せいけつなくらしと、 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

ねね

私は、こんな詩に出会いたい。

読者が 作品世界に囚われて、しばし 動けなくなるような 動けない時間を持つことで、自由を得るような そんな詩に わたしは 出会いたい。

真清水るる

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

neue Ära records

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

neue Ära records

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

neue Ära records

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

neue Ära records

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

neue Ära records

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

neue Ära records

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

せいけつなくらしと、    

あまたたびのうそを 正の字をしるして数えた いくつめかの正の字の四画目で 私は手を止め 手を止め 窓の外の群青を仰ぎ見、た 日は沈めばまた登り われわれが定めた暦に応じて 昨日までのことがなぜだか改まった気になる とはいえ、なにも変わってはいない 日は昨日と同じ日で 月は昨日と同じ月で 今日も昨日の風が吹く そっと摘み取って息を吹いた 思うようには飛ばない綿毛 全てがうそのようであった 私は思い切り力を込めて 一本の横棒を書き足した 私にとってはこれな人生最後の正義であった


作成日時 2017-05-28
コメント日時 2017-06-19

せいけつなくらしと、 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 11
P V 数 : 390.3
お気に入り数: 1
投票数   : 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2021/04/17現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:390.3
2021/04/17 23時38分31秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

せいけつなくらしと、 コメントセクション

コメント数(11)
葛西佑也
(2017-05-28)

※最終行 私にとってこれが最後の正義であった お恥ずかしい誤字。

0
AB
(2017-05-28)

これは好きです。 とだけで終えたいのですが、叱られそうなので少し 男女の話だけではない。嘘はどこにあるのか。身近な人、毎日のニュース、社交辞令、などなど、それよりも自分自身、の いやぁ、途中からのめりこんで、はぁ とため息です。このごろ、何も変わらずに、いつの間に、気づくと何年も経ってしまっています。毎日毎日、ほんとは違うはずなのに。最後の正義 忘れたつもりになって、 とこんなに抑制の効いた詩なのに、つらつらといつまでも心なのか思考にまとわりつく、いいなぁと思います。批評にならなくてすみません。

0
鈴木 海飛
(2017-05-29)

ぽややん、と書いております。 あまたたびのうそ をどういう意味に読むかによって 感想が変わるかなぁと 思いましたが、 変わらないのが不思議。 たくさんよんで、 たくさんうたって (たくさん嘘ついて) 完成しない正に至る気持ち どうもこの詩は、 ひとによってはうそつきと呼ばれるかもしれない。後で、やられた、みたいに。 でも、本当はそれ嘘じゃないみたいな。 その悪気もないうそに気づいたとしても感想も批評も、向かう方向は同じ道なんじゃないかなー。と、初見のテキトーです。 時代が変わっても正義なんてそんなものかもしれない。 「うそ」は嘘じゃないけど、 でもうそつきにもなりたくないし。 だからこそ、そうじゃなくても 判断を迫られたときに力を込めて正を足して、たしかな将来が分からない決断する。 なぜ最後なのか…。 終わりを覚悟したのかなぁ。全然違うかも、 そんな風に、この詩を読んで頭のなかに、できてしまったクイズに答えています。 頭がよければ、素直にこの私情をあじうことができるのかもなぁ。 いいなぁと思いました。

0
鈴木 海飛
(2017-05-29)

あ、人生最後じゃないのですね。りよーかいです。

0
花緒
(2017-05-30)

タイトルがいいですね。<この文章は嘘です。>という文章が、嘘とも本当とも言えない、ということと同じ構造を持った作品として読みました。嘘でもなければ、本当でもない。嘘と本当の間にあるわけではなく、真に、嘘でも本当でもないのが、人生であり、文を書くということなのでしょうか。そんなことを思いました。やはり、さすが、わたしのごときヘボには到底書けない、上手い一作だなと思いました。

0
エイクピア
(2017-05-30)

あまたたびのうそを 正の字をしるして数えた いくつめかの正の字の四画目で 私は手を止め 手を止め 窓の外の群青を仰ぎ見、た 矢張り最初のこの連ですね。簡潔な表現の中、内容的にも可不足が無いと思いました。「正の字」「群青」など印象的な内容がありました。詩の根幹があると思いました。

0
鈴木 海飛
(2017-05-30)

ぽややんと読んでいたので、最後の正義についてかけませんでしたが、しゃききんとなったので、最後の正義について書いてみます。自分の魂の鼓動のごとく書き出しますので、ただのひとつの妄想じみた感想としてとらえてやってください。 あまたたびのうそ には、ふたつの意味があって (この世に)いくらでもいつでも溢れる嘘 と (自分が)それに対抗するがごとく鬱憤をためている心情という ふたつの意味をもったセンテンスとしてとらえたときに 最後の正義とは、 世に無頓着な正義が溢れることに失望せずとも、この世のすべての正義が「うそ」なのだから、ある意味隠居する姿勢(第一線を退いてはいるけど、自分が取り組む問題については考え抜く態度というような意味あい)で取り組むこと。それが自分のなかに、最後の正義として折り合いをつけた人の姿がだんだんとみたような気がします。 飛躍しすぎで、すいませーん。

0
まりも
(2017-05-30)

指を文字から離すことなくなぞりながら音読していくような・・・御簾やすだれで日差しを遮った室内で、数人で書き物を囲んで、ひとりが静かに音読しているような。 2連目から、急に現代にリンクしていく感じがありました。なぜなのか・・・ 昨日までの事件を、まるで終わったことのように過去に流して、新しいニュースを重ねていく。それが「正しい」事実の伝え方、であるなら・・・あの日の出来事、あのときに見聞きした事件、にこだわり続けることは、「正しくない」ことなのでしょうか。記憶は、呼び戻された時が「今」です。過去の時点でわからなかったことが、あとで思い返して、わかったりするときもある。 過去の記憶を再生するとき、心の内で何らかの編集が行われ、物語として確定していく。その事まで含めれば、世界は虚構の集合体とも言えますね・・・ せめて文学の世界は、世間一般的な事実としての物語ではなく、その人にとっての真実である虚構を追求してほしいと思います。 批評というより感想でした。

0
葛西佑也
(2017-06-14)

仲程さま コメント、誠にありがとうございます。好きという言葉は、最大の賛辞だと思います。大変嬉しく思います。正義や嘘と言った言葉は、よく目にしたり耳にしたりするものの、とても難しい言葉だと感じます。この詩の中で、どれだけインパクトを持って語れたか甚だ不安ですが、何かしら響いたようでよかったです。 鈴木海飛さま 丁寧にお読みいただき誠にありがとうございます。飛躍できる詩の方が、私は面白いと思います。鈴木さまの読み、大変興味深く拝読いたしました。短くまとめたが故に、様々な解釈の可能性が生まれたようで、それが私の意図するものせぬものであるに関わらず、作品を育ててくれるのだと思います。貴重なご感想、感謝いたします。

0
葛西佑也
(2017-06-15)

花緒さま ありがとうございます。タイトルには、いつも気を配っているつもりですので、嬉しく思います。確かに、全体として、パラドックスと呼べる内容に仕上がっているといいますか、仕上げたつもりです。短い中に、仕掛けがあるのですが、それが有効に作用しているか、不安ではありましたが、コメント拝見し、成功している部分が多いのかなと思いました。励みになります。 エクイピアさま コメントありがとうございます。いつもは長たらしく書いてしまうのですが、今回は短く凝縮させてみるのが目標でした。お褒めの言葉、ありがたいです。

0
葛西佑也
(2017-06-19)

まりもさま ご感想、誠にありがとうございます。現代とはるか昔とを行き来するような、そんな作品が昔から理想です。そうして、古くからの世界と現代とがリンクし、様々なことへの気づきがあるような。書き物は書いた瞬間にノンフィクションであっても、フィクションの要素が出てくると思うのです。書き手による記憶の解釈であるとすれば、そこには当然、現実をそのまま寸分たがわずに切り取ったものがあるわけではないので。そういうことを考えながら、こちらを書き上げました。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1