あなたとどんぐりとハナミズキの赤い実とわたし - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

三浦果実

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

三浦果実

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

三浦果実

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

三浦果実

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

三浦果実

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

三浦果実

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

ほば

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

あなたとどんぐりとハナミズキの赤い実とわたし    

風が冷たくなって 水路に落ちる枯葉が増えて アスファルトに転がるどんぐりを夢中で拾うあなたの笑窪に もうずっと見惚れている どうしてこんなに触れたいのか どうしてこんなに愛おしいのか 夢中でどんぐりを集めているあなたの笑窪に そのうちあなたは街路樹の ハナミズキが落とす赤い実に気づいて それをまた夢中で拾い出す どんぐりのことなど忘れたように 目の前にある今一瞬 一番大切な何か 見つけてしまえば 他はもう何も目に入らない どうしたらあなたにとって 永遠に 今一瞬の一番大切な何かになれるのでしょうか どうしたら私がこれからもずっとあなたのそばにいることを あなたは望んでくれるのでしょうか 風はまた冷たくなって 辺りは暗くなってきたのに あなたはまだ ハナミズキの赤い実を夢中で拾っています 「もう帰ろう」と言えない私はいつまでも あなたの笑窪を見つめて 泣きたくなってしまうのです

scroll


作成日時 2020-11-05
コメント日時 2020-12-11

あなたとどんぐりとハナミズキの赤い実とわたし ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 18
P V 数 : 2173.6
お気に入り数: 1
投票数   : 8
ポイント数 : 8
#現代詩 #縦書き #受賞作
項目全期間(2021/10/28現在)投稿後10日間
叙情性33
前衛性00
可読性22
エンタメ00
技巧11
音韻00
構成22
総合ポイント88
 平均値  中央値 
叙情性1.51.5
前衛性00
可読性11
 エンタメ00
技巧0.50.5
音韻00
構成11
総合44
閲覧指数:2173.6
2021/10/28 04時19分47秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

あなたとどんぐりとハナミズキの赤い実とわたし コメントセクション

コメント数(18)
楽子
楽子
作品へ
(2020-11-08)

とても素敵で、少し悲しい詩だけど、でも恋ってこういうものだよなァ!と共感しながら読んでいました。 どんぐりとハナミズキの実の共通点なんて「地面に落ちてる」くらいしかなくて、さっきまでどんぐりを一生懸命集めていた人が、次はハナミズキ…ってなれば、そんな人を愛するのはかなり覚悟がいりますね…。 せめて松ぼっくりなら!松ぼっくりなら!!なんとなく彼の趣味もつかめそうなものですが……!! 語り手「私」にとってどんぐりもハナミズキも目の前にいる彼だけなのに、彼といえば目に映ったものが全てでそこに全力投球してしまう、そんな彼のことが好きで、割り込むこともできず見守るだけの私……。おそらく行く先の破綻を覚悟しているのでしょうか。それでも彼の笑窪を見つめて、寒いなか彼を見つめる「私」、彼との幸せをなるべく長引かせようとする「私」…に少しだけ悲しくなりながら、冒頭で言った通り、「でも恋ってそんなものだよなァ!」という気持ちになりながら、がんばれ……(たぶんお前にはもっといいひといるよ!)と友達のような気持ちで応援してしまう、可愛らしい詩でした。

0
宵月
楽子さんへ
(2020-11-08)

コメントありがとうございます‼️ あなたの1番でいられる一瞬が永遠に続いたら、そんな思いを受け取っていただき嬉しいです。 幸せな恋の詩も書いてみたいですね、いつか?

0
ららら
作品へ
(2020-11-09)

切ない恋心を上手く表していますねっ!暗喩すらをも感じますっ。

0
宵月
らららさんへ
(2020-11-09)

ありがとうございます? 暗喩とか、難しいことは考えられなくて、ただ思ったことを出来るだけ伝わるような、綺麗な表現ができたらいいなぁと思っていつも書いてます。そんな私の文章でも、気に入っていただければ嬉しいです。

0
宵月
らららさんへ
(2020-11-09)

ごめんなさい、?になっちゃいました?

0
ららら
宵月さんへ
(2020-11-09)

大丈夫です(^^)!

0
宵月
作品へ
(2020-11-09)

皆さんにコメントいただき、本当に嬉しいです。 そして、実はこの詩は、恋人へのものではなく、母親が自閉傾向のある我が子に向けての思いを書いてみたのですが、でもその思いがある意味、恋そのもの、あなたの1番になりたいという共通点を持つことに、コメントから気づかれました。 ありがとうございます?

1
宵月
作品へ
(2020-11-09)

あ、また?になった、私、コメント書くの下手ですみません?

0
うるりひと
うるりひと
作品へ
(2020-11-11)

無邪気な「あなた」に惹かれてながらも、その天真爛漫さゆえに、恋の苦しみを味わう「私」がいじらしいですね。いつか私の部屋にあなたをお招きする日が来ますように。

0
かずや
かずや
作品へ
(2020-11-11)

切ない心持がよく表現されているなあと感じました。 「あなた」はお子さんなのか、想い人なのか。 きっと想い人なのだろうなと思います。 子供かもしれないと思ったのは「どんぐり」や「ハナミズキの落とす赤い実」を拾うという行為が私には幼い人がすることだという印象があるからかも知れません。 想い人の無邪気さの表現ととることも可能かも知れません。 何とはなく実際にあったことではなく、心象的に表現されたように感じたもので、有体に書かせていただきました。

0
宵月
かずやさんへ
(2020-11-11)

コメントありがとうございます。 実はこの詩は、自閉傾向を持つ子どものお母さんの気持ちを書いたものなんです。 でも、皆さんからコメントいただき、恋人であってもきっと同じ詩を書いただろうなと、自分で思いました。 相手が誰であれ、自分がその人にずっと必要とされる存在でありたい、そんな思いが伝えられて、受け取ってもらえて、嬉しいです。

1
宵月
うるりひとさんへ
(2020-11-11)

コメントありがとうございます。 本当に「あなた」が私の部屋、私と共有できる場所に気まぐれにでも来てくれたら、そんな風に願っていることに、コメントから気付きました。ありがとうございました。

0
Comoestanuqui
作品へ
(2020-11-12)

拾うと言う動作や、その姿勢、又は言葉そのものの響きが、とても物憂げな思いや気分にさせてくれる、心に響く良い詩だなぁと思いました。

0
宵月
Comoestanuquiさんへ
(2020-11-12)

ありがとうございます。 心に響く良い詩、と言ってもらえて、嬉しいです。 私にも、誰かの心に響くものが書けるんだなと思って、安心します。

0
杜 琴乃
作品へ
(2020-12-09)

最後の四行がずしんと刺さりました。 >「もう帰ろう」と言えない私はいつまでも 子供が小さかったころ、「もう帰ろう」ってなんていうか「バルス」に近い言葉でした。せっかく機嫌よくしているところに投下する破壊の呪文でした。それを考えると、なかなか言い出せない。こっちはこれから買い物とか食事の準備とかまだあるのに~!というところに苦労したなぁと思い出しました。 コメント欄を読むと、恋愛の詩と受け取られた方が多く意外でした。私は読み手によって幾通りもの読み方ができる作品ってすごくいいなって思います。 どんぐり、ハナミズキや赤い実と美しい色彩を背景に主人公の苦悩が控えめな文体で書かれていて、凍ったシャボン玉みたいな美しいけど脆くて危うい雰囲気に惹きつけられました。

0
宵月
杜 琴乃さんへ
(2020-12-10)

ありがとうございます。 私も初めは恋愛の詩として読んでくださった方が多いことに驚きましたが、でもこの思いも、ある意味恋だということに、気づかせていただきました。 私の書いた物に、沢山の方がいろいろな思いを抱いてくれて、想像してくれて、本当に嬉しいです。

0
エイクピア
作品へ
(2020-12-10)

自分で蒔いたドングリが芽を出して樫の木が生えてきたことを思い出しました。

0
宵月
エイクピアさんへ
(2020-12-11)

そうなんです。 どんぐりは植えるとちゃんと育つんですよね、ウチにもあります。 ビニール袋に入れっぱなしにしておくと、虫が出るので、2.3日冷凍しておくのがお勧めです。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 3