秋桜 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

大人

ただ  納豆  は苦手

生き返る、 笑いながら、 台所で、 さばかれるキミ、さあ、明日から食わず嫌いはやめよう。

湯煙

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

ヘビと戦う

家に蛇は、居つくことがある。

子どもの頃、蛇は家を守るから 粗末にしてはいけないと、聴きました。 なるほど、そういうことか。

真清水るる

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

フィラデルフィアの夜に Ⅻ

フィラデルフィアシリーズ最新作!

羽田氏のフィラデルフィアシリーズ最新作が公開された。その完成度には毎度驚かされるばかりだ。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


秋桜    

あらゆるたしからしいものが剥がれて、ある底部をなす床のようなものから落ちた感覚でした。枯れ野の乾いた匂いを嗅いで茫と立ち尽くした神無月の下旬、まだ衰えていなかった裸眼の先。夕の帷にけぶる秋桜の青白い顔が死者のようだと見つめながらこの身体の輪郭も半透明のまま形が溶けていたので、かぎりなく幽霊に近かったと思います。そして一度死んだ者はこの世から存在の座標ピントがずれ続けるのだと今になって思い知ります。私(たち)は、不可逆的な死者として肉体的生を送り続けるのだと、交換したての蛍光灯に照らされながら、鰯が焼けたと告げるタイマーの電子音に鼓膜を叩かれて。 秋桜やㅤ逆さ水よとㅤ夕餉とる 後を濁す白鳥の鳴く声は思いの外醜いものだと、生硬な飯とともに口に放られた鰯の焦げた皮と骨とを咀嚼しながら私はまだ成仏出来なくて、とても歯がゆいのです。


作成日時 2019-12-01
コメント日時 2019-12-07

秋桜 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 10
P V 数 : 999.9
お気に入り数: 0
ポイント数 : 8
#テキスト
項目全期間(2020/03/31現在)投稿後10日間
叙情性33
前衛性11
可読性00
エンタメ11
技巧22
音韻00
構成11
総合ポイント88
 平均値  中央値 
叙情性11
前衛性0.30
可読性00
 エンタメ0.30
技巧0.71
音韻00
構成0.30
総合2.73
閲覧指数:999.9
2020/03/31 04時07分20秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

秋桜 コメントセクション


コメント数(10)
エイクピア (2019-12-02):

後を濁す白鳥の鳴く声。白鳥の歌と言うフレーズがあり、比喩的な意味があり美しいと思っていました。後を濁す白鳥とは詩的韜晦でしょうか。魅力的なフレーズともとれるのですが、やはりこの詩では 秋桜やㅤ逆さ水よとㅤ夕餉とる このコスモスの句が印象的でした。

0
yamabito (2019-12-02):

鋼で出来たような作品ですね。 余分なものを削ぎ、たたずんでいる姿が痛々しい。…といった印象です。 言い方を変えると遊びがなく、饒舌な部分が何一つないという感じですか。 評価を言う事すら控えたいという気分です。

0
なゆた創a.k.a.NORANEKO (2019-12-02):

エイクピアさんへ ご批評、ありがとうございます。 「後を濁す白鳥の歌」については、「白鳥の歌」と「立つ鳥跡を濁さず」を掛けた洒落として書いたものです。詩的韜晦とまで言えるほど凝ったレトリックではないかなぁと個人的には思います。 秋桜の句を気に入っていただけたなら何よりです。

0
なゆた創a.k.a.NORANEKO (2019-12-02):

yamabitoさんへ ご感想、ありがとうございます。

0
恒常的に眠い人 (2019-12-03):

好きです。 最果タヒ、という詩人がいますが、その方の文体に似ているなぁ、と個人的に感じました。 淡々と、しかしある種の主題を持ちつつ文を進めていく中に、ふと挿入される一個人的な感情の言葉。そういうものが深く突き刺さってくる作品であると感じました。あぁ、好きだなぁ。 素敵な作品を生んでくださりありがとうございます。 これからも良い詩生をお過ごしください。

0
つつみつつみ(2019-12-04):

>あらゆるたしからしいものが剥がれて、ある底部をなす床のようなものから落ちた感覚でした。 死後の様子が描かれているように感じましたが、落ちた感覚というところが新鮮でした。 >交換したての蛍光灯に照らされながら、鰯が焼けたと告げるタイマーの電子音に鼓膜を叩かれて。 死生観溢れる詩の中に突然出てくる、生活感。好きです。 >生硬な飯とともに口に放られた鰯の焦げた皮と骨とを咀嚼しながら私はまだ成仏出来なくて、とても歯がゆいのです。 成仏できぬまま、お供え物を食べているのかなと捉えました。そうだとしたら、面白いと思います。

0
沙一 (2019-12-04):

そして一度死んだ者はこの世から存在の座標ピントがずれ続けるのだと今になって思い知ります。 そう思い知った理由はなんだろうかと、作中では語られてはいないけどたしかに存在するであろうそれこそ、不可視的で幽霊じみているように感じられました。 私(たち)は、不可逆的な死者として肉体的生を送り続ける といった言葉から、寺山修司の詩「懐かしのわが家」の一節を想起しました。 ぼくは不完全な死体として生まれ 何十年かかって 完全な死体となるのである

0
なゆた創a.k.a.NORANEKO (2019-12-06):

コーノ@基本的に眠い人 さんへ お読みいただき、ありがとうございます。正直、何度か“最果タヒさんに似ている”とのご指摘を受けたことがあるものの、未だに自分のなかのタヒさん成分がよくわからず不思議に思っています。 これからもがんばります。

0
なゆた創a.k.a.NORANEKO (2019-12-06):

つつみさんへ お読みいただき、ありがとうございます。 お供え物を食べる死者の独白という読み方を与えてくださったことに感謝します。なるほど、そうとも読めるのかと思いました。

0
なゆた創a.k.a.NORANEKO (2019-12-07):

沙一さんへ お読みいただき、ありがとうございます。 たしかに、私―物語性を持たせるならば、“一度死んだ”経験をどこかに感じさせたほうがよかったかもしれません。 また、寺山修司にそのような詩の一節があることを知ることが出来てよかったです。私の生に対する違和と虚無に言葉を通す回路を与えてくれたのは萩原朔太郎ですが、寺山修司もきちんと読みたいと思いました。(映像作品はすごく好きです)

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1