ひらいて、とがって - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

三浦果実

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

三浦果実

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

三浦果実

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

三浦果実

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

三浦果実

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

三浦果実

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

ほば

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

ひらいて、とがって    

非常時におりたたまれた雨季の記憶が、行李からことこと、浸みだしている。血液のくびを右手で支え、左手でてをつなぐように涸れた胴を清拭する。変じゃない? いいえ、ぜんぜん。盛りが過ぎて土色に褪めたしろいはなが、昨日の昨日とよするずっと昔、戸板のところに落ちていたのよ。 幻でみたのだという暗い踊り場には、低学年なら空、それよりお兄さんお姉さんたちなら希望というふうに誰かの希望が磔けられて、さわさわ、さんざめいていた。どうして人を殺したらだめなん? と汀の余映がつめたい微風に粒だつような声みずく、みずからが仕掛けたわなにやわらかいてのかわで捕えられた、先生、先生、たなばたはれるかな? わからない、わからないけどもそうだね、お天気予報は明日は飴が降るといったよ。みんなはぶらしをもっていらっしゃい。同じ年のともだちはいつになっても幼くならないのはどうして? ねえ先生くんもそうなの? 樹のなかに造り上げた仮屋はてんきよほうにまけちゃった、せっかく感情の外をまさぐって、あっ、あっ、あれが呼び水だったのかもしれない。記憶は被造物なんだからぼくたちと一緒だね、きょうかいめんを撫でつけてもう解ったような口、いつまでも近くで、いつまでも遠ざかる、いつまでも知覚でいつまでも燃えさかる知己で不毛で息で遊興でうこっけいで、根茎。ひとつのものなんてどこにもなかった。 日付がまちがっているような気がしてここにはない海までいってみたら むかしきみと呼び掛けたものの残骸が海藻のあいだにこびていて、拾いあつめるときみに七杯ぶんになった いつまでも鱶がこわいなんてこどもじみた呪文を 手の甲にのせてわらっていた きっと誰も説明はしなかったし たぶんわかるまでにかかったんじゃないかなあ 夕方の砂のおもみと 乾したくらげの感触を教えたかった 指きりしよう あてずっぽうじゃ絶対にまねされないような形の 弁膜がとまってしまう夜にまっしろな沙漠のゆめをみて繋がっていたころの小さい手、体熱、天文学的皮肉がならわなかった星に なってうつる 愚者 だから いまでも そしていつか、 ある日、空の栓がぬける。そうしてこの世のビルはすべて観覧車に生えかわる。いまも友達の家まで謝りにいけなくて泣いている、玄関口の子どものしろくてつぶつぶした種果のよう。それともそれ自身のよう。今まで数万樹冠が破線で区切って句切ってきた空はまたぜんぶぜんぶぜーんぶ混ざってしまって、(こんなかんじ)と(こういうかんじ)と(いまみたいなふうな)のほとりにしかもう示せなくなった。ねえいま生まれ育ったショーガッコまで。権利を購って、何かを乗り継いでたどりつける? 券売機のなかにはおりたたまれた予定が詰まっているけど、甘いあじのお家には巡り逢えるかどうか、冷蔵庫の裏庭みたいに、わからない。たしか指標は木でもなんでもなく土地のなまえだった。それが毀れて剥げたベンチのよこに、きみがにまっと笑っていたとき。あれは三月のひかりのしただったような気がする。だってあれは三月だったから。終業式でたしか帰りが早かったのだ。いや、八月だったかもしれない。だって診療室の寝台の硬いまくらに海中のあわになって上がっていくえんぴつの柔らかさはきみの腿から血がでていた。どこかでころんだのはきっとどこのことだったのか、神社の参道におおきい蛇が入っていって、ぼくたちはルールを探しながら探さないあそびをつづけた。からだ。川のなかにきらきらとちいさな電柱がみえた。これから先にしゃべったほうがまけね、というゲームにはぼくは勝ったのだろうか。あじさいが咲いているよこの溝にはざりがにが生きていてまだ、喪服なんて着なくてもよくてひざこぞうには血がでて。そのすべてを眼に容れてもいたくなかった。の、すべて。


作成日時 2021-03-20
コメント日時 2021-04-09

ひらいて、とがって ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 4
P V 数 : 1355.1
お気に入り数: 1
投票数   : 8
ポイント数 : 4
#現代詩 #受賞作
項目全期間(2021/10/21現在)投稿後10日間
叙情性22
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧22
音韻00
構成00
総合ポイント44
 平均値  中央値 
叙情性22
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧22
音韻00
構成00
総合44
閲覧指数:1355.1
2021/10/21 07時08分36秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

ひらいて、とがって コメントセクション

コメント数(4)
沙一
作品へ
(2021-03-20)

あえてひらがなにひらいているところのあることが、個人的に好みな文体。ひらくことが、詩としてとがっていることに通じる、その自覚ゆえのこの題名だとしたら、ちょっとあざといかなと思うけど、まさかね、わたしの考えすぎかもしれません。 だけど、もっと文章を凝縮させて、読むときに速度感をもたせられたんじゃないかなという気もします。   まだ、喪服なんて着なくてもよくてひざこぞうには血がでて。 ここでとくに胸がふるえました。なぜかと考えるのも野暮ったい気もするけど、こどものころには自覚できなかったであろう、おとなになってからこそわかるノスタルジアの実感があって、響いたのではないかと思われます。

0
田邊容
沙一さんへ
(2021-03-21)

タイトルをひらがなにひらくことにかけているつもりはなかったのですが、文体が好みとのことで素朴に嬉しいです。 文章の凝縮について。ひらがなが単純にかさばるのも原因のひとつかもしれませんが、それは選択したことなので、それよりも意識できていなかった流れだとか、構成を吟味するべきなんだなと思わされました。贅肉の削ぎ落とし。 実は以前にも別の文章に別の方から同様の指摘をいただいたことがあって、そのときは結局理解できていなかったんだと思います。 胸がふるえた、という感想をもらえてちょっと胸がふるえました。

0
杜 琴乃
作品へ
(2021-04-05)

>幻でみたのだという暗い踊り場には、低学年なら空、それよりお兄さんお姉さんたちなら希望というふうに誰かの希望が磔けられて、さわさわ、さんざめいていた。 >お天気予報は明日は飴が降るといったよ。みんなはぶらしをもっていらっしゃい。同じ年のともだちはいつになっても幼くならないのはどうして? この辺がとくに好きで……。主体の見ている白昼夢をVR体験しているような浮遊感を覚えました。 小学校によくある何気ない風景や会話が気づくとねじ曲がっておかしな事になっちゃっている。読んでいる間はその境目に全く気づけなくて、気がついたらおかしな場所にいる。 >だって診療室の寝台の硬いまくらに海中のあわになって上がっていくえんぴつの柔らかさはきみの腿から血がでていた。 また、後半に行くほど性的な何かを感じました。無垢な子供たちが大人になっていく。初潮か処女喪失みたいな感じもあっていいですね。すごく好きです。

0
田邊容
杜 琴乃さんへ
(2021-04-09)

白昼夢や浮遊感といった言葉で体験を語って下さっていて、そんなふうにのめりこんでもらえたというのは、そしてそれを知れるというのは本当に嬉しいとしかいいようがありません。ただ、杜さんご自身の想像力にたすけていただいて像を結んだところもあったのだと思います。 知らないときには知らないでいられたことへの、なんやかやについてです。 技術的にはいま、度々ご指摘を頂く冗長さがどうよくてどう悪いのか、どれほど必然的に必要なのかを考えているところです。間違いなく自分でも好きな要素なのでじっくり考えようと思います。 推薦文も読ませて頂きました。好きなところを挙げて下さり歓喜しました。コメントと合わせて、ありがとうございました。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2