桜の雨 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

真清水るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち❤️久遠恭子

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち❤️久遠恭子

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち❤️久遠恭子

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち❤️久遠恭子

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち❤️久遠恭子

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

桜の雨    

わたしにとって、桜とは空から降ってくるもので、それは天気の一種であります ビニール傘の薄い膜が、わたしを花びらから護っています なぜならわたしは弱く溺れており 水溜りを撫でる北風が、わたしの姿を(あるいは、誰かを?) 際限なく細切れにして 際限なく傷ついてゆくとき かつて、空へとなびいた黒髪や(今はもうなびかない) 水溜りを犬のように蹴って、こちらを振り向いたひと(あるいは、扉を?) 使うとなくなってしまう言葉を使ってそれらを書き留めてゆきます 次の日は、一匹の翅虫が降りました きっと地に留まるための翅だったのでしょう かわいそうに 天気によってひとが傷つくことを 知っていたのでしょうか また会えるのでしょうか ゆっくり話す人になりたいと思います ゆっくり笑う人になりたいと思います (春風が吹いている)

scroll


作成日時 2020-03-30
コメント日時 2020-04-13

桜の雨 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 17
P V 数 : 2223.5
お気に入り数: 3
投票数   : 0
ポイント数 : 38
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2022/07/07現在)投稿後10日間
叙情性1313
前衛性33
可読性33
エンタメ00
技巧88
音韻44
構成77
総合ポイント3838
 平均値  中央値 
叙情性2.61
前衛性0.60
可読性0.61
 エンタメ00
技巧1.61
音韻0.80
構成1.41
総合7.64
閲覧指数:2223.5
2022/07/07 19時38分09秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

桜の雨 コメントセクション

コメント数(17)
石村利勝
作品へ
(2020-03-30)

すばらしい、の一語。ほかに言葉がない。

1
石嶋ユウ
作品へ
(2020-03-30)

はじめまして。 春の雨の表現と “使うとなくなってしまう言葉を使ってそれらを書き溜めてゆきます” というフレーズが素敵だと思います。

0
ariel
ariel
作品へ
(2020-03-30)

「決意」という言葉が持つ堅さとは裏腹な、柔らかくて丸い最後ですね。桜の花びらに傷ついてしまうくらい繊細な方の優しい詩に出会えて、とても嬉しくなりました。 電気の周りを舞う羽虫の大群を掃除機で吸いまくる私には、到底書けそうもない優しさです。←

0
星空そとば
石村利勝さんへ
(2020-03-31)

>>石村利勝さん ありがとうございます

0
星空そとば
作品へ
(2020-03-31)

>>フィフティーさん 空から落ちてくる桜が天気の一種だという着想は、自分が言語学者になって、未知の言語を話す部族のところにフィールドワークに行く妄想をしていたときに、その部族が話す言葉では、空から落ちてくるという意味の接尾語が名詞につくことで天気を意味するようになる(例:光-空から落ちてくる=晴れ、水-空から落ちてくる=雨、等。ただし僕の頭の中でこの世界は200年前から小氷期に入っており、『雪』だけは200年以内に隣の部族から入ってきた外来語で、この法則に従わない という論文を書くという妄想をしていました)というアイデアを得て、これは詩にも使えそうだなと思い、とっておいたものです。 “使うとなくなってしまう言葉を使ってそれらを書き溜めてゆきます” は、以前Twitterで「言葉は使ってもなくならないんだから、もっとありがとうとか口に出していこう」的なツイートを見て、逆に言葉が使うたびになくなっていったらめっちゃ面白いなと思い、これも詩に使えそうだなと思い、とっておいたものです。

0
星空そとば
作品へ
(2020-03-31)

>>フィフティーさん 隣の部族→北の部族

0
星空そとば
arielさんへ
(2020-04-03)

ぼくも羽虫の大群が電気の周りを飛び交っていたら掃除機で全部吸ってしまうと思います。ぼくは優しくも繊細でもないですし、他より多少偏執的なだけの人間にすぎないです

0
トビラ
作品へ
(2020-04-06)

返(物語)詩です。 「桜観測所」 桜観測所では、ネムネムおじいさんが、世界中の桜を見守っています。 ネムネムおじいさんは、春風望遠鏡を通して、全ての桜の木を見ているのです。 ネムネムおじいさんの足下をトタターと走り回ってる男の子は、パチクリくん。 ネムネムおじいさんの助手として、一緒に桜の木を見守っています。 パチクリくんは、春風望遠鏡を覗くより走り回ってる方が多いのですが。 たった今、今年、世界で初めての桜の蕾がほころびはじめました。 ネムネムおじいさんは、春風望遠鏡の焦点をそこに絞り、じっと見つめました。 桜の蕾が、今にも咲き、花へとなろうとしています。 ネムネムおじいさんは、パチクリくんを膝の上にのせ、パチクリくんと一緒に、その開花を見守りました。 パチクリくんは、桜を応援するようにふうふう息を送ります。 ネムネムおじいさんは、パチクリくんの口を手で優しく押さえて言います。 「ゆっくり、あの蕾の咲きたいようにさせてあげなさい」 パチクリくんはこくこく頷くと、息を送るのもやめ、ネムネムおじいさんと一緒に蕾の開花を見守ります。 桜の蕾は、震えながら、今、桜の花びらに開花しました。 その花をさきがけとして、次から次へと、桜が開花していきます。 世界中の桜が咲きました。 桜の花の季節です。 ネムネムおじいさんは指差しました。 「あっちの桜の下にはたくさん人がいるね、こっちの桜は山奥で静かに咲いているね。人が見ていても、いなくても、ちゃあんと咲くんだねぇ」 パチクリくんは目をまるまるにして、春風望遠鏡を覗きました。 ネムネムおじいさんは、パチクリくんの頭をくしゃくしゃ撫で、聞きました。 「どの桜がいい?」 あれかな?、これかな? 右に、左に、首を傾げて、でもなかなか決められませんでした。 なぜって、どの桜もとてもすてきだからです。 ネムネムおじいさんは、言い方を変えました。 「どの桜が好きだい?」 パチクリくんは、たくさんの桜をつぶさに見て、一つに決めました。 緑あふれる家の庭にある、小さな桜の木。 ネムネムおじいさんは、確認しました。 「本当にあの桜にするんだね?」 パチクリくんはこくこく頷き、ネムネムおじいさんの方を見ました。 その目があんまりにもまんまるだったので、ネムネムおじいさんはにっこり微笑みました。 ネムネムおじいさんがにっこり微笑むので、パチクリくんもにっこり笑いました。 ネムネムおじいさんとパチクリくんは、桜の花びらが最後の一片まで散りきるのを一緒に見守りました。 さあ、葉桜の季節です。 * 返歌です。 君は今、入学式にいるのかなずっと見てるよ桜観測 * 散っても散っても咲く、 桜のように生きることを願って。

0
夢うつつ
作品へ
(2020-04-06)

かわいい、かわいい詩です。最近のそとばさんの作風はかわいい方向に向かっているような気がします。共感覚的で、詩句にはその感覚、雰囲気に身を委ねたような物も多いのですが、全体として統制が取れていて良いと思います。最後の(春風が吹いている)は少し陳腐かなとも思いましたが、それでも上手く読ませ切るだけの言葉の流れ、暖かさがあります。

0
萩原 學
萩原 學
作品へ
(2020-04-08)

僕の車を停めている駐車場は、裏手に桜並木がありまして。この季節には花開くこと、車の屋根に差し掛ける傘の如くでありますから、花吹雪の文字が実感できるほどには、我が車は桜を浴びております。出掛けるには先ず花を払うのがひと仕事でありまして。花弁やら萼からが車体に張り付き、必ずしも愉快な仕事ではないのだけど、それで駐車位置を換えようという気にはなれず。黄砂を齎し花を散らすというより樹を揺する春風は優しくはなく、できれば乱暴はしないで欲しいものですが。これを止める力など僕にはなく、風々吹くなと呟くばかり。ビニール傘はお勧めできかねます、あれは余りに安価で職人の仕事を奪い、余りに透けて見えるので恥知らずにも、つい傘をさしたまま天を仰いで仕舞うのです。

0
田中修子
作品へ
(2020-04-09)

綺麗です。なんだか、泣きたくなってしまう詩だなあ。

0
星空そとば
トビラさんへ
(2020-04-10)

返詩ありがとうございます。

0
星空そとば
夢うつつさんへ
(2020-04-10)

詩がかわいいというのは多義的な感覚だと思うし、夢うつつさんが具体的にどういった意味でそう言っているのかは、私にはわかりませんが、うれしいです。私は、かわいいと言われることがとても好きです。かっこいいよりも好きです。

0
星空そとば
萩原 學さんへ
(2020-04-10)

桜吹雪のなかにいると、傷ついたような、早死にしたいような気持ちになってしまいますね。凡庸と言えば凡庸ですが、たまには凡庸なものを書いてもいいかと思い、この詩を書きました。 ぼくはビニール傘が好きです。透明なので。

0
星空そとば
田中修子さんへ
(2020-04-10)

そう感じていただけたならうれしいです

0
鈴木歯車
作品へ
(2020-04-10)

第一行目が一番の好みです。言葉のつながりがスムーズすぎないので、その隙間に自分の想像いっぱい詰め込めるというか。 「詩は読者が作るもの」とはよく言ったものです。

0
星空そとば
鈴木歯車さんへ
(2020-04-13)

詩の冒頭はなるべく強くしたいので、温めておいたとっておきのアイデアを使うことが多いです。(空から落ちてくる桜が天気の一種だという着想を得た過程はフィフティーさんへの返信に書いてあります) 行間の多い詩だという意識はあまりなかったので意外です。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2