どうでもいい沢尻エリカと寺山修司記念館までの旅路 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

のいえられこーず

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

のいえられこーず

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

のいえられこーず

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

のいえられこーず

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

のいえられこーず

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

のいえられこーず

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

どうでもいい沢尻エリカと寺山修司記念館までの旅路    

旅の終わりは土門拳のようでいいよと伸ばした両腕と押しつけたカメラの向こう 真顔を撮れと口笛をふく どうでもいいと くちびるが 終わりを選ぶ マリファナを吸ってしまえば素直にれ 答えの打ち明けが どうでもよくない沢尻エリカと似て そんなもの ゆるむ陽の滲み  すべての死は還り これ以上の道 越えられぬ河をみとどけ みとどけようか ぼくが寺山に逢えたなら  生き還りの途中で 君に乞おう


作成日時 2019-12-05
コメント日時 2019-12-07

どうでもいい沢尻エリカと寺山修司記念館までの旅路 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 16
P V 数 : 1520.3
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 21
#テキスト
項目全期間(2021/01/24現在)投稿後10日間
叙情性22
前衛性33
可読性00
エンタメ1111
技巧22
音韻33
構成00
総合ポイント2121
 平均値  中央値 
叙情性0.50.5
前衛性0.80.5
可読性00
 エンタメ2.81
技巧0.50
音韻0.80.5
構成00
総合5.34.5
閲覧指数:1520.3
2021/01/24 05時02分16秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

どうでもいい沢尻エリカと寺山修司記念館までの旅路 コメントセクション

コメント数(16)
のいえられこーず
(2019-12-05)

素直にれ✖️ 素直に○

0
ガムのくつべら
ガムのくつべら
(2019-12-05)

はじめまして。 まずタイトルですが、村上春樹へのオマージュか分かりませんが、中身に対して安直だと思います。 土門拳、沢尻エリカ、寺山修司と有名人の名前を列挙してはいますが、どれも詩の裏側での繋がりが見えません。これでは名前を出された方はたまったものではありません。正直、あなたのそんな適当に選んだ言葉で彼らを語って欲しくはないなと思いました。 全体を通して、言葉のチョイス自体も、断片的で置き方が雑です。打ち間違えはその証拠です。それなのに詩に必要な世界との断絶や、それに手を伸ばす姿も見えませんでした。で、結局なにを表現したいのですかという疑問に終始しますし、ただ安全な場所にいる人が、それなりに言っているなくらいの印象です。 もう少し調べて、踏み込んでから書いた方がいいと思います。素直になるのはあなたの方だと思います。 酷評ではありません。感想です。

0
のいえられこーず
(2019-12-05)

感想ありがとうございます。なかなか鋭くてグッと久しぶりになりました。

0
黒髪
(2019-12-05)

たくさんの想像の余地を残している文だと思います。特に第一連は、映像がたっぷりの余地を残し、 タバコを吸うようにリラックスした時間を持って、鑑賞できました。 沢尻エリカのことは、よくわかりませんが、マリファナのことは、次のことを語る前の、緩衝材(クッション) のような働きなのかな、と思いました。 第三連で、そんなもの、と述べられており、マリファナのことを、それほど大した意味がないということを、 言っているようであり、マリファナのような依存性を、意味ないものと、捨てるような、意味の到来を、 思いました。 >すべての死は還り 死についての言及があり、死生観を書いていると思いますが、それは、土門拳や寺山修司という偉人が、 亡くなった後に残っているものであるという点を考えさせられ、旅の感傷について、何らかの価値を、 見出したということが、述べられているのだと思います。善悪というのは、生死と並んで、またあると 思うのですが、善悪というのは、生きているからこそ生まれるのであり、生死を、生の側から、死の側からの両方から問うことの、切実さというものが、あるということに気づかされます。善悪は、共同体的なものであり、 それについて悩まなければおかしい。生死は、個人的なものであり、それについて考えるのは、 肉体的なことだと思います。 だから、体験としての旅ののち、生き還るということを思うことが、霊や被写体のイメージなどを、 考えるということと等しくて、思想と肉体の、混沌の中で、何かを産もうとしているという意味を、 僕は、取ることができました。

0
沙一
(2019-12-05)

昨今、ピエール瀧や沢尻エリカが捕まって、それ自体はどうでもよくありませんが、それによる彼らの作品や活動への影響なんて、正直どうでもいいじゃないかと思うんです。アーティストの人間性がたとえどうあろうと、作品とは関係ないじゃないか、と。 そこで、昭和におけるサブカルのヒーロー、寺山修司が要請されるのだと感じます。時代のつまらなさを打ち破ってくれるエネルギーを、言い換えると寺山修司的なものを、みうらさんは欲しているのではないかと、今作を読んで思ったわけです。記念館への旅路は、比喩的に人生の旅路として、生涯のうちにおもしろいものを目撃するか体験したいという願望が顕れているのではないかと。 ただ、みうらさんの過去作にもたまにある、特定の人物名を作品に用いる手法はおもしろいと思っているのですが、作中に多用するのはよくない気がします。用いるなら効果的なアクセントとして、一名でもいいように思います。

0
蛾兆ボルカ
(2019-12-05)

年を取るとひとは思い出を語りたがるのですが、詩ではそれは失敗することが多いと思います。 ひとが過去のことを覚えていられるのは、ひとというのが、過去の痛みを素早く、自動的に忘れる生き物だからなんですね。もしそうでなければ、とても覚えていられません。 なので、過去を抒情するのは、人間にはあまり向いていない作業なのであります。寺山修司は、距離を取らず、過去をそのまま抒情するけど。 この詩の良いところは、そんな寺山からはるか遠い立ち位置に諦め、今のココロで抒情してるところだと思います。そのほうが、ずっと成功率が高いです。 なので、方針としては良いと思うのですけど、でもなんというか、作品の迫力としてはイマイチかな。面白みみたいのがあんまり無いです。

0
アリハラ(マッキンゼーアンドカンパニーの人)
(2019-12-05)

ビーレビに今後一切関わらないと宣言した限り矛盾ではありますが、まぁみうらさんと言うことで感想を述べさせていただく。まず、土門拳、沢尻エリカ、寺山修司を風俗として作品に昇華できてるかといえばそれは上手くいってない。土門拳に対する理解が不足しているのか問い詰めて考察してないのかそのあたりが不明だが、これでは著名人を列挙して「」詩のような形」として擬似的な偽物の詩を書いているに過ぎない。この詩は非常に息の短い短い詩であるが、そこにこそ真実あるとすればどれほどのスパンで自分の詩が消化されていくのかその辺りどれほど計算されているのか不明瞭だ。沢尻エリカを詩に取り入れる。それは数ヶ月後には単なる風俗として誰もが忘却している社会現象である。その風俗の取り入れ方に意識的であるのかどうなのか?さらにこれほどの短詩で有れば当然暗喩を駆使して言葉の想像力の地平を広げなければならないわけだが、そうではなくみうらは散文的に詩を書いてしまってる。それならば普遍性を帯びないどころか一瞬の風俗として消化される。そこが課題である。

0
アリハラ(マッキンゼーアンドカンパニーの人)
(2019-12-05)

追加。大江健三郎はかつて息の短い小説にこそ真実が宿るのではないか?という時代的な問題に突き当たり、そこで彼は息の長い、つまり古典として時代を超えて生き延びる小説を書くことを選択した。田中康夫の『なんとなくクリスタル』は風俗でのみ成立しているが、あの賞味期限はたかだか5年である。沢尻エリカという社会現象=風俗を詩に導入するにはそれ相応の覚悟と、高度資本主義社会における「消費」という概念についてもう少し意識的であるべきだ。風俗を詩に導入する必然性を深く考察して、敢えてその消費される言葉の価値について哲学的に考察されなければならない。

0
のいえられこーず
(2019-12-06)

黒髪さん コメント有難う御座います。死生を想うとき、なにものかに、自然に祈れたらいいと思うのです。その対象となるほどの覚悟を示した詩を書きたいと考えます。それ以外はろくでもないことでいいのかもしれません。でも、ろくでもないなかにしか生はないので、残念になります。

0
のいえられこーず
(2019-12-06)

沙一さん コメント有難う御座います。現実の世界を忘れて簡単に夢想できるようになってしまったら、有名人が神ではなくなりました。でも、私にとって特別な人を言葉として表すことは困難で、最初から誰にもわかってたまるかよってなります。孤独を学識の向こう側に会得するよりも、独り善がりな孤立を私は好み、そしてまた残念な気持ちになりながらも、安堵します。

0
のいえられこーず
(2019-12-06)

ボルカさん コメント有難う御座います。 とても昔に抱いていた隔絶感は、その他者にあるのではなくて、私は何もわかっていないんだという、自分の愚かさに帰結します。それはどうでもいいと言い切ってしまわなければ生きれなかった強がりであり、今もまだあります。それをもっと詩にしなければならないし、そうでなければ私は死ねないのかもしれません。

0
のいえられこーず
(2019-12-06)

アリハラさん 貴重なコメント有難う御座います。本作に欠落しているのは人前に晒して恥じない覚悟でしょう。しかしながら、覚悟が足りなかったと反省する気はさらさらありません。当たり前ですが、なぜならばそれは、覚悟があったかどうかなど、死ななければわからない。作品には優劣しかなく相対のなかに消費される。でも、私は私にしかわからない私の絶対があって、その吐いた言葉は、誰人にもそれを詫びる必要はなく、永久に絶対の言語として私の中にあり続けます。

0
なゆた創a.k.a.NORANEKO
(2019-12-07)

うーん、前半と後半にそれぞれ良さはあるのですが、「なぜ合体させてしまったのか」というのが先に来ます。いちおう全体を通じてある種の生に対するあかるい虚しさのような響きはあって、それを茶化したような(それでいて目は笑っていない)語り口で呟いたあとにすこし真面目なことを言うような、ある意味みうらさんらしいクレバーなふるまいはあって、そこは純粋にキャラクター込みとして武器ではあると思います。ただ、著しく統一感を欠いているのがまず勿体ないなと感じました。 すでにアリハラさん等のレッサーが指摘してはおりますが、個人的に沢尻エリカを素材にすることじたいは有りというかむしろそういうことしてくるほうが好きなのですが、それがクリティカルにキマるというのでもなく土門拳により相殺されたあげく“生のあかるい虚しさ”の単色に帰ってゆくのが「もうちょっと攻めて欲しい」となりました。破天荒キャラであるならばいっそ核燃料棒でストラトキャスターを弾くようなジミー・ペイジをやってもいいと思います。 後半は詩文の音楽性がよく、また「死に還り」と「生き還り」を「越えられぬ河」を挟んで照応させたり「みとどけ/みとどけようか」のためらいの話法などで巧く構造と叙情を生成していて一定の完成度を持っていると思います。また、おそらくみうらさんは「そんなものつまんね」とも思っていて、それもまた大正解だと感じます。書けるうえでその先に何を産み出すのかに挑むのが、たぶん詩人の本番なんだと思いました。

0
なゆた創a.k.a.NORANEKO
(2019-12-07)

たいへん申し訳ありません。 ×核燃料棒でストラトキャスターを弾くようなジミー・ペイジ ○核燃料棒でテレキャスターを弾くようなジミー・ペイジ でした。謹んで訂正致します。

0
のいえられこーず
(2019-12-07)

なゆた創さん コメント有難う御座います。なにかしらの反抗があるとしたら何も成せなかったことの無意味さへのもので、もはや手におえない、わらってしまうようなものです。それでも、それでもと執着する。詩人の本番がそのような肉体から遠いところであれば、私はまだそれを書きたい気持ちになるかもしれません。

0
アリハラ(マッキンゼーアンドカンパニーの人)
(2019-12-07)

みうらさん。だったら詩を発表するなよ。一人でノートにでも書いて自己満足でもしとけばいい。わたしには分からない絶対の言語?それなら他者と共有できるはずがないので論理矛盾では?

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1