ムンクの星月夜 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

エセ詩人

いでよ、エセ詩人!

コトダマ とはよく言ったものだ。 ハキダセ と 男は言う。 おまえは誰だ? わたしは何者だ?   

湯煙

硬派な作品

萩原朔太郎や中原中也のエッセンスを感じます。

千治

体験記『呆気ない宣告』

それはあなたの現実かもしれない。

大概のことは呆気なくドラマティックではない。そうした現実の丁寧な模写が作品に厚みを増している。

ほば

世界は自由だ━不死━

わかるということ

あなたにとっては何が、その理解が起きるピースになるだろうか?

ほば

ふたつの鐘がなるころは

鐘は明くる日に鳴る! いつでもそうだ!

運営在任中に出会った多くの作品の中のベスト。決して忘れない。

yasu.na

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち(久遠恭子)

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち(久遠恭子)

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち(久遠恭子)

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち(久遠恭子)

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち(久遠恭子)

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow



作品を
別枠表示

ムンクの星月夜    

  応答セヨ   応答セヨ  さみしさがどうにもならないとき、口のなかで爆発する薄荷飴を数えて、  ひとつの動作から、もうひとつの動作へと移ろう、おれは孤立者  いままであったことのぜんぶ、経験のぜんぶを蔑すだけで、  たった1日から1週間までが消滅する、おれは孤立者  いままであったうらぎり、じぶんでじぶんを  追い放してしまったことをずっと悔やみつづけるだけの日がつづく、  そして恐怖ともにだけ、なにかを信じようとして、  それが見つからないことにいらだつゆうぐれ  ぜんぶ無意味なのかも知れない  過去をつれあいにして、  場面から場面へブロウアップをつづけるおれ  深夜の摩耶埠頭から、この新神戸まで、  走りつづける大型トラックにはどうやら、  おれの妄念を消し飛ばしてくれる短い叙情詩を書くための、  鉛筆すらもないということが、  さいきんの農家学と、  占星術師との交わりのなかで、  判明したらしく、  北斎のポルノよりムンクの星月夜の好きなおれは秋霖のない銀河で、  ジャニスの"Move Over"を踊りながら、きみときみの友人たちについて、  どうしても考えてしまう悪癖を片づけようとして、  抽斗しにある死を磨きつづけます。


ムンクの星月夜 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 12
P V 数 : 1121.1
お気に入り数: 0
投票数   : 5
ポイント数 : 0

作成日時 2023-09-18
コメント日時 2023-09-20
#現代詩
項目全期間(2024/06/25現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:1121.1
2024/06/25 04時22分55秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

ムンクの星月夜 コメントセクション

コメント数(12)
鷹枕可
作品へ
(2023-09-19)

私も、ダリのアルジャントゥイユで泣く女がとても好みです。

1
田中恭平 new
田中恭平 new
作品へ
(2023-09-19)

こんばんは。 その、星月夜、ムンク作は、好きですね。 しかし、その不安を描きつづけて、最後に慰安として描かれたのが「星月夜」だとして それは朝日などに自己の希望を見いだすとは反対で、しかし出来過ぎているのかも知れません。 しかしえてして、それがしんじつなのだからそう受けとるしかないといえますね。  ぜんぶ無意味なのかも知れない  過去をつれあいにして、  場面から場面へブロウアップをつづけるおれ その半ば、演劇的要素も挿入されつつ実際そうなのだから仕方が無い。  どうしても考えてしまう悪癖を片づけようとして、  抽斗しにある死を磨きつづけます。 その、覚悟が違いますね。それは磨く、のだからやはりナイフなのだろうと思うのですよ。 最後の磨きつづけます、で沸点がまたわっと上がる。 しかし、その星月夜、というのはタッチとして非常にメロランコリーとハイの ちょうど良い配合を得てして、ああ、ああなったちゃった作だと思うんですけれど この作中主体は非常に文体の観点からみてスピードがあり、アクティブだと言えます。 だからやっぱり、あくがれ、あこがれとしてのモチィーフとして それについて語っておきたいという考えが逡巡したのではないでしょうか。

1
中田満帆
田中恭平 newさんへ
(2023-09-19)

さいきん読書が捗らない。外的刺激が乏しいなかでひりだしたものがこれです。「だめな詩人がだめなのは詩人の書いたものしか読まぬからだ」とシオランは書いているが最近のわたしがそうで。前作『ぼくらが幽霊になるまえ』や『友だち』のようにはなってくれませんでした。もうちょっと外部の世界に接続してみようとおもいます。

2
中田満帆
さんへ
(2023-09-19)

昔はもっと情景があったはずだのに、最近は観念的過ぎてしまい、じぶんでも納得はしてません。べつのジャンルに眼をむけるなり、ちがうことをやらないと頭打ちですね。『帆』聴いてくださってありがとうございます。

1
m.tasaki
作品へ
(2023-09-20)

こんにちは。 ムンクも「星月夜」という絵を描いていたあは知りませんでした。不勉強でした。 個人的には「叫び」よりもこちらの絵の方に美しさを感じます。 ムンクは幻覚や幻聴に悩まされていたと聞いていますが、この詩は作者の内にある孤独や後悔や恐怖を、その絵に託しているのですね。 冒頭の 「応答セヨ  応答セヨ」 がとても印象的でした。 このような表現方法もあるのかと、勉強になります。 また、 「いままであったことのぜんぶ、経験のぜんぶを蔑すだけで、  たった1日から1週間までが消滅する、おれは孤立者」 というところも、孤独の深さを巧みに表していると感じました。 そして、 「おれの妄念を消し飛ばしてくれる短い叙情詩を書くための、  鉛筆すらもないということが、」 というところに深い絶望が描かれているようなのですが、末尾の 「抽斗しにある死を磨きつづけます。」 の1行を読むと、その絶望の中に何らかの美しさを見出しているようにも感じます。 己の内面を巧みに描き出している秀逸な作品だと思います。

1
中田満帆
作品へ
(2023-09-20)

改稿の試み)  さみしさがどうにもならないとき、口のなかで爆発する薄荷飴を数えて、  ひとつの動作から、もうひとつの動作へと移ろう、おれは孤立者  いままであったことのぜんぶ、経験のぜんぶを蔑すだけで、  たった1日から1週間までが消滅する、おれは孤立者  いままであった裏切り、じぶんでじぶんを  追放してしまったことを悔やみつづけるだけのときがつづく  そして恐怖ともにのみ、なにかを信じようとして、  それが見つからないことに苛立つゆうぐれ  ぜんぶが無意味なのかも知れない  過去をつれあいにして、  場面から場面へブロウアップをつづけるおれ  深夜の摩耶埠頭から、この新神戸まで、  走りつづける大型トラックにはどうやら、  おれの妄念を消し飛ばしてくれる短い叙情詩を書くための、  鉛筆すらもないということが、  ちかごろの農家学と、  占星術師との交わりのなかで、  判明したらしく、  ダリのポルノよりもムンクの星月夜が好きなおれは秋霖のない銀河で、  ジャニスの"Move Over"を踊りながら、あの娘とかの女の友人たちについて、  どうしても考えてしまう悪癖を片づけようとして、  抽斗の銃を磨きつづける。

0
中田満帆
m.tasaki さんへ
(2023-09-20)

少しばかり手を加えてみたのですが、やはりぎこちない作品におもえます。褒めてくださるひとには申し訳ない気持ちです。なんだか瞞しているようで。これは呻きであって歌ではない。

0
黒髪
作品へ
(2023-09-20)

経験の全部をなみすけれども、本当の気持ちは自分を愛している気持ちが充溢しています。 だから頑張れって言いたくなります。 妄念を消し飛ばしてくれる抒情詩というところはポイントとして読めると。 そんな重要なものなら、よっぽど愛しているんだろうなって。 要するに、自分の悪いところも詩も大好きだと。 そういう表現かなと受け取りました。 世界と詩とあの娘、愛するものはたくさんある。 あとは、愛されればいい。

1
エイクピア
作品へ
(2023-09-20)

「北斎のポルノよりムンクの星月夜の好きなおれは秋霖のない銀河で、」 ここがいいですね。単なる好みの表明とも違う、詩の中での位置づけ、内容的な連なりを考えた上での一行だと思いました。

0
中田満帆
黒髪さんへ
(2023-09-20)

じぶんの置かれた状況や、じぶんの嗜癖、じぶんの過去はきらいだけれども、いまの作品はなんのかんのいっても好きですよ。ただ昔よりも書くのはむつかしくなった。10個、書けたとしてそこに1個好いのがあるかないかで。もっとほかの分野に触れないとだめだ。生きているうちに愛されようとするのはたぶんまちがいの入り口のようなものなのだろうと諦観しております。

1
中田満帆
エイクピアさんへ
(2023-09-20)

実際、そんなに考えてつくった詩ではないですね。ただまあ、来年、歌集をまとめたら文藝は歌誌『帆』だけに絞って絵でも描きたいとおもってます。

0
エイクピア
作品へ
(2023-10-10)

北斎のポルノとムンクの星月夜と言う比較は興味深いと思いました。普通星月夜と言うとゴッホを思い出すと思うからです。ムンクの星月夜を見ればこの詩が分かるような気がしました。

1

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1