独言少女 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

着順は知らない

まるでショートフィルム

駆け抜ける風を感じて

ピム

伝記びりびり

言語と身体のきしみ

緘黙のぼくは祖父母の目の前で伝記を破ることにした。

r

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

犬のしっぽ

    遍界不曾藏  犬がしっぽを振る世界

湯煙

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

name

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

yasu.na

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

独言少女    

髪がなびいて 唇に触れるので 私、風が憎いんです 町にはまだ、アンパンマンが 溢れているので 私、平和が見えています ミカンを剥いた指が 黄色くなっていて恥ずかしいので 私、恋を知っているんです 手に出来た真っ赤に割れる アカギレが十字架に見えるので 私、まだ守られています でも私、いつも終電に間に合う人生 生きています


作成日時 2020-03-06
コメント日時 2020-04-10

独言少女 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 26
P V 数 : 2068.0
お気に入り数: 11
投票数   : 5
ポイント数 : 56
#現代詩
項目全期間(2020/11/29現在)投稿後10日間
叙情性1915
前衛性21
可読性21
エンタメ20
技巧95
音韻75
構成155
総合ポイント5632
 平均値  中央値 
叙情性2.71
前衛性0.30
可読性0.30
 エンタメ0.30
技巧1.31
音韻10
構成2.12
総合86
閲覧指数:2068.0
2020/11/29 07時30分56秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

独言少女 コメントセクション

コメント数(26)
石村利勝
作品へ
(2020-03-06)

詩は「観念を詩的修辞で表現するもの」ではないということのお手本のような作。 >髪がなびいて 唇に触れるので >ミカンを剥いた指が >黄色くなっていて恥ずかしいので >手に出来た真っ赤に割れる >アカギレが十字架に見えるので こうしたそれぞれの連が皮膚に直接触れてくるような、傷口に風が当たるような肉感性を持っている。修辞のない全くの平叙法で語られているが、言葉が動かしようのない実在を得ている、要は言葉が”物”となっているのである。これが「物を書く」ということであり、情が物から生じているから、 >風が憎いんです >平和が見えています >恋を知っているんです >まだ守られています が真情として響き、それゆえに詩情と言えるものになる。この作品のクライマックス、着地点とも言える >でも私、いつも終電に間に合う人生 >生きています が決定的な行として生きて響いていて、ポオの所謂「最初の一行」というのは実際にそれが最初に着想された行であるかどうかに関係するわけではなく、その行を生かすために他の行があるのか、他の行があることでその行が生きているのか、完成品を見るだけでは誰にも分らないほどに有機体として完璧であることを言うが、その意味でこの連は最初の一行である。解釈をどれほどの数積み重ねても、この行を直に味わい、噛み締める時の実感に達することはできない、そういう実在性を獲得しているからここで本物の”もののあはれ”が生まれる。そして”物”が書かれていなければ”もののあはれ”は生じないというごく当たり前のことも書き添えておく必要がある。詩である以外の何物でもないくらい詩である作品。詩的修辞の工夫を積み重ねた模範解答を詩であると思っているうちは逆立ちしてもこのような本物の詩は書けない。   

3
鬼蜘蛛 霞驪音
鬼蜘蛛 霞驪音
作品へ
(2020-03-06)

風が憎いという表現が目に留まりました。 とても良かったです^^

1
トビラ
作品へ
(2020-03-06)

>ミカンを剥いた指が >黄色くなっていて恥ずかしいので >私、恋を知っているんです この連が一番好きです。 一番自然に感情が発露しているように感じるからです。 その恋は、瞳に好きな人を映しているんだなと感じます。

1
rain実
rain実
作品へ
(2020-03-09)

いい 憎いだけが露骨な感情なので浮いてるかも

1
みみず
みみず
作品へ
(2020-03-15)

具体的に言えませんが、良いと思いました。 シンプルで言葉の繋がりが自然です。 なんだか可愛らしい感じもします。

1
ゆい
ゆい
作品へ
(2020-03-16)

石村利勝さん ありがとうございます。 評を書いてくださって、本当に嬉しかったです。何度も読み、改めて自身の作品や好きな詩人の詩を読み直してみました。評は、私が何故そう感じるのか、ぼんやりとしか分からなかった事にはっきりと輪郭を与えて下さいました。書くことを止めないよう、これからも日々精進します。本当にありがとうございました。石村さんから頂いた言葉をお守りにします。

0
ゆい
ゆい
作品へ
(2020-03-16)

鬼蜘蛛 霞驪音さん ありがとうございます。 ひとつの言葉に留まってくださって嬉しいです。

0
ゆい
ゆい
作品へ
(2020-03-16)

トビラさん ありがとうございます。頭の中だけのヘンテコも、「自然に感じる」言葉に変えられるよう、たくさん書いていきたいです。

0
ゆい
ゆい
作品へ
(2020-03-16)

rain実さん ありがとうございます。 本当は露骨な感情しか持ち合わせていない事が、こぼれ出てしまいました!

0
ゆい
ゆい
作品へ
(2020-03-16)

みみずさん ありがとうございます。 私も、日々具体的に言えない事が多いです。良いと思って下さり、可愛らしいと感じて下さって嬉しいです。

0
白川 山雨人
白川 山雨人
作品へ
(2020-03-18)

優しくわかりやすく始まって、連が進むにつれて、「私」の言葉は飛躍を大きくしていって、その流れに引き込まれていきます。そして最後に、少女は最大の飛躍をして遠い空に駆けていったような気がしました。

0
湯煙
作品へ
(2020-03-18)

小品といいますか淡々とした語りで綴られた作品という印象を受けました。最後の連が響きました。いろいろ修辞といいますか技術知識などは把握されている方と思います。スケールには物足りなさはややある印象を持ちましたが。

0
ゆい
ゆい
白川 山雨人さんへ
(2020-03-18)

白川 山雨人さん ありがとうございます。 言葉が飛躍を大きく、、凄く凄く嬉しいお言葉です。駆けていった少女をまた捕まえる事が出来るよう頑張ります。

1
あめんぼ
作品へ
(2020-03-18)

古い自分の心を懐かしむようだと感じました。

1
ゆい
ゆい
湯煙さんへ
(2020-03-18)

湯煙さん ありがとうございます。 「淡々」と「スケール」という言葉で、これからどんな風に言葉を書くのか課題を頂けて嬉しいです。私はすぐサボります。

0
チャッピー
チャッピー
作品へ
(2020-03-18)

読む度にイメージの広がる自由度の高い作品だなぁと思いました。 心惹かれた部分がいくつもあります。 “町にはまだ、アンパンマンが溢れているので” 今はアンパンマンがいるけど、いつかいなくなるかもしれない。 主人公は比較的穏やかな日常を過ごしてそうだけど、この先どうなるか分からない不安を抱いていそう。 少なくとも今だけは幸せな所だけを見ていたいような。 “私、恋を知っているんです” この部分からは「知らなければこんな汚いこともかんがえなかったのに」という知ってしまったことに対する後ろめたさ、もしくは「実は知っているんだよ?」という背伸びと見栄の間くらいの心情をイメージしてしまいます。 “アカギレが十字架に見えるので” もう個人的にはこの一行はたまりません(笑) 根底で救済や理解を求めているからそれが十字架に見えてしまう。 きっと主人公は、誰かに相談したところで「そんなことで悩んでるの?」と一蹴されるような不安や悩みに振り回されている。 解決はできない。相談もできない。そんな孤独な状況だから自分の傷ですら十字架に見えた。いるかも分からない神にすがるしかなかった。 そんな私だけど常識の範囲内で生きていかないといけない。 目に見えるものを通して目に見えない観念的な世界が広がっていて本当に素敵な作品だと思いました。 しかもそれを淡々と、シンプルな言葉で表現しているところが不穏。 文字が意味以上の奥行きを表し幾つもの解釈を許すなら、それはとても価値のあるものだと思います。 だからこの『独言少女』は少なくとも僕にとってはとても価値のあるものです。 全て勝手な想像です。長々と失礼しました。

1
ゆい
ゆい
あめんぼさんへ
(2020-03-19)

あめんぼさん ありがとうございます。 ほんとに、そうなので、見透かされてしまいました。。。

0
ゆい
ゆい
チャッピーさんへ
(2020-03-19)

チャッピーさん ありがとうございます。 想像してくださった少女を想像して、涙がでました。わたしにもまだ彼女は残っているのでしょうか。そういう意味で、誰にも相談出来ない、笑われてしまうような事を今も残しているかもしれません。チャッピーさんが書いて下さった言葉が本当に嬉しいです。 これからどこまで彼女と共に生きれるか分かりませんが、頑張りたいです。

0
イツカ
イツカ
作品へ
(2020-03-19)

俯きながらひとつひとつ階段を上っていき、最後の2行でふっと顔を上げて前を向く、そんな感覚に襲われました。 いつも終電に間に合う人生、という表現に感嘆しました。私もきっとそうです。これからも、たぶん。

0
夢うつつ
作品へ
(2020-03-20)

めちゃめちゃめちゃ良いですね…………"アンパンマン"、"みかんの皮"、"アカギレ"、"終電"て、少し変わった選択ではあるのに、どれも全く詩句として浮いていないし、説得力があるというか、それなりの芯というものを感じます。本当にすごいし、めちゃ感動しました………… 良い詩をありがとうございました

0
ゆい
ゆい
イツカさんへ
(2020-03-24)

イツカさん ありがとうございます。 破天荒な事をしたくても、いつも真面目で自分にがっかりします。。でも、イツカさんが感じて下さった顔を上げて前を向く、真面目なりのケジメをつけていきたいです。。。

0
ゆい
ゆい
夢うつつさんへ
(2020-03-24)

夢うつつさん ありがとうございます。 説得力、、すごく嬉しいお言葉です。 普通の中の少し変を、私なりに探したいです。

0
こうだたけみ
作品へ
(2020-04-05)

とてもよいと思いました。 終電に間に合う=少女というのも好きです。 そうか、終電逃してカラオケとかに雪崩れ込むようになったらもう少女ではないのかもなあなどと感慨深くなったりしました。

抒情:0 前衛:0 可読:0 エンタメ:0 技巧:0 音韻:0 構成:5  
0
カオティクルConverge!!貴音さん
作品へ
(2020-04-10)

自分はこの言葉を閃くことが出来るか そんなのを基準にして詩を書いているんですけど なんていいますか ろくに詩を書けてこれなかったんだなと痛感しております。 私も書いてんじゃないって部分が見当たりませんでした。 とくにここ * 手に出来た真っ赤に割れる アカギレが十字架に見えるので 私、まだ守られています * 別に戦ってませんが、完敗です。

0
ゆい
ゆい
こうだたけみさんへ
(2020-04-17)

こうだたけみさん ありがとうございます。 少女の定義は難しいですね。。 留めたい事ばかりの言葉です。

0
ゆい
ゆい
カオティクルConverge!!貴音さんさんへ
(2020-04-17)

カオティクルConverge!!貴音さん ありがとうございます。 言葉の閃き!私も、言葉の組み合わせを意識するようにしていますが、自分で本当に好きな組み合わせに中々辿り着きません。気に入ってくださった所があり、とても嬉しいです。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1