無明列車より - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

無題

ゼンメツ

伝説

三浦果実

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

三浦果実

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

三浦果実

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

三浦果実

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

三浦果実

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

三浦果実

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

三浦果実

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

ほば

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

無明列車より    

あすへかえりたい      。  列車に飛び乗った日。  いつかの季節。  昨日や明日でなく、たどり着いた今日。          。  明星を見上げ  大きな鳥が舞う静かな街を  ぼくは飛び乗ったのだ    正しいものを、正しい答えを、正しい何者かを、  真実を探して、答えを求めて、道を歩き続けて、   (空は遠く石膏の目をして見つめていたけれど)  いくつかの駅を過ぎ、幾人かの乗客たちと向かい合い、  行くべき場所へ、ボストンバッグ一つで、  読めない本を忍ばせ、ぼくは鉄路を通過した。 (いくつかの駅と列車と乗客たちとすれ違いながら)  顔が赤く染まり、他人の視線を避け、身を隠したくなる、  恥の感覚を避けることはできないようだ、  クロスシートに潜もうと、避けることはできない、  時は流れ、忘れ去り、笑い、思い出し、赤くなり、  恥は現実の、  冷静や無知についての体験、  一つの現実そのもの。  (明かされないことについてもまた)  (さびしい改札の朱のポストに鴉が留まっていた)  見知らぬ街、見知らぬ空、見知らぬ人、  駅のホームに乗客は一人、ぼく、だったろう。  なにかが舞い散る、舞い散り、心に降り立った。  背後には山が聳え、黒々とした影をおろした、  空の下で動かず、謎めいた、不動の三角として、  山の視線の先には、白い街並みがあった。  (足元に引かれた破線もかき消されて)  時間があった。   呼吸をしていた。  音楽が流れていた。  眠りのようにすべてが。  (舞い降りてくるものを見ていた)  (雪ほど黒いものはなしと誰かの台詞を知っていた)  (       しらなかった、          肩に背に、足元に額に、胸やポッケに、     山や街に、斜に吹く冬の風に従い舞い散るもの、     手のなかで消えてしまう、      うまれるようにふりしきるもの、                        )  列車は走り出し、鉄路を進み続け、駅を過ぎた、  無知と、偶然と、迷妄の鉄路、を。 (犬が水を掻くような) (水が犬を泳がせるような) (はみ出した者は如何にして進むだろう)   (進むことを為さなくなるだろうか)                   。  蓮の喩えをおもう。  蓮は、泥地に根を張る。  茎を伸ばし、大きく花弁を開く。  走り去り、通り過ぎた駅。  いくつもの昨日や明日、見知らぬ名もなき場所や人。  なにもわからない、変わらない。  明日に向かいながら今日を過ぎ、  昨日を思いながら明日を描き、  この体や心は、いくつもの見えない接続体、  連結部はひんやり冷たく、ときにあたたかい、  明滅のシグナルを、くりかえす            。  日々の泳法により変幻していく            。     泥と水にありながら伸び続ける                、  支え、伸び、開く、ための             、  光や微細なものたちとともに   記憶の駅をたどる ぼくは   かまわず向かうだろう いつかの季節 いつかの日々 いつかの駅や乗客たち   空の下で 夜のなかで 亡霊だった そして 引き返すことも 知った    美しかった 間違い だった  つかめなかった すべて     てのひら   おんがく        ゆき


作成日時 2021-10-04
コメント日時 2021-11-16

無明列車より ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 5
P V 数 : 580.5
お気に入り数: 2
投票数   : 0
ポイント数 : 4
#現代詩
項目全期間(2021/12/02現在)投稿後10日間
叙情性11
前衛性11
可読性00
エンタメ00
技巧11
音韻00
構成11
総合ポイント44
 平均値  中央値 
叙情性11
前衛性11
可読性00
 エンタメ00
技巧11
音韻00
構成11
総合44
閲覧指数:580.5
2021/12/02 09時53分51秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

無明列車より コメントセクション

コメント数(5)
湯煙
作品へ
(2021-10-04)

 *先に投稿をしました同タイトルの同作品の改稿版となります。  (コメントはどちらへでもかまいません。)

0
yatuka
yatuka
作品へ
(2021-10-05)

ひたすら技術がすごい…と呆けております。 現代詩ってこういうタイプの作品を指すのでしょうか。 旅はおろか、生活圏すら脅かされて過ごす自分には、 その描写が羨ましい限りです。実際に体験する事との差異が辛い。 土地に縛られた、終生変わらない幸福もあると思うけれど、 道中の景色を見ているだけで希望が湧いてくるのは何故なんだろう。 案外筆者様も、想像で書かれていたりして。

1
湯煙
yatukaさんへ
(2021-10-08)

yatukaさん  ありがとうございます。 とくに意識はしていませんし、逆にお聞きしてみたいぐらいですね。この作品は少し思うがままに書き散らしたものになりますか。まだ全体に手直しを必要とするもののように感じますし、また改めて投稿を行うかもしれませんが。 旅もいろいろかと思いますが遠い近いにかかわらず、あてもなくぶらつくものであっても小さな気づきの一度きりの体験などもあり、そのあたりがまた興味尽きないように思いますね。気がつけば旅のようだったという、そうしたものもありますかね。 もちろん想像にお任せいたしますが(笑

0
百均
作品へ
(2021-11-16)

こんにちは。 初読の時は凄くて何もいえなかったです。 投票しておけば良かったですね。 みたいな事を思いました。 「あすへかえりたい」という強烈な一言。 未来を志向する言葉ではありますが、しかし、未来はなくて、 列車に飛び乗っている今しか語り手にはない。 電車はどこに向かうのか、という目的地はあるけれども、 降りる駅は選ばないといけないですよね。終点までいってしまったからといって、 未来が、保証される訳ではありません。 どこか別の場所に向かうという、言って仕舞えば指向性を持った場所、 列車の中において(未来と現在と、それから過去のはざまみたいな空間)で語られる語りは、 1つ1つの描写が絡み合っていて、いってしまえば正しくここにレスとして解説させるような余地を僕は見出せませんでした。 現実や過去を、それから「ぼく」を認識すること。 それから降り立った駅の目の前の世界を再度認識すること。 そこから言って仕舞えば今を始めるというような、 これは語り手の認識の変化であって、その周りを象る時間や、事象や、存在は変化する事はないけれども、 今いきている「ぼく」は >美しかった 間違い だった  >つかめなかった すべて  >  > てのひら  > おんがく    >  >  ゆき そういう風に結論付けるみたいな感じで。よかったですね。 「おんがく」をどう読むのかというのは結論出ていないのですが、 音楽って僕の中では楽しいものなので、なんか良かったなと思いました。 あんまりレスできてないですが、 久し振りに心揺さぶられましたね。 ありがとうございました。

1
湯煙
百均さんへ
(2021-11-27)

百均さん ありがとうございます。 ラフスケッチのような感じですかね。以前から短歌や俳句のような短いものとしてぽつぽつあったものでしたが、詩としてまとめることができないかなと。 冒頭のあすへかえりたいというつぶやきのような枕詞はやはり唐突に過ぎたかなと反省しましたね。表層としては、Back to the Future. ですし、もちろん内なるものからでしたがベタすぎたかと。入れるならどこにどのような効果を考えて配置するのかなど、あらためて考えてしまいますね。 そうですね。錯綜しながら鈍行の歩みでといった感じでしょうか。システムにありつつイレギュラー的に発生するあれこれをめぐりながら、なにかを掴んでは離し離されてという。過去もまた過去へ遠ざかりますが回想のうちにありますし、一回性のものと理解しつつ求めてしまう感慨もありますね。 作品についてはタイトルを含め、全体に手を入れ修正 を図りたいと思いましたね。まとまりのある凝縮した形としてできないかなと。冗長だったように思いま したね。偶然や間違いなどとあっさり述べてしまうあたりもまずいかなと気になりますね。省くべきものは省きつつですか。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1