ということ - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

ねね

私は、こんな詩に出会いたい。

読者が 作品世界に囚われて、しばし 動けなくなるような 動けない時間を持つことで、自由を得るような そんな詩に わたしは 出会いたい。

真清水るる

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

neue Ära records

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

neue Ära records

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

neue Ära records

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

neue Ära records

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

neue Ära records

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

neue Ära records

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

ということ    

(22歳、女性、独身、彼氏は秘密、趣味はカフェめぐり、特技はどこでも寝られる事)という設定。 (女子高生のあたしは、好きでもない兄に犯されて、抵抗した、けれど、抵抗しきれなくて、ああ、もう、受け入れるしかなかった、きっと明日も明後日も犯されて、次第に、犯されることにも慣れて、犯されることをおかずにひとりイッちゃって、終には、兄の友達にも犯される)という演技。 お疲れ様です。 ぷしゅっとビールの缶を開ける夜、 ああ、生き返る! これってなんだか、 「しゃかいじん」とかいう人種になったみたいで あたしは大人になれた気がする。 誰かに見られることを売るために、 あたしはカメラを見ているけれど、 誰からも見られる必要のないこの部屋 ああ、生き返るなあ。 「ファンがあってこそのあたしです」だけど、 (あたしがあってこそのファンです)でもある。 ああ、酔いがまわったなあ、 明日は服でも買いに行こうっと。 という人間のふり。 2016年6月2日 (実は昨日夜中にコンビニに行ってたら追突事故に巻き込まれてしまい、全身傷だらけになってしまって1日入院しました)というつぶやき。 (彼女は悲劇に襲われて、撮影の外でも演じ続けなければならなかった。交通事故という不可抗力によって、身体を売る仕事から引退を余儀なくされた。彼女はその時人気絶頂だった。何人のファンが悲しんだことだか。そして、制作会社を通してファンへのメッセージを公開する。それが表舞台での最後の姿となった。メディアを通してでしか彼女の姿を見ることができなかった。)という解説。 2016年8月18日 (作品は一生残るものです。少しでも長く、皆様の心に「あたし」が残りますように。)というつぶやき。 撮影ではめられた枷が寝ても覚めてもまとわりついていたけれど、もう外れてしまった。あたしは見られるために生まれたんじゃない。見るために生まれたの。カフェめぐりなんか興味ないし、臆病だからどこでも寝られるわけがない。そんなつくられたかわいさのなにがいいの。でも、作品はあたしの生み出した子どもたちで、あたしの誇り。子どもたちには名前があるけれど、決して成長しないし、もうあたしの元にはいない。だから、みんなで可愛がって欲しい。これからあたしは誰も知らないあたしになっていく、あたし探しの旅に出るの。撮影中のあたしはもういないし、撮影をやり始める前のあたしももういない。あたしはメディアとなって、みんなの心に居ればいい。それで、こうやって、引退後のことを少しでも思ってくれる人がいればいいなあ。 という物語。


作成日時 2017-05-28
コメント日時 2017-06-08

ということ ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 3
P V 数 : 464.6
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2021/04/17現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:464.6
2021/04/17 22時58分08秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

ということ コメントセクション

コメント数(3)
花緒
(2017-05-30)

今までのなかたつさんの作品の中で、わたしには一番、分かりやすかったですね。フィクション、というか、虚構が、テーマになっているのでしょうね。ツイッターというのが、象徴的ですが、自分をどう見せたいか、ということでもあったりするし、どう見られているか、を感受して、期待に答える、ということでもあったりするし、常に他者の目を意識しながら、自分を構築していく、フィクションを作っていくと、どこまでが自分で、どこまでがフィクションなのかが分からなくなっていきますね。 表層的な人間関係の中、他者の目を介在させることで、自分を構築していくことの実りのなさ。あたしは見られるために生まれたんじゃない。見るために生まれたの。と言いながら、結局、<という物語>とフィクションに落ち着いていくどうしようもない浅薄さ。作品として、まとまっているし、分かりやすいと思います。 ちなみに、作者の読む力は、わたしをはるかに凌駕するものであることはもはや自明であり、力のある書き手であることを十二分に認めるが故に、わたしなりの酷評コメントを投げておくと、 ①あたし言葉がイマイチ様になっていない ②田中康夫の「なんとなく、クリスタル」みたいなことをやっているだけで、もう一段、踏み込まないとオリジナリティがあんまりないんじゃね? というようなことを思いました。 読みやすい良作だと、好きなテイストのものだと、酷評コメントも思いつきやすいっす。でも、良作だと思うな。

0
なかたつ
(2017-05-30)

花緒さん 分かりやすさを意識して作っておらず、むしろわかりづらいかと思っていたので、意外な感想でした。 最初3行に対して特にいうことはありません。 あたし言葉はその通りだと思います、もう少し推敲が必要だったかと。 「なんとなく、クリスタル」は知りませんし、オリジナリティとはなんぞやというところで、各作品におけるオリジナリティの差異がわかりません。 というのも読者の判断に因るものが大きく、オリジナリティは作品にではなく、読者の知識に内包されているからです。いや、嘘です、作者にも内包されていますね。 それでも、好意的に捉えていただけたことが伝わり、満足しております、ありがとうございます。

0
まりも
(2017-06-08)

先日、映画監督の足立正生監督の話を聞いてきたのですが・・・ 今、一番にぎわっている映画はピンク映画だ、と言われて、いきなり観に行こうぜ、となって・・・観たな。よし、撮れ、という話になって、何がピンク映画だかわからないまま、撮ることになった、というような経緯を「え~!!!」と聞きながら・・・ちょうど、性の解放が叫ばれ始めた時だったから、ということで『堕胎』を撮って商業デビューした、と聞きました。 ピンク映画というと、芸術性、ということでいえば、煽情的で官能を喚起する(上品な言い方をすれば)ものであり、実用から言えば、本能的欲望処理のための消耗品、という印象があるのですが・・・ 『堕胎』をブラックユーモアとして撮ったのに、大真面目な性教育の為の(真面目な)映画と思われたことが以外だった、とのお話に、ひとしきり笑いました。 本人は意識の上で遊んでいた、としても・・・その人の芯に、社会批評性があれば、それがにじみ出すものなのだろう、と思います。 かなり脱線しましたが・・・冒頭三行は、AVの台本というか、設定と読みました。 撮影を終えて、独りでゆっくり、部屋でくつろいでいる「女優」・・・としてのあっけらかんとした受け止め方と、「人間のふり」という言葉の間にあるもの。 本当にどうしようもなくなって、仕方なく辻に立つ、借金や脅しでがんじがらめになって、脱ぐ他に生きる道が残されていない・・・というイメージの売春行為とは違って、「女優」として受け止めていて、性を売る、という産業の一部に取り込まれている事への抵抗感がまるでない、というところに、現代の性の・・・女子高生の安易な売春や、援助交際のもろもろ、を重ねつつ・・・ ツイッターやSNSで演じた自分の方が「事実」となり、部屋で本当に生きていた、はずの自分が、虚構となってしまう・・・女優としての私、は、メディアの中にしか生きていない。ここは、いささか、予測可能過ぎる展開なのでは?と思って物足りない感覚もありましたが・・・ 「撮影ではめられた枷が寝ても覚めてもまとわりついていたけれど」この一行が、非常に気になります。見られること、それがお前という人間なのだ、と周囲から押し付けられ続けていた、そんな女性が、自立した「私」を取り戻す。そのために、虚構の世界、メディアの世界に生きる「女優としての私」を葬る。そんな物語、のように思いました。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1