作品投稿掲示板 - B-REVIEW

なつめ


投稿作品数: 8
総コメント数: 87
今月は0作品にコメントを付与しました。
プロフィール
記録
プロフィールはありません

なつめの記録 ON_B-REVIEW・・・・

精力的B-Reviewer

総合コメント数バッジ(くわしく)
獲得バッジ数

精力的投稿者

投稿作品数バッジ(くわしく)
獲得バッジ数

すごい。 短い文でここまで奥行がだせるなんて、驚きです。何度も読みたくなりますね、とりあえずラミネートして寝室の天井に飾りたい作品です。こんな作品が書いてみたいなぁ、と思いました。 感想で申し訳ないです。 (ザーザー)

2018-12-06

渡辺様 ありがとうございますm(_ _)m 今なつめは模索中です。 ひたすら「好き」を追求してます。今回はわざと読みにくくしてみました。ご指摘嬉しかったです。昔の自分は捨てずに、心にしまったまま、新たな「好き」を見つけていけたらいいです。 つまり、10月のなつめは、こんな文体が「好き」らしいので、10月は勉強の合間にこんなのを量産しつつ、12月はまた違う新たな「好き」を見つけていきたいと思います。 ありがとうございました!! (♡♥♡)

2018-10-19

11月はお休みしますヾ(´〇`) また12月に戻ってこれたらな、と思います(✿︎´ ꒳ ` ) まとめの〜、にコメントをくださった、るるりら様、前作にコメントをくださった、ももいろ様、本当にありがとうございました!励みになります。ここでの返信になってしまい、申し訳ありません。これからもよろしくお願いしますm(_ _)m (♡♥♡)

2018-10-19

え、すごい。 発想がすごいです。 私にはできません…。 なんだか、先月から私は柿原様をリスペクトしているようです。真似はできませんが…。ライトレスですみませんm(_ _)m (星にはなれないよ)

2018-10-18

なかたつ様、ありがとうございますm(_ _)mすごく嬉しいです。 私は普段から「他者からみた私」を意識して生きてます。もちろん、私しか知らない私もすっごく大事だけど、他者からみた私は私の知らない私なんだろうな、って。それを受容して自分を磨いてもっと素敵な私になれば、もっと私を好きになれるって思います。自論だからあてにならないけど…。実は意図してはないのですけど、生活が作品に現れっちゃったのかなぁと…恥ずかしいような、嬉しいような。思いを全て汲み取って下さり、感謝で胸がいっぱいです。 本当にありがとうございました!! (9月投稿作品選評―記憶にまつわるお話たち―)

2018-10-14

貴音様、本当にありがとうございますm(_ _)m伝わって良かったな、と思いました。普段私は友達に作品を見せて感想もらって…という感じなんですけど、「感動した」って言われることに些細な生きがいを感じてます。私の作品を読んで感動してくれる方がいることがすごく嬉しいです(*¨*) ありがとうございました!! (貴音さんの選評【9月】)

2018-10-14

stereotype2085様 コメントありがとうございますm(_ _)m 「▼」と「えびせん」は特に楽しんで書いたようなきがします。「▼」は友達にも家族にも好評でした。 「青」は、そうです、一番凝りました(笑)でもやっぱり勢いで書いたものの方が自然なように思います。もっとたくさん書いて、いつか理想の詩がかけたらいいなと思います(✿︎´ ꒳ ` ) ありがとうございました(*¨*) (アソート Ⅰ)

2018-10-14

これは、正直好きです。 わけわかんない感じが特に。 ぜんぶフードコートのなごり、というフレーズは思いつきそうだけど思いつかない面白いフレーズだな、と思いました。行間がいいなぁ、なんだかしみじみするし、歯みがきなんてもう1回すりゃあ良いじゃん、とか的外れなことを思いつつ、読み終えた後は「歯みがきしたあとに そんなことできない」…ああそっかぁ、って納得している自分がいる。不思議です(笑)ルーズリーフにメモして持ち歩きたい詩でした、癒されました、ありがとうございますm(_ _)m (カー)

2018-10-14

ふじりゅう様 おはようございます☀ 楽しんでいただけて幸いです。これから色んな事に挑戦していけたら、と思います。▼は私も好きです。晴れときどきミートボールとか、好きなんで、なんか降ってこないかなぁ、って思いながら書きました。ありがとうございましたm(_ _)m (アソート Ⅰ)

2018-10-02

まりも様 コメントありがとうございます。 この文体は、作者の巧拙が顕著に現れやすい(自論です)ので、緊張しておりました。 初の試みです!こんなの1回書いてみたかったんです。誰もコメントしてくださらないだろうな、と思っていましたので、楽しんでいただけて幸いです。 実は、最近、とある方の詩と出会い、この方のような作品が書きたい、と思ったのです(*´v`)遠く及びませんが……。本当にありがとうございました!! すいません、ふじりゅう様、少しコメント遅れますが、ありがとうございます!また後ほど丁寧に返させていただきます。 (アソート Ⅰ)

2018-10-01

皆様、おはようございます☀ 今月は雑感お休みします。とりあえず、投稿できて良かったです。 違うスタイルを模索中です。下手ですが、見守っていただけると幸いですm(_ _)m (アソート Ⅰ)

2018-10-01

社町 迅様 コメントありがとうございます。私の作品を色んな側面で見ていただけることに驚きと感謝でいっぱいです。私は基本、読者様に委ねておりますが、皆様のおかげで平面だった世界が少しづつ多面体になっていくような新鮮さを感じております。本当に嬉しいです、ありがとうございました( *´•ω•`*)/ (わたし。)

2018-09-26

一高校生様 うわー、私と同じ年ですか!!!仲良くしてください!(((o(*゚▽゚*)o)))私は文芸部の助っ人で、まだまだ初心者ですが…いや、すごいですね、私、敢えてお酒とか煙草とか、扱いにくくて避けてしまうのですけど、使いこなせてて素晴らしいです。書きなれておられるのだろうと思います。わー、私の詩が恥ずかしい…。私は文系です!理系の方ってやっぱかっこいい詩書くな…これからよろしくお願いしますm(_ _)m (なんだかさ)

2018-09-26

花音様、初めまして。 親友の名前とそっくりだったので、思わず読んでしまいました。 主人公は、恋をしてるのかなぁ、とっても甘酸っぱいです。コトノハって片仮名にすると余計可愛らしくって、ほんわかしますね。受験勉強で疲れた心に染みました(笑)これからも楽しみにしています(♡˙︶˙♡) (「コトノハ」)

2018-09-25

ももいろ様、はじめまして。 ももいろ様の作品、なんだか陽だまりの匂いがしますね、包み込まれるような、体温を感じます。ももいろ様はもう誰かのお母様なのですね、思わずお母さん、と言いたくなりました。だって、優しい、とっても温かい。 私も今大人とこどもの狭間で、悩んでいる1人です、現在進行形で。私は母親になっても、この頃私はこうだったなぁと笑いつつ、愛してあげたいです。罪悪感なんて感じる必要、ないと思いますよ、だって、ももいろ様はこんな素敵な詩がかける方ですから。 (公園の朝)

2018-09-25

ゼンメツ様 毎度毎度、本当にありがとうございますm(_ _)m本当に嬉しいです。本当は少し自信なかったんですけど、好きだと言ってくださってありがとうございます。私に大好きな親友がいるのですが、彼女も私の詩を好きだと言ってくれます。肯定される、って、いいですね。時々しかないからこそ、大切ですね。いつも感謝しています。 (わたし。)

2018-09-25

左部右人様 なるほど、勉強になります!!まだまだですね、頑張らないと。 馬鹿だなぁ、と思われたいです、本当に(笑)馬鹿ほど可愛いってよく言うし(^-^)コメントありがとうございました! (わたし。)

2018-09-25

皆様、ありがとうございますm(_ _)m 遅くなってすみません。 stereotype2085様 ありがとうございます。なんとなくオムライスが食べたくなったのです。そーいえば、あの時買ったスカートはいてないじゃん、どっか行きたいなぁ、と。本当にまんまです(笑) もう九月も終わるなぁと思う今日このごろ。 (わたし。)

2018-09-25

かるべさんが、私の作品を大賞候補に…??びっくりしました…。びっくりして、今日は寝られそうにないです、ていうか、明日も学校ですよ、寝ないと汗 とっても嬉しかったです、が、もっと頑張らないとな、という気持ちの方が強いです。本当にありがとうございます!!この評に恥じないよう、これからも頑張りますm(_ _)m 追記 本命の受験まで、あと少しなので、コメントなどの活動が疎かになるかもしれません。本当に申し訳ないです(*・ω・)*_ _) (【フル】かるべまさひろの選評<2018年8月分>)

2018-09-14

すいません、最近忙しいのでぼちぼち返信を返させていただきます。 帆場蔵人様 コメントありがとうございます( *´•ω•`*)/私は基本的にぐだぐだ~っと生活しているので、冗長になりがちだなぁ、と思う今日このごろです。誰かが私の作品をぐだぐだ~っと読んで、そしてやっぱりぐだぐだじゃん、生産性ないじゃん、と思いつつ一緒にぐだぐだしていたいです。楽しんでいただけて幸いです、かなり不安だったので…(;´▽`A“ (わたし。)

2018-09-14

かるべまさひろ様 はい、私、半分福岡県民、半分東京都民です。 (わたし。)

2018-09-08

かるべまさひろ様、ありがとうございました!!九月はこのあと、忙しくてなかなか顔を出せません…すみません。これからもたくさん作品を書き続けようと思うのでよろしくお願いしますm(_ _)m (わたし。)

2018-09-06

えと、すみません。 今月2作目の詩を投稿したいのですが、not found になって、投稿できません…(><) (ヘイセイ思春期スイッチ)

2018-09-05

朝顔ってなんだろう、と思いながら読んでました。何回読んでも分からないのですが、色んな意味が含まれているのかな、と。抽象的でしたが、ミステリアスで、好きな雰囲気です。楽しんで読ませていただきました!! (嵐の前の)

2018-09-05

ゼンメツ様 コメントありがとうございます! いや、大丈夫です、「へたうま」なるほど納得と思いました。励ましの言葉、ありがたいです。これからもめげずに書き続けたいです!私の悩みについても、コメントして下さり、嬉しいです、本当にありがとうございます。なつめ、サイキョーになります、頑張ります! 詩の紹介もしてくださり、感謝です( *´•ω•`*)/ (ヘイセイ思春期スイッチ)

2018-09-05

かるべまさひろ様 うわー、嬉しいお言葉感謝です。毎月読んでくださっているのですね、本当に嬉しいです。推敲は初の試みだったので、色々不安な面もありましたが、少しづつ挑戦していって、自分なりに書き方を確立していきたいな、と思います。ありがとうございました( *´•ω•`*)/ (ヘイセイ思春期スイッチ)

2018-09-05

三浦END果実様 うわぁ、痛いところをつかれちゃいました。同時に、なるほどな、と思いました。私が感じてた違和感の正体が分かったような気がします。実は、これ、推敲に推敲を重ねて、コレジャナイ感半端なくなってしまった作品なのです。九月の投稿に向けて、たくさんの作品を書いたのですが、どれもしっくりこず、変に力んでしまったようです。なんか違うなぁ、もっとこう…うーん、なんだろう、とあれこれ投稿した後も悩んでおりまして、「ぐだぐだがテクニックになっている」とのご指摘に、なるほど、と納得いたしました。推敲は私にとって初の試みであり、また、力んで(気合を入れて?)書いたのもこれが初めてです。まぁ、よくも悪くも(9割は悪いけど)これからのステップになってくれたはず…です、多分。うーん、これから迷走してしまうかも、ですが、生温かく見守ってくだされば幸いです。本当にありがとうございました( *´•ω•`*)/ (ヘイセイ思春期スイッチ)

2018-09-04

グーグルグル夫 様 コメントありがとうございます! 丁寧に読み解いてくださり感無量です。リッポンさんというのは、私の中の未確認生命体だと思ってください(笑)ただ、そのアダム・リッポンさんのことも存じております。全くの別人です。わざわざ調べていただき嬉しいです。 上手だなんて、もったいないお言葉ありがとうございます。もっと精進するつもりです。この作品から思春期を感じていただけたら、そして、少しでも面白いと思っていただけたら、こんなに嬉しいことはないです。本来なら埋まるべきなんですけどね、もっと、深く、律儀に、いい子に。 本当にありがとうございました!! (ヘイセイ思春期スイッチ)

2018-09-04

stereotype2085様 そうですね、これは、ありがちすぎたかもしれません。投稿して後悔しました。欅坂、ですね、好きです。好きだけど、影響はボカロp様かな、と。中学の時に馬鹿みたいに聴きました。Neru様、という方なのですが、うーん、影響を受けすぎかも。水に薄めすぎて飲めなくなったお茶みたいに酷い。ダメですね、もっと頑張らないと。まぁ、個性といえば個性なのでしょう、悪くも悪くも。最近は最果タヒ様が怖いです。自分の言葉というのは、多分、確実に私から生まれたものなんだろうけど、誰かの手垢がついているようで、なんとなく、私はヒールみたいな、そんで世界が私を弾圧するような、そんな気分で言葉を暴力しているのです。 コメントありがとうございました!! (ヘイセイ思春期スイッチ)

2018-09-03

渡辺様 「イマドキ」って凄く都合のいい言葉だなって思います。私は、そう、誰かのn番煎じだから、イマドキに括られるのでしょう。ヘイセイを越えたら私たちは、化石になるのです。 勢い、ですね、すみません。夏バテです(言い訳)。 (ヘイセイ思春期スイッチ)

2018-09-03

貴音様へのコメントに挑戦です。 やっぱり、素晴らしいですね、読む度に呆然とさせられる。これぞ貴音様だな、と。私の処女膜を破るような勢いで言葉がうねる、うねる、うねる。エネルギーというか、これはもう嵐・竜巻・ハリケーンですよ、超次元すらひれ伏します。初めての経験で痛いです、これからも楽しみにしています。 (カオティクルConverge!!貴音さんのLIVE!!!)

2018-09-02

実は、別サイトに上がっていたものを、過去作から全て拝見させていただいたのですが、この一貫したサイコパス(と表現すると少し軽々しいか)的欲求が渡辺様の詩作活動の基盤なのでしょう。描写も今回はやけにリアルな部類では。脳内にまるで映像のように浮かんでくるそれは、もしかしたら現実かもしれないし、前世の出来事かもしれませんね。私には少し分からないのですが(分からない人がコメントした所で、引っ込めと言われるだろうと思いますが)、二次創作的な死ネタとか、好きなキャラを殺したくなる思想、というか、そういうものに似ている気がします。すいません、力量不足ですが。 (殺させてくれたのに)

2018-09-02

なんだか、じん、としますね。匂いで、生きていると気づくことってなかなかないので、とても新鮮です。死について、生について、蝉の抜け殻を通して気づいたり、知ったり。すごくシンプルだし、身近なんだけど、なんだかじん、とする。日常の自分にすっ、と当てはまるような自然な詩、だと思いました。 (蝉の死骸)

2018-09-02

作品内に題名が入りましたが、ミスです、すみません。修正は大丈夫です。次から気をつけます。 八月いっぱい悩んだ割には、拙い作品で申し訳ないです( ̄▽ ̄;) (ヘイセイ思春期スイッチ)

2018-09-02

なかたつ様 うわー、驚きました。まさか、なかたつ様が私の作品を推薦してくださるとは…。感無量です。丁寧に読んでくださってありがとうございます。 そうですね、過去の自分と今の自分、どっちも私なんですよね。実は今もミドルネーム欲しいのです。恥ずかしながら…。本当にありがとうございました( *´•ω•`*)/ (選評:8月投稿作品)

2018-09-01

優良に選んでいただき光栄です!勢いだけの作品だなぁ、と思っておりましたので、勿体ないお言葉に驚いております。かきなぐり、上等、本当にそんな気持ちで一気に書き上げた作品でしたので、エネルギーを感じていただけたのはとっても嬉しいです!まだまだ拙いですが、一生懸命頑張っていこうと思います。本当にありがとうございました( *´•ω•`*)/ (貴音さんの選評、8月篇)

2018-09-01

やばい、最高です。こういうの本当に好きなんです。もっと読みたいし、もっと増えてほしい。動物図鑑っていうタイトルも良いです。全てが私のツボ、ありがとうございます! (どうぶつ図鑑)

2018-09-01

もう少し読んでみたいな、もう終わっちゃうのか、とも思いましたが、逆にこれぐらいの長さの方がモヤモヤして気になっちゃうし、その後の展開に広がりが見えていいなぁ、と思いました。ユーモラスに富んでるけど、飛躍しすぎてもいない、いい塩梅ですね。尊敬します。これからも作品、楽しみにしています(*´ω`*)♪ (よけいなことに)

2018-08-27

花緒様の作品、やっぱり面白いです。どれくらい時間かけていつも書かれてるのですか?クオリティが高いですし、長いけど全部読めますし、面白いし。詩は、評価されるものじゃない、なんて、才能のないやつが言うのは至極当然ですよね、やっぱり。私がそうですし。詩人は生まれた時から詩人らしいですよ…。残念ながら私はそうじゃないようです。花緒様は、すごいな、って思います。漠然ですけどね、尊敬してます。 (ネット詩人の墓)

2018-08-26

初めまして!なつめです!楽しく読ませていただきました( *´•ω•`*)/気持ちがストレートに伝わってきて、なんだか、温かいような、なんだか、頑張ろうと思えるような、元気をもらえました。最近、私もポエムと詩の違いを分かってきたところです!(多分)私もポエムがちになってしまうので、頑張ってます笑笑次の作品も楽しみです。 (行きたくて、行けなくて)

2018-08-26

最後まで面白かったです。三郎さん、殴り続けるか、喋るかどっちかにしてよ、そりゃあ書けるもんも書けないし、書けないもんも書けないよ、と思ったのですが、最後三郎さんが消えるところで、依夫さん自身だったのかもしれないな、とか想像してみたり…。シナリオとか、詩とか、書く行為というのは自分を追い詰めて、書き続けて、やっと熟していくか、時間をかけても成熟しないかの二択だと思ってます。だから、結構共感しました。もしかしたらどら猫セラピーみたいに嘘八百っていうオチもあるかもしれませんが、それも面白いかな、って思います。コント、とありますが、実際に見たら結構ショッキングですね。 (コント:シナリオ文学教室)

2018-08-25

無花果って、官能ですよね…9月に投稿する詩のために少しづつ書いていたのですが、無花果っていいなぁ、と思って私も取り入れる予定でした。あと、変態、という単語も。 どことなく社会にうんざりしてて、退廃的な感じがします。いいですね、好きです。 咲かない花の罪名を連呼し降り止まぬ土砂降りのパチンコ屋の大音響 ここは、敢えてパチンコ屋までで止めてもいいのかな、って思いました。大音響、とわざわざ記述しなくても、パチンコ屋=五月蝿いに結び付けられるかなー、と。すみません、個人的に、なのであまり参考にならないかもですが…。楽しんで読ませていただきました。ありがとうございました( *´•ω•`*)/ (希望永遠)

2018-08-25

花緒様 うわー、花緒様コメントめっちゃ嬉しいです(/ω\)適格なアドバイスありがとうございます。そうですね…まりも様も仰っていたように本当に即興なので推敲していません…分かる人には分かるんですね、やっぱり尊敬します。 私、推敲を殆どしたことがなく、いつも行き当たりばったりなのですが、花緒様は普段どのように推敲されてますか?そして、推敲の終わり(あるのか…?)は自分の満足するまで…とかですかね、花緒様の中でのキリの良いところを教えていただきたいです。よろしくお願いしますm(*_ _)m (まとめのにがてなこどもみたいな、こどもっぽい、こと。)

2018-08-25

まりも様 コメント、ありがとうございます。まりも様は私の作品あまり好きじゃないだろうなぁ、と勝手に(すみません汗)思っていたので、楽しんでいただけて嬉しいです!まりも様の作品にコメントをしたいのですが、いつもやめてしまいます…なぜなら詩のクオリティが高い、コメントの質も高い、憧れとしないでいられようか…(反語ここでのコメントになりますが、うりずん、とっても好きでした。言葉では表せません、もどかしいですね。これからもよろしくお願いしますm(*_ _)m (まとめのにがてなこどもみたいな、こどもっぽい、こと。)

2018-08-25

夜の水面に浮き沈む猿 憂鬱ちぎって空に投げ など、素敵なフレーズが印象的でした。 神様は空から唾を吐きかけ あの子は笑って傘をさす ここの対比、といいますか、神様は地上に唾を吐きかけているのに、「あの子」は笑っている、という皮肉めいたような表現がとっても私好みでした。全体的に「青」をイメージさせる作品で、憂鬱ばかりかと思えば、そうじゃなく、前向きでいいですね、私もこんな詩がかけるようになりたいです…。個人の感想しかかけませんが、すっごくいい作品だと思います。心にすっと入ってくる詩は読んでて心地いいです、ありがとうございましたm(*_ _)m (あの子のアンブレラ)

2018-08-25

青春の一ページが見えました。高校野球を先日見ていたのですが、勝利の笑顔の裏に敗北の涙があって、対戦した者同士の確かな友情があって。いいですよね。1回だけの勝ち試合。でもそこにドラマがつまってる。初投稿ということで、私も7月からの新参者なので嬉しいです。これからよろしくお願いしますm(*_ _)m (俺の高校野球)

2018-08-18

リズムがとてもいい。ぽんぽん読めるの、すっごく好きです。個人的に「…、さ」とか「おいら」とか、いいですよね、なんとなくですけど痺れる感じがするんですよね、ちょうどハリウッド映画を日本語翻訳で見てるような。蟻とか、赤血球とか、赤い点々とか、蔓延るキリギリスとかも好きでした。うじゃうじゃが見えます。これからも楽しみにしています。 (幸せな時間候補探していくよ)

2018-08-16

あ、すごい。すごい、普通の事を詩にできる人、本当に尊敬します。なかなか書きたくても、言葉って全く浮かんでこないものなのに、この作品は素直で、でもそれがいい。とても好きです。これからも楽しみにしてます。 (絶景)

2018-08-15

ゼンメツ様 ああー、もう本当にどうしましょう、ゼンメツ様は私をどうしたいのでしょう、と思うぐらいの賞賛の嵐にあっぷあっぷしております。「愛されたい症候群」は結構思い入れがあって、本当に嬉しいです。技量も語彙力もない、ならばどうする、楽しんだほうがいいに決まってるだろ!みたいなノリで授業中に、はい、まぁ一番前で、ガリガリ書いてました笑笑タイトル付けは割と真剣に考えているので(もしかしたら本文よりも)、お褒めの言葉、本当に嬉しいです。タイトルは作品の顔みたいなものですし…。そもそも、全体的に褒めすぎですよ…。キャパオーバーですよ…。私だって、照れるんですからね…。ゼンメツ様は憧れの人なので、私が私の中でゼンメツ様を超えることなど、絶対にないです!!いえ、勿論ゼンメツ様に限ってではなく、ビーレビューに参加してる皆様、全員憧れなので!私は、まだまだです。もっと頑張るので生暖かーく見守っていただければ幸いです。本当にありがとうございました!m(*_ _)m (【選評】ゼンメツ選、2018年7月分)

2018-08-14

やー、面白いですね、前作もすごいな、と思いましたが、これもすごいですね。なぜかって、この作品はstereotype2085様が作ったからこそ作品として成り立ったのであって、私じゃあ、とてもとても…。賛否両論ありますが私は好きです。だって私はできないから。後半部分はもっとすごい。私はそう、難しいことは分からないので、圧倒されるというかなんというか。畏怖、と言った方がいいのかな、そこに憧憬と尊敬が混ざったような。私の言葉を使ってくれるのも、嬉しいです。単純なんです、私。お菓子でよくつられます。もう1度、みたいと思うのは少し欲張りでしょうか? (サンプリング(REFRAIN))

2018-08-14

女の子は胸じゃないんですよ、おっきくなくたっていいじゃないですかー、走る時重いらしいですよ、邪魔みたいですよ、私は分かりませんけど、ぷりぷり。とここまでは冗談で、ゼンメツ様の3作目、楽しみにしておりました!無題もきみのしおりも良かったですが、これも面白い。ナナコでセブンイレブン思い出して、いや、なんかもう笑笑センスいいなって思うのです。しかも、妄想のクオリティが、高い。私も背が高くて、肩幅広くて、強面で堅物な理想の男性と畑仕事する妄想を楽しみたいと思いました。だって、サイコーキオンですしね、私の部屋もクーラーきいてるけど。 (もうなにもかも知らないし何も知らなかった)

2018-08-14

三浦様、私はまだ詩というものが分かりませんし、どの人に資質や才能があるとか、ないとか、分かりません。でも、このように、三浦様の作品に素敵な方々がコメントしているのを見て、読んで、三浦様の作品にはコメントしたくなる魅力があるということ、そして、作品から溢れ出すエネルギーがあるということ、共感できる、共感したいと思えること、もっと隣で感じていたいとおもうこと、私は、三浦様が紛れもなく詩人である、と思います。詩が好きな人が私も好きです。まるで、家族のようですね、勝手に親近感を持ってしまって、他人から見れば迷惑極まりないですが。私は、自分を詩人だとは思ってないのです、ビーレビには素敵な方がたくさんいて、まだ自分がそこまで到達していないと自覚してますし、勝手に兄や姉のように思っているのです。お兄ちゃん、欲しかったんです、許してくださいね。くたばれビーレビュー、きっと愛ゆえでしょう、否定されるかもしれないけど。みんな三浦様が好きなのだろうと思います、私は新参者ですので羨ましいです。三浦様の作品には力強さの中に愛がある、人よりも誰よりも詩が好きだと。その想いはきっと、1番。素敵だな、と思いました。 (くたばれビーレビュー)

2018-08-14

会話の途中から始めるところにセンスを感じました。私の勝手な妄想ですけど、これ、ループするんですかね、最後から最初に戻って永遠に君のいない八月の話をする、なんていうのも素敵ですね。 八月のアリスはどこ?←これ好きです。現実なのかそれとも物語の世界なのか曖昧にする力のある1文だなぁ、と。どーでもいいですが、私アリス好きなんですよね、よく似てると言われますが、馬鹿にされてるんでしょうか。どうやら、不思議の国に迷い込んだようです。白うさぎさんを追いかけないと。 (どうするの?)

2018-08-13

死骸を埋めて墓標を作る、という行為自体、「禁じられた遊び」みたいで少しゾッとしました、死骸を埋めていい事した気分?満足した気分に浸る感情みたいなものに恐怖を感じるのです。しかし、この詩はあまりそんなものを感じませんね、たまたまあたり棒を持っていて、たまたま蝉が死んでいたので、お墓を作ったら蝉に戒名がついたようだった、という。そこに蝉も、主人公の気持ちも介しないのだろうと。多分存在するのは夏の茹だるような暑さだけ。あと、アイスの甘い後味。 とりあえず、好きです。短く簡潔な点も好きです(o^-^o)読解間違っていたらすみません、とりあえず解釈の1例、ということで… (戒名)

2018-08-13

返詩に挑戦 交錯する世界のど真ん中に、少年少女が佇んでいる。きっと数百年前からずっとここにいるんだね、なんて笑っている。言葉が自ずと降ってくるような、愛しい時間さえ惜しいくらいには、もうだいぶ毒されていることに、彼女らは気づかない。 夕陽が夕陽がとても綺麗だよ、と、貴方が言葉を綴ったからでしょうか、ふと、勉強する手を止めてしまうのは、そうしてふと、眼前に橙色をみた気がするのは気のせいでしょうか、透明な貴方とすれ違ったからでしょうか。きっと、サンドイッチと間違えておにぎりを買ってしまったせいですね、ふつふつと湧き上がるのは詩作願望でした。 例えば、鳩帰る黄昏時、あるいは照れ隠しに仰いだ星空、お気に入りの音楽さえも、貴方の世界に置いてしまいたいのです。少年少女は相変わらず曖昧なまんまで、どうやら私達も境目などなくて、手を伸ばせば人肌を感じてしまっている。 驚いた貴方の顔を、透明なまんまで想像して、してやった、と笑いたい、すれ違ったままで、しかしいつだって背中合わせで、気づかないでもいたい。だって、私欲張りですから、ポエマー気取っていたいのですよ、世界どうしの衝突に四肢をばらばらにされたとて。 それでも、ほら、夕陽が夕陽がとても綺麗だよと貴方が言葉を綴ったからでしょうか、無理やり世界に連れ出され、貴方の橙に毒されたのは、焦がされたのは、私でした、ならばもう、許してなんてあげない ーー なんか、すみません、コメントに返信したくなりまして。何を言いたいかというと、私は貴方に貴方の世界はこんなにも美しいと、自慢したい、ということです。詩を通せば誰とでも、ヤエ様が表現していた繊細な関係になれるのでは、と思い試みましたが失敗しました…。あと、一つ不安なのですが、今月私はすでに2つ作品を出しているのです、返詩はノーカンですかね…そうでありますように汗 (橙色)

2018-08-13

三浦様 この度は本当にありがとうございますm(*_ _)m貴音様のコメント欄の方で言いたい事全て打ってしまったので、どうしましょう…とりあえず、「世界」がはっきりと見えるうちにたくさん詩を書きたいです。この「世界」、内面的な、私だけしか知らない場所からいつかは飛び出さねばならないでしょう。めげずに書き続けることですね!!本当にありがとうございます! あと、ゼンメツ様、私もファンです。文力なくてコメントできないだけなのです。二作品ともこっそり楽しく読ませていただきました。別サイトの方でも、名前を見かけて、コメント欄で白熱しているのをかっこいいなぁ、と思ってました。圧倒的語彙力と技量、これからも楽しみにしています(o^-^o) (三浦果実7月作品フル選評―かっこいいことはなんてかっこ悪いんだろう―)

2018-08-13

これは…私がまだ出会ったことのない詩です。なんでしょうね、文章の纏まりを壊れかかったラジオ音声のようにばらばらにしてるような、不思議な感覚。それこそ、未知なる「うほうほ」なる生命体から乗っ取られたような。意識が「うほうほ」に持ってかれてもうどうでもよくなるような。肯定も否定もできないほどの「うほうほ」の波。ばらばらの「うほうほ」。連続する「うほうほ」。やけに頭に残ります、私も乗っ取られたようです。夢に出てきますね、多分。こういう詩を読んだことなくて、とても新鮮で、勉強になりました。面白かったです。 (うほうほ)

2018-08-12

私の名前をあげてくださり、光栄です。開いた口が塞がらないというかなんというか、記念すべき一作品目にしてはあまりにも勿体なさすぎる評価だと思います。うわー、これからもっと精進しなければと思ったり。私は10代ですよ、あってます^^*スムーズにいけば、来年から大学生なんです。勿論バイトだってするし、これから厳しくなる人間関係にも耐えなくちゃならない。子どもから大人になる瞬間が怖くて仕方ない、と同時に少し期待をしています。サンタさんを信じてる間は子どもでいますよ、きっと。あと、実はまだポエムと詩の違いがイマイチ理解できてないのです、すみません…(コンクリートポエム、というのを昨日知りました…)もしかしたらもう2度と同じような作品は書けないかもしれない、朝起きたら急に大人になってたとしたら、なんて、そんな恐怖に苛まれて生きるよりは、新しい自分として生きていきたいです。まだ、境目のキワドイ部分でゆらゆらしたい気分なのです。色褪せない保証はできませんが、日々違う色で生きていけたらいいな、と。すみません、意味不明ですね(笑)詩について無知であるからこそ、この作品が生まれたならば、詩について手探りのままがいいのかな、いやそれは知的な怠惰であろうし、モラルに反するなー、と。だって、私もハードコアな詩を書きたい、ここで作品を投稿している方々はもう詩人であるし、尊敬すべきだし、尊敬したいし、もだもだもだ。だから思春期って面倒臭い。長くなりましたが、本当にありがとうございます。これ以上のない幸福です。私の詩を読んで、詩を好きになってくれる人がいるかもしれない、という可能性を見出していただいたこと、感謝してもしきれませんm(*_ _)m (貴音さんの選評【7月】)

2018-08-12

題名の通り、眼前に橙色が広がるような作品です。突きつける、と表現した方が正しいでしょうか、何処までも美しく、繊細な風景ですね、きっとヤエさんの心にこの夕陽はあるのだろう、と思います。詩を通して、世界が交差する瞬間がとても好きです。私もふと気づいたら橙色に足を止めて、この詩を思い出すのだろうな、と思ったら、この詩を知らない人たちに、なんだか自慢したくなりました。 (橙色)

2018-08-12

カオティクルConverge!!貴音さん様 返信遅れて申し訳ありません!この作品にコメントしてくださる方はもういないだろうと思っていました…なぜなら、本当にこの作品は初めて「ネット詩人」 (あってますか?)として投稿した作品で、当たって砕けろ的なのりで、しかし、いざ言葉を綴ってみれば、だんだん胸がモヤモヤ気持ち悪い、八方塞がりの状況になり、作品を作り上げることの難しさに直面したものでもあります。記念すべき「中継の詩」と表現して下さり、本当に嬉しい限りです。もしかしたら背伸びしたいあまり変な方向に突っ走ってしまうかもしれません、しかし、まだ子どもでいたいなって思います。これからも頑張ります。本当にありがとうございます! (50カラットの愛について)

2018-08-12

杜 琴乃様 コメントありがとうございますm(*_ _)m確かにひらがなって舌っ足らずな感じで幼さも感じるし、媚びているようで色っぽいですね。最後の文、ほんの少しだけ狙ってたんです、暴露すると恥ずかしいですね汗本当にありがとうございます! (愛されたい症候群)

2018-08-12

stereotype2085様 再びコメントありがとうございますm(*_ _)mそうですね…書き続けることしか今はできないので、頑張ります。本当にありがとうございます! (かきなぐり、上等。)

2018-08-12

カオティクルConverge!!貴音さん 様 イメージを的確に捉えてくださり、ありがとうございます。暴力的だな、と思っていたのですが、疾走感と表現して下さりうれしい限りです。本当にありがとうございますm(*_ _)m (かきなぐり、上等。)

2018-08-12

stereotype2085様 本当にぐだぐだと、思春期のありがちな文章を、受験勉強にもだもだしながら綴っていました。飽きない、この言葉、本当に最高の褒め言葉です…感謝です。大人になりたくない、しかし、子どもでもいたくない、このジレンマこそマジックでしょうか…わかりませんが、とりあえず詩を書き続けたいです。この先にいる私を、私も知りたいです。ありがとうございました。 (まとめのにがてなこどもみたいな、こどもっぽい、こと。)

2018-08-12

ゼンメツ様 本当に本当に、いつもありがとうございます!読んでくださるだけで感謝で胸が苦しいのに、勿体ないお言葉のオンパレードで、一時脳内西野カナになっていました。センスがあるなんて今まで周りの方から、そのような評価を受けたことがないので、自分自身どう処理すればいいものか図りかねておりますが、そのお言葉に恥じることがないよう、精進していきたいと思います。まだまだ未熟者で、文豪の作品しか読んだことありませんが、頑張ります。最果さんは10代から詩作していたようですね!!憧れます。もっと勉強しなくては。 (まとめのにがてなこどもみたいな、こどもっぽい、こと。)

2018-08-12

三浦様 コメントありがとうございます!今日はお許しが出たので、顔を出すことができて嬉しいです。私は詩を読んでもらおうと思って、言葉を綴っていません。三浦様の仰る通り、ぐだぐだと綴っているだけです。この作品は特に、詩、というのかわからない、読む人によれば存在承認欲求の塊のようなもの。詩を書こうと思いたって早4ヶ月、そろそろ成長せねばと思っております。 (まとめのにがてなこどもみたいな、こどもっぽい、こと。)

2018-08-12

こんな夢をみたで始まる夢十夜のような、しかも読んでて飽きない言葉選びが流石です。どうでもいいですがフロイトは先日、授業で習いました。時折顔を覗かせる作者様の死生観、といいますか、死んだ人間は星になる、だのありがちな表現でなく、死がない世界=美しくない世界=檻という表現、凄く好きです。文力なくてすみませんm(*_ _)m (八月の檻)

2018-08-12

歌詞…ですか!!読んでて面白かったです!音楽の才能がないので曲つけることはできませんが…なんだかゆずとか、王道系なのかなーとか思ってみたり。昔、といっても三年前ですが、歌詞よく書いていたのを思い出しました。 ((BLACK AND WHITE) (大切な一つの命))

2018-08-12

二日連続で投稿してごめんなさいm(*_ _)m明日からケータイ禁止令が出ておりまして…皆さんの作品にコメントすることが、8月は少し(いやかなり)厳しめです…。8月分を出そうと思ったのですが、間に合わせ感が半端ない…本当にすみません、9月はもっと推敲した自信のある詩が投稿できたらいいな、と。家族に怒られない程度に顔出せたらいいなと思ってます、いや、とりあえず勉強頑張ります。 (まとめのにがてなこどもみたいな、こどもっぽい、こと。)

2018-08-02

こんにちは、なつめです。演じすぎて曖昧になった自分自身、仮面を被っているのかいないのか、それとも自分は別の何かなのか、確かめたいのに「自分」は鏡の中、反対側を向いている、見えるのはキメラよりおぞましい背中だけ…という風に私は解釈しました。悪魔、でも、化け物、でもなく、キメラ、というところに惹かれました。前作にコメントしようかどうしようか迷って、私の文力の乏しさを思いしり、断念しました、が、前作もそうですが、人間の繊細な一番人間らしいところを切り取るのが素晴らしく長けているな、と……。それ故リアリティがあって、読む度に深い部分に刺さるような、衝撃を感じます。黒い服ではなく、白い服、また白い袖という描写、流石だな、と思いました。純粋でありたいという心の現れなのかなーと、憶測でしかありませんが、私はそう思いました。個人的な感想で申し訳ありません。読めば読むほど深いなぁ、と思います。 (キメラの後ろ姿)

2018-08-02

ゼンメツ様 コメントありがとうございますm(*_ _)m勿体ないお言葉です。前作にもコメントをしていただいて…感謝です…。自分の殻を壊そうとしたら割と暴力的な言葉が並んでしまって、少し躊躇した部分もありますが…良い意味で理性に制御されている、との評価、有難い限りです。アドバイス、ありがとうございます!なるほど、バランス、ですね。確に客観的にみると、カタカナが多くて強烈ですね…以後気をつけます! いい作品と評価していただけるとは思ってもいませんでした、本当に嬉しかったです(><) (かきなぐり、上等。)

2018-08-02

弟がおんなじ悩みを抱えていたのを思い出して、なんだか微笑ましくなりました^^*前半と後半で、大きくなりすぎた足をマイナスのイメージからプラスのイメージに捉えた所、前向きで素敵だな、と思います。悪いところより良いところを見つけた方が幸せですよ、と知人に言われたばかりだったので、 (足がでっかくなった)

2018-08-02

かるべまさひろ様 KURA_HITO様 コメントありがとうございますm(*_ _)m私はよく周りの友達に優しいと言われるのですが、時に、優しすぎて逆にもっと言ってもいいんだよ、と言われます。あまりそういう意識はないのですが、多分この作品も優しいだけの詩になっているのかな、と意見をいただいて、改めて客観的に読んでみると、そう思いました。自分の世界に閉じこもっているのかもしれません…もっと頑張らないと…。コメント、本当に嬉しかったです!皆様のように素敵な詩がかけるよう、がんばります! (50カラットの愛について)

2018-07-26

最後の「「夢を視ているよ」」が最高にゾッとしました。「齧る」という言葉の連続に、切羽詰まった恐怖心をより煽られました。赤、白、などの、鮮明な色遣いや言葉をぷつぷつと不自然にきっているのも、作品の世界観をより強調していると思います。 (エクスタシー)

2018-07-26

やっぱり素敵です。音が、風景が、感情が、直接流れ込んできます。まるで自分がその場にいるような…人間の、あるいは地球上の全ての生き物たちの生命力が詩全体から溢れ出してくるようです。KURA_HITOさんの作品は全てが鮮明で生き生きしています、言葉が生きている、なにより一番素敵だなと思うのは心が作品に馴染む、ということだと思います。本来ならば人人の世界観は反発し合うものです、しかし、KURA_HITOさんの作品はすっと心に入ります、奥の奥まで入って私に新しい発見をもたらしてくれます、なにを言いたいかというと、とりあえず好きです。最後の言葉がより心に残りました。言葉選びに素晴らしくセンスがあって、凄いです…尊敬します…… (天体観測)

2018-07-25

言葉の訛りが可愛い…可愛すぎる。訛りでいいんですよね()。カサブランカは純潔の象徴で(間違っていたらごめんなさい)、結婚式や出産祝いに贈る花ですが、「君」はもしかして独り身?それともただの嫌味でしょうか…すみません、深く読みこむだけの技量がないです(汗 ごわばるるん←この表現、好きです。不思議な魅力があって、すみません、内容読み込めてないのにコメントせざるをえなかった…、とりあえず好きな詩の雰囲気です。 (すいと)

2018-07-23

時間の経過を煙草で表現した所に魅力を感じました。主人公はずっと煙草を見てたんでしょうか?なにを思うわけでもなく、煙草が減っていくのが早いなぁと思っているだけ、という…煙草は吸わないのですが(そもそも未成年ですし)、なんか大人な、なんと言いますか、徒然な感じ?掴み所のない感じ?がクセになりそうです。 (心ここにあらずな詩)

2018-07-21

難しいことはあまりよく分かりませんが、ankoさんなりの愛の定義、愛についての見解が伝わってきました。ankoさんなりの世界観、私は好きです。愛について、私もよく考えるのですが結構難しいです…。人が愛について一貫したイメージを持ってない、というか、全員が全員納得できる愛の真理?というものがないような気がして…。ですが、答えがないからこそ、この詩はとても魅力的に感じます。 (愛)

2018-07-21

5or6様 コメントありがとうございます! 面白いといってくださって嬉しいです。あいうえお順、12文字というルールで書くのは自分でもとても楽しかったです(´▽`*)5or6様が面白いと言ってくださった行は本来ならば「を(または、お)」から始まる行となります。敢えて隠して良かったなと思いました! (愛されたい症候群)

2018-07-20

何か不思議な魅力のある作品だ、と思いました。登場人物が二人いて、一体なにをしてる人なのか、どんな人なのか、文章からは汲み取れませんが、分からないゆえに、ミステリアスで神秘的な印象を与えます。「じりんじりん」という音が効果的に使われていて、その音が夏の暑さを伴って脳裏にこびりついたように離れなくなりました。とても好きです。 解釈間違っていたらごめんなさい… 拙い文章で失礼しましたm(*_ _)m (夏の木陰)

2018-07-20

四畳半学生様 コメントありがとうございます! 勿体ないお言葉です…。皆さんの素晴らしい作品の中で私の作品だけまだまだ半人前なのでもっと頑張らないと、と思っています。四畳半学生様の作品、とても好きで、そんな素晴らしい方からコメントをいただけるなんて思ってもいませんでした。感謝です。これからも頑張ります。 (愛されたい症候群)

2018-07-20

ゼンメツ様 勿体ないお言葉ありがとうございます。まだまだ技量が足りず、お恥ずかしい限りです。適格なアドバイス、嬉しいです!励みになります。もっともっと詩を書きたいし、もっともっと良い詩が書けるようになりたいです。まだ青臭くて読むに耐えない詩だと思いますが、生暖かく見守って頂けると嬉しいです。 本当にコメントありがとうございます! (愛されたい症候群)

2018-07-19

自然の神秘は言葉で綴ることができないものと思っていました。私のなかの常識がいい意味で覆され、文字の力の底の無さに気付かされました。感動して、涙が出そうでした(ほんとは少し泣きました)。簡潔な文章の中に目一杯の「生」を感じました。素晴らしいの一言。素敵な作品と出会うことができ、心から嬉しく思います。 (見えない向こう)

2018-07-19

とても楽しく読ませていただきました。何故イカなのか謎ですが、そこが好きです。コミカルでシュールなのに、場面場面にドラマがあって引き込まれました。もっと読みたいです。 (イカす詩編①)

2018-07-19

心が温かくなりました。情景描写もとても綺麗で風景が鮮明に浮かんできました。きっと、心が綺麗な人にしか綴れない言葉達だと思います。すみません…個人の感想しかかけませんが。しかし、KURA_HITOさんの世界観、そして人間性が滲み出ている素敵な詩だと思いました。私はその全てが好きです。 これから批評ができるよう頑張っていくのでよろしくお願いしますm(*_ _)m (花の墓)

2018-07-18

愛されたいと思うのに、本当に傍にいてくれる人に気付かず、背中合わせに進んでしまう。気付かないまま遠くなる。気付いて振り返った時にはすでに影も見えなくなっている。 青春、という感じが伝わってきます。私も今、思春期と呼ばれる真っ只中にいますが(しかも嫌でも勉強しなければならない学年になりました)、承認欲求だけが強くて他人にあたりがちになります。愛は欲しいが、欲しいだけ、気に入らないなら突っぱねるの繰り返し。 素敵な詩、だと思います。私は詩についてまだよく分かりません。でも詩を書くのは、泡のように浮かぶ言葉達を掬いあげる無造作な行為は、とても好きです。 私も皆さんのように素敵な詩がかけるのかは分かりません。詩人になろうとしても、なれない人はなれないのです。詩人は生まれながらにして詩人である、と友人は繰り返しそう言います。 ただ、新藤さんの詩を読んで、私の胸に少なからず残るものがありました。それは光のようなもので、はたまた影のようなものかもしれません。 詩はそれでいいのでは、と思います。あくまで自論です。自己完結した作品は(私にブーメランして心苦しいですが)絶対に人の心を打ちません。作品に出会った時と場所にも関係します。例えば、朝読んで良くない、好きじゃないと思った作品が、夜読んだら傑作に思えたり。詩というのはいつでも存在するのです。詩人になれなくとも、言葉はいつだって傍にあります。 新藤さんの詩、とても共感致しました。拙い文章で申しわけございません。不快になられたら本当にごめんなさいm(*_ _)m 長文失礼しました! (誰も知らない)

2018-07-17

初めまして、なつめ、と申します。 詩を書くのも、誰かの詩を批評するのも、初めてです。拙い文章ですが拙いなりに一生懸命書こうと思います。 蔀県さんの世界観、もしくは人生観と言いますか、そんな繊細な部分が伝わってきました。 医者は本…ということで大丈夫でしょうか。素晴らしい作品は、時には心を抉り、かと思えば傷を癒し、心の奥の奥まで侵入してくる。まるで、自分が実験体になったような感覚に陥る。 素敵ですね。思わず、ため息が出ました。 解釈が違ってたらごめんなさい… もっと修行しますm(*_ _)m (解剖)

2018-07-16