真実 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

「中央公園より」

わかりあえなくたっていい

人種、国籍、性別、年齢、人間同士のわかりあえないディスタンス、そんなことよりも、おたがいに笑っていよう、ここはみんなの公園だから——

沙一

わたしの髪は生きているのか……

心を亡くしてしまいそうなときに

ささやかなお洒落をたのしむ、それは自分が自分であることをわすれないために、ひつようだったのかもしれない——

沙一

angel coffee?……

一瞬と、永遠

幸せなコーヒーと、降りやまない雨、好きな人といるとき、あなたならどちらを選びたいですか?

沙一

食べ物と死ぬ人

目が付いているうちに読みたまえ諸君

傑作。 目が付いているうちに読みたまえ、諸君。他に言うべきことはない。

石村利勝

別れ

余りにも挑戦的、だがそれがいい

数ある一行詩の中でも、想像力/表現力がとても高い作品。最初は(え、これだけ?)と感じることだろう。しかし、これだけ?からの作中世界の広がり方は、これだけ?発言が恥ずかしくなるほど広すぎるのだ。

ふじりゅう

ママンへ

散り際にも見えるママンの後ろ姿

無駄なくそつなく、それでいて大胆にママンに語りかける。「ママンへ」あなたはこの書き出しで何を思い、連ねますか?

stereotype2085

名残の雪

美しいと思える作品だった

美しい空間を、踏む。踏むことで、汚す。踏むことで汚す、明示のされない寂しさ。本作にとって、雪を踏む行為、それだけが個の存在の証明なのだ。

ふじりゅう

例えば鳥の教え

色が付いたばかりの映画のように

情景の転調あるいは繋がりが「色彩」を基調にして、境界をあいまいにしながら広がる。

鈴木歯車

おかあさん

史上最強のタイトル回収

本文たったの6行、造作もなく読み切れ、詩人よ。 そして再度タイトルを見返し驚愕せよ、詩人よ。

さ、さ、さ、

空なんか見てんじゃないよ

淘汰

この詩はあるタイプの詩と詩人を淘汰するべく書かれている と言えば言い過ぎか。 要注目。

stereotype2085

はずしわすれた風鈴が鳴る

やさしくせつない短歌集

かたづけられない想い出、それでもめぐりくる季節——

沙一

春風に吹かれてる

だいじょうぶだあ

《なんてこたあ ないんだよ》 天国から呼びかける声が、聴こえる。

stereotype2085

永遠の反射

名作?それともただの習作?

ただの習作なのかもしれない。が、ここには作者当人も気付いていないかもしれない、天才がいる。俺の直観は当たるんだよ。人生で二回くらいは。

石村利勝

こんにちは まっさらな世界

「まっさら」の優れた表現

あなたの世界も「まっさら」ではないかな? 「まっさら」なのに、書けますか?

南雲 安晴

imagine

パンチング。

今からリーディング界隈を、ノックアウト。

stereotype2085

はっかといちご

詩における視覚要素の決定版

いわゆる視覚詩的なものは作ろうとするとパッと見の奇抜さで満足してしまい、それを行った理由に乏しくなってしまうことが往々にある。しかし「はっかといちご」はその域を超え、結晶の造形だからそこの効果を成せている。

渡辺八畳

独言少女

いつも終電に間に合う人生生きてますか

少女の独言は胸に刺さる。というか萌える。条件があって、少女は本当に少女でなくてはならず独言は本当に独言でなくてはならない。なのでこの詩は刺さるし萌える。

石村利勝

MY 9090 OF NO……

最先端ノスタルジア

なつかしみが 超えてゆく 未来という名のノスタルジイ 

真清水るる

骸骨スフィア

プラトニックな求愛の舞踏

ほろびたゆえに、もうほろびることのない、永遠の愛。それは、幸せか、囚われか——

沙一

人魚性

海、たましいの故郷

素直さゆえに、なじめない人間のせかいにたいする、異邦のかんかく——

沙一

宇宙飛行士の解剖

死因は、孤独

二重の夜に、追い詰められた、かれは、涯のない闇のなか、吊るされた——

沙一

家庭の檄文

悲運

そこには笑顔の絶えない、家庭があった。

stereotype2085

あす

ミのシャープはファ

「ミのシャープ/響かせる笹舟にのせて/送り出してみる」って、やりますねえ。ひねりが利いてて鮮やか軽やか、清新なリリシズム。これぞ令和の”もののあはれ”じゃないですか?

石村利勝

バナナはおやつに入りますか

たもつワールド全開

これはバナナですか いいえ詩です たもつザ・ワールドです

羽田恭

TOKYO

不良天使の幻像

広大さと、小さなもの、神聖さと、世俗的なものの、コントラストに富んだミニチュア——

沙一

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

真実    

目が覚めてからもうずいぶん時間が経つのに、わたしはまだベッドで白い天井を見上げている。視力がよわいので、天井に付いている火災報知器がただの黒い点のように見える。でも、あれは火災報知器なのだ。 それは真実だ。もしあなたが疑うのならば、枕元にあるメガネをかけて確かめてもいい。もしあなたがそれを望むのならば。 “真実” 彼女の顔には、パーツがひとつとして付いていなかった。 目も、鼻も、口もなかった。(なぜか耳はあった。いつもの黒いちいさなパールのピアスが見えた)髪型や少しだけ張っている頬のえらの形から、それが彼女であることはわかるのだけど、顔はマネキンのようにつるんとしていて、口がないので当然ながら言葉を発することはなかった。 わたしたちはジェスチャーで会話をする。 「困ったね」とわたしが言うと、肩をすくめて両手を頬にやる。「息はできるの?」と訊くと、右手でグーサインを作る。「どうやって?」重ねて訊くと、“さぁ”といった具合に首を傾げる。 「目は見えるの?」と訊くと、右手でグーサインを作る。 どうやって、とはもう訊かない。 両手を頭に置いて“困ったなぁ”というジェスチャーをする彼女。 ここ数年はずっとマッシュルームカットで、前髪はまゆげがちょうど隠れる長さにつねに切り揃えられていたが、今ではそのまゆげがない。これから彼女は何を基準に前髪を切ればいいのだろうか。 おもむろに彼女がわたしの手を掴んだ。どうしたのかと顔を見るけれど、もちろん表情はわからない。耳と小さなピアスだけが立体的で、わたしは思わず目を逸らしてしまう。 彼女はわたしの手のひらに指で文字を書く。ゆっくりと、一文字ずつ。 最初は『か』次に『が』次に『み』。 そこまで書くと彼女はわたしから手を離す。 鏡?「鏡がどうした?」 彼女はわたしの顔を指さす。顔?「顔を見ればいいの?」訊くと、右手でグーサインを作る。どうしてわたしが顔を、と思いつつ、彼女から渡された手鏡で自分の顔を見て、わたしは愕然とする。 わたしの顔には、目が4つあった。 わたしの目と、彼女の目だ。 見慣れた切れ長の目が、自分の目の下に並ぶように存在している。彼女の目はわたしの意思とは無関係にごく自然にあたりを見廻し、まばたきをする。同じように、鼻が2つあり、口が2つある。彼女の高い鼻が、わたしの低い鼻の右側に並んでいる。口は上下に並んでいて、こちらもわたしの意思とは関係なく唇が動いている。 あまりの衝撃にわたしはその場で激しく嘔吐した。もちろん自分の口から。そして、自分の目から涙が出る。胃の中のものをすべて出し切ってしまうまで彼女はなにも言わずにやさしく背中をさすってくれた。 嘔吐しながら妙に冷静になりわたしは真実を理解した。 おそらく吸収してしまったのだ。彼女のやさしさと、目と鼻と口を。 「気分はどう」彼女は言った。 声はわたしから聴こえるが、まぎれもなく彼女の声だった。 なにも答えずにただ黙っていたら、そこで夢から醒めた。


作成日時 2019-04-02
コメント日時 2019-04-18

真実 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 17
P V 数 : 1985.3
お気に入り数: 0
ポイント数 : 151
#テキスト #酷評OK
項目全期間(2020/07/05現在)投稿後10日間
叙情性2929
前衛性2626
可読性3838
エンタメ1717
技巧2323
音韻22
構成1616
総合ポイント151151
 平均値  中央値 
叙情性2.92
前衛性2.61
可読性3.84
 エンタメ1.71
技巧2.31.5
音韻0.20
構成1.60
総合15.112.5
閲覧指数:1985.3
2020/07/05 02時30分12秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

真実 コメントセクション


コメント数(16)
alice1017 (2019-04-02):

この詩のタイトルが「真実」であることが、とても興味深いです。 最後は『そこで夢から醒めた。』とあるので、これは夢だったんだと思いましたが、 なぜタイトルが「真実」なんだろうと不思議に感じました。 彼女の優しさや目と鼻と口を吸収してしまったことは「夢」だとしても、 その「夢をみた」ことは『真実』であるということなのでしょうか… 面白い詩でした。

0
南雲 安晴 (2019-04-02):

すぐれた想像力、記述力ですね。書かれていることを読者が体験できます。 目が覚めた時、こういう感覚ありますよね。身近なものの真実を思いながら、たった今見ていた不思議な、しかし現実に表現できるような夢を重ねる。消えてしまったけれども真実味のある夢を。その夢を、真実化された夢と言ってよいでしょう。 そして私は真実化という過程を嘔吐の場面に読み取ったのですが。 「気分はどう」と彼女が言った場面は痛快でした。 最後、『わたし』がなにも答えなかったのが残念で、なにか答えて欲しかったです。

0
Sunano Radio (2019-04-04):

alice1017さん コメントありがとうございます。 この詩は、わたしたちひとりひとりに心がありそれぞれが感じたことがその人にとってたったひとつの真実になるよなぁ、という思いから作りました。 夢はただの夢ですが「やさしさと口と鼻と目を吸収してしまった」と主人公がその場で感じたことは"真実"であるということです。 面白いと思って頂けてとても嬉しいです。 感謝します。

0
Sunano Radio (2019-04-04):

南雲 安晴 さん コメントありがとうございます。記述力があると思っていただけたのは嬉しいです。夢というのは不思議ですよね。起きてから振り返ると設定はまるきりめちゃくちゃなのに、感じたことだけは妙にリアルで。 意識していませんでしたが、確かに嘔吐の場面は重要ですね。「気分はどう」は書いていて気持ちよかったです。喋れるのにわざと顔を確認するまで黙っていたわけですからね。 最後は主人公は何か言えましたかね。もう少し夢を長引かせて主人公を絶望させようかと迷ったのですが、この辺りで充分だろうと考えました。(声帯も吸収したのか…というふうに考えると彼女も絶望感増すなぁと思って終わらせてしまいました) 感謝します。

0
survof (2019-04-06):

このオチはまったく予想できませんでした。面白かったですし、何より作品の強度を感じさせられます。 シュールな設定がただの装飾にならずに、むしろ多様な読解や解釈、さらには叙情性や細やかな感情の機微までをも引き出す、不可欠な作品の骨子となっているように思われ、迫るものがあります。これだけシュールなのに人間の体温の温もりが伝わってくるようなところがとても好きです。 個人的な好みをいくつか申し上げるとすると、”真実”に至るまでの導入が少し説明しすぎていて全体の構成バランスを大きく崩しているようにも思いますし、出だしとしての引力が不足しているようにも感じられるのが残念でした。 > 彼女の顔には、パーツがひとつとして付いていなかった。 を書き出しに持ってきた方が作品の始まりとしてはずっとインパクトがありますし、読者も一気に引き込まれるかもしれないな、と思います。それから夢から醒めないほうが(つまりは、これが夢であることを明らかにしてしまわないほうが)作品としての強度がより増したのではないかとも感じられます。 「夢であること」が作品としてもどうしても重要であるならばもうひとひねりほしいかもしれない、と個人的な感想でした。 いろいろ勝手に感想を書いてしまいましたが、自分が同じレベルのものを書けっていわれても多分書けないです。

0
こうだたけみ (2019-04-07):

はじめまして。 おもしろかったです。夢オチなのに「真実」かあ。〈嘔吐しながら妙に冷静になりわたしは真実を理解した。〉という部分が夢っぽさを出していると思いました。あ、だから「真実」なのか??(混乱) じつはむかーしこんな感じのモチーフを扱った話を書いたことがありまして、「顔からパーツがなくなる夢」ってなにか意味があるのかなあと気になりはじめました。私のは白昼夢を書き起こしたものだけれど。一応リンクを貼ります。もし気が向いたら読んでください。読まなくてもいいです。 http://po-m.com/forum/myframe.php?hid=9428

0
こうだたけみ (2019-04-07):

リンクがうまく貼れてませんでした。すみません。もう貼らなくていいってことですかね。でも再挑戦。 https://po-m.com/forum/showdoc.php?did=289277

0
Sunano Radio (2019-04-09):

survof さん コメントありがとうございます。 > これだけシュールなのに人間の体温の温もりが伝わってくるようなところがとても好きです。 嬉しいお言葉です。 夢と明言するか濁すかで全く別物になりますね。ただ、この主人公は目覚めてから自分の目鼻口の数を確かめることをせずに、ぼんやりと火災報知器を見て真実について考えています。つまり、さっきまでのは夢だったのだとはっきり認識していて、その上で夢の中に"真実"を見ています。わたしの技量の問題もありますが、この詩に関しては夢であることが重要でした。 感謝します。

0
Sunano Radio (2019-04-09):

こうだたけみ さん コメントありがとうございます。 夢って設定はめちゃくちゃでも感情だけは妙にリアルだったりしませんか?わたしは空から落ちる夢をよく見るのですが、落ちているときの恐怖や絶望はとてもリアルです。そのときに「怖い」と感じたことは真実なんですよね。この詩でも「彼女のやさしさを吸収してしまった」と思ったことは真実なのです。 作品読ませていただきました。ほんとうに似てますね。面白い。わたしのは完全に作り話なので気楽ですが白昼夢でこの内容を見るのは怖すぎますね… 感謝します。

0
survof (2019-04-09):

>夢と明言するか濁すかで全く別物になりますね。ただ、この主人公は目覚めてから自分の目鼻口の数を確かめることをせずに、ぼんやりと火災報知器を見て真実について考えています。つまり、さっきまでのは夢だったのだとはっきり認識していて、その上で夢の中に"真実"を見ています。わたしの技量の問題もありますが、この詩に関しては夢であることが重要でした。 なるほどです。だとすると私の感想は大きな誤読で、私の読解力を大きく超える作品になってしまいます。大変失礼しました。 作者の作品の意図は大事にしたいので、感想とポイントをひとまず全部撤回致します。

0
ふじりゅう (2019-04-09):

拝見しました。 世にも奇妙な物語のような変な世界が非常に魅力的です。まず素晴らしいところを取り上げますと、 >“真実” 説明が続いて物語に動きが生まれた後、余韻のようにどっしり広がるこの言葉。上手いです。 >鏡?「鏡がどうした?」 これはカギカッコの内と外の差を上手く活用した表現です。反射的に出た思い〔鏡?〕がまず先行する。そして言葉として整理された後カギカッコ内の言葉が出る。鏡と手に書かれた時の反射的な疑問を非常に巧みに表現出来ています。 夢と真実の境目、そのようなことをテーマにしていますが、説明が詩を引き立たせることなく説明で終わっているのは少々勿体なかったかな、とは思います。ただこれはこれで詩の淡々とした世界観を表現できていないとは言いきれないので、完全にダメとは言いきれないかも。 真実、と夢、をテーマにしているのなら、もう少しそれが夢であり、真実であり、みたいな所を読みたかったな、という思いもありました。 ただ、本作は独特で前衛性のある作品として、高い評価の出来る作品だと思いました。

0
こうだたけみ (2019-04-09):

スナノラジオさんへ おお、読んでいただきありがとうございます。無理やり読ませてしまってすみません。似てますよね! この偶然を誰かと共有したかったのでうれしいです。これは昔二本立てで降りてきた物語のうちのひとつで、もうひとつも怖いです。笑。 私のは自分しか出てこないのに対して、スナノラジオさんのは対人で書かれているあたりに性格の違いというか人としての器の大きさの差を感じます……。 「真実」という言葉って、出来事に対して使うという先入観がありました。感情にも真実。おもしろい視点ですね。現実ではない夢の中で、感情だけが真実ってことですかね? 逆に真実でない感情ってなんだろう。これまで感情に対して真実かどうかを問うたことがない気がするので、パッと思い浮かばないです。芝居の台詞とかかな。あれは、役作りをしていって“真実にする”ものだけれど。

0
Sunano Radio (2019-04-15):

survofさん 誤読かどうかと言われると難しいですね。たしかにわたしはある程度の意図を持って詩を書きましたが解釈は読んでくださった方に委ねている部分が大きいです。わたし自身、色んな解釈をできる作品を好むので。 コメントでやりとりができるのがビーレビのいいところだと思うので詩の構造をえらそうに講釈しましたが、本来であればsurvofさんの感じたことを尊重したいです。それで少しでも詩を気に入ってくれたらわたしは大満足です。 丁寧に読んでいただき感謝します。

0
Sunano Radio (2019-04-15):

ふじりゅうさん コメントありがとうございます。ふじりゅうさんの仰っていることと完全に一致しているかは分かりませんが、少し時間を置いてから詩を自分で読み返してみて、作品としての立体感に欠けているように感じました。終盤をもう少し丁寧に作り上げることが出来ていればふじりゅうさんの感想も変わってきただろうなぁ、と。 > 完全にダメとは言いきれないかも。 フォローしてくださっているけど、すごくダメそうですよね。ちょっと笑ってしまいました。 > ただ、本作は独特で前衛性のある作品として、高い評価の出来る作品だと思いました。 これは素直に嬉しいです。感謝します。

0
Sunano Radio (2019-04-15):

こうだたけみさん > 現実ではない夢の中で、感情だけが真実ってことですかね? 全くその通りです。 わたしの言いたかったこと。 真実でない感情ってなんでしょうね。全部が真実であるような気もするし違う気もするし。自分でも、今思ったことって真実なのかな?と疑問に感じたりします。お腹すいたと思ったけどいざコンビニに行ったら何も要らないなぁとなったり…これはバカみたいな例だけど毎秒感じたことがわたしにとっては真実です。 真実について少しだけ話しているエッセイがあるのでもしよかったら読んでみてください(リンクを貼り返す) https://note.mu/dmnm/n/na7bc7607e77f

0
こうだたけみ (2019-04-18):

スナノラジオさんへ リンクの貼り返し、ありがとうございます。にっこりしました。 noteの不倫の話は、マクロとミクロの視点の違いが問題のような気がしています。マクロ的な一般論として「不倫=悪」と主張する人と、ミクロ的に「この人の不倫=悪?」と考える人。そもそもの視点が違うのだから、噛み合わないのは当然かな、と。 そしてコメントの「今思ったことって真実なのかな?」は「この先立ち入り禁止」の疑問の類ですね。深入りすると戻ってこられなくなる境界線。少し覗いてみるだけで満足しておいたほうがいい場所。生きているとあらゆるところに縁があって、それが見えてしまう人にとっては落ちないようにするのも一苦労なのでしょうね(そういえばビーレビに「穴。」っていう詩を投稿してたな。私には穴番が必要)。 > 毎秒感じたことがわたしにとっては真実です。 これは諸手を挙げて賛成です。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
投票不可

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2