秋の爆心地 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

真清水るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち❤️久遠恭子

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち❤️久遠恭子

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち❤️久遠恭子

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち❤️久遠恭子

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち❤️久遠恭子

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

秋の爆心地    

ついに、わたしたちは夏を見失い 消えかかった蝉が、抜け殻に秋を託す早朝に   秋が爆発する 透明の感情に、ひっそりと名を与え 消えかかった揺らめきが、真空に秋を託す白昼に   秋が爆発する 鳴り止まぬ産声が、大気に足跡を残し 消えかかった台風が、大陸に秋を託す深夜に   秋が爆発する とはいえ、秋の爆風に呑まれるその瞬きに やすらかに眠る死者が、目覚めようとした早朝   とはいえ、秋の蘇芳に染まるその瞬きに 美しく眠る孤独が、手を伸ばした白昼   とはいえ、秋の玉露に惚れるその瞬きに 夢見に眠る宇宙が、寝返りをした深夜  秋が収束する。  秋の爆心地 爆発したその全ての早朝に、白昼に、深夜に、  秋は静かに呼吸を始める 爆発したその全ての瞬きに、瞬きに、瞬きに、  私達は静かに呼吸を止める


作成日時 2019-09-27
コメント日時 2019-10-20

秋の爆心地 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 13
P V 数 : 2406.4
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 80
#テキスト #アドバイス募集
項目全期間(2022/09/28現在)投稿後10日間
叙情性3229
前衛性55
可読性1715
エンタメ77
技巧99
音韻33
構成77
総合ポイント8075
 平均値  中央値 
叙情性43.5
前衛性0.60
可読性2.10.5
 エンタメ0.90
技巧1.10
音韻0.40
構成0.90.5
総合107.5
閲覧指数:2406.4
2022/09/28 13時25分28秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

秋の爆心地 コメントセクション

コメント数(13)
ひいらぎ
(2019-09-28)

はじめまして。 「秋」という単語にこれだけ暴力性を託した作品はなかなか珍しいのではないかと思います。夏ならともかく。もしかすると秋という季節は、実は他のどれよりも刹那的なものなのかもしれないですね。

0
水上 耀
(2019-09-28)

こんにちは。 >秋の爆心地 この地点がまさにいま私のいる地点であり、いま私を中心に秋が爆発し、そして私を中心に収束したとしたら、なんと心地よい気分だろうと思います。 爆発、というある種暴力的である単語が、収束という過程を経ることでひどく爽やかな現象であるかのように感じました。肌寒くなってきたなぁ、と感じたまさに今日この夜に出会うべき作品であったと思います。

0
stereotype2085
(2019-09-28)

秋が爆発、とか秋の爆心地とかとても好みです。秋とは四季の中ではひっそりとしたイメージが個人的にはあるのですが、この詩では大地を引き裂かんばかりのパワーがある。これはいいと思います。これから僕は秋に何か衝撃的な出来事があったら、自分は秋の爆心地にいるのだ、と思うかもしれません。それほど惹きつける力がありました。

0
夢うつつ
(2019-09-28)

秋は、爆発しながら収束する季節ですね (詳しくは、上の詩をチェックだ!) 感想ありがとうございます。秋の魅力を少しでもこの詩を通して感じてくれたのなら、ウルトラ嬉しい。ありがとうございました!

0
いすき
(2019-09-29)

何回もコメントしようとして断念しているのですが、「秋が爆発する」良すぎて全部良い感じに読んじゃいます。光・衝撃波・熱風が3段階になって届く本物の爆発みたいな構成も好き。

0
新染因循
(2019-09-30)

夏から秋への転換、季節の変わり目という主観的でけれど実際に起こっている移ろいというものへの驚嘆というものが素晴らしいほど表現されているように感じました。

0
藤 一紀
(2019-09-30)

相反するものをぶつけて印象を際立たせる手法は現在でも通用すると思うし、「とはいえ」にはじまる各二行は成功しているとも思います。しかしながら、「爆心地」は強すぎるように思えてなりませんでした。「暴力的」というコメントがありますが、苛烈に過ぎ、むしろ破壊的であるように感じました。あるいは、夏の名残りをすべて消滅させる、そうした破壊的なエネルギーの現れを表すものなのかもしれませんが、私としては秋をも消し去るようなもったいなさと戸惑いを拭いきれませんでした。その点でいえばなかなか遭遇することのできない言葉のインパクトを感じたとも言えます。

0
夢うつつ
(2019-09-30)

感想ありがとうございます 秋の一般的なイメージとして、やはり寂しさであったり、静寂であったりというものが多いので、それをある意味で破壊する為に「爆心地」ということばを使ったのですが、それでかえって秋へのイメージすら消し去ってしまったのならば、失敗してしまった所もあったのだと思います。 「少し古臭い詩だなあ」とか思いながら書いてたのですが、現在でもそれなりに力を持っているようでほっこり。ありがとうございました

0
星空そとば
(2019-10-01)

書きなれている人なのかなと思いました。”秋が爆発する”という、コロケーションの遠い、異常ともとれる表現に、全体が説得力を持たせて、詩の言葉として成立させていると感じました。他の詩人の名前を出すのは野暮かもしれませんが、すこし田村隆一っぽいなと思いました。

0
渡辺八畳
(2019-10-02)

評判良さそうなので読んでみました とはいえ、のリフレインが中也あたりの近代詩みたいでいいですね

0
Um Fantasma
(2019-10-02)

秋は収束するぶぶんのスペースに笑ってしまった俺は悪い鑑賞者だろうな。関係ないけど日本はいま秋なんやな。ポエムの秋やな。季節ネタ多し。まあネットポエムはいつでも季節の変わり目はそうだよね。

0
夢うつつ
(2019-10-03)

感想ありがとうございます ポエムの秋だよ本当に。秋ってめっちゃエモい季節だよ。秋のある国に生まれてきた事に感謝してます。 田村隆一、好きな詩人ではあるのだけれど……。自分の言葉が欲しい……

0
あああ
あああ
(2019-10-20)

コメントを頂いて、勉強のためにやってきた者です。まず、当たり前なんですけどレベルが違う・・・!! 詩ってこういうものなのか!と、今まで読んできた作品より内容が理解しやすかったというのもあって、ストンと、ズシンと心にやられた感じがします。書き手の世界や言葉が大事だというのが、私なりに前よりわからされた作品です。秋がエモすぎてたまらないです。勉強させていただきました!

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2