はずしわすれた風鈴が鳴る - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

伝記びりびり

言語と身体のきしみ

緘黙のぼくは、祖父母の目の前で、伝記を破り捨てることにした。

r

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

name

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

yasu.na

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

はずしわすれた風鈴が鳴る    

世界一優しいうたを聴いて寝たえほんとおもちゃが散らばった部屋 それぞれが孤独を抱えたバス停で同じ眼をした少年をみた 落書きを貴女が褒めてくれたから小さな付箋が棄てられないんだ タンポポを描いたドアを開けたとき心に春風とどく保育所 《艶やか》はムリみたいだし清楚系サラダのようなドレスで行こう 今きっとあの人をみた。逆光の坂を見上げて立ち止まる道。 散歩さえ嫌になるほどこの街のあちらこちらに二人の思い出 出会った日なぜかふたりはキスをして正しい恋など知らずに眠った 片恋に泣きそうになるこんな夜わざと明るい咳をしてみる 争いの言葉が互いを刺す宵にはずし忘れた風鈴が鳴る 白菜をすき焼きに入れている君に入れないでとは言えずに別れる いつもそう片恋を知り冬になるつまり小雪の降る街をゆく 君が夢をほしくてひとりで泣いたことを知らない夜の街に白雪


作成日時 2020-04-01
コメント日時 2020-05-01

はずしわすれた風鈴が鳴る ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 13
P V 数 : 1272.0
お気に入り数: 2
投票数   : 0
ポイント数 : 37
項目全期間(2020/10/28現在)投稿後10日間
叙情性2112
前衛性00
可読性65
エンタメ11
技巧11
音韻54
構成33
総合ポイント3726
 平均値  中央値 
叙情性3.53.5
前衛性00
可読性11
 エンタメ0.20
技巧0.20
音韻0.80.5
構成0.50.5
総合6.27
閲覧指数:1272.0
2020/10/28 14時41分54秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

はずしわすれた風鈴が鳴る コメントセクション

コメント数(13)
stereotype2085
作品へ
(2020-04-01)

ライトコメです。改行と余白が余りに多く、スラスラと詩が頭に入ってこない印象。一節、一節はいいのに勿体ない気がしました。技術的に新規な試みなのでしょうが、読みづらい、流れるように詩情を感じられない、と思いました。

0
沙一
作品へ
(2020-04-01)

これは、短歌集ですね。余白を多く設けているのは、それのみで独立している一首ごとに、深く味わえるようにという配慮であると思います。にもかかわらず、作品をとおしてまとまりが感じられるのは、やさしく繊細な感受性が底流にあるからではないでしょうか。とてもすてきな作品です。

0
石村利勝
作品へ
(2020-04-01)

短歌集なのですね。でも、一篇の詩のようにも読めます。物語としての連続性はなくても情緒の連続性によって紡がれた一篇としてのまとまりを感じたからです。甘いと言えば甘いのですがそれも心地良い。素直で繊細、清新な抒情掬すべし。稚ではあるけど拙ではない、甘さを隠さず、衒わない率直さに惹かれます。

0
獣偏
作品へ
(2020-04-02)

生活とそれに染まらない清潔さが両立したような世界観が見えました。 それは僕の理想です。

0
stereotype2085
作品へ
(2020-04-02)

短歌集でしたか。失礼しました。自分の誤読と、パッと見の判断を恥じ入るばかりです。

0
トビラ
作品へ
(2020-04-03)

返歌です。 黒髪をなでる天使の唇も日蜜(ひみつ)をめくれば桜隠し

0
花澤悠
花澤悠
作品へ
(2020-04-08)

そうですよねー。 《短歌》って、書かないとここじゃ詩の変種って読まれ方しますよねー。すいません、すいません。 で、あらためて、作者自ら、ここに断らせていただきます。 この詩は、短歌を集めたものです。 で、一応ですが、トータルで一貫して《恋》をテーマにしたヤツです。 てか、わたしの詩も短歌も、そのほとんどのテーマ(ってのがあるというのなら)は、《恋》なんですよねー。 それも、失恋や片恋。 いや、実体験というわけでも、必ずしもありませんので、そこんとこ、ヨロシク。

0
Um Fantasma
作品へ
(2020-04-08)

短歌やね よきこころみ というかなんだかごく真面目な、シリアスなかんじをうける 短歌もポエムの一種だとしたらやっぱり「言わないこと」みたいなものが創作で重要になってくる あんまりストレートな叙情というのは重いからね 外し忘れた風鈴とすき焼きのイメージが好きです

0
れいんまん/プロフは'きくちちき'さんとのツーショット
作品へ
(2020-04-08)

白菜、すきですね

0
楽子
楽子
作品へ
(2020-04-08)

>争いの言葉が互いを刺す宵にはずし忘れた風鈴が鳴る タイトルにもなっている、これがやはり一番刺さりますね。 全体的に緩やかなほんの少し幸せだったりちょっと悲しかったりする、 色でたとえるならパステルカラーの色彩に、 ここだけドスンと重く落ちる。 勿論他の詩も丁寧で好きなのですが、 激情を感じるこの句がもっとも好きです。

0
とがし ゆみこ
作品へ
(2020-04-21)

まず、タイトルがいいと思います。短歌集(短歌の世界では「連作」と呼びます。)では、タイトルがとても重要。詩でも同じだと思いますが、まずここで読者の心をつかみます。 恋、とくに片恋・失恋は短歌と相性がいいので歌いつくされているテーマでもあるのですが、作者さん独自の透明感のあることばで詠まれていて瑞々しさがあります。 タイトルにもなっている風鈴の歌が良いのはもちろんなのですが、 >タンポポを描いたドアを開けたとき心に春風とどく保育所 恋の歌だけべったり並べず、こういう歌をさらっと挟むことで一連が(いい意味で)軽くなりますよね。わざありだと思いますし、一首単体でみても好きな歌です。 一首めも好きです。 一連としてまとまりをもちながらも一首ずつ独立しても鑑賞できるという点も素晴らしいと思いました。

0
白川 山雨人
白川 山雨人
作品へ
(2020-04-21)

>それぞれが孤独を抱えたバス停で同じ眼をした少年をみた 私は、この一首がもっともきらめいているように思いました。片恋の萌芽。入り口が描かれているのはこの一首だと感じたので。自分の好きな距離感だからかもしれませんが。

0
真清水るる
作品へ
(2020-05-01)

《艶やか》はムリみたいだし清楚系サラダのようなドレスで行こう 世界一優しいうたを聴いて寝たえほんとおもちゃが散らばった部屋 それぞれが孤独を抱えたバス停で同じ眼をした少年をみた 個人的には、この三種が好きでした。清楚系サラダが特に好きです。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1