わたし。 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

パパの日曜日

しがない日常に飽きてしまったすべての人へ

ごく平凡な日曜日のパパが、壮大で絢爛豪華な世界へ旅立つ——

沙一

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

name

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

yasu.na

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

わたし。    

死にたいという言葉が重いと感じるのは、君達がまだ死を知らないからだよ、と誰かが教えてくれたので、私はそのままそれを鵜呑みにしているけど、教えてくれた人もまだ死を知らないはずだよなぁ、もしかしてペテン師だったのかもね、なんて思いながらまだ信じている私は、きっと純粋なんだ、一生女の子でいられるね、保証はないけど。 私、臆病だから、 死にたいって言うのは気晴らしなんだ。 だって、ほら手首も綺麗。 誰かが私を不幸と言います。 またある人は幸福と言います。 私は、こんな私が、好き。 風を感じるのはすきだけど、風に吹かれるのは嫌いです。まぁ、そうやって適当に生きてれば案外すぐに終わりってやってくるんだろうね、簡単に生き長らえれる世界で、時折虚しくなるのは、たくさんの人が諦めの息を吐いて、長い眠りを望むからでなく、ただ単純に冗談ではないからだと思いたい。 馬鹿だなぁ、と思われたい。 それぐらい単純に生きてたい。 お前には才能がない、と貴方に言われて、生かされてると勘違いしていたい。 かといって貴方に才能あるの?って 逆に笑って貴方を生かしたい。 臆病で、 欲張りで、 わがままで、 そんな風に生きてたい。 もうモラトリアムは終わったって、大人はいうけれど、今その大人は人生のどこら辺にいるんだろうね。きっと知らないんだ、認めないだけで。 臆病で、 欲張りで、 わがままで、 大人ぶってる君が、紛れもない君ってこと 私が1番知ってます。 自分語りだって、上等じゃん。生き詰まったって宇宙から見りゃ誰も彼もありんこなんだし、私より、誰かが詩をかけたってどーでもいいね。 始発電車、デオドラントに少しのジレンマ、とか。 愛しくってたまらないから、とりあえず生きているのです、お気に入りのスカートはいて天神に行こうよ、なんだかオムライスが食べたい、そんな気分。


作成日時 2018-09-06
コメント日時 2018-10-05

わたし。 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 14
P V 数 : 354.9
お気に入り数: 0
ポイント数 : 0
#受賞作
項目全期間(2020/09/20現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:354.9
2020/09/20 09時54分01秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

わたし。 コメントセクション


コメント数(14)
なつめ (2018-09-06):

かるべまさひろ様、ありがとうございました!!九月はこのあと、忙しくてなかなか顔を出せません…すみません。これからもたくさん作品を書き続けようと思うのでよろしくお願いしますm(_ _)m

0
かるべまさひろ (2018-09-06):

なつめ様、ありがとうございます。 今後もよろしくお願いしますm(_ _)m 天神、びっくりしました。

0
なつめ (2018-09-08):

かるべまさひろ様 はい、私、半分福岡県民、半分東京都民です。

0
帆場 蔵人@⚰ (2018-09-08):

軽妙な言葉の流れですね。もうなんもかんも放り出して、これを風が強く吹く場所で寝転んでよんでいたい。臆病で欲張りで、わがままなわたくし。 もう少し言葉を切り詰めてもいいのかな、と思いながらも心地よく読ませていただきました。

0
stereotype2085 (2018-09-09):

「まぁそうやって…」とかの部分は、何かぼんやりと考えた雑感のような印象がするのに、詩の中に効果的に組み込まれていてとても良いと思いました。最後の「お気に入りのスカートはいて天神に行こうよ、なんだかオムライスが食べたい、そんな気分。」。これこそ三浦さんの期待している十代ならではの「グダグダなエナジーがまんまある」というものではないかと。僕も彼の意見に同意で、原石のまま輝きを放つことがなつめさんには出来ると思うのです。こういうと表現は余り良くないですが、「雑感の垂れ流し」が絵になるのは、本当に短い期間だと思うので、その辺りを究めて欲しいです。長々と失礼しました。

0
左部右人 (2018-09-13):

「もしかしてペテン師だったのかもね、なんて思いながらまだ信じている私は、きっと純粋なんだ、一生女の子でいられるね、保証はないけど」 「馬鹿だなぁ、と思われたい。/それぐらい単純に生きてたい。」 の2箇所に惹かれました。「こんな私が好き」と書きつつも「私」に対する批評の見られる3~4連目のはじめがとてもいいなと思いました。 しかし、「自分語りだって、上等じゃん」と自己肯定する中で「宇宙から見りゃ誰も彼もありんこなんだし」という凡庸な価値観に詩の全体が支配されてしまったところから、魅力が失われてしまったように感じます。他者と自身を0に規定しましまったのでは、詩を書く自身も読む他者も先へ行けないのではなないのかなあ~と、思いました。

0
なつめ (2018-09-14):

すいません、最近忙しいのでぼちぼち返信を返させていただきます。 帆場蔵人様 コメントありがとうございます( *´•ω•`*)/私は基本的にぐだぐだ~っと生活しているので、冗長になりがちだなぁ、と思う今日このごろです。誰かが私の作品をぐだぐだ~っと読んで、そしてやっぱりぐだぐだじゃん、生産性ないじゃん、と思いつつ一緒にぐだぐだしていたいです。楽しんでいただけて幸いです、かなり不安だったので…(;´▽`A“

0
ゼンメツ (2018-09-16):

僕はこの詩好き。 特有の目線だけを武器にしているんじゃなく、「自己」や「自己を取り巻くもの」に対してすごく冷静で客観的な視点を感じる。そして導き出した「こたえ」を、他者から求められている「自分」を認識してそのフィルター越しに言葉にしている。もしここから余剰な言葉を削ってしまったら僕は「わたし。」を演出できなくなっちゃうんじゃないかな。無駄のない思想なんて誰が書いても同じでしょ? 思想なんてもんは基本。単なるホネ。人それぞれのソイツが合ってようが間違ってようが上に肉付けされる詩文がイケてるかイケてないかだよ。そういう意味じゃ僕はなつめさんのこの文体が好きなんだな。ちなみに前に載せたのは僕が昔書いたやつなんだけど、やっぱ自分で書くよりファンとして、人が書いたものを読みたいや。

0
なつめ (2018-09-25):

皆様、ありがとうございますm(_ _)m 遅くなってすみません。 stereotype2085様 ありがとうございます。なんとなくオムライスが食べたくなったのです。そーいえば、あの時買ったスカートはいてないじゃん、どっか行きたいなぁ、と。本当にまんまです(笑) もう九月も終わるなぁと思う今日このごろ。

0
なつめ (2018-09-25):

左部右人様 なるほど、勉強になります!!まだまだですね、頑張らないと。 馬鹿だなぁ、と思われたいです、本当に(笑)馬鹿ほど可愛いってよく言うし(^-^)コメントありがとうございました!

0
なつめ (2018-09-25):

ゼンメツ様 毎度毎度、本当にありがとうございますm(_ _)m本当に嬉しいです。本当は少し自信なかったんですけど、好きだと言ってくださってありがとうございます。私に大好きな親友がいるのですが、彼女も私の詩を好きだと言ってくれます。肯定される、って、いいですね。時々しかないからこそ、大切ですね。いつも感謝しています。

0
社町 迅 (2018-09-25):

独白がさらさらと続いてるところで、最後になって自分を茶化してしまうことである意味何もない読後感がある気がします。 独白っぽい作品だからこそ演出的につよく感じるんだと思います。 左部右人さんのコメントとはちがう立場になりますが、最修連は独白としてそれまでの文章と同じ位置で読まなければ、作品全体が魅力を持つのではないかと思います。

0
なつめ (2018-09-26):

社町 迅様 コメントありがとうございます。私の作品を色んな側面で見ていただけることに驚きと感謝でいっぱいです。私は基本、読者様に委ねておりますが、皆様のおかげで平面だった世界が少しづつ多面体になっていくような新鮮さを感じております。本当に嬉しいです、ありがとうございました( *´•ω•`*)/

0
ももいろ (2018-10-05):

自分の底の底でぐらぐらと魂が燃えている感じが伝わって、私も底の底が震えました。テーマも、表現も全て好きです。終盤に至るまでの捨て鉢な感じが、「わたし。」の葛藤の深さを効果的に表していてすごく良いと思いました。終連のまぜっ返して、ヒョイっと腰を上げる感じもリアルでいいと思います。私は、あーだこーだ悩みあぐねて、最終的に思考を切り上げる時ってそんな感じです。そして、その腰の上げ方が、「スカート」と「オムライス」で、センスがいいと思いました。とにかく、自然な思考の流れのように詩が流れているところが素晴らしいと思います。のびのびしていて魅力的です。「わたし。」の言葉をもっと聞きたくなります。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1