お知らせ

貴音さんの選評【10月】   

作成日時 2018-11-01
コメント日時 2018-11-05

【選評のあいさつ】 10月は難しいですね。少し、シンプルに語りたいと思います。 遊んでいる詩が好きです。冒険している詩が好きです。 詩から受け取る事よりも、私は詩を送りたいなぁと そっちの方が好きだなと再確認する事が出来た月でした。 同時に今月は短い詩がとても輝いています。 【大賞】~視覚詩の頂点?~ ༺❦柿原 凛☂༻ 星にはなれないよ 視覚詩と呼ばれるものは形も気にしなきゃいけないし、中身も気にしなきゃいけない。 私もやるにはやるけど、どちらかにバランスがよってしまう。 そもそも、これは視覚詩にする意味があるのかと思うような作品もある。 それは自分や他人に対しても思う事だ。 けど今回、タイトルと中身と形が見事なまでにガッチリと決まっていると思われる。 おそらく、ビーレビで一番キマった視覚詩じゃないかとさえ思ってしまっている。 視覚詩にする意味がちゃんとある。 是非、柿原さんには星になれたよって作品なり 大賞をもらう事で★を完成させてほしい物だ。 【優良】~やりますねぇ~ 渡辺八畳@祝儀敷 遺影 ああ^~いいっすね~ああ^~たまらねぇぜいい作品してんねぇ! いいゾ~これ生きてる証拠だよ! お前のことが好きだったんだよかなり挑戦的じゃないこれぇ?車で言えばどのくらいだ? これはもうわかんねえなぁ……お前どう?ンアーッ! 社町 迅 隙間妖怪の一念 元ネタを知っていても知らなくても楽しめる。そんな素晴らしい詩だと思います。 私は最初、紫さんの詩だと分からない状態で楽しんで、その後、紫さんじゃんと二回も楽しんだ。 多分、この詩をこの方法で二回楽しんだのは、二倍にして楽しんだのは私だけだと思われる。 コメントにも書いたけど、今度は幽香さんの詩を書いてもらいたいものです。 それかゆっくり、豆しば先生を虐待する詩を書いて欲しいものです。 いずれにせよ、好きなものにちゃんと向き合った詩だと思います。 ふじりゅう 『藤井龍平の肉迫』より。 大賞には選んであげられない。それは本当に申し訳ない。 大賞に選ばれても良い視覚詩が出て来てなかったらきっと… 柿原さんを憎んでほしい。私の事は恨まないでほしい。 私はやっぱりこのメタ感が堪らない。 メッタメタのギッタギタのジャイア―――ンになってしまった。 私は傲慢という病を患っており、この自己顕示力、承認要求の作り出すエネルギーを浴び さらに傲慢になってしまったのだ。もうルシファーだ。 【推薦】~歌詞は無視してます。そしてこれがトビウオ現象か…。~ タキザワマジコ 行方 私はこの飛翔に加速を感じました。 とても勢いのあるものであります。 https://www.youtube.com/watch?v=Gf1xIViLofg 瞳子 期限 継ぎ足しで雑味が出る言葉、薄くなる言葉がある中で、ギュッと凝縮している 言葉の少ない詩を書かせたら多くの人は敵わない https://www.youtube.com/watch?v=Wr5f6hpYxmE オオサカダニケ 成長としての墜落 短い中に宇宙の様な末広がりのスペクタクルを持ち込んでこれるのが凄い。 https://www.youtube.com/watch?v=I3HRubq9Txs Mar-to 帰路 荒んでいる事が年々増えて来ている私にはどうしてか、染みわたる。 https://www.youtube.com/watch?v=G85tU_Q766w 【おまけ】~殿堂入り、ゼンメツさんの「テレビジョン」であれこれ~ これは何時もの事ですが私なりに懸命に読んでみました。最近の日本は揺れる事がブームになっている。地面が揺れて、空が揺れて、街を、自然を揺らしている。そんな事が日本の何処かでは起きていて、揺れもしない自宅のテレビの中では、ブレブレの映像がきっかりと枠に収まって放送されている事が当たり前になってきている様に思えて来てます。だけど、人ってのは忘れるようにというか、鈍感になる様に出来ているんですね。宮城の地で私は震災を経験してその時のある日、今頃震災の無い県の人達はTSUTAYAに駆け込んでいるんだろうなぁ…と思いながら過ごしていました。そして現在、私は逆の立場になり少しばかり心が揺れる事はあるけれど、あの時程テレビの災害に感じる事は無かった。これは薄情なのかなと思って深刻に悩んでもみたのだけど、きっと人の機能なんだと結論付けた。確かに何処かでは起きている出来事なのだけど、その時その場所に居ないとフィクションとなんら変わりないのかも知れない。実際に有った事件や歴史も、おとぎ話みたいなもんだ。食べようとしている味噌汁の豆腐の崩れ具合の方が生々しいリアルである。出来事の教訓はその時に曝された人達だけの物、それも次第に過去に置いて行かれてしまって、いつの間にか弔いましょうなんて日だけに保存される。そして最後の一人も死んだら、誰も思い出さないおとぎ話になるのだろうなぁ…。こうも思った。本当のリアルって何だろう。私は私なのだろうか?テレビを見ている私を客観視している人は私なのだろうか?実際に震災に会った時も実はこの人は存在していた。私を見ている誰かである。私はそれを感じると意識だけをきょろきょろとさせていた。酷い時には私を客観視している人を客観視している誰かが居たけど、それは私なのだろうか?この詩を読んで間もなく、私は私から意識が離れだした。客観の世界。こうやって文章を書いている私を客観している私と思われる誰かになっている。そして、更に意識が離れだす。私を見ている私と思われる誰かを客観視している誰かになりだす。そうやって意識が段々と薄くなる。ビクッと私は体が揺れた、離れていた意識が急に体に収まったのだ。再び画面と向き合うだけの私になる。客観の世界の最果てはきっと誰とかではなく空気のようなもので、きっと人はそこでは繋がっているんではないだろうか?いったい何の話だと思うが、そういう話である。同時にお土産みたいなのが頭の中に入って来た。○は調和を意味するけれど、こいつはかなりデリケートな存在なのだ。こいつに何かを加えると動き出す。輪が、和が、我が乱れるのだ。□とか△の方がバランスってのは取れている。○は直ぐ崩れる。こいつが一番真面な姿をしているのは、何も加えていない時。バランスボールが一番バランス取れている時は誰もバランスを取らない時なのだろう。膨らませない、膨らませても使わないってな事をしないとバランスボールは真面じゃいられない。厳密に言うと違うけど、地球は丸い。だけど最近、日本だけじゃなくて世界でも異常気象だし、貧富のバランスも取れていないし、思想だってシーソーの様な勢いだ。丸い地球に乗っている私達は、きっと地球というバランスボールに乗るのが下手くそなんだろう。これからドンドン人が増えて行くらしい。ドンドン、どんどん、地球のバランスを取るのが難しくなるだろう。この地球が勝手に萎んでしまわぬ様、この全てを丸く収めるにはどうしたら良いのだろう。そんな事を考えてみる。私はこの詩の様に客観視して考える。ああ、そういう事か。凹ませているもの、凸になっているもの全てが無くなればいいんだ。つまり、ゼンメツである。



コメント数(15)
カオティクルConverge!!貴音さん (2018-11-01):

タキザワマジコ 行方 https://www.youtube.com/watch?v=Bp2u3FGO7uY 動画消されてたので、こちらを載せるのです。

༺❦柿原 凛☂༻ (2018-11-01):

楽しみにしておりましたー! 他の方の作品もすごく良いのばかりで、これは最後の最後で大逆転されるかなとも思っていたのですが、遂に大賞候補として挙げていただくことが出来ました。ありがとうございます!

オオサカダニケ (2018-11-01):

まじで感性が狂ってる。なぜおれがたいしょうじゃない

オオサカダニケ (2018-11-01):

その詩は次の詩の材料にして爆ハネさせた。それからもう一本名作を生んだ。極め付けにな

オオサカダニケ (2018-11-01):

大賞を読んだがどうやっても負けてる気がしない。少なくとも11月に俺が発表した詩は二つとも柿原に勝ってるとしかおもえない。

オオサカダニケ (2018-11-01):

殺し文句とぶっ飛んだ発想で心を刺せるかどうかだけが詩のすべてやとおもう。おれの11月分の詩を読んでくれ

カオティクルConverge!!貴音さん (2018-11-01):

オオサカさん、今月は申し訳ない。 感性がまともじゃないのでこうなってしまった。 もし私の他にもやってしまってる人がいたら是非正すべきだと私は思う。 私の感性は更正できたのか、狂ってるのか分からないけど 11月の投稿は始まってる訳ですが オオサカさんの詩が良い。 どっちを大賞にしたら良いのか分からなくて今は困っている。

オオサカダニケ (2018-11-02):

価値観は人それぞれで詩に求めるものも人それぞれ、ですね(*^_^*) 皆さんが自分らしい表現をしてビーレビューを盛り上げていけたら素敵ですね~♪ 今回は私の拙作を推薦して頂きありがとうございました!詩の技法を勉強したこともない身ですので、少しでも読んで下さる方のお目汚しをすることを減せるように、投稿者の先輩方からたくさん学ばせて頂きます(-_-)

ふじりゅう (2018-11-02):

貴音さん、ありがとうございます。優良!目に余る光栄です! そしてたった今から、柿原さんは俺の憎き敵になりました。よろしくお願いします。

༺❦柿原 凛☂༻ (2018-11-02):

え、待って。敵増えちゃうんですか? これが洗礼かぁ……。

ふじりゅう (2018-11-02):

憎き柿原さん、その通りです。これが大賞候補の階段を踏んだものの洗礼でございます。

渡辺八畳@祝儀敷 (2018-11-02):

やったぜ。

ゼンメツ (2018-11-02):

ありがとうございます! めたくそ嬉しいです。乖離的な目線のシフトもわかる人がいて、ただそれが「流石」なのか「お大事に」なのかなんとも言えないのが笑えますけど。でもめっちゃわかります。書かれている内容も勿論なんですけど、それと同時にこの文体の、他人から触れられる前に境界線ごと引きずって、というか自分自身に引きずられて、距離を作る感じが、まためっちゃわかります。けっきょく僕らみたいなのは、バランスを取るために手を繋ごうとする人々と逆に、バランスを失わないために手を離すタイプの人間なのかもしれません。

カオティクルConverge!!貴音さん (2018-11-02):

良いこと 悪いこと 思うこと あると思いますが 今月、何だかんだ楽しかったです 今後もよろしくお願いしますね

タキザワマジコ (2018-11-05):

気付くのが遅れてしまいました。ご推挙並びに豊かで前向きな読解に感謝いたします。 今回の動画の曲、ふよふよ感あっていいですねぇ。好きです。

投稿作品数: 1