商人英雄の記録 第 1 章: 最初の従業員 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

エセ詩人

いでよ、エセ詩人!

コトダマ とはよく言ったものだ。 ハキダセ と 男は言う。 おまえは誰だ? わたしは何者だ?   

湯煙

硬派な作品

萩原朔太郎や中原中也のエッセンスを感じます。

千治

体験記『呆気ない宣告』

それはあなたの現実かもしれない。

大概のことは呆気なくドラマティックではない。そうした現実の丁寧な模写が作品に厚みを増している。

ほば

世界は自由だ━不死━

わかるということ

あなたにとっては何が、その理解が起きるピースになるだろうか?

ほば

ふたつの鐘がなるころは

鐘は明くる日に鳴る! いつでもそうだ!

運営在任中に出会った多くの作品の中のベスト。決して忘れない。

yasu.na

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち(久遠恭子)

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち(久遠恭子)

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち(久遠恭子)

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち(久遠恭子)

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち(久遠恭子)

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow



作品を
別枠表示

商人英雄の記録 第 1 章: 最初の従業員    

小説1 フォワード 私は非常に長い間生きてきました。それを考えると不思議です。私の一生の十分の一が、この世界の他の誰にとってはまるで別の時代なのです。最初は、私はそれが気になりました。私が心を寄せる人々をみんな生き延びるのを見てしまうことに。私にはたった一人の友達しかいませんでした。私と同じように生き続ける人はただ一人だけで、私が彼らに親しくなる前に周りの人間はみんな消え去っていきました。その後、ある人間、異世界の英雄と呼ばれる人物が私と友達になってくれました。彼の友情を通じて、私は他にも友達を見つけ、彼らと一緒にいるときは幸せで、人間の短い命なんて考えることもありませんでした。80年後、彼は亡くなり、私は怖くなりました。私のすべての繋がりが消え去って私を孤独にするのではないかと。500年間ほど、私は他の人々との繋がりを避けました。彼の思い出にしがみついて、ただ時間を潰すことしかしていませんでした。それは別の異世界の英雄に出会うまでのことです。彼のおかげで、私は変わり始めました。彼のおかげで、新しい進むべき道を見つけ、素晴らしいばかどもとの出会いがありました。私の人生の一片が、永遠に私を変えたのです。そのおかげで、私はついに自分の存在について結論を出すことができました。新しい人々に出会い、かつての友達を尊ぶ方法を。確かに、この巻を書き上げるまでに50年の先延ばしになってしまいましたが、最終的には達成しました。最初は、私は最初の人間の友達、魔物退治のミライとその仲間について書くつもりでしたが、彼に関する数え切れないほどの本が既に存在していました。魔王デストロスを討ち、夜の女帝ネクロスを打倒する手助けをしたから当然の結果なのでしょう。そこで、代わりに私は他の異世界の友達について書くことにしました。彼に関する本はたった1冊しかなく、それを書いたのは情けないオタクの古老で、挿絵は驚くほど才能のある若い女性が描いたものでした。だからこそ、この回顧録を記すことにしたのです。なぜなら、この友人は本物の英雄だったからです。確かに、彼は魔物を殺したり、悪を滅ぼしたり、姫を救ったりはしませんでした。それでも、彼は大きな革命を起こし、世界を変えたのです。彼の名はハルト・シマツキ、そして彼は商人の英雄でした。 第 1 章: 最初の従業員 地球のカレンダーによれば、6月であり、太陽は地球に照りつけ、近くの川から水が蒸発していた。ハルトは橋を渡りながら汗が額から滴り落ち、白いシャツは襟元が外れ、黒いジャケットが肘に掛けられ、彼の細い髪は前後に乱れていた。 「くそっ、何が意味があったんだろう?くっ!」とハルトは呪いながら上を見上げた。彼は太陽の眩耀を気にしませんでした。 「なぜ全てを台無しにしてしまったんだ?働くことができなかったのか?くそ…もしもう一度やり直せるなら。だけど、それはもう遅いんだ。」彼の独り言が続く中、彼は前に歩きました。すると、明るい赤い煉瓦でできた橋に立ちます。彼は橋を降り、足元の煉瓦がカタカタと音を立てます。彼は近くに立つトカゲの男性や女性に串焼きの肉を差し出されても気づかず、ドワーフのセールスマンが自分の店に呼び止めるのも気に留めず、薄着の女性たちの口説き文句にも気づきませんでした。ハルトは目の前に広がる大きな市場を見ませんでした。香辛料の香りも感じ取らず、耳をつんざくような叫び声や楽器の音、火の音も聞こえませんでした。代わりに、ハルトは前に進み続け、青い空と圧倒的な太陽を見つめていました。彼はまだ空を見つめている姿勢のままで立ち止まり、薄汚れた煉瓦でできた古い建物の前に立ちました。その建物の上には本のイラストが描かれた木製の看板が掲げられていました。もちろん、ハルトはこれらのことに気づくことはありませんでした。そして、ドアのハンドルを回して中に入っていきました。 「ただいま」と彼は日本語で言って、私は読んでいた本の世界から引き戻されました。それは『ガーディネリス年代記』の第十六巻で、サウザンド・スペルのロキシーとゴッドソードのエリスがメルロックの深いダンジョンに挑む物語でした。私は特定の僧侶から腐敗症候群についての記録とその治療方法が書かれた本を探すよう頼まれたため、この本に出会ったのでした。その本は簡単に見つかりましたが、その隣にはメルロックの深いダンジョンの場所について書かれた本もありました。この本にはメルロックに関する魅力的な詳細がすべて載っており、モンスターや罠、設計の欠陥、建築家についてまで記されていました。しかし、それがどのように征服されたのかについてはほんの少しの情報しかありませんでした。その解決策は『ガーディネリス年代記』の第十六巻に記されているということでした。それを容易に見つけ、第十六巻から読み始めましたが、最初から始めるのは少し混乱しました。そのため、私はガーディネリス年代記を第十六巻まで読むのに5時間ほど費やしました。 実際、今考えると、この部分はあまり重要ではありません。重要なのは、私がすぐに注意を引かれたことで、久しぶりに日本語を聞いたことです。前回聞いたのは、恥ずかしいオタクと初めて会ったときのことで、彼もちょうどその街にいたのです。彼の愚かな要求から日本語を聞かないのは気持ちが良かったです。それに、それは私の心に特別な場所を持っていました。私は本を閉じて立ち上がりましたが、ハルトよりも数頭分背が高い立ち姿でした。初めてミライに会ったとき、彼はお尻に落ちました。日本ではエルフはいないということを理解していますし、私の肩までの長さのブロンドの髪、尖った耳、深紅の瞳はまるで物語の中から抜け出したようなものだと言われています。正直言って、ミライのような大きな反応を期待していました。でも、公平に言うと、私は半裸だったり、性的に挑発的な格好をしているわけではありませんでした。いつものように白いジャケット、赤いシャツ、黒いパンツ、ヘーゼルの革ブーツを履いていました。 ハルトはただ私の視線と対峙しているだけでした。 「うわ、なんて美しいエルフの女性だろう。俺、寝てるんだろうか?このすべてが夢だったらいいのに」と彼はため息をつきながら言いました。私の容姿に対してだけでなく、私の背中に収められた大剣にも平然としているようです。恥ずかしいオタクはそれを見ると、私の前にひれ伏して命乞いをしました。正直言って、私は以前の他の異世界の人々との2回の出会いからの期待を考えると、やや驚きました。数分かかってから、ようやく返事をしました。 「すみません、若者、あなたは日本から来たんですか?」 「そうだけど、俺は夢の世界の永住者だといいんだけどな。」 「残念ですが、あなたは夢を見ているわけではありません。」 「ああ、夢のこの部分か。分かった、自分をつねって確かめてみよう」ハルトは自分の顎をつねりました。 「夢ではありません。あなたはこの地に転送されたのです。」 「どういう意味だ?」 「あなたは神によって強制的にこの地に連れてこられたのです。申し訳ありませんが、あなたはもう元の家に戻ることはできません。」私は言葉を詰まらせながら、ミライが両親に会えなくなることを悔やんだことを忘れられません。 「本当に?」 「はい。」 「俺は日本に戻れないのか?」 「ごめんなさい。」 「ここに誰も見つけてもらえないのか?」 「神が他の異世界の人を連れてくることはありますが、通常は1人だけです。」 「なるほど…なるほど。だから、本当に聞いてくれたんだ。誰か、何かが俺の声を聞いてくれたんだ」とハルトは上を見上げながら微笑みました。私は黙って、何が起こっているのかわかりませんでした。 「ありがとう!君は誰でもいい、もう失敗はしない!」彼は大声で叫びました。顔には笑顔が浮かんでいました。私は何も言葉が出ませんでした。それに対して、本屋の他の客は。 「あの騒音は何だ?」金鶏のようなブロンドの髪をした少年が、ベスク語で嫌悪感を込めてあざ笑いました。 「また別の庶民が出てきたんだろうね」と、マンダリンの前髪を持つ少女が鼻で笑いました。 「本当に、気持ち悪いね」と、別の少年が四角いメガネを調整しながら舌打ちしました。 「わかんないけど、イセカイは話せないけど、侮辱はわかるわよ、バカガキたち!」ハルトは日本語で反撃しました。 「ん?犬が吠えてるの?」金鶏の少年がベスク語で尋ねました。 「知らないけど、たぶんダルトリウス大陸の下層の言葉かしら」 「お前、全部知ってると思ってたよ」 「大切な言語は全部知ってるけど、ダルトリウスの些細な言葉なんて知らないわ。たくさんあって、どれも役立たずの庶民が話してるだけだもの」メガネの少年が肩をすくめ、嗤いました。彼の冷笑に私は唇を噛みしめましたが、何もしませんでした。昔から、愚か者を黙らせるために暴力を振るうことには価値がないと学んできたのです。 「何であんな不潔な奴と一緒にいるの?」と少女がくすくす笑いました。 「じゃあ、それを直してやるよ」と金鶏の少年がニヤリと笑い、手を上げてハルトを指差しました。私は考える前に、体が勝手に動きました。記憶が正しければ、頭にあったのはひとつの思いだけでした。 守る。 「アイスランス!」金鶏の少年がニヤリと笑いながら、彼の手から氷の槍がハルトに向かって飛びました。私の方が速く、クレイモアを鞘から抜き、両手で持ち上げました。膝を曲げ、わずかに体を捻って全力を込めて縦に斬りつけました。私のクレイモアが空気を切り、氷の槍は音を立てて地面に叩きつけられ、粉々になりました。静寂が漂いました。私はただクレイモアを背中の鞘に戻し、三人のガキどもをにらみつけました。 「おおお、やばい、クラデルだ!」 「何を考えていたんだよ、彼女と戦うなんて!」 「うるせえ!お前らが勧めたんだろ!俺は彼女がいるのに気づかなかったんだ!伝説の英雄と戦うわけないだろ!」 「やばいぞ、これはヤバい!」 この調子はしばらく続いたので、私が介入しました。 「お前たち、」ベスク語で厳しく呼びかけました。 「は、はい!」彼らは一斉に答えました。 「もう二度とやるんじゃないよね?」 「は、はい!」彼らは一斉に答え、そのまま走り去っていきました。私は思わずため息をつきました。 「何を言っているかは分からないけど、何か迷惑をかけたみたいだね。助命してくれてありがとう」とハルトが小さく頭を下げました。 「気にするな。お前を死なせるつもりはなかったさ」 「ありがたいよ。でも、あれは一体なんだったんだ?うるさいのは分かるけど、なぜ殺そうとしたんだ?」 「彼らは貴族だ。ほとんどの国で貴族は支配していて、法律で制約を受けることはない。彼らはお前が庶民だと思い、殺そうと決めたんだ。ほとんどの貴族は庶民を軽蔑しているからね」 「なるほど、ここには深刻な不平等があるんだな」 「そう、とてつもない不平等だ」 「ん…教育は貴族の独占なのか?」 「そうだね、ほとんどの人は読み書きもできないし算数もできない」 「わかった、わかった」ハルトがニヤリと笑いました。あの笑みに何かが私の脳に焼き付いていきました。それはまるで私が目の前で誰かが自分の目的を見つけたように思える瞬間でした。 「なんでそれを聞くんだ?」と自分でも意外なほど尋ねてしまいました。 「神が俺をここに連れてきたって言ったろ?」 「そうだよ」 「だったら、きっと理由があって連れてきたんだろ?」 「うーん、そうかもしれない。正直なところ、俺は神様とは会ったことがないんだ。それは昔の友達から聞いた話なんだ」 「まあいいや、だってこの神様に感謝しないと、俺にもう一度チャンスをくれたからさ。この世界の不平等をなくすために頑張るつもりだ」 「…どうやって?」 「簡単だよ。俺の天性のセールススキルを使って、最高のチームを作って一般市民に手頃な教育を提供するんだ。」ハルトが笑顔で言いました。私はしばらく反応できませんでした。 「それは社会の秩序を覆すことになる。エリートが持つ力が奪われるだろう。そんなことは困難で危険だ。一生をかけるようなものじゃないよ」 「だからこそ、最初の従業員として君が欲しいんだ。まだ言葉を知らないし、超強いボディーガードがとても重要だ。ただ、君を部下としてじゃなく、仲間として、平等に、一緒に働きたいんだ。平等と友情、それが俺の新しいテーマで、この第二のチャンスの約束だよ」とハルトは私に手を差し出しました。私はそのオファーを考えることもなく、何も考えずにその手を取ってしまいました。数世紀ぶりに、他の人間の手に触れました。その手は温かく、柔らかかった。 「私の名前はクラデル、一緒に働けることを楽しみにしています」と言いました。当時はなぜか分からなかったけれど、彼に自分の名前を教えることが嬉しく感じられました。 「初めまして、クラデルさん。ハルト島月です、よろしくお願いします」とハルトは笑って言いました。 「もちろん、楽しみにしています」と私は何度も過去の数世紀で他の人に向かって言ったことを思い出しましたが、それはただの礼儀、丁寧な言い回しだけでした。しかし、この時だけは違っていました。後になって、なぜハルトと一緒に働くことを楽しみにしていたのか、本当に望んでいたのは何だったのかを理解しました Volume 1 Foreward I have lived a very long time, it is strange to think about, that a tenth of my life is a whole era to everyone else in this world. At first, it bothered me, that I would outlive everyone that I cared about. I only had one friend, one person whose life continued just like mine; while all the humans around me faded before I could become close to them. Then, a human, a strange other-world hero, befriended me. Through his friendship, I found other friends and I felt so happy I didn’t think about the briefness of human life. Eighty years later, he died and I found myself scared, scared that all my connections would fade away and leave me alone. For a good five hundred years, I avoided connections with others at all costs. I clung to his memory at all costs, even though I was just killing time. It was only after I met another other-world hero did I start to change. Because of him, I found a path forward, a path that led me to a bunch of amazing morons. That short fragment of my life changed me forever. Because of that, I finally came to a conclusion about what I should do with my existence, how I should use it to both meet new people and honour the old. Sure, it has taken fifty years of procrastination to get this volume out, but I made it in the end. Initially, I was going to write about my first human friend, Mirai the Demon Buster, and his companions, but he already has countless books about him. I suppose that’s the natural result when you slay Demon Lord Destros and help to defeat Night Empress Necros. So, I am instead writing about my other other-world friend, since there is only one other book about him and the one who wrote it was an embarrassing old otaku, although, it was illustrated by a surprisingly talented young woman. This is why I have penned this recollection, because this friend was a true hero. Sure, he never killed any demons, he never destroyed a great evil, he didn’t even save a princess. Yet, he caused a great revolution and changed the world. His name was Haruto Shimatsuki and he was the Merchant Hero. Chapter 1: First Employee In the calendar of Earth, it had been June and the sun beamed down onto the earth as the water from a nearby river simmered. Haruto walked across the bridge, sweat dripped from his brow, his white shirt was unbuttoned at the collar, a black jacket was draped on his elbow as his wispy hair frayed back and forth. ‘Damn, what was the point? Fuck,’ Haruto cursed as he looked up, he did not care about the sun’s glare. ‘How did I fuck it all up? Didn’t I work hard? Shit… If only I knew… if only I could try again. But, it’s too late for that,’ his spiel continued as he walked forward, only to end up on a bridge composed of bright red bricks. He walked off the bridge, his shoes clacked against the bricks beneath him. He did not notice the lizard man and woman who offered him skewered meat as he passed by, nor the dwarf salesmen who tried to call him to his stall, he did not even register the flirtations of the scantily clad working ladies as he marched onward. Haruto did not see the massive street market before him, he did not smell the scattershot of spices and he did not hear the deafeningly loud yelling, instruments or the crackling fire around him. Instead, Haruto continued forward, his gaze was fixed skyward at a blue sky and an oppressive sun. His gaze was still skyward whenl he stopped before an old building comprised of ashen bricks, a wooden sign with an illustration of a book sat on top of the building. Of course, Haruto did not register any of this, even as he turned the door handle and walked inside. ‘I’m home,’ He spoke in Japanese and I was pulled from the world of the book I had been reading. It had been volume sixteen of the Gardinelis Chronicle, which followed Thousand Spell Roxy and Eris The God Sword as they braved into the deep dungeon of Merlock. I happened upon it because a certain priest had asked me to look for a book that had held records about Decay syndrome and how to cure it. I found the book easy enough, but next to it was a book about the place to find the cure, deep dungeon of Merlock. This book gave all the fascinating details about Merlock; the monsters, the traps, the design flaws and the architect. Yet, it only gave a slither of detail about how it was conquered. To which, it pointed to the sixteenth volume of the Gardninelis Chronicle. I found that easily enough and started to read, but I found it a bit confusing to start from here. Hence, I spent a good five hours reading all of the Gardninelis Chronicle back up to sixteen. Actually, now that I think about it, this part does not matter too much. The important point is this grabbed my attention right away, it was the first time in a long while that I heard Japanese. The last time I had heard it was from when I first met the embarrassing otaku, who just so happened to also be in the city. It was nice to not hear it come from his stupid requests for once. Besides that, it held a special place in my heart. I closed my book and stood up, I stood a good couple of heads above Haruto. When I first met Mirai, he fell on his rump. After all, I understand that in Japan, there are no elves and my shoulder-length hair blond hair, pointy ears, and crimson eyes are something out of a story, or so I am told. To be honest, I was excepting a big reaction, like Mirai’s. Though, in fairness, it is not as if I was half naked or dressed in a sexually provocative way. I was dressed as I pretty much always am, with a white jacket, red shirt, black pants and hazel leather boots. Haruto just met my gaze. ‘Whoa, what a pretty elf lady. Am I asleep? Sure would be nice if this all was a dream,’ he said through a sigh, seemingly not only unfazed by my features, but also by the claymore sheathed on my back. When the embarrassing otaku saw it, he prostrated himself before me and begged me not to kill him. So, I must admit, I was somewhat taken aback given the expectations from my previous two encounters with other-worlders. It took a good minute before I gave my reply. ‘Excuse me young man, are you from Japan?’ ‘Yep, though I wish I was a permanent resident of dreamland.’ ‘Sorry to say, but you are not dreaming.’ ‘Oh, it’s this part of the dream huh? Alright, I’ll pinch myself and get it over with,’ Haruto pinched his chin. ‘You are not dreaming, you have been teleported to this land.’ ‘What do you mean?’ Haruto’s gaze finally seemed to no longer be focused skyward. ‘You have been forcibly brought to this land by a god, I am sorry, but you cannot ever return home,’ I winced through my words, I still can’t forget Mirai’s sobs when he learnt he would never see his parents again. ‘Really?’ ‘Yes.’ ‘I can’t go back to Japan?’ ‘I’m sorry.’ ‘And no one can ever find me here?’ ‘Not unless a god also brings them here, but they typically only summon one other-worlder at a time.’ ‘I see… I see. So I was really heard, someone or something heard me,’ Haruto smiled as he looked upwards, I was silent, unsure of what was occurring. ‘Thank you! Whoever you are! I won’t fail again!’ He bellowed from the top of his lungs, a smile on his face. I was left unable to say a word. On the other hand, the other patronage of the bookstore was. ‘What is that racket?’ A teenage boy with rooster-esque blond hair scoffed with disgust, in the Besque tongue. ‘Another commoner has probably reared their filthy head,’ a girl with a mandarin fringe snorted. ‘Indeed, how sickening,’ another boy clicked his tongue as he adjusted his rectangular glasses. ‘Look, I can’t speak Isekai, but I can understand an insult when I hear one, you stupid brats,’ Haruka retorted in Japanese. ‘Hm? Is the dog barking at me? What did he say?’ Rooster hair asked in Besque. ‘I don’t know, it is probably some lowly language from the Daltrius continent.’ ‘I thought you knew them all.’ ‘I know all the important languages, not the insignificant languages of Daltrius. There are so many and all of them are spoken mostly by worthless commoners,’ the glasses boy shrugged, his sneer made me bite my lip. However, I did nothing, I learnt a long time ago that there is no value in causing violence just to silence fools. ‘No wonder he looks so gross, he’s hurting my eyes,’ the girl snickered. ‘Then let’s fix that,’ rooster head smirked as he raised his hand and pointed it at Haruto. I didn’t think, my body moved on it’s own. From what I can recall, there was only one thought in my mind. Protect. ‘Ice lance!’ rooster head smirked as a lance-shaped glacier of ice hurtled from his palm towards Haruto. I was faster, I pulled my claymore from it’s sheath and held it aloft with both hands. I bent my knee, slightly twisted to the side and used all my power in one motion to slice vertically. My claymore hummed through the air and hurtled into the ice lance; shattering it into nothing as the claymore hit the ground with a crash of steel. Silence filled the air, I simply placed the claymore into the scabbard on my back and glared at the three brats. ‘Oh shit, it’s Kuradell!’ ‘What were you thinking picking a fight with her?!’ ‘Shut up! You encouraged me! I didn’t see her! Why would I pick a fight with a hero of legend?!’ ‘Oh shit this is bad!’ This continued for some time, so I intervened. ‘You three,’ I sternly called in Besque. ‘Y-yes!’ They replied in unison. ‘Please don’t do this again, alright?’ ‘O-o-of course!’ they replied in unison, before they scurried off. I could not help sighing. ‘I couldn’t understand a word, but it seems I caused you some trouble. Thanks for saving my life,’ Haruto gave a small bow. ‘Don’t worry about it, I was hardly going to let you die.’ ‘I appreciate it, but what was that all about? I can understand that I was loud, but why did they try to kill me?’ ‘They are aristocrats, in most countries aristocrats rule and have nothing restricted to them by law. They assumed you were a commoner and decided to kill you, since most aristocrats despise common people.’ ‘I see, so there’s some serious inequality here?’ ‘Yes, a massive amount.’ ‘Hm… Tell me, is education monopolised by the aristocrats?’ ‘Yes, most people can’t read or do arithmetic.’ ‘Alright, alright,’ Haruto smirked, something about that smirk is imprinted in my brain, even all these years later. It was as if I had just watched a man find his purpose right before my eyes. ‘Why do you ask?’ I found myself compelled to ask. ‘You said a god brought me here, right?’ ‘Yes.’ ‘So they must have brought me here for a reason, right?’ ‘I… Suppose? Truth be told, I have never met any gods. It was merely something an old friend told me.’ ‘Good enough for me, as thanks to the god that’s given me a second shot, I’m going to work on ending inequality in this world.’ ‘... And how you plan on doing that?’ ‘Simple, by using my natural sales skills to make the best damn team to sell affordable education to the common,’ Haruto smiled, it took me a second to recover. ‘That could overturn the order of society, the power held by the elite would be taken away. Such a thing would be difficult and no doubt perilous, it is not something that you spend your life doing.’ ‘That’s why I want you as my first employee. I don’t know the language yet and having a super strong bodyguard would be super important. However, I don’t want you as my underling, I know how that shit ends… I want you as my equal, as my comrade to work alongside. Equality and comradery, that’s my new theme and the promise of this second chance,’ Haruto outstretched his hand to me. I didn’t think his offer over, I didn’t think at all. Before I realised it, I had already taken his hand. For the first time in centuries, I had touched another person’s hand, it was warm and soft. ‘My name is Kuradell, it is a pleasure to work with you,’ At the time, I did not understand why, but telling him my name felt good. ‘Nice to meet you Kuradell, I’m Haruto Shimatsuki, please look after me,’ Haruto chuckled. ‘Of course, I look forward to it,’ I had often said that I looked forward to something to others over the centuries and every time it was merely a formality, a polite expression; until this point. It was not until later that I understood why I was looking forward to working with Haruto, it was only later when I understood what I really wanted.


商人英雄の記録 第 1 章: 最初の従業員 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 3
P V 数 : 1255.9
お気に入り数: 0
投票数   : 0
ポイント数 : 0

作成日時 2023-09-18
コメント日時 2023-09-19
#ビーレビ杯不参加
項目全期間(2024/04/21現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:1255.9
2024/04/21 20時17分57秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

商人英雄の記録 第 1 章: 最初の従業員 コメントセクション

コメント数(3)
天才詩人2
天才詩人2
作品へ
(2023-09-19)

Yo Aden you know what should we make next? Light novel posting and critique forum bro!!! There are equivalent one in Japanese web site which is called 作家でごはん or so on but I don't think there is big website like that in English. Just copy and paste the system from it and call it I don't know like The Castle of Light Novels or some shit. It's so genius idea that we can liberate all pre-incel or nerds around world if they wish to write the style of yours and let them flee to stupid imaginary world rest of their lives happily ever after mate?

0
ジャズ暗黒戦士魔王
ジャズ暗黒戦士魔王
天才詩人2さんへ
(2023-09-19)

0
ジャズ暗黒戦士魔王
ジャズ暗黒戦士魔王
天才詩人2さんへ
(2023-09-19)

I will scout that out.

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1