あなまどい - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

さ、さ、さ、

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

あなまどい    

しずかに くびを しめられているとき わたしは いつも いきていました くるうことさえできたら その言葉は やわらかくて まるくて くずもちのような かたまりで そっとほりおこした黒土にうずめると ありたちが いちれつになって 一心不乱に はこんでいきます 勤勉な蟻にも 何割かは いつも働かない蟻がいる こころのいちぶも からだのいちぶも そうしてねむっているから わたしたちは いきていられるのですね 葉先から色のかわりはじめた ひとなつを生きた緑をながめながら わたしは今 ねむるしたくをしています


作成日時 2018-11-06
コメント日時 2018-12-20

あなまどい ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 21
P V 数 : 324.0
お気に入り数: 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2020/06/04現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:324.0
2020/06/04 11時06分14秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

あなまどい コメントセクション


コメント数(20)
るるりら (2018-11-07):

おはようございます。 あなまどいとは、秋の彼岸を過ぎても、冬眠のための穴にこもらないでいる蛇の様子のことだと、検索で 知りました。 しずかに くびを しめられているときとは、ただらぬ状況です。 真綿で首を絞められるかのような困難を経験したという比喩表現でしょうか? 個人的には、わたしには 昔の職場で 首を絞める癖のある上司の下で働いていた体験があるので、首を絞められると、ただただショックだったな。あれは、あらゆる思考力が停止するんだがな。と、自身の嫌な記憶を辿ってみました。ですが、詩文では その時、話者は いきていたと あります。 >しずかに くびを しめられているとき >わたしは いつも いきていました 「必死」という言葉のことを想います。必死とは かならず死ぬと書くわけで、漢字とはうらはらに、とてもその場その場で生き生きと生きていることを示しています。そんな 困難のさなかの人の 苦い意気地を想いました。 くるうことさえできたら って、ことは 人間は 狂うことはできないでしようから 艱難は艱難でしかなく、やわらかくまるい くずもちのような かたまりなはずはなく、おそらく、とても つらい現状の詩なのでしょう。 人生には、もう寝るしかない方法のないようなことも あるのでしょう。 そうやって どうにかこうにか生き抜くことも、あるのでしよう。 凍えながら眠るかのような しぶい作品だと思いました。

0
花緒 (2018-11-08):

言葉の手触りがとても良い。意味というより語感のために編まれているような印象。全部ひらがなでも良いような気もした。

0
まりも (2018-11-08):

るるりらさん ありがとうございます。首を絞める癖のある上司!!! ・・・精神的、にではなく、実際の行動として、ということであれば、これは大問題、今ならパワハラで訴えられるレベルですね。 おっしゃるように、わたしの「くびしめ」は、精神的な比喩、ですが、ある種、もう限界、というところまで追い込まれた時の、精神的な空白、というのか・・・その中を彷徨うときに、今、実は真に生きている、のかもしれない・・・と思った、のでした。タナトス的なエロスの感覚に近いのかもしれません。 心身が、ともにキリキリと締め上げられる状況に至った場合・・・恐らく、人は生きてはいられないでしょう。体の、少なくとも一部が、むしろ反応しない(心の言うことを聞かない、心と連動しない)からこそ、人は、この地上にとどまることができるのではないか。そんなことを、蟻が黙々とエサを運んでいく動きを眺めながら、感じたのだと思います。 しかし。ああ、いっそのこと、くるってしまいたい、すべてを投げ出してしまいたい、と、思うことは、ありますね・・・。 花緒さん ありがとうございます。ひらがな・・・にしようかとも思ったのですが。 漢字が目に飛び込んできて、そこから「音声」あるいは「イメージ」として、脳内で立ち上がるときの速度と、ひらがなが同様に立ち上がるときの速度の違い、そこにこだわりたいと思いました。 プディングの中のアーモンドプラリネ、のように、漢字を置いていきたい、という感覚を持っている、のですが(なかなか、この感覚をうまく説明できない)葡萄パンの葡萄、とか。 〈意味というより語感〉この〈語感〉は、五感で感じる感覚、かもしれません。 ※ビーレビュー杯不参加作品 書き忘れました。

0
stereotype2085 (2018-11-11):

非常にヘヴィーな題材を用いているのに、一部かな表記にすることで、その重さを緩和している。人間は余りに辛い経験をするとその衝撃を和らげるために幼児退行化したり、知性をシャットアウトしたりすることがあるらしいが、それに似たものか。話者の心情を表現するのに、この手法(かな表記)は存分に成功している。そして話者が注目したのが蟻の群れ。働き蟻にも働かない蟻がいる。そこから敷衍して、人間の体にも時折機能しなくなる部分があるからこそ「いきていられるのですね」と来る。惜しい所が一つもないといっていい良作でありました。

0
まりも (2018-11-14):

ステレオタイプさん ありがとうございます。へびだけにへヴィー(笑) 蟻の群から、働かない蟻を取り除くと、働いていた蟻の一部が、一定の割合で、働かなくなるそうです。予備要員なのか。 常に、どこかを休ませていなくてはいけない、フル稼働はいけない、そんなメッセージであるように思います。

0
仮名吹(かなぶき)@詩のブログ (2018-11-21):

勤勉な蟻、勤勉なひとの内面に潜む無反応、ねむり…生き物はどこかにセーフティーネットのようなものを備えながら生まれてくるのでしょうか…そういう意味でも非常に興味深い作品だと思います。

0
羽田恭 (2018-11-22):

初めは冬眠を連想しましたが、もう一度読んでみると、クマムシが乾燥などに耐えるため体を縮めてまるで死んだような状態になっているのを連想しました。 こうなると宇宙空間に出しても死んでしまうことはないんで、この詩の語り手もひととき寝てしまうだけなのかなと思いました。 くびをしめられるかのような事がなくなれば、また目を覚ますのかなと。

0
みうら (2018-11-24):

まりもさんの作品は上手くなくてはいけないし、一定の水準を下回る作品は出されないのかもしれないが、感情が先走りする表現を時々目にすると私はそれに新しさを感じる。本作にある季節感の持たせ方、ひらがな表記による詩作品としての文体には技法としての巧さが読める。しかし、私的な欲を言えば、狂を感じたかった。狂とは生と死の際であり季節が移る時の歪み。仮に、谷川俊太郎の作品がそのまま、まりも名義で投稿された作品があったとして表層で対峙するのが作品だったとしても奥底で直観するのはまりもさんという人間である。少なくとも私は詩人として詩文を読みたいし、批評とは詩人が持つ直観で書かれるものをいい、合理性で作品を読み表すのは解説の域を出ないと思っていて、批評はとても勇気がいる。それをぶつけ、ぶつけられ合うところに私たちの詩があると思う。

0
環希 帆乃未 (2018-11-24):

まりもさん作品名「あなまどい」 初めは>を用いた感想。最後に選評。 作成日時 2018-11-06 コメント日時 3 時間前 >しずかに くびを しめられているとき >わたしは いつも いきていました 首を絞められている時に生きている実感が確かなモノに成る。痛みがあるからこそ、感覚痛覚があるからこそ、生きていると実感していると読み取りました。 >くるうことさえできたら >その言葉は やわらかくて まるくて >くずもちのような かたまりで >そっとほりおこした黒土にうずめると >ありたちが いちれつになって >一心不乱に はこんでいきます 「くるうことさえできたら」が甘い考えをあらわしてあると考えました。ありについては、次の連で書きます。 >勤勉な蟻にも >何割かは いつも働かない蟻がいる >こころのいちぶも からだのいちぶも >そうしてねむっているから >わたしたちは いきていられるのですね ここは言葉が死んでいます。事実や真実を重ねる事が詩に生かせていません。考察として光る部分が有るけれど、「ねむっているから~」に私は違和感を覚えます。「そう」を用いずに表現する事も挑戦です。 >葉先から色のかわりはじめた >ひとなつを生きた緑をながめながら >わたしは今 ねむるしたくをしています 解かりやすい表現でした。ですが、あなまどいを感じません。最後の最後に何故眠る支度をするのか。何故あなまどいなのか。題に沿っていると考えさせられたのは一連目だけです。 作品全体の選評に移ります。一部の違和感「~生きている」と「あり」と「そう」と「最後の連」以外に言えることは、前述した通り、一連目以外にあなまどいを感じません。ひらがな表記と漢字のバランスが良いです。読みやすく解かりやすい作品であるという事です。読みやすく解かりやすい作品であるという事は、万人受けします。ですが、読み手には様々な方がいらっしゃいます。読みやすく解かりやすい作品では物足りないと仰る方もいらっしゃるでしょう。季語を使う所ですが、とても慎重に季語を選んだ方が作品の印象をガラッと変わります(良くも悪くも)作品が完成しても、作品は何時までも未完です。眠らせたり、再誕させたり、推敲したり。作者様の自由です。選評以上です。

0
田無いなる (2018-11-24):

 一連目を、とても性的なものとして読み取ってしまったのは完全に僕自身の問題なのですが、まりもさんのコメントから、まったくの見当違いでもないのかもしれないと思い、多少安心(?)しています。  その「タナトス的なエロスの感覚」を言葉として強く感じるのはやはり一連目で、ただそれが詩全体に淡く漂っている印象を受けるのは、言葉そのものというより、その使われ方が例えば《くるうことさえできたら》(→実際はくるっていない)、《勤勉な蟻》《働かない蟻》、《ねむっているから》《いきていられる》、《葉先から色のかわりはじめた》《ひとなつを生きた緑》など、(言い方は色々あると思うのですが)「動」と「静」、「あちら」と「こちら」的なかたちになっているからかな、と考えました。

0
環希 帆乃未 (2018-11-24):

まりもさん。申し訳ございません。フル・キュレーションを行いますので、今回私が書いてしまった選評は、感想だと受け取って頂けないでしょうか?誠に申し訳ございません。

0
渡辺八畳 (2018-11-24):

運営の渡辺八畳です。 確認ですが、ガイドラインは読まれましたでしょうか。そこにはキュレーションのルールも記されています。例えばつきみさんが行おうとしているフル・キュレーションは対象月の作品全てを読むことが執筆条件となっております。

0
環希 帆乃未 (2018-11-24):

誠に申し訳ございません。一度目で理解が及ばず、改めて読んで理解した次第です。それで、感想として受け取って頂けないでしょうか?と書いてしまいました。前月分の作品全てに目を通して「大賞候補作」1作、「優良作」3作、「推薦作」4作を纏めて選評を行う。選評の際、投稿作品の日付日時を書くとで運営さんが助かると、認識しています。フォーラムにも質問を投稿したのですが、前月分とは、月末締めですか?ガイドラインを間違って認識していないので有れば、まりもさんの作品に書いてしまった選評と、今書いているコメントも削除して頂きたいです。理解が及ばず誠に申し訳ございません。御手数お掛けしてしまう事、色々と本当に申し訳ございません。

0
渡辺八畳 (2018-11-24):

月締めです。11月分の選評の対象は11/1〜11/30までに投稿された作品となります。 上のコメントは残しておいて不都合は無いと判断できますので削除は保留します。どうしてもという場合は再度連絡ください。

0
環希 帆乃未 (2018-11-24):

渡辺さん了解です。まりもさん。作品に関係のない事を書いてしまい申し訳ございません。不都合が無いので有れば、削除はされなくて大丈夫です。以後気を付けます。

0
柴田蛇行 (2018-11-24):

素敵だなと思いました。 ひらがなで書かれている作品は、 だいたい読みづらいか、変に子どもっぽくなってしまうのがオチですが こちらの作品は冬の寒さでうまく口が回らない感じや 時がものすごくゆっくり流れているような雰囲気を感じることができます。 また、最初の二行だけをひらがなにすることによって、 この二行がとても強いものとして読み手に印象づけられるように思いました。 それにしても、首を絞められた経験のないわたしにとって、 例えそれが比喩だとしても「いつも いきていました」なんて言葉、 どうしたら続けることができるんでしょうか。 そんな言葉、普通は出てきませんし、 そこにまりもさんの書き手としての強さを感じました。 読ませていただきありがとうございました。

0
蛾兆ボルカ (2018-11-24):

あなまどい、という言葉を初めて知りましたが、「穴惑い」と書くと、無闇に性的な連想を誘いそうな言葉だなあ、と思いました。 この作品は、タイトルと一連を平仮名にすることで、無色の盲目的とも言えるような手探り感の辛さ・苦しさ・哀しみを醸し出しているように思いましたが、私はタイトルは漢字表記のほうが良かったのではないか、と感じました。 それと、心情のメタファとして拝読した葛餅を砕いて運ぶ、従って外的なアリの行き来する様子を比喩に重ねると、まだ穴に籠れない蛇のイメージを弱めてしまうので、私の感覚では、第3連を落として、第4連に繋いだほうが良いのかな、とも感じました。 秋の終わりのあり方が、過去の苦しみと、苦しくはなくともいや増す死の気配と共に定着せれてて、印象深い作品だと思います。 拝読したとき、おお!と思いました。

0
環希 帆乃未 (2018-12-15):

まりもさん。実は、フル選評で優良作に選出してしまいました。不参加である事を知らせて頂けたので、優良作から外しています。選評は選評なので、気になられたらお読み頂ければと思っております。まりもさん。選評お疲れ様です。

0
fiorina (2018-12-15):

>勤勉な蟻にも >何割かは いつも働かない蟻がいる この2行がとても好きです。 蟻の行列をみてて、何故が外れていく蟻がいて、 どんな集団にも、個の必然というものがあるのだなあ、 と微笑ましくなります。 最初、この作品に触れましたときに、 「あなまどい」と言うタイトルの語感から、 一連目の 「しずかに くびを しめられているとき わたしは いつも いきていました」 への流れが、 詩を読むという歓びに、水を差しているように感じられました。 >その言葉は やわらかくて まるくて >くずもちのような かたまりで >そっとほりおこした黒土にうずめると >ありたちが いちれつになって >一心不乱に はこんでいきます ↑これがそのまま一連にあったらな、と。 その後に、 >しずかに くびを しめられているとき >わたしは いつも いきていました >くるうことさえできたら とあれば、生々しいフレーズが生きるのではないかと 勝手に読み替えてみました。 (他の方のコメントを読んでいませんので、重複があるかも知れませんが・・・。)

0
まりも (2018-12-20):

仮名吹さん 勤勉さというものは、どこか感覚を自ら麻痺させていくことのような気もします。それをどう、取り戻すのか、取り戻すべきなのか、眠らせておくのか・・・ 羽田恭さん 実際に首を絞められたことはないのですが(笑)柔道をやっている人から、すうっと意識が落ちる感覚、というのを聞いて、体感してみたいな、と思ったことが、根っこにあります。意識が張り詰めている場所から、ふっとずれたい、というような。 みうらさん 「うまくなくてはいけない」というのは、ウーム、というか、なんと返していいのか・・・いわゆる、減点法に引っかからないように作詩する、というような方向性の「うまさ」であるとしたら、むしろその檻に閉じ込められて氷漬けにされていく恐怖を意識しなくてはいけない。狂うことができたら、というのは、むしろ本心かもしれません。 つきみさん ありがとうございます。確かに、「そうして」はユルイですね・・・~から、と持ってきて、予測通りに落ち着いていく進行は、散文(叙述文)へと傾斜している。それがわかりやすさの追求だということになるのか、ダレている、飛躍の鋭利が失われている、と自戒すべきなのか。「秋」になってしまったので、仕方なく眠る支度、をしている、けれども、実は眠りたくない、のかもしれない、と思いつつ。書き手は眠ることをむしろ望んでいるように見えますね・・・そのアンビバレントが、もっと鮮明に出るような激しさを内在させつつ、音や響きのやわらかい官能をも所有したいという欲望。 柴田蛇行さん 冒頭二行は、確かに詩になっているかもしれないけれど、そこから惰性的に続けてしまっているかもしれない、その惰性の甘さに、身をゆだねる心地よさや落ち着きや安堵を求めたかった、ということもあるのかもしれない、と思いましたが、やはり、冒頭の二行(最初に出た詩行)以外は、ゆるかった、というのが、皆さんの印象でもあり、私自身の反省でもあるような気がしました。 蛾兆ボルカさん 穴と蛇、たしかに性的なイメージがありますね。そこから、からだのいちぶ、というフレーズも出てくる、わけでもある、のですが。身体の疼きを眠らせて、精神の覚醒のみで生きていくのもキツイので、いっそのこと、すべてを眠らせてしまおう、というようなこと、だったのかな、など。 fiorinaさん 論理的説明文のような文言を入れるかどうか、そこで迷うところでもあるのですが、辞典を読んでいて、妙な詩情を感じたりすることもあって(学術的、科学的説明文であっても) くるうことさえできたら、その言葉そのものを、勤勉な蟻に片づけてもらいたい、自分で捨て去ることができないから、というようなこと、なのかもしれません・・・

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1