戒名 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

真清水るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち❤️久遠恭子

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち❤️久遠恭子

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち❤️久遠恭子

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち❤️久遠恭子

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち❤️久遠恭子

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

戒名    

アイスを 舐めたあとの 棒 を 庭で死んでいた 蝉の墓標 にする “アタリ”って 戒名が 蝉に ついた


作成日時 2018-08-13
コメント日時 2018-09-15

戒名 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 17
P V 数 : 823.1
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 0
#受賞作
項目全期間(2022/07/07現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:823.1
2022/07/07 19時09分52秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

戒名 コメントセクション

コメント数(17)
stereotype2085
(2018-08-13)

読んで一言「おめでとう!」と言ってしまいそうになりましたが、そういう詩ではない。蝉の短い寿命と夏によく食べるアイス(大量消費されるであろう)対比が絶妙で、蝉の孤独感とわびしさのようなものが出ていますね。この蝉の墓標をたてた人物が子供なのか大人なのか、女性なのか男性なのかも気になるところですが、少なくとも墓標を立てた人物の蝉への哀悼、そして短い生命というものへ向けた一種の敬意のようなものも情景とともに浮かんできました。深読みしすぎているようでしたら失礼を。

0
ほば
(2018-08-13)

蝉も当たり前に死んで、アイスも暑ければ当たり前に食べられて、 そんな当たり前が少し悲しくて せめてわたしくらいは 墓をつくろう。 一読目はアタリっていう戒名がついた、という落ちのような言葉に、皮肉げな感覚を得たのですが、再度、読み返してみるとただのシニカルな笑いではないように感じて、詩としてはぼくは何か不足を感じるのですが、でも気になる作品でもあります。言葉たらずで失礼しました。

0
三浦果実
(2018-08-13)

帆場蔵人さんの「詩としてはぼくは何か不足を感じるのですが、」に乗っかってコメントさせてもらいますが(失礼!)、本作に詩情を見いだす読みが可能か否か?という命題を拒否するというメタファーこそが、本作が醸し出すニヒリズムの正体だと思うのです。蝉に戒名などもちろん不用。しかし人間だって不用でしょ?的なメタファーが示すところのこと。それは性善説の否定にもつながる。情を他者に求める時、無意識のうちに他者とは善なる者と錯覚をする。食後のアイスバーで供養されるなんて不義理な話があるわけがないと。ある種の残酷性。詩情満載な場所に立つべき塔婆に情けはない。言語は最初から死んでいて、詩としての言語は塔婆のように思い込みによる思い出集めと妄想でしかない。 そう。アタリという偶発性に妄想するのはいつも愚かな人間たちだ。

0
藤 一紀
(2018-08-13)

こんにちは。子どもの頃、よくやりました。蝉だのカブトムシだのクワガタだのの死骸を見つけたら、埋めてアイスの平たい棒を墓がわりにたてました。そのくらいあの棒はそこらにあった。と、ここまでは経験の範疇なのですが、「アタリ」が戒名になるのは、よくある経験からトンボを切るようで斬新でした。この言葉の「軽業」を見る快感、嬉しいものです。

0
ゼンメツ
(2018-08-13)

ストレートに好き。かわいい。でも素直にかわいい。をまず受け取りたい僕は 行分けされてないほうが好みかも。3行か、最後分けて4行くらいで、 でもそれだと普通はハハハって、それだけでおしまいにされちゃうかな。 でも、ハハハってなって、後でふと思い返したら、おお、な、なんかやっぱ、 ちょっと深いいのかもしんないぞあれ、みたいな。 自分で気付きたいタイプには、って感想でした。

0
二条千河
(2018-08-13)

当たったことがないので、というかそもそも当たり付きのアイスを食べないのでわかりませんが、アタリと書いてあったらお店に持っていけばもう1本もらえるとか、そういう仕組みだったかと思います。 その権利を行使せずに墓標にしてしまうというのは、アタリの棒がまとっているポジティブな要素(おかわりアイス1本分程度の好運)を死者に捧げる行為になるのかなと。 蝉もアイスも供養も夏らしくて、戒名という着眼点が効いていて、そしてちょっとノスタルジックな詩だという印象を受けました。

0
右肩ヒサシ
(2018-08-13)

植草さん、こんにちは。 僕も蝉が好きです。もっとも蝉に愛情はありません。 理由は死骸が綺麗だから。大抵路上で乾燥して、ばらばらに解体して終わりになりますが、隠しもせず大量に死骸を晒すのに腐らない。臭ったり汚い血や内臓を晒すこともありません。知らないうちに消えていきます。人間はそうはいきませんね。自然死の場合は大抵だれかの手を煩わすことになります。 蝉の死骸の胴が割れて、空っぽの中身を除いたことがありますが、割とよい景色でした。詩に通じていましたね、僕にとっては。 人間が質量なく残せる遺物として、死骸や遺品に比べて言葉や文字は悪くないものです。 死んでしまえば、僕の墓だってアイスの棒でいいわけですが、生きている僕の立場だとちょっと迷惑かな。蝉はどうだろう? 僕だったら蝉の死を自分の死にしっかり紐付けして記述すると思います。言葉の根を深いところまで下ろしたいので。結構死骸の出てくる作品は書いていますが、そのつもりで書いてきました。死骸は僕自身。そう読んで貰えているかどうかはわからないのですが。

0
なつめ
(2018-08-13)

死骸を埋めて墓標を作る、という行為自体、「禁じられた遊び」みたいで少しゾッとしました、死骸を埋めていい事した気分?満足した気分に浸る感情みたいなものに恐怖を感じるのです。しかし、この詩はあまりそんなものを感じませんね、たまたまあたり棒を持っていて、たまたま蝉が死んでいたので、お墓を作ったら蝉に戒名がついたようだった、という。そこに蝉も、主人公の気持ちも介しないのだろうと。多分存在するのは夏の茹だるような暑さだけ。あと、アイスの甘い後味。 とりあえず、好きです。短く簡潔な点も好きです(o^-^o)読解間違っていたらすみません、とりあえず解釈の1例、ということで…

0
蔀 県
(2018-08-13)

好きです。俗っぽく、なおかつ洒落ているという感じ。凝った言い回しもないので、すんなりとユーモアを味わえました。いいと思います。

0
植草四郎
(2018-08-14)

皆様、感想ありがとうございます。 たいへん興味深く読ませていただきました。 「詩としての物足りなさ」が、根本的な私の資質のなさから来るのか、はたまた文字数を抑え、本来必要だったかもしれない言葉を削って、元来一つだけあるべき作者が用意すべき正解=解釈を放棄して、物語やイメージの自由度を獲得して、多義的で多神教的な、ある種の約束された救済のない無常をユーモアやノスタルジックな要素で包んで、ただ読者の皆様に投げかけた作品なのかもしれません・・・。 って自分でも何言ってるかわからんです・・・。 重ね重ね感想いただき感謝申し上げます。

0
山本琴煢
(2018-08-15)

泣いてしまいました。 この詩を見つけて読んだとき、「かわいい…!」と声に出してしまいました。 その後すぐ、家族にこの詩を読み聞かせたのですが(家族からも好評でした)、 自分の部屋に戻ったとき、自分の読んだ声が頭に残っていたからでしょうか、 どんどん感情が胸の中で膨らんできて、気づけば嗚咽するほど泣いていました。 かわいいものが、かわいいものを、かわいく慈しみ、かわいい帰結に辿り着く。 もう少し掘り下げると、かわいいものが何かに「かわいい」という感情を抱くということそれ自体。 こういうのほんと自分はダメなんです。 私にとって、これ以上、胸を熱くさせるものはありません。 本当はこの感動を言葉にしたくないくらいです。 なぜ語れば語るほど、本質から遠ざかってしまうのでしょうか。 感動とはそういうものだと思います。 最高の詩です。 ずっと大切にします。 そして「とってもいい詩があるんだよ。」と周りの人たちに紹介していきます。 この詩を書いてくださってありがとうございました。

0
尾田 和彦
(2018-08-15)

しかし罰当たりなやつや。一番最初に地獄に行くタイプがこのタイプや。 蝉の死にむかうこの「残酷」な行為の先に人間の「死」がある。 ここがこのポエムのキーポイントかな。 「アタリ」のアイスバーが“背負っている”ものは、結構重い。

0
植草四郎
(2018-08-20)

山本さん、尾田さん、感想ありがとうございます!私は感想に感動しております。またよろしくお願い致します。

0
吉岡 幸一
(2018-08-20)

素晴らしい詩だと素直に思いました。

0
もなか
(2018-08-22)

この短い詩の中での重複が果たして効果的なのか。 作中話者の発見の瑞々しさが素晴らしい作品なだけに、無駄な行替え、重複が残念でならないというのが一読の感想でした。 ゼンメツさんの仰るとおり、より短く収斂出来たら、もっと良くなると思いました。

0
植草四郎
(2018-08-23)

感想ありがとうございます。無駄な改行のご指摘ごもっともなことと思います。私自体も改行をよりオーソドックスに組もうかと思ったこともございます。私は自作朗読をオープンマイク等でするのですが、そのリズムがもととなり、この改行になりました。(朗読で常にそこで切るわけでもないのですが・・・)またテキストの視覚的にも、今の改行が作者の主観的には合っていて、この形になっております。これは作者の自分勝手な我儘の改行であり、人によってはノイズのように感じられると思います。ただ、私はそのノイズを、この作品では入れたかった。シンプルの素晴らしさに一点ノイズを混ぜたかったのです。美しい顔に、黒子や皺やシミを入れてることで人間味をテキストに持たせたかったのです。 だいぶ後付けも入ってますし、今でも改行等いろいろ悩んでおります。今回の意見を参考に今後に生かしてゆく所存です。ありがとうございました。

0
澤あづさ
(2018-09-15)

※このコメントは8月選評です。作者様でなく閲覧者様に向けて執筆しました。またこの評はわたしの感想すなわちわたし自身の表現であり、作者様には関係も責任もありません。 その日その庭でその蝉が死んだのも、その蝉がその庭で死んだその日に語り手がアイスの当たりを引いたのも、その貴重な当たり棒を語り手が一匹の蝉に捧げる気になったのも、一般的に言えば「偶然」でしょうが、仏教には偶然という概念がありません。その日その蝉がその庭でその当たり棒に弔われ得た、奇跡的なほど低い蓋然性にも、業なり縁なりがあると説かれています。 【アタリ】という戒名の「当たり/辺り」という、いかんとも言いがたく両価的に感じられてならない掛詞に、衆縁所生の無窮を見た気がして、ひとりで勝手に興奮しました。この仏教的にあり得ない興奮を、合理的に説明する自信はありません。その蝉の衆縁=わたし自身の人生も含む全世界が、語り手の行為によって「当たり」と命名されたような気に、ひとりで勝手になったのでした。われながら罰当たりなほどおめでたい。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1