橙色 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

ねね

私は、こんな詩に出会いたい。

読者が 作品世界に囚われて、しばし 動けなくなるような 動けない時間を持つことで、自由を得るような そんな詩に わたしは 出会いたい。

真清水るる

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

neue Ära records

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

neue Ära records

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

neue Ära records

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

neue Ära records

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

neue Ära records

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

neue Ära records

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

別れ

靴の哀しみ

歩くための存在でありながら、誰かが履いてくれないと歩き出せない存在が、絶望して待機してる

蛾兆ボルカ

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

橙色    

僕たちはとても とても繊細だった 焼きそばには 青のりがかけられない それなのに 夕陽に見とれるなんて 格好つけてるようで できやしなかったね 君と僕が 終わりになって 僕は山手線みたいだよ 忙しくしてるのに どこにもいけない ぐるぐるしている間にも 随分と町は変わったね ああ 夕陽が夕陽が とても綺麗だよ それだけを思って 今はまっすぐ立ち止まる 本当に夕陽が似合う 綺麗な日々は 写真にすらないのに もう格好をつける 必要がないからなのかな ああ 思い起こすたび もう僕たちは薄く伸びて 別のものになっていく そうやって 夕陽に溶けて 僕はまた いつの日にかも 橙色に足を止めるんだろう


作成日時 2018-08-12
コメント日時 2018-08-14

橙色 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 10
P V 数 : 368.8
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2021/04/22現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:368.8
2021/04/22 02時01分23秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

橙色 コメントセクション

コメント数(10)
ミナト螢
(2018-08-12)

流れるような文体に引き込まれました。叙情的な中にも、ハッとする表現や主張があり、読みやすくて好きな作品です。

0
なつめ
(2018-08-12)

題名の通り、眼前に橙色が広がるような作品です。突きつける、と表現した方が正しいでしょうか、何処までも美しく、繊細な風景ですね、きっとヤエさんの心にこの夕陽はあるのだろう、と思います。詩を通して、世界が交差する瞬間がとても好きです。私もふと気づいたら橙色に足を止めて、この詩を思い出すのだろうな、と思ったら、この詩を知らない人たちに、なんだか自慢したくなりました。

0
ヤエ
(2018-08-13)

ミナト蛍さん 私もこの詩は読みやすいと思います。簡単な言葉で単純なテーマで。夕焼けでセンチメンタルなんてありふれたものを、まっすぐに詩にしてみたかったのです。その単純さを含め誉めてくださりありがとうございます。

0
ヤエ
(2018-08-13)

螢さんでしたね、失礼しました。 なつめさん この評こそ、情緒的な詩のようだと思いました。イメージと現実の交差を自慢し共有したくなる相手はどんな人でしょうね。 こんな夕陽が私の中にあるかというとそうでもなく、どちらかというとそんな繊細な関係に憧れていた立場です。けれど、似たような想いは私にもある気がします。評をくださりありがとうございます。

0
stereotype2085
(2018-08-13)

橙色の夕陽。その橙色に僕はまた足を止める。じんわりと染み入ってきます。「僕たちは思い起こすたびに別のものになっていく」という悲哀も相まって。序盤、中盤は軽いタッチで書かれた君と僕のお話という印象ですが、最後の追い込みで全てを際立たせることが出来ていると思います。

0
なつめ
(2018-08-13)

返詩に挑戦 交錯する世界のど真ん中に、少年少女が佇んでいる。きっと数百年前からずっとここにいるんだね、なんて笑っている。言葉が自ずと降ってくるような、愛しい時間さえ惜しいくらいには、もうだいぶ毒されていることに、彼女らは気づかない。 夕陽が夕陽がとても綺麗だよ、と、貴方が言葉を綴ったからでしょうか、ふと、勉強する手を止めてしまうのは、そうしてふと、眼前に橙色をみた気がするのは気のせいでしょうか、透明な貴方とすれ違ったからでしょうか。きっと、サンドイッチと間違えておにぎりを買ってしまったせいですね、ふつふつと湧き上がるのは詩作願望でした。 例えば、鳩帰る黄昏時、あるいは照れ隠しに仰いだ星空、お気に入りの音楽さえも、貴方の世界に置いてしまいたいのです。少年少女は相変わらず曖昧なまんまで、どうやら私達も境目などなくて、手を伸ばせば人肌を感じてしまっている。 驚いた貴方の顔を、透明なまんまで想像して、してやった、と笑いたい、すれ違ったままで、しかしいつだって背中合わせで、気づかないでもいたい。だって、私欲張りですから、ポエマー気取っていたいのですよ、世界どうしの衝突に四肢をばらばらにされたとて。 それでも、ほら、夕陽が夕陽がとても綺麗だよと貴方が言葉を綴ったからでしょうか、無理やり世界に連れ出され、貴方の橙に毒されたのは、焦がされたのは、私でした、ならばもう、許してなんてあげない ーー なんか、すみません、コメントに返信したくなりまして。何を言いたいかというと、私は貴方に貴方の世界はこんなにも美しいと、自慢したい、ということです。詩を通せば誰とでも、ヤエ様が表現していた繊細な関係になれるのでは、と思い試みましたが失敗しました…。あと、一つ不安なのですが、今月私はすでに2つ作品を出しているのです、返詩はノーカンですかね…そうでありますように汗

0
ヤエ
(2018-08-14)

stereotype2085さん 終盤の悲哀はまさに、押し出したかった心情です。軽いタッチで見せることは悪い面だけではないなと安心しました。ありがとうございます。

0
ヤエ
(2018-08-14)

なつめさん わー、返詩だ! 私はなつめさんの評を見て、なつめさんの回りのリアルな誰かとあなたを想像したのですが、詩と読み手、詩と作り手の交錯のことをおっしゃってるんだ…と、感じました。違うかもだけど。自分の詩なのに、私の手を離れて遠くへ出かけてるように思えました。丁寧にレスポンス下さって、ありがとうございます。

0
まりも
(2018-08-14)

皆さんが書いていらっしゃるので、重ねて言うことはもう無いかな、と思いつつ、「ああ /思い起こすたび /もう僕たちは薄く伸びて」橙色の中に影が長く延びていくのを並んでみている/見ていた日々、への懐古が沁みてくるなぁと思いました。オレンジ色と橙色の質感の違いもありますね。

0
ヤエ
(2018-08-14)

薄く伸びていくものは、雲に写る夕日であり、影であり、記憶であり、そのときの心情であり、色々なことをイメージしていました。影を見る二人と、人物まで想像して頂き冥利につきます。橙色は感覚で選んだ言葉だったので、なるほどと感嘆しています。また次に生かしたいです。お読み頂き、ありがとうございます。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1