橙色 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

眠い人

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

橙色    

僕たちはとても とても繊細だった 焼きそばには 青のりがかけられない それなのに 夕陽に見とれるなんて 格好つけてるようで できやしなかったね 君と僕が 終わりになって 僕は山手線みたいだよ 忙しくしてるのに どこにもいけない ぐるぐるしている間にも 随分と町は変わったね ああ 夕陽が夕陽が とても綺麗だよ それだけを思って 今はまっすぐ立ち止まる 本当に夕陽が似合う 綺麗な日々は 写真にすらないのに もう格好をつける 必要がないからなのかな ああ 思い起こすたび もう僕たちは薄く伸びて 別のものになっていく そうやって 夕陽に溶けて 僕はまた いつの日にかも 橙色に足を止めるんだろう


作成日時 2018-08-12
コメント日時 2018-08-14

橙色 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 10
P V 数 : 223.8
お気に入り数: 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2020/06/03現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:223.8
2020/06/03 15時18分51秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

橙色 コメントセクション


コメント数(10)
ミナト螢 (2018-08-12):

流れるような文体に引き込まれました。叙情的な中にも、ハッとする表現や主張があり、読みやすくて好きな作品です。

0
なつめ (2018-08-12):

題名の通り、眼前に橙色が広がるような作品です。突きつける、と表現した方が正しいでしょうか、何処までも美しく、繊細な風景ですね、きっとヤエさんの心にこの夕陽はあるのだろう、と思います。詩を通して、世界が交差する瞬間がとても好きです。私もふと気づいたら橙色に足を止めて、この詩を思い出すのだろうな、と思ったら、この詩を知らない人たちに、なんだか自慢したくなりました。

0
ヤエ (2018-08-13):

ミナト蛍さん 私もこの詩は読みやすいと思います。簡単な言葉で単純なテーマで。夕焼けでセンチメンタルなんてありふれたものを、まっすぐに詩にしてみたかったのです。その単純さを含め誉めてくださりありがとうございます。

0
ヤエ (2018-08-13):

螢さんでしたね、失礼しました。 なつめさん この評こそ、情緒的な詩のようだと思いました。イメージと現実の交差を自慢し共有したくなる相手はどんな人でしょうね。 こんな夕陽が私の中にあるかというとそうでもなく、どちらかというとそんな繊細な関係に憧れていた立場です。けれど、似たような想いは私にもある気がします。評をくださりありがとうございます。

0
stereotype2085 (2018-08-13):

橙色の夕陽。その橙色に僕はまた足を止める。じんわりと染み入ってきます。「僕たちは思い起こすたびに別のものになっていく」という悲哀も相まって。序盤、中盤は軽いタッチで書かれた君と僕のお話という印象ですが、最後の追い込みで全てを際立たせることが出来ていると思います。

0
なつめ (2018-08-13):

返詩に挑戦 交錯する世界のど真ん中に、少年少女が佇んでいる。きっと数百年前からずっとここにいるんだね、なんて笑っている。言葉が自ずと降ってくるような、愛しい時間さえ惜しいくらいには、もうだいぶ毒されていることに、彼女らは気づかない。 夕陽が夕陽がとても綺麗だよ、と、貴方が言葉を綴ったからでしょうか、ふと、勉強する手を止めてしまうのは、そうしてふと、眼前に橙色をみた気がするのは気のせいでしょうか、透明な貴方とすれ違ったからでしょうか。きっと、サンドイッチと間違えておにぎりを買ってしまったせいですね、ふつふつと湧き上がるのは詩作願望でした。 例えば、鳩帰る黄昏時、あるいは照れ隠しに仰いだ星空、お気に入りの音楽さえも、貴方の世界に置いてしまいたいのです。少年少女は相変わらず曖昧なまんまで、どうやら私達も境目などなくて、手を伸ばせば人肌を感じてしまっている。 驚いた貴方の顔を、透明なまんまで想像して、してやった、と笑いたい、すれ違ったままで、しかしいつだって背中合わせで、気づかないでもいたい。だって、私欲張りですから、ポエマー気取っていたいのですよ、世界どうしの衝突に四肢をばらばらにされたとて。 それでも、ほら、夕陽が夕陽がとても綺麗だよと貴方が言葉を綴ったからでしょうか、無理やり世界に連れ出され、貴方の橙に毒されたのは、焦がされたのは、私でした、ならばもう、許してなんてあげない ーー なんか、すみません、コメントに返信したくなりまして。何を言いたいかというと、私は貴方に貴方の世界はこんなにも美しいと、自慢したい、ということです。詩を通せば誰とでも、ヤエ様が表現していた繊細な関係になれるのでは、と思い試みましたが失敗しました…。あと、一つ不安なのですが、今月私はすでに2つ作品を出しているのです、返詩はノーカンですかね…そうでありますように汗

0
ヤエ (2018-08-14):

stereotype2085さん 終盤の悲哀はまさに、押し出したかった心情です。軽いタッチで見せることは悪い面だけではないなと安心しました。ありがとうございます。

0
ヤエ (2018-08-14):

なつめさん わー、返詩だ! 私はなつめさんの評を見て、なつめさんの回りのリアルな誰かとあなたを想像したのですが、詩と読み手、詩と作り手の交錯のことをおっしゃってるんだ…と、感じました。違うかもだけど。自分の詩なのに、私の手を離れて遠くへ出かけてるように思えました。丁寧にレスポンス下さって、ありがとうございます。

0
まりも (2018-08-14):

皆さんが書いていらっしゃるので、重ねて言うことはもう無いかな、と思いつつ、「ああ /思い起こすたび /もう僕たちは薄く伸びて」橙色の中に影が長く延びていくのを並んでみている/見ていた日々、への懐古が沁みてくるなぁと思いました。オレンジ色と橙色の質感の違いもありますね。

0
ヤエ (2018-08-14):

薄く伸びていくものは、雲に写る夕日であり、影であり、記憶であり、そのときの心情であり、色々なことをイメージしていました。影を見る二人と、人物まで想像して頂き冥利につきます。橙色は感覚で選んだ言葉だったので、なるほどと感嘆しています。また次に生かしたいです。お読み頂き、ありがとうございます。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1