しりとり - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

エセ詩人

いでよ、エセ詩人!

コトダマ とはよく言ったものだ。 ハキダセ と 男は言う。 おまえは誰だ? わたしは何者だ?   

湯煙

硬派な作品

萩原朔太郎や中原中也のエッセンスを感じます。

千治

体験記『呆気ない宣告』

それはあなたの現実かもしれない。

大概のことは呆気なくドラマティックではない。そうした現実の丁寧な模写が作品に厚みを増している。

ほば

世界は自由だ━不死━

わかるということ

あなたにとっては何が、その理解が起きるピースになるだろうか?

ほば

ふたつの鐘がなるころは

鐘は明くる日に鳴る! いつでもそうだ!

運営在任中に出会った多くの作品の中のベスト。決して忘れない。

yasu.na

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち(久遠恭子)

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち(久遠恭子)

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち(久遠恭子)

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち(久遠恭子)

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち(久遠恭子)

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow



作品を
別枠表示

しりとり    

しりとり → りんご → ゴリラ → ランドセル → ルームウェア → 阿呆 → 嘘つき → 鬼畜 → クソうざい → 陰気 → 気が触れている → 累卵之危 → 金銭感覚おかしい → 嫌味が多い → 居候 → うるせえ黙れ → 冷静に話も出来ない → いかれている → ルームウェアださい → 意地っ張り → 倫理観がおかしい → 痛々しい → 遺憾の意→ 遺恨を残す → すごく感じ悪い → イでばっかり終わらせてんじゃねぇよ → よく喋るなこの腐れチンコ → こんなに口の悪い女マジで願い下げだ → 黙れ家賃払え → 偉そうにすんな息が詰まる → 流罪にすんぞ → 雑巾の搾り汁で割ったプロテインでも飲んでろ → 牢屋にカービィ柄のパンツ一丁でぶち込むぞ → 象にウンコついた左足で三十回踏まれろ → 廊下に汚水入りのバケツ持って来世まで立ってろ → 労力をすごく無駄にしている気がしてきた → たしかに→ 忍耐が足りなかった → たぶん私たち会話も足りなかった → 溜め込まないで話さないと駄目だな → 何でこんな事になっちゃったのかな → 何でだろうな → なあなあにやり過ごすのって良くないのかも → もうこの争いやめにしないか → カッとなって酷いこと言ってごめんなさい → いや俺の方こそごめん。


しりとり ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 30
P V 数 : 1287.9
お気に入り数: 0
投票数   : 4
ポイント数 : 0

作成日時 2023-09-12
コメント日時 2023-10-12
#現代詩
項目全期間(2024/06/25現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:1287.9
2024/06/25 04時00分52秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

しりとり コメントセクション

コメント数(30)
atsuchan69
作品へ
(2023-09-12)

0
atsuchan69
作品へ
(2023-09-12)

あ、コメントなしで送信しちゃいました。どうかお許しを、、

0
もじゃお
もじゃお
作品へ
(2023-09-12)

レイアウトが程よい読み進めにくさだったので、次はどうなるんだろうとハラハラしながらしりとりを追いました。楽しかったです^ ^→しりとりの、向こう側が、見てみたい

0
m.tasaki
作品へ
(2023-09-12)

こんにちは。 面白いですね。 しりとりの途中で、「い」ばかりで終わっているな、と思っていたところへ「イでばっかり終わらせてんじゃねぇよ 」という文が出てきたり、 「 雑巾の搾り汁で割ったプロテインでも飲んでろ」あたりから、何だか無理やりな感じが出てきたなと思ったら、「労力をすごく無駄にしている気がしてきた 」という文が出てきたりして、思わず笑ってしまいました。 しりとりがいつの間にかカップル(または夫婦)の言い争いに変わってゆく構成はなかなか斬新だと思います。 最後に仲直りできて良かったです。

0
山本やま
山本やま
atsuchan69さんへ
(2023-09-13)

全然OKです!コメントありがとうございます!

0
山本やま
山本やま
さんへ
(2023-09-13)

ルイジアナ州に降る雨としりとりの、 狼煙は雨に負けてしまうから法螺貝を吹く、

0
山本やま
山本やま
もじゃおさんへ
(2023-09-13)

読み進めにくさもお楽しみいただけたのなら幸いです!ありがとうございます。 後半の主語術後の捻れについて、文法警察に牢屋にぶち込まれそうな気がしています。

0
山本やま
山本やま
m.tasaki さんへ
(2023-09-13)

面白いと言っていただき嬉しいです! ありがとうございます! しりとりも気を許しすぎた人間とやると何でもありになってくるかなと。にしても、後半の無理矢理感は苦しいですね!

0
1.5A
作品へ
(2023-09-13)

俺から始まって俺の言葉で終わるしりとり。末尾から逆算されたものなのか、冒頭から紡がれたのか、想像もつきませんが、使われている言葉の調子や子気味良いテンポによって、「しりとり」から「口喧嘩」に焦点がずらされていき、最終的に「ん」で締められているところに、「しりとり」だったんだと立ち返る、よく練られた作品であることが伝わってきます。「俺」と「口の悪い女」という言葉から男女の同棲のカップルであることを暗に示されていますが、「口の悪い奴」として、同棲のカップルの可能性も残されると、「しりとり」では終われない謎が残って、より良いかなと思いました。

1
1.5A
作品へ
(2023-09-13)

同棲→同性でした。

0
山本やま
山本やま
1.5Aさんへ
(2023-09-13)

コメントありがとうございます! 一番最初に書いたものは鬱々とした単語ばかりのしりとりでしたが、せっかくなので口喧嘩にしてみました。 繋げることに集中しすぎたので、もうちょっと面白い語彙が思いついたから投稿すれば良かったかなとも思います。 たしかに、ジェンダーレス喧嘩しりとりにした方が様々な可能性があって良かったかも。 アドバイス、ありがとうございます!

0
中田満帆
作品へ
(2023-09-13)

しりとり、と隣人がいった、ためになるおこないを責めて、手のひらは白紙だ、だから連帯を拒んで、でまかせの歌を唄った、たそがれの駅、きもちいいきみの声、得がたい光景のなか、彼方からの光りはなぜか、かぜのなかからする、ルンペンひときれかじった夜、ルンパが停止した夜、ルーペンスの絵画と踊って、てのひらに描いた印象画、がなってる子供、もはやルールのないしりとり。

1
/舜舜
/舜舜
作品へ
(2023-09-13)

しりとりに物語性を着けるのは、かなり使い易い手法かと思うのと、 「なんでこんなことになった」の部分が比喩でもなんでといいから、(それが伝わる、イメージできる言葉)で表現されてないと、ツイッター散文のようになるし、しりとりである必要性は感じられませんでした。

0
山本やま
山本やま
中田満帆さんへ
(2023-09-13)

返詩いただきありがとうございます。 しりとりを続けようかとも考えましたが、恐縮すぎて手が止まってしまいました……! 「ルンペンひときれかじった夜」は私の語彙からは搾り出せそうにないです。「ルールのないしりとり」で終わるあたりも。参りました。 ありがとうございます。

0
山本やま
山本やま
/舜舜さんへ
(2023-09-13)

コメントありがとうございます。 お目汚しだったようで、大変失礼いたしました。ご意見参考にいたします。 ありがとうございます。

0
Yeji
Yeji
作品へ
(2023-09-13)

0
山本やま
山本やま
Yejiさんへ
(2023-09-13)

コメントありがとうございます! 一瞬の消費になっても、笑ってくださる方がいるのは、ありがたいことです。

0
田中恭平 new
田中恭平 new
作品へ
(2023-09-14)

面白いなぁ。 なんでこの二人はいろいろ溜め込んだまんま、しりとりをする結果になったんだろうな。 でもしりとりってふいにしはじめるものなんだよなぁ。 家賃を払ってない時点で実際ゲームオーバーだと思うんすよね。 なんか後半、女性?の方がいいリード出しているのも好印象ですね。 この作品、素晴らしくないですか?

0
妻咲邦香
作品へ
(2023-09-14)

女の子ってしりとり好きだよね。話題がなくなると絶対しりとりしよって言ってくる。「しよう」じゃなくて「しよ」なんだよね決まって。なんでかな。なーんーでーかーなーあ。

0
山本やま
山本やま
田中恭平 newさんへ
(2023-09-14)

コメントありがとうございます。 そうなんですよね、ふいに始まりますよね。例えば店の行列に並んでいる時とか。会話がなくなってきた時にも始めたり。 家賃払ってないのに偉そうにしてはいけませんよね。笑 お褒めいただき、恐縮です。 ありがとうございます!

0
山本やま
山本やま
さんへ
(2023-09-14)

コメントとご意見ありがとうございます。 某スレッドでの私の発言は以下の二点でした。 > 隣のテーブルの争いごとを見ながら食べる飯は、美味しさ半減ですね。 無料でサイトを利用させて頂いている身で、失礼を申し上げました。 下げておきますね。 >生意気を言うようで本当に申し訳ございませんが、あなた方の声が大き過ぎるので一旦静かにして頂くことは可能でしょうか。見えないところで続きを行って頂くことをご検討頂きたいです。  古参の方々のガイドラインに対する思いなどは計りかねますので、この発言が的外れであり、失礼であればお詫びいたします。  スレッドが上がってくる度に、他の方の作品が埋もれてしまい、一般参加者として嫌な気持ちになりましたので勇気を出してお願いした次第です。「お前は黙れ」とも「不愉快」とも申し上げおりません。 上記の発言を根に持たれて他スレッドまで追いかけて来られるのは、これ今「一般参加者に迷惑をかける」に該当しませんか? 本当に怖いです。 現運営のどなたか、もし見ておられましたら、また執拗に何か言われてしまうと思うと怖くて何も投稿できなくなってしまいますので、花緒氏に私への接触を避けるよう、ご注意いただけないでしょうか?

3
山本やま
山本やま
妻咲邦香さんへ
(2023-09-14)

コメントありがとうごさいます! そうなんです、話題がなくなると始まるしりとり。作品のカップルも会話がなくて会話しようと思って始めたしりとりが、喧嘩になってしまったのかもしれないですね。

0
田中恭平 new
田中恭平 new
さんへ
(2023-09-14)

花緒さま おはようございます。運営の田中です。 山本やまさまの要請を受けましての発言ですので、山本やまさまも目を通して下さい。 その、作品と山本やまさまのふるまいというものを、これを結びつけまして 作品に対して、アドヴァイス、これは批判になっているのですけれども 批判を行うことを許容することはできかねますので花緒さま すいませんが、今後からでいいので、アドヴァイスという形で 作品評を行って下さい。 その遠因にあるのは、作品とその方のふるまいを結びつけるかどうか 例えば、テキスト至上主義者と呼ばれる方は 作品自体に目を向けまして、その方の他方でのふるまいに目を向けることはありません。 そうして、花緒さまの危惧されてらっしゃる観点として 「私はこれだけの作品を書けるのだから、どんなふるまいをしてもいいだろう」 という態度の方がいらっしゃる。 寧ろ、花緒さんは私からこういった言説を引き出したいのだとは思われますが このことについて、ここであえて議論すべきではないと思われます。 といいますか、山本やまさまの引用を拝読するかぎり 山本やまさまは、先に述べた態度の方に該当しない、として 又、その、別項で、この問題は議論されるべきであって、このスレッドでそれを 展開すべきではありません。 そうして、まあこのコメント自体が実際は注意の形になってしまいますが それはすいませんが 花緒さまも今後はアドヴァイスという形で評、コメントを行って下さい。 そうして、山本やまさまの方も花緒さまの批評というものに対しては 貴重な評の数に入れて、今後の創作に向き合って欲しいのです。 そして、ふたり互いの関係性に置いて、今後注視していくとしまして できるだけ、その齟齬があるようでしたら、和解、意志統一の方へ向けたいのです。 運営の田中からは以上になります。 早々に元のスレッド展開に戻っていただきたいと思います。

5
山本やま
山本やま
田中恭平 newさんへ
(2023-09-14)

田中さま、迅速にご対応いただきありがとうございます。 意見したために誰かに目をつけられるといったことがなく、安心して創作を楽しめる場になることを願います。 よろしくお願いいたします。

2
田中恭平 new
田中恭平 new
山本やまさんへ
(2023-09-14)

すみません。対応といいますか、互いの間に立つ形にしました、なりました。 その私も古参ユーザーであって、じっさいは新しいユーザーの方を 庇護すべきなのですけれども、フェアであることを優先させました。 こちらこそ宜しくお願いしたします。 ポエムファーストで、真摯、創作にとりかかっていただくこと、願ってやみません。

3
1.5A
作品へ
(2023-09-14)

該当するスレッドにおける山本さんのコメントは、とても重要なものと僕は認識します。そこでやりとりをされている方々は、誰が良い悪いということではなく、その意味を噛み締められるべきではないかと思います。また、ユーザーから運営者の方へ直接連絡の取れるフォーム、そのような窓口があると、更なる安心に繋がるのではないでしょうか。作品とは関係のないコメントで申し訳ありません。

2
山本やま
山本やま
1.5Aさんへ
(2023-09-15)

ありがとうございます。 一先ずフォーラムが開放されるとのこと、安心しました。ビーレビューが、より良い創作の場になることを切に願います。

2
エイクピア
作品へ
(2023-10-10)

しりとりですね。ただ、センテンスのしりとりとなると通常のしりとりとは違うような気がしました。もしかしたら相手のいないモノローグの可能性もあるかもしれない。詩の自由度を思いました。何かいい感じで増殖していく、その感じを嘉したいと思いました。

1
山本やま
山本やま
エイクピアさんへ
(2023-10-11)

コメントありがとうございます! 相手のいないモノローグ、そうかもしれないです。殆ど独り言です。 しりとりである必要はないとのご意見もいただいて少ししょぼんとしておりましたが、書いてみて良かったです。 いい感じで増殖していくとのお言葉、とても嬉しいです!ありがとうございます。

0
山本やま
山本やま
さんへ
(2023-10-12)

コメントありがとうございます! そういえば、一ヶ月も前はビーレビ事変というかめちゃくちゃ荒れてましたね。 詩への造詣が浅いことと天邪鬼が相まって、何の花鳥風月もないようなものばかり書いてしまいますが、和んでいただけたなら嬉しいです! 書いて良かったです。ありがとうございます!コメントで元気を頂きました!

1

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1