白青光 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

name

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

yasu.na

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

白青光    

さくらあめ 血混ざる幾千のびいどろ 両手に抱え 立ち尽くし 見つめる先に 糸雪 音隠しはじめ じきに 濃密に満ちるしじま 心身を 描画してゆく きりなく 積もる雪 しずかな肌理の あらゆるかげすきまから 薄青白い光もれ 空が破けるのだと思う かまくらの中 天井を削るほどに 青が漏れ出す仕組みに 空が近いのだと考えた あのときと同じ 青白き光 たぐり つなぐのか かえりたいのか 旅をやめられぬ深層の青が もらわれてきた深甚の青が 水の香り 冴える光 白青光が揺らいで その余白から ミントグリーンの うすばかげろうが はいだして あたりに 若草の薫りが巡った 萌えいずる 青白き幻惑   春はいずこ 春はまだ

scroll


作成日時 2020-04-01
コメント日時 2020-04-03

白青光 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 8
P V 数 : 669.6
お気に入り数: 0
ポイント数 : 15
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2020/09/20現在)投稿後10日間
叙情性85
前衛性00
可読性22
エンタメ00
技巧22
音韻22
構成11
総合ポイント1512
 平均値  中央値 
叙情性22
前衛性00
可読性0.50.5
 エンタメ00
技巧0.50.5
音韻0.50
構成0.30
総合3.83
閲覧指数:669.6
2020/09/20 10時57分21秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

白青光 コメントセクション


コメント数(8)
石村利勝 (2020-04-01):作品へのコメント

朔太郎や大手拓次あたりに通じるような耽美的なイメージですが、その耽美の味がくどくなく品が良いのは作者の美質でしょう。その美質を生かすには、もっと詩行も言葉も刈り込んで、これぞというイメージを強く浮き立たせた方がよいように思いました。いくらか冗長に感じる部分もあったからです。「春はいずこ/春はまだ」という着地はいささか不発。この美しいイメージの連続を締めくくるのはかなりの力技ですから、それだけの詩的エネルギーをこの一点に集中させてほしいと思いました。

0
獣偏 (2020-04-01):作品へのコメント

豊かなイメージが膨らんでいく感じがして、読んでいて気持ち良かったです。 なんとなく、目を閉じれば見たことのない風景が浮かんだ頃を思い出しました。僕はかえりたいです。

0
白川 山雨人白川 山雨人(2020-04-02):石村利勝さんへの返信

石村利勝様 コメントをありがとうございます。御礼と質問を。 良い点も挙げていただき、とても嬉しいです。冗長に感じる部分は確かに思い当たり、更に練り上げなければいけないと認識しました。自分から出てきた言葉というのは、削りがたく、捨てがたく、なんとか生かしてやりたいと思ってしまいますが、それだけではいかんですね。 着地に関しましては、未熟者ながら、私の思いを述べて、石村さんに質問してみたいと思います。確かに、より印象的な終わりというのはあると思います。石村さんに指摘していただいて、いったんは、ああ、そうか…と思いました。ただ、今回、余韻を残さないことを着地では意図しました。先細り、ふっと、立ち消える終わりを示したいと思いました。耽美的な世界は好みで、現れているかもしれません。ただ、今回の作では失望、そして絶望に近い、先の見えなさを描きたいと思ったのです。そうだとしても、今回の着地はいただけないでしょうか?とはいえ、作品が全てですから、受け取られた印象が結論ではあるとは思うのですが、ご意見いただけたら嬉しいです。

1
白川 山雨人白川 山雨人(2020-04-02):獣偏さんへの返信

獣偏様 コメントをありがとうございます。嬉しいお言葉、ありがたく頂戴いたしました…。 獣偏様はかえりたいのですね。かえりたいですね。かえりましょう。青たちも喜ぶと思います。

0
獣偏 (2020-04-02):白川 山雨人さんへの返信

石村さんが指摘してる着地のことですが 僕は最初読んだ時、膨らんだイメージがぷつりと断絶して夢から覚めるような効果を狙ったのかなと解釈しました(その方が個人的に愛着がわいたので) ただ、白川さんのコメント欄での説明を読むまでは確信が持てなかったのでそこにもっと説得力があればもっとすごいと思いました。

0
白川 山雨人白川 山雨人(2020-04-02):作品へのコメント

獣偏様 コメントをありがとうございます。 なるほど、そうした意図を汲んでいただいたうえでも、ということですね。 この展開上もっと工夫された言葉が配されなくてはならないということもありますよね。納得に近づいてきました。獣偏さん、お手を煩わせてすみません。しかし、有難いコメントでした。 石村利勝様 無駄な反抗を試みて申し訳ありません。精進いたします。

0
石村利勝 (2020-04-03):白川 山雨人さんへの返信

 お答え致します。  まず申し述べておきたいのは、私が評を書く時は、ただの詩の読者として勝手に抱いた感想をそのまま述べているだけだということです。読者は常に勝手で不親切なものですから、その勝手さと不親切さに徹した方が、むしろ作者には参考になることが多いだろうと思うからです。  作者が自分が何を書いたかを分かっているなら(つまり正しく作者であるなら)、読者の方が作者よりもその作品について知っているなどということはまずありません。勝手な読者が何を言おうと、作者が持っているその作品への確信やその値打ちを左右することは絶対にないのです。私が勝手な感想を述べる時は、その作品の作者が正しく作者である、という信頼と安心感に基づいて述べます。つまり、私が何を言おうと、作者が知っているその作品の本質や値打ちが揺らぐことはない、そういう信頼があるから安心して勝手なことを書けるわけです。  それを踏まえた上で、頂戴したお返事にお答えするために、改めて本作を読み返しました。そして、着地がどうもしっくりこない、という感想は依然として変わりませんでした。  それまでの詩行が、華がふんだんにあり饒舌とも言えるような流麗な旋律で持続していましたので、これをどう締めくくるかは難題です。同じように華のある調べで終わらせるというのはあまり味がない。自分だったらどうするだろうか、と思った時、やはり同じように言葉を極端に絞り、強く凝縮された簡潔なイメージで終わらせることを考えたと思います。  末尾二行の前にひとつ間を取り、移行をスムーズにするか。それとも狙い通りここでふっとディミヌエンドするが、リフレインを重ねることでより安定した終結にするか。もしくはこの二行に韻律感を加えるか。単に作品の完結感を出すだけなら、そうしたいろいろなやり方があると思いますが、白川さんがここで狙っているものに比べると、どうも凡庸な結果にしかならないように思います。 方向性はやはりこのままでいいのでしょう。  それで行くとするなら、やはり「春はまだ」が音もイメージも弱く思えます。弱さを示す音、弱さを示すイメージという意味ではなく、狙った効果を担う力が足りない、という意味で弱いと感じます。  ここから先は、この作品を熟知している作者自身にしかベストの解決策は発見できないわけですから、作者様にお返ししたいと思います。  

1
白川 山雨人白川 山雨人(2020-04-03):石村利勝さんへの返信

石村利勝様 丁寧に応答して下さり心から感謝いたします。 批評を受ける際の姿勢を示していただきました。 私には寄って立つものがまだなにもないゆえ、色々な方たちのご意見に揺らぐのだということは間違いないことだと思います。今回頂いた、具体的なアイデアに関する回答は、自身が感覚的に作を仕上げ、しばらく試行錯誤してたどった過程に共通するところがあり、とても納得がいきました。しかしながら、そうした体験をすることができる機会はそう多くはないかもしれません。優れていると言われる多くの作品が自分の中を通過することで、指針が揺らがぬ程度に形成されることが初歩なのだろうと思います。ただし、まだ指針と名付けられていない、指針の原型である感性や感覚がすでに人の中にはあるのですよね、きっと。優れた作品によってその答え合わせと裏付けを得るのかなと思います。初歩を経ずに直感的にやりきってしまう方もいるのかもしれませんが。初投稿にコメント頂いてから少しずつ現代詩というものに目を通し始め、揺れて揺れて、ときにおぼれそうですが、ここの水はうまい水であります。あたたかいメッセージを本当にありがとうございます。 お返しいただいた、結末のアイデアをここで提出することは控えることにいたします。一度投稿した一応の完成作品でもありますし、一回の提出でより良いものを提出できるとも限りませんし、またお手を煩わせることにもなりかねませんから。しかし、もうしばらく自分の中で考えてみます。 深謝を再びお伝えして失礼いたします。ありがとうございます。

3

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2