作品投稿掲示板 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

エセ詩人

いでよ、エセ詩人!

コトダマ とはよく言ったものだ。 ハキダセ と 男は言う。 おまえは誰だ? わたしは何者だ?   

湯煙

硬派な作品

萩原朔太郎や中原中也のエッセンスを感じます。

千治

体験記『呆気ない宣告』

それはあなたの現実かもしれない。

大概のことは呆気なくドラマティックではない。そうした現実の丁寧な模写が作品に厚みを増している。

ほば

世界は自由だ━不死━

わかるということ

あなたにとっては何が、その理解が起きるピースになるだろうか?

ほば

ふたつの鐘がなるころは

鐘は明くる日に鳴る! いつでもそうだ!

運営在任中に出会った多くの作品の中のベスト。決して忘れない。

yasu.na

良い

シンプルに好き

あっす

パパの日曜日

パパの日曜日

いい

明林

終着点

生きる、その先に死地はない!

美しくさわやか、そして深い意味が込められたシーン、均衡の取れた心情と思想、強い意志で最終連へと迫る引き締まった展開、我が胸にこの詩文を抱いて!

yasu.na

九月の終わりを生きる

呼び覚ます声

夏の名残の暑さが去ろうとする頃、九月の終わりになると必ずこの作品のことを思い出す。

afterglow

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

るる

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち(久遠恭子)

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち(久遠恭子)

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち(久遠恭子)

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち(久遠恭子)

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち(久遠恭子)

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち(久遠恭子)

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow



詳細設定を開く

6階の窓から外を見た

 伊藤正騎
 4   519.9   0   1 

6階の窓から外を見た 白いおじさんと黒いおじさんが 横断歩道ですれちがう ふたりは昔幼かった ふたりは昔話していた ふたりはかつてすれちがっていた 言葉も交わさないまま 今日は日が差していた 春か夏かの境目で ビルの事務所ではグレーゾーンを......


現代詩 歌誌帆掲載応募 縦書き
作成日時 2024-05-05

どうでもいい

 Tダブシャイン
 2   451.3   1   1 

どうでもいいから歌った どうでもいいから言葉にした どうでもいいから苦しいわ どうでもいいから”どうでもいいから”を今日も使うわ どうとでもなれと思っても どうにもならない毎日を生きては どうしようとか考えて どうにかなっちまいそうだ ......


現代詩 歌誌帆掲載応募
作成日時 2024-04-16

ひとり

 亜美
 4   650.2   1   0 

心が通わないふたり 逆らい足掻いた衝撃の分遠くなる 確かめ愛、綺麗じゃない心、重なる嘘 なのに 終わったのに 戻らないのに あなたのことで溢れそうです またをください ......


現代詩 歌誌帆掲載応募
作成日時 2024-03-25

星泣

 テイムラー隆一
 2   285.6   0   0 

星を眺めながら ただ雨に打たれた 静かな風に揺れる草原(くさはら) 浮遊する宝石たちから滴り落ちる雫 その雫に体温は奪われど 心は氷りつくことがなかった 8月の夜空の中 秋の風にススキと同じように ただ身を任せ 冬の短い暗がりの夢に浸......


現代詩 歌誌帆掲載応募
作成日時 2024-03-02

花の貴女。

 有羽
 3   274.5   1   0 

ある日君は突然花に成った。僕の手の届かない存在。貴女はまるで天女。その美しい眼差しに見つめられると心臓が熱くなる。私は貴女に恋をした。貴女の香りは私の神経を刺激していき、狂わせていく。恐ろしい毒。まるで薔薇のように美しく残酷。だからこそ恐れ多く、美しい。そんな......


現代詩 歌誌帆掲載応募 縦書き
作成日時 2024-04-01

 有羽
 1   344.0   0   0 

春になるとあなたを想い出す。ふと視界の隅に映る黒髪のあなたを想い出し、もう逢えないと嘆き、散りゆく桜を見る私。ああ、あなたはもうこの世に居ないのね。ああ、あなたもう逢えないのね。この気持ちを握りしめて、私は今の世を生きる。 ただ、それだけの日々よ。......


現代詩 歌誌帆掲載応募 縦書き
作成日時 2024-03-28

白鳥の顧み

 YOROINO
 1   434.2   1   0 

モヤにかかったこの視界 どんどんと棉に吸い込まれる 吸い込まれた先は何もなくて 恐怖で溢れているがそれは綺麗だった 棉を背にして朝暗い水色に向かって歩く ふと振り返ると白鳥が自分とは違う方向を飛んでいった 悲しいようなわからないような 自分が......


現代詩 歌誌帆掲載応募 縦書き
作成日時 2024-03-14

平安時代の今の春

 内田
 6   640.3   0   1 

約束からひとつ花を抜いて、せせらぎにそってほどける階段と平行に車が歩く 冬の始めに、なこが子を生んだ。その子が誰を見てもちち(父)と言うからみんなで笑った 今、花やすっかり面白味を欠いたのっぺりとした春の雲がある。寒さは思考を抽象的にするのかもしれない。冬......


現代詩 歌誌帆掲載応募
作成日時 2024-03-09
投稿作品数: 84