色をもてたら - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

エセ詩人

いでよ、エセ詩人!

コトダマ とはよく言ったものだ。 ハキダセ と 男は言う。 おまえは誰だ? わたしは何者だ?   

湯煙

硬派な作品

萩原朔太郎や中原中也のエッセンスを感じます。

千治

体験記『呆気ない宣告』

それはあなたの現実かもしれない。

大概のことは呆気なくドラマティックではない。そうした現実の丁寧な模写が作品に厚みを増している。

ほば

世界は自由だ━不死━

わかるということ

あなたにとっては何が、その理解が起きるピースになるだろうか?

ほば

ふたつの鐘がなるころは

鐘は明くる日に鳴る! いつでもそうだ!

運営在任中に出会った多くの作品の中のベスト。決して忘れない。

yasu.na

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち(久遠恭子)

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち(久遠恭子)

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち(久遠恭子)

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち(久遠恭子)

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち(久遠恭子)

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow



作品を
別枠表示

色をもてたら    

ふりかえって手をのばしても、夜に  背中を押され、明日にふみだした 目を覚ました僕は  見たことのない朝焼けに胸の奥が   どこかで切れた導火線に火が点った 青く広がる街に  のびやかに白い線を引いてゆく、君を   追っても全然、届かなくて  原因不明の熱だけが僕を ずっと動かして冷めないんだ   何も色をもてなくても  希望さえ遠くに輝いても  太鼓ばかり叩いて疲れた腕が それでもあきらめていないなら  飛行船にむけて風船をふくらませる   割れても気体だけでも飛んでゆくように 汚れたスニーカーをどれだけ  磨いてもきれいにならないのは 知っているけど   原因不明の発熱が  僕を導いて冷めない 原子から崩れていく足もとさえ   あきらめる理由にはまだたりないから  平温が高いまま僕は 青く広がる街を  白く塗ってゆく君を、追って   見たことのない色をもって  今日にふみだすよ



色をもてたら ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 8
P V 数 : 1065.2
お気に入り数: 0
投票数   : 7
ポイント数 : 0

作成日時 2023-05-27
コメント日時 2023-06-02
#現代詩 #縦書き #受賞作
項目全期間(2024/06/25現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:1065.2
2024/06/25 06時04分53秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

色をもてたら コメントセクション

コメント数(8)
m.tasaki
作品へ
(2023-05-27)

こんにちは。 明日への希望や情熱を感じさせる詩ですね。 街に白い線を引いてゆく、白く染めてゆく「君」とは誰のことでしょう。 何の邪念もなく、真っ直ぐな生き方を見せる人のことでしょうか。 そんなこんな人の生き方に、心の導火線に火をつけられて歩きだす。 自分の能力、周りの環境などさまざまな制約があるけれど、それでも情熱は冷めることなく、「君」を追いかけてゆく。 そんな心の躍動を表しているような印象を受けました。 何もせずにシニカルな態度で過ごすより、情熱を持って誰かの背中を追いかける方が、ずっと幸せなのだなと、この詩を読んでそんなふうに思いました。

0
トビラ
m.tasaki さんへ
(2023-05-27)

m.tasakiさん、ありがとうございます。 やっぱり、夢とか希望をもって生きた方が楽しいんですよ。 そういうのは楽ではないですけど、でも、楽しいから大変さも越えていける。 あえて言うなら、楽しいから行ける場所もあるんじゃないかな。 最近そんな風に思ったりします。

0
作品へ
(2023-05-27)

>飛行船にむけて風船をふくらませる >割れても気体だけでも飛んでゆくように とてもいい発想です。 テーゼ→風船を飛ばしたい アンチテーゼ→風船は割れる シンテーゼ→風船は割れるが気体だけでも飛んでいけるように シンテーゼに到達するには発想が必要で、何かを切り開く力が必要だと思います。 アンチテーゼで終わらないその姿勢に熱いものを感じました。

0
トビラ
類さんへ
(2023-05-28)

類さん、ありがとうございます。 ジンテーゼが何かわからなかったので、ちょっと調べたのですが、今自分がしたいと思っていることでした。 世の中には色々な考えをする人がいて、当然なかには自分と違う考え方をする人もいます。 これまでは、自分と違う考えや価値観の人を、そういう人もいるよねと、距離を取ることで遠ざけようとしていたんですよね。 例えば、お菓子のきのこたけのこ戦争で言えば、きのこの山もたけのこの里もどっちも美味しいお菓子だし、どっちが上とか下とかじゃなくて、きのこの山の民はきのこの山の民で生きていけばいいし、たけのこの里の民はたけのこの里の民で生きていけばいい、無理にわかり合う必要はないよね、というように。 棲み分けてお互いに干渉しない。 それってきれいなことだと思います。 ただ、そこに発展性は生まれるのかな?と思えてきたんですよね。 もしかしたら、きのこの山の民とたけのこの里の民の「衝突」からまったく新しいお菓子が生まれるかもしれない。 自分にとって異質な人とどう関わっていこうかと思っていました。 なので「ジンテーゼ」という概念を教えていただいて、裏付けができたようでありがたいです。 この詩のなかにジンテーゼを感じさせる箇所があるとのことで、素直にうれしく思います。 そして仰っていただいたように、違いを越えていくのに必要なのは、情熱とか熱い思い、そこから生まれる発想なのかもしれませんね。 ありがとうございました。

2
田中恭平 new
田中恭平 new
作品へ
(2023-05-28)

感想です。 その主体は、色を持っていないということは、自身の中に透明性を見出している ということだろうと。 私の経験則、そういう方は、難儀であると想像する。 というか最近、じぶんで、自身の主体性、ありかたが薄れていくのを感じて。 それで、今まで興味があったが足の遠のいていた「場所」へ行ってみました。 すっきりしました。 その、作中主体にはこれからどんな物語があるのか期待します。 それと「太鼓」の語の導入がテクニカルであると。 詩の期待度を高める意味で成功していると思います。

0
トビラ
田中恭平 newさんへ
(2023-06-02)

田中恭平さんありがとうございます。 返事が遅れてしまいすみません。 透明を通して、透明だからこそ透けてくるものもあるように思いますね。 たしかにそういうのは難儀なのかもしれません。 実際、難儀ですよ、今の世の中に夢や希望を持って生きるのは。 ただ個人的には、夢や希望をもって生きるのは楽しいことだと思んですよね。 楽しい。 楽しさはけっこう大事だと思います。 太鼓のところを拾ってくださり、ありがとうございます。

1
エイクピア
作品へ
(2023-06-10)

熱が全ての現象の原因であるかのような、発熱、導火線、原因不明の熱など、白く塗られて行く君は熱がさせたことなのかもしれません。汚れたスニーカー、疲れた腕に、青く広がる街、原子から崩れていく足もと。詩の熱なのか、外圧よりも内圧が有ると思いました。「今日」はエンドレスに放熱を内包しているのかもしれません。

0
トビラ
エイクピアさんへ
(2023-06-11)

エイクピアさん、ありがとうございます。 そうですね、外圧というのも、結局のところ内圧の外在化なのかなと思いますね。 いつだって、今日が、今が熱の中心地なのかもしれません。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 3