寝物語 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

三浦果実

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

三浦果実

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

三浦果実

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

三浦果実

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

三浦果実

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

三浦果実

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

寝物語    

大きな影ほど 早く来て早く去るようだ 残飯を食べに 小さな虫が集って 後に残るのは 脱皮し また少し大きくなった夜 鳥たちの目に 月よりも眩しいものが見えたか 知りたくて しょっちょう眠くなる 頼りない灯りを頼り 何も起きない 騒々しいだけの毎日を過ごすと 幻の声や色が 煙のようにあちこち染みて 薄汚れる 使い古した名札に 蓮の花を挿して ああもう 明日には終わる 明日には終わる と めいめいが繰り返す姿は 物悲しい 人間の森には 祭り囃子が流れ 出店が並び 絣の子供が 参道を駆け抜ける 賢い旅人達が 開いた宴の酒の肴に 骨組みに似た 枝葉の影を眺めながら ぼんやり 古い本を読み腐している あれは誰だった

scroll


作成日時 2021-07-03
コメント日時 2021-08-28

寝物語 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 16
P V 数 : 916.5
お気に入り数: 0
投票数   : 1
ポイント数 : 4
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2021/09/20現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧44
音韻00
構成00
総合ポイント44
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧44
音韻00
構成00
総合44
閲覧指数:916.5
2021/09/20 19時27分01秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

寝物語 コメントセクション

コメント数(16)
わたしも
わたしも
作品へ
(2021-07-06)

まず、どういう場面であるのか自分の理解が覚束ない。<祭り囃子が流れ/出店が並び>だから夏祭りの境内であろうか。幾日か続く祭りの夜、高い樹木の高みから、人間どもの様子を眺めている鳥…?人間どもが騒いでるのに比較して、この詩は静かで静寂さを感じます。大きな影とは、何の影なのか、神輿なのか。そういう風に読んでしまいました。理解という面で言うと、今年初めの「恋文」にコメントをしたらよかったのでしょうか。

0
まさ
まさ
作品へ
(2021-07-06)

喧噪の背後にある静寂のうらさびしさが すっと入ってきました。 詩情の醸している感覚に、 とても共感をおぼえます。

0
ネン
わたしもさんへ
(2021-07-06)

読んで下さって有り難うございます。 連ごとに舞台が違うので、何の事か作者にしか分からなくて当然だと思います。人間の世界とその外の交錯。過去に遡り、現在に至り、でもそれを語る聞き手がいないので筋道を必要としていない。好きな話をするのが楽しいだけで、ポイントもつかないです。笑 恋文の方が理解は確かにしやすいなと思いました。お好きな方でお願いします。

0
ネン
まささんへ
(2021-07-06)

現在地はめちゃくちゃうるさいみたいで、創作の世界はだから静まり返るのでしょう。特に思い出話なので、ひっそりしたものです。 共感して下さって有り難うございます。

0
いすき
作品へ
(2021-07-07)

>大きな影ほど >早く来て早く去るようだ まずこの二行の質感がいいと思う。この定理または仮説は何かを象徴しているのだから、これはある種の比喩と呼ばれるべきだ(たとえば寓話が寓喩と呼ばれるように) 提案だから提喩? それはすでにあるから仮説の比喩で仮喩だろうか まさに「僕らの無意識は勝手に研ぎ澄まされていくようだ」に見るスピード感がある(早く来て早く去る、という文意もさることながら) ただこれはある意味どう書いても勝手に完成されるのであまり語る必要がない むしろ目を向けるべきはこういうキラーフレーズをおいてセーフな詩のバランスがあるかどうかということで、それができないと甚だ失速してしまう >めいめいが繰り返す姿は >物悲しい ・・・・・・・・・しかしこの作品は弾みをつけて前に進むことに成功しているようだ ただ、後の連は少し好きではなかったかも。でもいい詩だと思いました

0
湖湖
湖湖
作品へ
(2021-07-07)

物思いの朧さ、知恵、哀しみ、落ち着きを感じました。好感です。人の森、というと旅を思います。

0
ネン
いすきさんへ
(2021-07-07)

後半は人間の話をしてますね。好きなんですけど、全く向いてないので。いつか面白くなるといいのですが。 とりとめのない作ですが、お褒めいただいて光栄です。有り難うございます。

0
ネン
湖湖さんへ
(2021-07-07)

有り難うございます。身の回りからものを考える習慣が消えていくのは寂しいです。

0
宮田
作品へ
(2021-08-07)

淋しい人が好きですが好きです 一人でいいから マヨネーズでもかけて喰ってやりたい 苦手だけれども 分かってくれるのであえば 憧がれ媚びて恋いたいです そんな感情を覚えました

0
ネン
宮田さんへ
(2021-08-07)

とても素直なコメントだな、と思いました。ありがとうございます。 人の淋しさは独特の魅力がありますが、マヨネーズをかけてやろうとする所に笑いました。

0
cold fish
cold fish
作品へ
(2021-08-22)

寝物語っていうのは、本来、誰かが、誰かに語るものであって、それが恋人なのか、友人なのか、旅の中で出会った一夜の友なのか、様々であっても、それは、常に、誰かと、誰かがそこにいる。この作品は一体、誰が、誰に、語っているんだろう。そして、なぜ、そうなったのか、と考えながら読んでいた。ネンさんはどう思う?。作者であるネンさんではなく、この作品は、誰と誰が、寝そべりながら、どういう場面で、どういう出会いで、どういう関係で、語っていると思う?

0
ネン
cold fishさんへ
(2021-08-22)

自分と神の寝物語ですかね。 使った神という単語、 守ってくれる存在すべてを指すし、 破壊するものも含みます。 でもいわゆる現実の宗教とは水と油みたいです。 噛み合わない。 こちらは簡単に偶然だけを信じている感じ。 暦よりも正確な自分の時間に則って、 生きている人達のいうところの、 「真夜中」に、 他人が知人に、知人が他人になっていく。 常に様変わりする関係で、 今この時に出会って、そうと思うから神がいて、時たま奇跡を起こす。 旅先であんなことがあったよ、と笑ってる人達の話って楽しいよね、 俺たち私たちもそういう気分が自由に味わえたらいいのにねって嘆く神と、 それを聞いてる自分。 ストーカーから逃げ出そうとして食パンくわえて走ってたら、 出会い頭に神と衝突してしまった、そんな所ですね。 恋人が一番近い気がする。

0
cold fish
cold fish
作品へ
(2021-08-24)

人でないものに、人が何かを語るとき、その時、私は、一体何者であるのか。 そして、人でないものに、一体、私は、何かを語るというのだろうか。 質問に対する貴方の答えが、次の作品にもっと書き込まれるといいね。

0
ネン
cold fishさんへ
(2021-08-25)

凡庸ですけど載せときます 恋かな… また書くと思います。親切に質問して下さって有難うございました。 ─ 僕らには欲しいものがないことが あまりの不足です 与えられ続けることに慣れてしまった もうあなたにはなれない 大人になればあなたになれると思った 隣を歩いて遠い所に旅立つ 与える人間のことを神だと僕らは思う 人間です わたしたち人間です 人間が人間を産んで 人間を使い捨て 人間から芽吹く人間を 人間と呼ぶ わたしたち人間です いつかわたしたちと僕らが あなたになれると思っていた頃を 忘れたいんです 晴れが来れば暑いと言って服を脱ぎ 病気になって巣ごもりし いつまでもそうしてはいられず 朝になればまた太陽の下 同じですか? あなたも同じなんですね 詩人の癖に 本当のことを言えば 全てが変わることを知らないみたいに わたしたちは駒になりたい 夢に溺れて 麻酔をかけても眠れません 一個の大事な駒として使って下さい そうすればきっと 忘れられますから もうわたしたちなんです もうあなたたちなんです

0
エイクピア
作品へ
(2021-08-28)

大きな影とは自分の影なのかもしれませんが、脱皮した自分は月を眩しく感じる。太陽と比較して強がりなのかもしれませんが、一定の雰囲気はあると思いました。騒々しいだけの毎日は使い古した蓮の花を挿された名札で代表させたのかもしれません。物悲しい雰囲気は頼りない灯りが象徴しているのかもしれません。祭りの最終連。古い本を読み腐しているのは自分か自分を投影した他者か、それら全部が集約された「もの」なのかもしれません。

0
ネン
エイクピアさんへ
(2021-08-28)

コメント有難うございます。 神から見れば、ずっと話を聞いているだけの'自分'のことを、誰かと尋ねるのが、最後の「あれは誰だった」です。そこは何も知らなくても大体伝わりそうだなあと思っていたので納得でした。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2