警笛 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

大人

ただ  納豆  は苦手

生き返る、 笑いながら、 台所で、 さばかれるキミ、さあ、明日から食わず嫌いはやめよう。

湯煙

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

ヘビと戦う

家に蛇は、居つくことがある。

子どもの頃、蛇は家を守るから 粗末にしてはいけないと、聴きました。 なるほど、そういうことか。

真清水るる

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

風景を食む

我々も本作の出来に食まれていく

この良さは読まぬと分からぬが、読むと確実に心が仕留められる。独特の風景の描写は人の記述がないからこそ冷涼な空気を作り出す。

ふじりゅう

失踪

現代詩が現代であることを実感できる

古風な詩作品から一線を画した作風に我々は驚く。

ふじりゅう

お別れの挨拶

&氏による待望の一作

ロシヤ、という響きの不思議さに、貴方はもう逃れられない。。。

ふじりゅう

フィラデルフィアの夜に Ⅻ

フィラデルフィアシリーズ最新作!

羽田氏のフィラデルフィアシリーズ最新作が公開された。その完成度には毎度驚かされるばかりだ。

ふじりゅう

この作品は読んだことがありません。


警笛    

疑わしい発見でした。 蒸発するものは わたし 「聞きなれた声なんて気持ちのわるいものでわたしをつくらないでください」 返事もなく からまった 指を 汚すこともない 魔法の症状を 気づかずに 靴のままでいいのを いつも忘れている。


作成日時 2018-01-14
コメント日時 2018-02-02

警笛 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 7
P V 数 : 159.7
お気に入り数: 0
ポイント数 : 0
項目全期間(2020/03/31現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:159.7
2020/03/31 03時35分24秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

警笛 コメントセクション


コメント数(7)
みうら (2018-01-16):

投稿ありがとうございます。魔法がある詩は私、大好きです。魔法詩チェッカーなんですが、「魔法の症状」という表現、初めてみた気がします。なんかシールドみたいで魔法らしい表現ですね。そこから辿って作品をみつめてみたら、蒸発する私というのは魔法なのかなあって想像したら、靴のまま宙に浮く自分が見えてきて、ファンタジーな気持ちでよかったです。ストレンジな作品。良いですね。

0
完備 (2018-01-17):

まず印象を述べます。書きなれた人が5分で思いついたフレーズを並べたものに見えました。 次に個人的な感想を述べます。書き手の意図がどうあれ、この掲示板に投稿された作品全体では「かなり好み」の部類に位置します。最終連はいかにも「唐突さが演出されたまとめ」で好ましくありませんが、「返事もなく/からまった/指を/汚すこともない/魔法の症状を/気づかずに」の連は平凡な語彙が(少なくとも私の目には)非凡に並べられており、好ましいと感じました。特に「魔法の症状」というフレーズは、「魔法」と「症状」という平凡な語彙から非凡な表現を生んでおり、良いと感じました。 最後に総合的な評価を述べます。本作は好みではありますが、ある程度「かける」人ならばこの程度のものは量産できるでしょう。好みだしそこそこ楽しめましたが、「すごい」とは思いませんでした。以上から、それほど高く評価することはできません。

0
まりも (2018-01-20):

靴のままでいい、というのは、ホテルなどの室内のイメージでしょうか。 声、が「つくる」わたし、とは、他者が作り上げる語り手の幻像。 「魔法の症状」とは、なんだろう・・・幸せな幻像に惑うことができる、そんな一瞬でしょうか。 もう少し情報があってもよいかな、と思いました。

0
花緒 (2018-01-21):

まとまりが良い作品だと思いました。魔法、靴、からシンデレラをイメージしました。 シンデレラは、魔法の馬車だとか、洋服だとかは、時間がくればなくなるのだけれど、自分は蒸発しない、のでしたね。 童話の世界と反対のことを書いているような印象を受けました。作者の意図からは大いに外れた<誤読>かもしれませんが。

0
ロ三 (2018-01-23):

三浦⌘∂admin∂⌘果実さんコメントありがとうございます 「魔法の症状」は自分でも好きです。 完備さんコメントありがとうございます 「平凡な語彙から非凡な表現」 ものすごく参考になります。ありがたいです。そういうのを作りたいと思いました。 まりもさんコメントありがとうございます 「靴のままでいいのをいつも忘れている。」は投票所(幼稚園)に行った時いつも思うことです。 詩の内容とはあんまり関係ないんですがそのときメモしたフレーズです。 花緒@B-REVIEWさんコメントありがとうございます 「シンデレラは、魔法の馬車だとか、洋服だとかは、時間がくればなくなるのだけれど、自分は蒸発しない、のでしたね。」 そういえばそうですね。なるほどと思いました。 自分は普通に会話するような文章が苦手みたいで変な感じになってるかもしれません。 ありがとうございました。

0
原口昇平 (2018-01-24):

語るべきことなどほとんどないのに饒舌に何行も連ねる詩がある一方で、この詩はひょっとしたら語るべきことさえもちょっと省略してしまったかもしれないほど削り込んでいるかのようです。その訥々とした調子と最終2行のたたずまいから、話者がたとえ実際は日本語圏にいたとしてもほとんど外国に暮らしているかのようだなと思いました。

0
百均@B-REVIEW ON/ (2018-02-02):

警笛というタイトルなんですが、まずこの始まりだけで考える事があります。まず笛なので、笛を吹く人間と吹かれる人間がいます。それは「発見」の関係とよく似ています。見つける方と見つけられる方です。その発見が「疑わしい」という所で「警笛」になります。疑わしい何かしたの発見は、時に血祭になりますよね。STAP細胞なんかそうじゃないでしょうか、その結果小保方さんのプライベートは引き裂かれた訳ですから。無論、この場合発見の内容はどうでも良いわけで、重要なのは、警笛を受けるとわたしは蒸発するということです >「聞きなれた声なんて気持ちのわるいものでわたしをつくらないでください」 聞き慣れた声というのは、例えば良くある噂によって人間性を断定させられた人間の姿とも言えます。それは「あの人はああいう風に捉えられるかかこういう人に違いない」というような物です。言葉は人を作りますが、それがそのままの人間をそっくり作り上げる訳ではなく、ずれる物だと思います。気持ちのわるいもので、わたしをつくらないでほしいという懇願は、多分多くの場合棄却されます。「」で括られた声はまぎれもなく「わたし」ですが、警笛を受けた声の持ち主でもあるので、そこに聞き慣れた声を世間と解釈してしまうと、それらに対して何か応答したとしてもその願いは届けられる事はないと思います。 >返事もなく >からまった >指を >汚すこともない 「魔法の症状」とは何かという所で、返事はないのは、多分「」で括られたわたしの願いに対して無く、絡まった指のイメージは。。。難しいですね。汚れないという所で手が汚れない所に掛けた方がいいかもしれない。そこから「症状」に繋がるわけですが、「症状」は「生体が病気にかかったときに認められる変化を総括していう場合に用いる用語。」ですから、病気に掛かっている訳ですね。なんの病気かというと「魔法」です。つまり、何かしらの魔法に掛かった結果、 >返事もなく >からまった >指を >汚すこともない なくなってしまったという事。つまりそのように変化してしまったという事。それは、以前であれば返事もしていたし、絡まった指はちゃんと汚れていたのにみたいな感じでしょうか。ここで思うのは、多分自分の手を汚さないみたいな感じかなぁというのと、返事をしないので多分、ここでは「わたし」の事情なんて一切考えずに、血祭りに上げる感じでしょうかね。わたしの事情は一切無視みたいに。勿論、血祭りに上げる方は自分の手は汚さずに血祭りに上げる訳ですから。蒸発してしまうわたしの事情なんてどうでもいいんでしょうね。 魔法というのは、以上の前提を踏まえて読むなら、コミにケーションを軸にしたテクノロジー一般を指すのかなぁと想定します。まぁ、一番分かりやすいのはTwitterかもしれませんが。 >靴のままでいいのを >いつも忘れている。 靴のままでいいという所で、魔法なんかいらないし、地面見て生きようみたいなもんかなと思いました。魔法なんかなくても外に行けるし人と話せるし。硝子の靴のメタファーが分かりやすいかもしれませんが、そんなもんなくてもいいし、普通に外に出て働いて生きろやみたいな感じが最後はしました。もしくは普通の靴を履いて外に出て人と会って返事してこいみたいな感じかもしれません。靴そのものの役割から見ていくと、文化的な側面から見ても面白いかもしれません。例えば部屋の中で靴は履きませんが、外に出る時は履くしな、みたいな。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1