相応しい朝焼け - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

name

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

yasu.na

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

相応しい朝焼け    

はじめから はじまりから 離反している俺が そのようで然るべき 俺であった ならば ふさわしい朝焼け(そうなのか そらんじている(暗く 円状の淵の全面と後面を、 泥土とモバイルバッテリーだ この先生きている輝点は 反映下残留物事(ああしっかりと湿っているこの綿は 透けていればいいのですか 底深くにあれば反映せずに、その、廃化しないままで点灯して、 その、固有している俺が、 肺の中の血痰を経てまでも 詩が 詩のようなものが書けそうな気がするんよ    * 日常に遅れろ    * 黒い唾液の印字された紙面の水路なんか 俺はもう飽き飽きしている    * 直立している そのうえ 酸化した地場の俺たち 面差しは垂直に抗っているけれど    * 君たちは僕の中にある匿名の箱の許すまいと固持しようとする入れ物の蓋をこじ開けようとする  * 彼の陰を支配している黒光がある いたるところにある 目を凝らして映る夜の欠陥を僕は井の中を覗き込む意志で鞭を握る圧力で 全身という全身の肉体から全神経という全神経を吸い出してそこへ放り込むんだ 灰の蛆みたいに俺の神経はうねるわくるうわ(発狂したてんかんの舞(焼却しても変わらない 微細なことに保持しようとせめぎ合う君たちは僕らに見えない微細なペーストの一片一片を占拠しようとせめぎ合う君たちは僕らの寝息に混じる磁場みたいな歪みを堅持しようとせめぎ合う君たちは僕らの心音の一房一房を鈍痛ににじり寄って奪う、 君たち! ほうら狂うわ踊るわてんでわ分らんわ空だわ青と呼ぶらしい空だわ澄み切った呼ぶらしい空だわ ああ( ァ           !        )          でもつま先の床についてなくて分霊された虚体空間を凝縮していく皮膚触れる空間だったわ 青く見えてんのは紙面の燃えカスだ 俺ん中の泥水 一面にはまた水域 認識に仮住まう傲慢な主体たち(ソウ!と言い切っていられない) 〈〈 River to the River to the River to the River to the River to the River to the… 〉〉 2229ペイジの溺死 失ったパルプたちは再び果てを擦り違え、 半動体 と言ってもいい 帰路 と言ってもいい ところで、 尾と呼ぶからには緒の根があったり 端正な人工物の空が敷き詰められていたり 真っ白な手(テ?)が思っていたより雪面でフシゼンな美しさだと呼ばれていたりする 果て? 時軸をいつまでも崩れた温度の弄ばれるペイストしている、としても、 としても、だ 幾何学のような棒振り 幹が吹きゆかれていかないようなパルプを紙面にしてさ という規定を我なりに支配して 向こう側で冷え切った蝋燭の永続した炎を慈しむイレイサーなんかで 挫かれない無季節の綴りの 上流だ、 俺(ore oe 無在 非 抗)で ニーチェは黙らせておけよ    * 塵袋の訴えが満たされた ら 焼き捨てた辞書の灰の悲しみ(下流にて俺は    * もよおす    前提な苦痛  だから嘆き つまり関節 農夫の浮き出た欠陥の外膜でさえ      つまり関節 地下牢は他閉的に受け止めるしかないんだ  つまり関節 、        から 破損を補うばかりの ひるがえした前方方向の摂食 決して液体で 食塩濃度の遠のいた そのマイナスが張り付いて凍傷してしまうが


作成日時 2019-12-05
コメント日時 2019-12-15

相応しい朝焼け ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 6
P V 数 : 706.8
お気に入り数: 0
ポイント数 : 7
#テキスト
項目全期間(2020/09/24現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性44
可読性00
エンタメ00
技巧33
音韻00
構成00
総合ポイント77
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性44
可読性00
 エンタメ00
技巧33
音韻00
構成00
総合77
閲覧指数:706.8
2020/09/24 21時02分01秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

相応しい朝焼け コメントセクション


コメント数(5)
エイクピア (2019-12-05):

きわめて前衛性の濃い作品。これで詩が書けると言う立脚点を模索して居る様な詩、のように思えました。スタートラインを模索した苦闘と言えばいいのでしょうか。前衛性が高く読解が難しいと思うのですが、詩の詩、メタ詩みたいな印象を持ちました。

0
/舜舜/舜舜(2019-12-05):

>真っ白な手(テ?)が思っていたより雪面でフシゼンな美しさだと呼ばれていたりする >果て? ここアガる。イケてる。

0
ふじりゅう (2019-12-05):

拝読しました。前衛的といいますか、尖った作品のように見受けられます。()などの記号を多用した、事実と思考のギャップを同時に綴ったような詩句は魅力的に感じます。 他方、読むにはやや冗長にも感じました。一貫して特徴的な作風ですので、逆に抑揚に欠ける印象がありました。

0
楽子楽子(2019-12-05):

素敵ですね。 詩が 詩のようなものが書けそうな気がするんよ これがあるから言葉がまとまってる。 ラストの〆もなんだか良いです。 多くをしらなくても楽しんでいける。

0
石手午石手午(2019-12-15):

コメントありがとうございます。この詩は、私が19年の4月頃に書いたもので、それから随分立って、きちんと誰かに読んでもらい、批評をいただいたほうがいいだろうと考え直し、こうして投稿されたという経緯があります。以下で気になったコメント部分を選び、できる範囲で返答してみようと思います。 エイクピアさんが「スタートラインを模索した苦闘と言えばいいのでしょうか。前衛性が高く読解が難しいと思うのですが、詩の詩、メタ詩みたいな印象を持ちました。」と書かれましたが、私自身は前衛性を狙って書いたわけではなく、書いたらこうなってしまったという次第でした。 ふじりゅうさんが「他方、読むにはやや冗長にも感じました。一貫して特徴的な作風ですので、逆に抑揚に欠ける印象がありました。」と書かれていましたが、私もややそのように思います。構成の意識が薄かったためにこうなったと思われます。 みなさんコメントありがとうございました。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1