人魚性 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

name

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

yasu.na

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

人魚性    

潮騒に さらわれた補聴器を探していた やさしかったせかいが ゆっくりと背きはじめる 遠浅をむすぶ座標軸 交わる昼夜 もどらないははの骨格を こぼれないように(ときにかたむけながら)はこんでゆく ねがえり どくどくとはいせつされつづけるさざ波に みえない足をひたして わざと呼吸をずらしながら わたしたち会話をする 肺胞や菌 環境音 だれのものかもうわからないあばら 砂文字がひきとられていくように いみやねがいを陥没したあとの成分だけが 耳を離れない 母語が生体解剖されて わたしのなまえは水溶性だと知った いま 目の前の灯台よりも 回想のなかにしかない光がたしかで しかし肝心の約束は 落丁したまま かつて 水中にいた 時差を手懐けて低気圧をあやつることを たやすくやってのけていたあのころ


作成日時 2020-03-15
コメント日時 2020-04-04

人魚性 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 16
P V 数 : 1662.3
お気に入り数: 7
ポイント数 : 49
#現代詩
項目全期間(2020/09/21現在)投稿後10日間
叙情性1816
前衛性54
可読性10
エンタメ21
技巧1412
音韻44
構成55
総合ポイント4942
 平均値  中央値 
叙情性31
前衛性0.80.5
可読性0.20
 エンタメ0.30
技巧2.31.5
音韻0.70
構成0.80
総合8.24
閲覧指数:1662.3
2020/09/21 15時31分32秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

人魚性 コメントセクション


コメント数(16)
獣偏 (2020-03-17):作品へのコメント

人魚が陸を歩くと、ナイフで刺されたような痛みがあるって、人魚姫の話に書いてあったのを思い出しました。

1
stereotype2085 (2020-03-17):作品へのコメント

ライトコメです。「潮騒に さらわれた補聴器」という表現がとても良かったです。この後どんな展開になるか、どんな喪失の話が語られるか興味をそそられる。「母語が生体解剖されて」という表現から、失われたのは祖国もしくは母国に関する何がしかかと思われましたが、私には明確には分からず。しかし心に残る作品でありました。惜しむらくは「(ときにかたむけながら)」となぜか()閉じが使われたこと。技法の一つかもしれないが、詩の流れを遮っているように思いました。それでは。

2
つつみつつみ(2020-03-17):作品へのコメント

私の個人的な感想なので、読解が誤っているかもしれませんが、 人魚姫の悲しい結末の続編を見ているような感覚でした。 なんとなく、「はは」というのが、私たちの知る「人魚姫」のことで、 この詩の主人公は「人魚姫」の娘なのかなとも想像しました。 海の情景に、生体的な言葉(補聴器、肺胞や菌、生体解剖)が 織り交ぜてあるところが好きです。 >母語が生体解剖されて わたしのなまえは水溶性だと知った この部分は、人魚姫が泡となってしまうシーンを回想させました。 そして、主人公も人間ではなく「人魚」なのだという事実を 知った瞬間なのかとも想像しました。 >いま 目の前の灯台よりも 回想のなかにしかない光がたしかで まだ王子様への思いが回想の中で光となって 彼女の中で輝き続けているのだろうということを想像しました。 とても好きな詩です。ありがとうございました。

抒情:5 前衛:2 可読:0 エンタメ:1 技巧:3 音韻:2 構成:5  
1
沙一 (2020-03-17):作品へのコメント

想像のふくらむ、すてきな詩です。そして、ひとつひとつの詩語がさりげないようでいて、うまく磨かれていて、うつくしいです。 補聴器、まわりの音をよく聴くため、まわりをよく理解するためにあるもの、それをなくしたがために、やさしかったせかいに背を向けられた、いままでまわりと同調するためにがんばってきたことが報われなくなったかのような、かなしみが、伝わってきます。 わざと呼吸をずらしながら わたしたち会話をする ここにも、いたたまれない、かなしさがあります。正直に話していては、けっしてわかりえない他者と、どうにかコミュニケーションをはかろうとする、健気さのよう。 もしかしたら、この詩の主体は、みずからのほんとうの出自(=故郷)を、人間たちの社会ではないどこか(その象徴としての海かもしれない)、ということを感じているのではないでしょうか。その、現世にたいする異邦の感覚こそ、人魚性であるような。 わたしのなまえは水溶性だと知った とてもうつくしく、琴線にふれる、よい詩です。

3
帆場 蔵人@⚰ (2020-03-18):作品へのコメント

補聴器って周囲と自分の波長を合わせるようなものでもあって、それが失われることでどちらからともなくズレが起きていく。いままで見えなかったものや目を背けていたものがあらわれる瞬間なのかもしれないと思いました。どくどくとはいせつされつづけるさざ波に みえない足をひたして、の部分やははの骨格、などの詩句が血の流れを思わせるものに感じます。ズレていくことでできた傷口からそんなものが溢れでてくる。関係性の変化があっても残り続けるものがあってそんなものの痕跡がきっとそこいら中にあるのだろうと思う。これはまだまだ時間をかけて読み直したい作品です。強い引力をもった詩。

1
トビラ (2020-03-18):作品へのコメント

人魚姫。いいですね。 僕も好きなお話です。 たとえ自分が傷ついても、相手が好きなら、自分の恋心を刺すしかないですね。 * 返詩です。 「恋花(こいばな)」 君がふりむいてくれないって そんなことわかってたけど でもダメだな 君でしか満たされない この想いは溶けない真(ま)法 醒めて見る夢 現在進行形白昼夢 何も言ってないのに 当たり前のように 僕の秘密を明かしてくれた女(ひと) 君の髪に光の花を飾ろう それをこの想いの証としよう

1
t (2020-03-18):獣偏さんへの返信

獣偏さん 人魚、謎めいていて美しい生物ですよね。 声や足の自由を失うとわかっていて、それでも会いたい人に会うために、陸に上がることを決めた人魚姫の気持ちを美しいなと思います。 読んでいただき、ありがとうございました。

0
t (2020-03-18):stereotype2085さんへの返信

stereotype2085さん コメントありがとうございます。 冒頭の表現は自分でも気に入っている部分だったので、良かったと言っていただけて嬉しいです。 ()閉じは、あまり深く考えずに使用していましたが、たしかに流れを悪くしていますね。記号が効果的な場合とそうでない場合があると思うので、今後意識して使っていきたいです。では!

0
t (2020-03-18):つつみさんへの返信

つつみさん 深く読み解いていただき、感謝です。 これまであまり他の方に自作を読んでいただくことがなかったのですが、つつみさんの「人魚姫の結末の続編」というコメントを拝見して、そういう読みもあるのかと、とても新鮮でした。 生体的な言葉は、硬質な感じがして好きです。海の雰囲気と響き合っていたとしたら嬉しいです。 ありがとうございました。

0
t (2020-03-18):沙一さんへの返信

沙一さん 丁寧に読んでいただき、ありがとうございます。自分のなかにある、うまく言い表せないものを言語化していただいたような感じがします。 昔は自分だけがひとりぼっちみたいな思いがありましたが、ある意味みんなそれぞれ異邦人みたいなものなのかもしれないし、各々さびしいのかな、というようなことを最近ふと思います。 励みになります。ありがとうございました。

0
t (2020-03-18):帆場 蔵人@⚰さんへの返信

帆場蔵人さん 丁寧な評を書いてくださり、感謝です。ありがとうございます。 血の流れや痕跡、伝わっていたら幸いです。

0
t (2020-03-18):トビラさんへの返信

トビラさん 人魚姫の物語は私も大好きです。 返詩も嬉しいです。「現在進行形白昼夢」というフレーズすてきです。 読んでいただき、ありがとうございました。

0
ゆいゆい(2020-03-31):作品へのコメント

タイトルに惹かれて、読みたくなりました。そして、最初の一行からぐっと深く潜る感覚になりました。 句読点がないところも好きです。 考えているのでなくて、溢れてくる感じがするからです。また次の作品も是非読みたいです。楽しみにしています。

1
t (2020-04-03):ゆいさんへの返信

ゆいさん すてきなコメントをありがとうございます。 句読点を使わない文体が自分にはあっているみたいです。逆に句読点を多用した詩にも挑戦したいなと思います。 また読んでいただけたら嬉しいです。

0
tOiLeT (2020-04-04):作品へのコメント

『潮騒』から連想してしまう言葉や流れってあると思うのですが、 そこへ『補聴器』という意外なワードが引っ掛かりになって引き込まれます。 補聴器がないゆえに内面世界?の声が響きあうかのようで、 謎も多いですが人体だって謎だし。 母語が→水溶性~ の流れも印象的でした。 そのまま『水溶性』がタイトルでもいいんじゃないかと思ったくらい。

0
t (2020-04-27):tOiLeTさんへの返信

tOiLeTさん 遅くなりましたが、読んでくださりありがとうございました。 人体はたしかに謎だらけですね。謎のあるものを書いていきたいです。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1