水の中の網 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

エセ詩人

いでよ、エセ詩人!

コトダマ とはよく言ったものだ。 ハキダセ と 男は言う。 おまえは誰だ? わたしは何者だ?   

湯煙

硬派な作品

萩原朔太郎や中原中也のエッセンスを感じます。

千治

体験記『呆気ない宣告』

それはあなたの現実かもしれない。

大概のことは呆気なくドラマティックではない。そうした現実の丁寧な模写が作品に厚みを増している。

ほば

世界は自由だ━不死━

わかるということ

あなたにとっては何が、その理解が起きるピースになるだろうか?

ほば

ふたつの鐘がなるころは

鐘は明くる日に鳴る! いつでもそうだ!

運営在任中に出会った多くの作品の中のベスト。決して忘れない。

yasu.na

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち(久遠恭子)

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち(久遠恭子)

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち(久遠恭子)

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち(久遠恭子)

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち(久遠恭子)

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow



作品を
別枠表示

水の中の網    

夜とも昼ともつかぬ青黒くいくぶん濁った水の中に目の荒い網が漂っていた。 いつの間にか俺はクラゲのようなそれでいて不定形の気持ちの悪いゼリー状の群体と化していて網はその俺を包み込もうとしている。 それに抗う俺の情念はゼリー状の体から滲み出て荒い網の目をくぐり抜けて青黒い水の中へと出ていってしまう。 俺はそれを止めようとしたが情念は俺の内に留まろうとせずに網をも俺をも無視するかのように煙突から流れ出る煙の如く網に包まれたゼリー状の俺から遠ざかってゆく。 網は情念の涸渇した俺にまとわりついて離れず徐々にこのゼリー状の体を締めつけてくるが俺は声すらあげられずやがて不定形の体は締めつけ続ける網の荒い目から絞り出されるように突出してゆきいつしか無数の触手を伸ばしたイソギンチャクのような姿と化したが無論それらは何の獲物をも捕らえることはできない。 情念の涸れ果ててしまった俺は何の抵抗もできずに網のなされるがまま締めつけられ続けいつしかちぎれて無数の切れはしとなってこの青黒くいくぶん濁った水の中を漂うことになるのだろうがそれは俺がこの水の中で気持ちの悪いゼリー状の群体と化してしまった時から定められていたことなのだろう。 俺の体がなぜこんな不定形のものになったのかわからずいつからこの水の中にいるのかも覚えていないがひとつだけわかっているのはこの網は俺の体を散り散りにした後は次の獲物を求めて再びこの青黒い水の中を漂い始めるということなのだが俺は誰にもそのことを警告できない。 なぜならその時にはもう俺は体だけでなく意識も散り散りにされてしまいこの夜とも昼ともつかぬ青黒くいくぶん濁った水の中へと拡散してしまうからだ。 それからどうなるかどこまで散らばってゆくのかそして俺を締めつけ続けるこの網はそもそも一体何なのか俺には皆目わからない。 ただ気づいたときには網は既にそこにあったのだ。


水の中の網 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 16
P V 数 : 1151.7
お気に入り数: 2
投票数   : 1
ポイント数 : 0

作成日時 2023-04-08
コメント日時 2023-04-28
#現代詩
項目全期間(2024/04/21現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:1151.7
2024/04/21 20時26分23秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

水の中の網 コメントセクション

コメント数(16)
紅茶猫
作品へ
(2023-04-08)

詩というよりは短編小説のようでした。 「俺が」網から出たい願望が、すでに出始めている千切れている事実に救いようの無さみたいなものがあって、現代社会に通底するものがあると思いました。 総じて漂っている感覚なども。 しかしながら最初から「ゼリー状の群体」ではなくて人のかたちであった方が理屈が通るような気も致しました。詩には理屈など不要なのかもしれないですが。 意識の底を探った心象風景としてあるのか、ホラー的な要素であるのか曖昧なところが良いのかもしれないですね。 少々まどろっこしい表現が続くところもあるなと思いましたが、とても丁寧に書かれている作品だと思いました。

0
m.tasaki
紅茶猫さんへ
(2023-04-08)

コメントをありがとうございます。 現代社会に通底するものがあると観ていただき、たいへん嬉しく思います。 理屈よりもイメージを先行させて書きましたので、始めから「俺」をゼリー状の群体にしてしまいました。それをどうとらえるかは読む方にお任せしようと思いまして。 思いつくままに書き進めたのですが、曖昧なところが良いと、また、丁寧に書かれていると仰っていただき、ほっとしております。

0
千治
作品へ
(2023-04-09)

こんにちは。 私は批評家ではないし、そもそも他人の作品を評価した経験が殆どないことを先に述べさせていただきます。 率直に申し上げまして、詩特有の(もちろん良い意味での)曖昧さや掴みどころのなさを活かしたとても良い作品だと思います。別の方のコメントでは現代社会に通ずるものがあるという解釈をされていましたが、そういった解釈ではなく、私は文章自体にある種の美、文芸における美を感じました。これをうまく申し上げることは私の語彙力では難しそうです。 総括すれば、解釈の自由度と文章の美を持った良い作品だと思う、ということになります。 お読みいただきありがとうございました。

0
m.tasaki
千治さんへ
(2023-04-09)

コメントをありがとうございます。 文芸における美という高い評価をいただき、たいへん嬉しく思います。 今回の詩は非現実的な内容に合わせて、敢えて読点を入れずに、だらだらとした長い文章を連ねるような形にしました。 また仰る通り、詩の内容が意味することへの解釈は、読み手の方へお任せするほうが面白くなるかなと思い、ある程度の自由度を持たせることを念頭に書きました。 良い作品と評していただき、ありがとうございました。

1
湖湖
湖湖
作品へ
(2023-04-09)

地球環境の悪化で水質汚染の網のゴミでクジラやシャチなどの海洋動物が死ぬ例が多発しているそうです。動物に住みにくい世界を人間が作っているのもそうですが、一部の強者が作った世界が人を無力化して家畜化する世界観を思いました。映画の「マトリックス」のように、ネット社会の増大はそれを思わせますし、そのなかで生きる喜びを感じられない感情の虚脱に悩まされる人類の未来を想像させました。他人ごとじゃないです。未来を良く作り変えることしかないですけどね。不気味さを上手にお書きだと思います。

0
m.tasaki
湖湖さんへ
(2023-04-09)

コメントをありがとうございます。 現代の環境の破壊と人間の精神の破壊とは、どこかでリンクしているのかもしれません。 それはどちらかが原因でどちらかが結果ということではなく、それぞれが互いに影響を及ぼし合い、負の循環を繰り返し、螺旋を描いて堕ちつつあるような気がします。 ですからこのような状況は、仰る通り他人事ではないのでしょう。一人一人が未来を良くするために、負の循環を断ち切るよう動き出さなければ、悲惨な結末が待っているように思います。 不気味さを上手に書いていると評していただき、ありがとうございました。

1
A・O・I
作品へ
(2023-04-10)

いつもの丁寧さが見て取れなかったものだからコメント欄を見させていただきました。するとコメント返しにあった、作者様のお言葉、「読点を入れずに、だらだらとした長い文章を連ねるような形」というのがすごく引っかかりました。何度も同じ言葉を繰り返す技法でもなく、ただ同じ言葉を使かってしまった印象ばかりが目に付き、これがわざとなのかわかりませんが詩としても小説としても私には推敲不足としか思えませんでした、例えば「俺」という俗称は何度も書く必要を感じませんし「ゼリー状の」と曖昧に何度もいたしたところも、ぬらぬらしているのかさらっとしてしまうのか、擬音や色形に変化を持たせる必要があるのではないでしょうか。ただこれは私個人の好みで語っておりますから、本当に気に障ったら申し訳ない。

0
m.tasaki
A・O・Iさんへ
(2023-04-10)

コメントをありがとうございます。 推敲不足な点は確かにあったと思います。 何か少し変わった文体で書いてみたいという気持ちが起こり、それに気をとられたからかもしれません。 また、曖昧ということに関しましても、読み手の解釈に任せて、好きなようにイメージしてほしいと思って、敢えて曖昧なままにしてみました。 いろいろな形を試してみたいという気持ちもあり、このような詩になってしまいましたが、言われてみれば「俺」という語は多すぎたようです。 ご指摘ありがとうございました。 尚、「いつもの丁寧さ」とはどういったことでしょう。 お教えいただければ幸いです。

0
A・O・I
m.tasaki さんへ
(2023-04-10)

私の言う曖昧は、「ゼリー状の」この物体そのものがもつ曖昧のなかにもいろいろな姿があるのではないか、それをえがくとより読み手さまにより沢山の感情を思い出を抱かせることがかなうのではないか、曖昧であるからといって読み手様にに想像を丸投げにしてないだろうかという意味です。 あとご質問にあったいつもの丁寧さというのは、そうですね、tasaki様の詩は行や連で細く区切られているのだが(違うものがあったらすいません)、それでも続けて読んでも違和感のない、きれいに読める理解できる作りをしていらっしゃると思って私はみていたわけです。それは意識して削ったわけではなく、何度も積み重ね染み付いているものだと思うが。しかし今作品は挑戦ということなのか、ちょっとした小説の形を取りながら、その列に組まれた言葉たちが思ったまま書かれ、それら言葉たちの姿を確認する所作、これは自分の詩なのだという大事さ丁寧さを殺しているのではないかと、残念に思ったのです。

0
m.tasaki
A・O・Iさんへ
(2023-04-10)

ご返信ありがとうございます。 自らを省みるということはなかなか難しいことなので、いろいろとご指摘くださると非常に助かります。 今後の詩作に反映させてゆこうと思います。 ありがとうございました。

1
田中恭平 new
田中恭平 new
作品へ
(2023-04-27)

おはようございます。はじめまして。 一読、カッコいい、クールな作品だと思いました。 私はその、変身願望これはあるんですが、この作品では「変わりたくないのに変わっちゃう」 それは環境が強いる、ことかも知れませんが 思い返してみますと、私も環境、場所によって自分を変えていますね。 それはそうせざるを得ないから、なのか、私は心理学に暗いのでわかりませんが 二読、三読して 意識さえも、これ「散り散り」になってしまったらば、その主体の「言葉」は どうなってしまうのか。 多分、それは意味不明のものになるだろうと。 ですから、この語りはその変身状態が解かれた、終えられたあとに成立するだろうと。 すいません、間違っていたらすいません。 なんだろう、もっとこの作品は色々な方の意見を聞いてみたくなります。 ありがとうございました。

0
m.tasaki
田中恭平 newさんへ
(2023-04-27)

コメントをありがとうございます。 カッコいい、クールとの感想をいただき、恐縮しております。 変身願望や意識が散り散りになったときの言葉については特に考えていませんでした。 色々な受け取りかたや感想を知りたかったので、想定していなかったコメントをいただき嬉しく思います。 ありがとうございました。

0
黒髪
作品へ
(2023-04-27)

クラゲのイメージが読んでいて心に落ち着きを与えてくれると思います。興奮を鎮める。それと同時に、読者は「俺」という意識を感じることになり、意識に同化したり、また別に客観化してみることになると思います。「俺」の陥っている状況の特殊さとその意識の普遍性(誰でも共感し、自分の中にあったもの、あるものだと思うこと)が、絶妙な読詩体験をもたらします。これは工夫されている、アイディアと文的独創性もある詩で、とても記憶に残ります。

0
m.tasaki
黒髪さんへ
(2023-04-27)

コメントをありがとうございます。 アイディアと文的独創性もあるとの感想をいただき、たいへん恐縮しております。 今回の詩は、実はテレビで見た草間彌生の網の色紙絵からイメージした情景が元になっています。 デザイン的な絵ではなく、とても幻想的な感じのする色紙絵でした。 また、私は詩で「俺」という一人称を殆ど使わないのですが、今回は湧いてきたイメージに「俺」という言葉がしっくりくると感じて使ってみました。 それが結果的に良い効果をもたらしたのなら嬉しいです。

1
三浦果実
作品へ
(2023-04-28)

「俺」の状態をテキストから想像すると、この長さの独白がどうしても「俺」の心情とアンバランスな読後感です。状態が陰鬱であればあるほど、言葉数が減るように思ってしまうんですが、カオスになればなるほど饒舌になるのもあり得ますね。でもその場合は、もっと意味不明な語になると思うんですよね。ちょっと中途半端で、完成度が低いように思いました。

0
m.tasaki
三浦果実さんへ
(2023-04-28)

コメントをありがとうございます。 この詩では語り手である「俺」は、情念の脱け殻であるため、その心情を敢えて考えずに書きました。 ひとつの文を異常に長くすれば、異様な状況を強調できるかと思ったのですが、どうやらあまりうまくいかなかったようです。 もっといろいろと考える必要があるようです。 ご指摘ありがとうございました。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 1