控え、私への注意喚起についてだけ応対しようと思う。私も運営にいたから分かるのですが、運営のメンバーには一体感が出る。それ自体は悪いことではないし、むしろ必要なことだと思われます。しかし今回の私とふじりゅう氏とのやり取りに進言する姿勢には、いささか運営同士の過剰な密着を感じる。同志を守りたい、擁護したい気持ちは分かるが若干行きすぎではなかろうか。ふじりゅう氏はツイキャス内において私を個人攻撃した過去がある。その点も踏まえた上で私は彼のコメントを読み込んだ。ゆえに彼のコメントが優れた意見交換の一つだとは残念ながら私には思えなかった。私の語気が若干強かったのはそのような理由もある。加えて運営Discordにおいて私の返信が問題視されたであろうことも想像出来る。ゆえに帆場さんも動いたのだろう。どうかこれを単なる運営批判だと思わないで欲しい。帆場さんへ。一時的なものとは言え貴方は今や権威だ。権力は必ず腐敗する。私の現運営への忠言は腐敗を押し留めるもしくは遠ざけるためのものだと思って欲しい。私も運営時代は不遜になった一面もある。帆場さん、貴方は賢明だ。一度私の指摘について真摯に考えてみて欲しい。またこの私の考え、意見が唾棄されるもしくは批判の対象になるようなら、私は現運営が頑迷になりつつある予兆と捉えるでしょう。繰り返しますが権力は必ず腐敗する。そして権力者は自分の土台、足場がぬかるみにはまりつつあることに往々にして気づかないものです。権力の眺めの良さゆえに。帆場さん、そして現運営のみなさん、あなた方なら気付ける。私はそう信じてやまない。

0
stereotype2085
蛾兆ボルカさんへ
(2020-10-12)

ボルカさん、コメントありがとうございます。吟遊詩人のくだりは著名な現代詩人の文言にインスパイアされたものです。誰のことかは明らかにしない方が効果的だと判断しました。しかし極めて現代的な背景を持つこの詩において吟遊詩人は浮いていたかもしれませんね。全体としては良い作品だとのこと。感謝です。

0
stereotype2085
ふじりゅうさんへ
(2020-10-12)

ふじりゅう君へ。まず再度の返信をすることを許して欲しい。さて必要な助詞が欠けているとの指摘。これは「そう口にする」の「そう」のことだろうか。確かに省いてしまったがために欠如感を拭えなかったかもしれないね。後半が特に失速したという点は序盤が非常に良かったことの裏返しだと好意的に解釈するよ。序盤の「療養所で天国の一つを見てる」なんてなかなかにいいフレーズだと思わないかい?僕は気に入っている。アスタリスクは視覚的に強調する意図があったものだがふじ君のようによく分からない、不要だと考える評者もいると知って為になった。証しは証しでも証でも基本いいのでアスタリスク内における二つの単語を2文字にする為に証しを選んだんだと思う。最後チープさを加速というポイントだけどやはり男女間の深い信頼や愛情、ロマンティシズムは現代詩界隈、特にネット詩では歓迎されにくく、謗られやすいということが改めて分かった。ロマンティシズムがネット詩で封殺されていく様を見るには不条理な余りに不条理な僕の自作「20201005通告書」を読んでみると面白おかしく把握、理解、共感出来るところだと思う。でも自分自身をもよもすれば見失いがちな世の中で自分にとって大切な人物に立ち返るのも、そしてそれを表現するのも悪くないと思うんだ。そう思わないかい?これでけいせいさんの返礼は終わりだよ。満足してもらえだろうか。そうであるのを望むばかりだよ。

0
stereotype2085
帆場 蔵人@⚰さんへ
(2020-10-12)

帆場さんへ。こちらも再度の返信をすることを許して欲しい。帆場さん自体からは好評を貰っているのにそれに返事をしなかったのはさすがに礼に欠けるでしょう。アスタリスクを星と解釈していただけたのは功を奏したというか偶然の賜物ですね。ひとえに。これはそう解釈してくれた帆場さんの勲功になるでしょう。君と僕が星と空に輝いているというイメージは意図したものではありませんがいただきます。けいせいさん、そういうロマンティシズムは大好きなので。僕と君という単語の混雑についてですが、二人の関係を強く印象づけるためとは言え後半少々押しが強すぎたがための結果でしょう。以上で返礼は終わりです。この詩は心の安定に焦点をあてたものですので、テキストとしての現代詩と見れば物足りなさもあったかもしれません。しかし世俗的な優雅さという妙なパラドックスを持つ序盤の描写は非常によく出来ていたと思っています。

0
藤 一紀
作品へ
(2020-10-12)

こんにちは。冒頭から流れができているように感じました。一方で語調に呑まれて語の選択や詩文構成が粗くなっていたり、へんに間延びしているようにも感じました。雰囲気や情緒の流れに影響をうけて乱れるのもロマンチストといえば間違いないかもですが。 ただどうかな、ぼくが主人公にロマンチストを設定して書いたとしたら、 >僕は辛うじて君を信じることが出来て良かったと 思っている の箇所はこんなふうにまだるっこしい表現は選ばなかったと思うなぁ。

0
stereotype2085
帆場 蔵人@⚰さんへ
(2020-10-12)

帆場さんへ。三たびの返信失礼します。私は権力は腐敗する、運営同士の密着はそれに繋がる可能性があるとの趣旨のコメを寄せましたが現在の運営が腐敗しているとの批判ではなかった点、ご留意いただきたい。私はあくまで腐敗しやすい権力、聡い人物たちが集まっているのならばどうかそれを回避する方法を常に探して欲しいとのメッセージを送ったつもりです。またふじりゅう氏にややフライングな誤解から生じた返信をしましたが、今ではそれも省みるところです。どうか健やかにそして今後も健全で風通しの良い運営をなさることを願っています。それでは。

0
stereotype2085
藤 一紀さんへ
(2020-10-12)

藤さん、コメントありがとうございます。ロマンティストも悩み、まだるっこしくなることもあると思いませんか?少なくとも当時の僕がこの詩の話者に託した心境はそれだった。ロマンティスト=直情的な愛情表現でもない気がします。この詩は世俗を見聞し遠回りをして大切な人のもとに話者が帰る詩でもあるのです。だからやっぱりこの詩を作った当初は「辛うじて」だったんだと思います。

0
うるりひと
うるりひと
作品へ
(2020-10-25)

前半は結構文学的で、視点も客観的、どこか遠くから冷静に落下の事象を説明しているかのような感じを受けますが、「僕」と「君」の言葉が出てくることで氏の雰囲気が一変します。突如個人的などんな形かはわからないにせよ愛のポエムのような様相に。さらに「証し」や「僕ら」の体言止めによって文体も一気にポップなものに変わっていきます。こういう一気に景色が変わる書き方が劇的であって、読んでいて面白いというか、引き込まれるなぁ、と思いました。

0
r
作品へ
(2020-10-25)

他の方と重なりますが、「僕」が出てくるまでを前半とするならば、後半はまったく別の詩かと思えるほど乖離してしまっています。特に前半の表現の豊潤さが良かっただけに勿体ないと感じました。

0
stereotype2085
うるりひとさんへ
(2020-10-26)

うるりひとさん、コメントありがとうございます!前半がこの詩は本当に良いですよね。飲んだくれが「今では療養所で天国の一つを見てる」だなんて突き放しもせず、叱責もせずかと言って同情もしない話者との距離感が素晴らしい。そして問題の後半部分なのですが、やはり意見が分かれるところだと思います。うるりひとさんは劇的な変化が面白く引き込まれると言ってくださいましたが、そう思わない人もいるようです。ただ一つ言えるのはこの作品を清書した時は余りにロマンティックで一途な展開、締めにしたかったのです。今もう一度後半を書き直ししてくれ、と言われれば僕は違う方向に舵取りしたことでしょう。とにかくも好意的な意見ありがとうございました。

0
stereotype2085
rさんへ
(2020-10-26)

rさん、コメントありがとうございます!やはりrさんにとって後半はこの作品の痛手に見えたのですね。そこは理解出来ます。前半が豊潤だっただけにというコメントまで添えてもらうとより一層。先ほどのうるうひとさんへの返信と重なる部分もありますが、もう少し一途すぎるほどの話者の情熱を、距離を置きつつより現代詩的に構築した方が良かったのかもしれません。後悔ともつかない感情があり、同時に悔いはないという不思議な作品になっております。

0
AB
作品へ
(2020-10-26)

個人的に、「僕は」から終わり8行好きだなぁ。その前を受けてなりたつもの、と感じますが。 詩はすべてを説明しているわけではない(ことが多い)ので、それぞれ、読み手のちょうどいいところというか共鳴するものは違う。それは作者の意図と違うことも多い。それがおもしろいとも思うし、広く(ポピュラーに)受け入れられのは難しいかな、と思ったりしてます。 あ、作品とずれてすみません。最後静かに収束していくフレーズ、いいと思います。

0
stereotype2085
ABさんへ
(2020-10-27)

ABさん、コメントありがとうございます!「僕は」から終わり8行がお好き。この箇所は初めはまだるっこしい哲学的な物言いだったんですよ。それが清書の際、物凄くロマンティックな衝動に駆り立てられまして、現在の形になってしまいました。ABさんのように気に入ってくれる方もいらっしゃると知ってとても嬉しく思います。静かに収束していきましたね。本当に。プラス、ロマンティックで幸せなはずなのに一点に収束するがために得も言われぬ余韻も出たのかなとも思います。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2