水のような 詩人のような - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

伝記びりびり

言語と身体のきしみ

緘黙のぼくは、祖父母の目の前で、伝記を破り捨てることにした。

r

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

name

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

yasu.na

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

水のような 詩人のような    

この水槽に魚たちがいた (たくさんいた しかし今はいない (たしかなことだ なぜいないのだろう (ときにおもうこと 泳いでいた魚たち (みずのなかで 理由はわかっている (あまりはなしはしないが 食べてしまったからだ (はっきりはしないが どんな味がした (あまいのやあまくないものや なぜ食べた (うまそうだったからだろう その後どうなった (とけていった その後どうなった (にくやふんとなった その後どうなった (つがいができた その後どうなった (たまごをうんだ その後どうなった (たまごがかえった その後どうなった (たくさんになった その後どうなった (だんだんおおきくなった これからどうなる (どうなるのだろう これからどうなる (どうすればいい これからどうなる (そだててみようか これからどうなる (たべてみようか 水槽は残されている (のこされている 水槽は残されている (みがかれている 水槽は残されている (かげがよぎる 水槽は残されている (みずをいれる 水槽は残されている (およいでいる 水槽は残されている (のぞいている 水槽は残されている (みたしている 水槽は残されている (ゆれている 水槽は残されている (あふれている (    窓の向こう  夜が明けていく  かすかに風にふるえる  木霊する遠吠え  森に立ち昇る  一筋の煙のゆくえ  友人よ  詩のような朝に


作成日時 2020-04-01
コメント日時 2020-04-21

水のような 詩人のような ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 15
P V 数 : 1163.6
お気に入り数: 2
投票数   : 0
ポイント数 : 29
#現代詩
項目全期間(2020/10/27現在)投稿後10日間
叙情性72
前衛性85
可読性11
エンタメ10
技巧43
音韻30
構成54
総合ポイント2915
 平均値  中央値 
叙情性1.41
前衛性1.61
可読性0.20
 エンタメ0.20
技巧0.80
音韻0.60
構成11
総合5.84
閲覧指数:1163.6
2020/10/27 23時27分00秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

水のような 詩人のような コメントセクション

コメント数(15)
tOiLeT
作品へ
(2020-04-01)

心地よいリズムです。 たぶん自分はこの心地よいリズムが続くことを期待し、 かつ ( でどう落ちが付くのかな、という期待感で読み進んでいたのだと思います。 その意味では最後で展開が変わり、構成上の意外性も感じました。 ( は友人との会話だったのでしょうかね。ささやかな幸福な時間を感じました。 あるいはその意外性の部分で、さらなる思い切った展開のバージョンなんかも面白そうに感じましたし、 そのまま真っ向勝負というのか分かりませんが ( で落ちを付けるバージョンも見てみたいと思いました。

0
湯煙
作品へ
(2020-04-01)

tOiLeTさん リズムは少しつけすぎた感じがあるかもしれませんが。また考えてみます。 対話形式となっていますね。話者について示されていませんが。 構造やオチについてもまた参考にしてみます。 ありがとうございました。

0
羽田恭
作品へ
(2020-04-01)

どうしても先日まで働いていた牧場の牛たちを思いおこしてしまいます。 ある意味で牧場の牛も、水槽の魚と同じなので。 食われていなくなり、また育てるので。 最後の三連は水槽からの景色なのか、水槽を置いている場所の様子なのか。 もしや友人とは、水槽の魚か。 だとすると木霊する遠吠えは、聞こえない魚の声か。 一筋の煙は、火葬のように焼いた食べる魚の煙か。 そんなことを考えてしまいました。

0
湯煙
作品へ
(2020-04-02)

羽田恭さん 牧場でのお仕事はやめられたんでしょうか? そうですね。育て育てられた牛も魚も食べられてはいなくなりますね。 最後の連あたりからはややあいまいな表現になっているといいますか。そのあたりについてまたいろいろ探り検討は行う必要があるかと。つながりにくい感じにはなってはいるかと思います。参考にさせていただきます。 ありがとうございました。

0
いすき
作品へ
(2020-04-09)

はじめは飼っていた魚を食べたというお話かと思いました。しかし、食べられた魚は「にくやふんとなった」……そしてたまごをうみ、ここで、明らかに食べたのは人間でなかったのだと気付かされます。では一体誰なのか?魚だろうか。しかし、彼はそこが水槽であるとなぜ知っているのか?そしてまた誰と対話しているか?動作の主体が徹底して隠されることで事態がどんどん複雑化していくようでした。一方で、形式的なまま会話は次々展開される。一部がぼかされることで、対照的にストーリーに引き込まれました。 わたしでもあなたでもない、「われわれ」とでも言いたくなるような漠然とした境界のない主体だけがここにある、とでもいうような、そして、ああそっか、やっぱり現実存在が全てに先立っているのだなあ、というような、そういうことをなぜか考えてしまう読後感でした。孤独な水槽のイメージがそう思わせたのかもしれません。

0
帆場 蔵人@⚰
作品へ
(2020-04-09)

寂寞とした情感が寂しくも心地よいです。水槽て結局は誰かが管理していてこそ成り立つと思えば、この僕たち自身がそのようにみられていたりするのかもしれないと思いました。窓の向こうが水槽の外かもしれない。立ち昇る煙りはどこに漂ようのか、燃えているのはなんだろうか、とうまく読めないながら楽しませてもらいました

0
湯煙
作品へ
(2020-04-11)

• いすきさん そうですね。曖昧なまま進むものにしたかったのだと思います。何かが起こったようだけども一体何だろうかと。頭から説明的にすぎた作品となってしまっているかとも思いますが。 ありがとうございました。 • 帆場 蔵人さん はい。あえて説明などは致しませんが、何か契機となるような事象についてになるのかと。 最後にあります、煙の行方や遠吠えや友人云々の件はやはり不必要か短くすべきかと思いました。 ありがとうございました。

0
フィフティー(石嶋ユウ)
作品へ
(2020-04-13)

はじめまして。 最後の“友人よ 詩のような朝に”という 表現が心に刺さりました。

0
藤 一紀
作品へ
(2020-04-13)

こんにちは。声の響きが後を引く幻想的な作品ですね。誰によって何が語られているかが見えそうで見えない、その見えなさが魅力になっているようにも思います。

0
五木 國重
作品へ
(2020-04-13)

構成がいいと思いました。 言葉も、それの使い方も、段組、行間、全部がとてもいいと思います。 久しぶりに言葉も出ないほどの作品に出会えました。

0
湯煙
作品へ
(2020-04-14)

• フィフティー(石嶋ユウ) さん はじめまして。 最後の連については、やはり冗長にすぎたようにも思います。つながりを切るようなものになってしまい。 ありがとうございました。 • 藤 一紀さん はい。おそらくそうした境界のようなものを曖昧なままにといった感じでしょうか。音や像については意識的になされたものかと。 ありがとうございました。 • 五木 國重さん はい。全体としてはそのままといいますか、分かりやすい記述かと思いますが、これについてはまた考えるべきかとは思います。タイトルも含めてですね。 ありがとうございました。

0
白川 山雨人
白川 山雨人
作品へ
(2020-04-17)

読み始めてすぐに、いいなと思いました。とても静かな雰囲気。朗読してもきれいだろうなと思いました。「その後どうなった」以降の連続は、意識変容へと誘うような効果があるかもしれないと感じました。

1
湯煙
作品へ
(2020-04-20)

白川 山雨人さん 朗読についてはとくに意識はしていませんでしたが、リフレインの効果について意識をしたところはありました。変容ですね。ただやはり主題や形式を考えますと、やはり饒舌過ぎたかと思います。はい。 ありがとうございました。

0
野良犬少年
作品へ
(2020-04-21)

初めましてです。技術云々の細かい事は、アホな私には分かりませんが、率直に食物連鎖を通しての現代の社会競争、それに対する優しい弱音の様に私には見えました。 複雑でない分、心に浸透しやすい。読み手にほのかな感情の揺さぶりをかけている演出が、良い意味で難いと感じます。

0
湯煙
作品へ
(2020-05-01)

野良犬少年さん スキルなどは私もよくはわかりません。あくまでこれは素描のようなものと理解します。 どのように発展、改良させるのがよいか。いろいろ思うところはありますが、複雑なという方向ではないだろうと。 ありがとうございました。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1