ブランキーブランキーブランキー - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

真清水るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち❤️久遠恭子

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち❤️久遠恭子

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち❤️久遠恭子

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち❤️久遠恭子

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち❤️久遠恭子

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち❤️久遠恭子

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

ブランキーブランキーブランキー    

 今にも雨が降りだしそうな声色だったから傘の代わりに嘘をさしてみたんだ。 『昨日さ、冷蔵庫から恐竜がぬけだしてきたんだけど』  もちろん、冷蔵庫に恐竜なんかいる訳もなくて昨日観たB級映画より脈絡もないハリボテだったから雨を遮ることなんて出来なくて、濡れねずみになった。 ……嘘です。あんまり冷たい声音だったから、毛布の代わりに嘘をかぶせたんです。 『あなたのことを皆んなが愛してるよ。愛こそすべてだ』  もちろん、愛こそすべてな訳もない。ニュースでは男が楽に死刑にして欲しかった、なんて求愛の言葉を吐いたが安っぽくてうさんくさいから売れやしない。無償の愛は今日も有償で取引きされている。銘柄はcamel。毛布の代わりに嘘を被せたら燃え尽きた。 ……嘘です。あんまり熱っぽい声色だったから、嘘の代わりに灰をかぶせたんです。  灰被りの魔法。でも午前0時まで、ひと呼吸。灰は灰で嘘に塗れただけだった。握りしめたり、手放したり、毛布をかぶった濡れねずみは灰に塗れたまま夜の街に躍りでた。風に毛布がさらわれたとき、そこには濡れねずみの姿はなく、灰が巻かれて散っていった。  ブランキー、お前は街角で死ぬだろう、だから

scroll


作成日時 2022-05-08
コメント日時 2022-06-03

ブランキーブランキーブランキー ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 10
P V 数 : 1064.2
お気に入り数: 4
投票数   : 4
ポイント数 : 117
#現代詩 #縦書き #受賞作
項目全期間(2022/08/10現在)投稿後10日間
叙情性3131
前衛性1010
可読性55
エンタメ1111
技巧2020
音韻1010
構成3030
総合ポイント117117
 平均値  中央値 
叙情性15.515.5
前衛性55
可読性2.52.5
 エンタメ5.55.5
技巧1010
音韻55
構成1515
総合58.558.5
閲覧指数:1064.2
2022/08/10 19時50分43秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

ブランキーブランキーブランキー コメントセクション

コメント数(10)
つつみ
作品へ
(2022-05-08)

とても久しぶりに、ノートに書き写すくらい好きな詩でした。何度も何度も読み、色々と思いめぐらせて楽しいです。 「嘘」の比喩として、傘、毛布、灰が出てきますが、1ヶ所だけでなく、他の連にも再び出てくることで、「嘘」についてより深く考えてしまいました。 「嘘」をつく度に、濡れて、燃え尽きて、灰に濡れて、最後は散ってしまう。これは嘘をついた方もつかれた方にもあり得ますが、私は嘘をついた側で読みました。 しかし、決して悪意のある嘘ではない。 雨が降りだしそうな声色が泣きそうな声、冷たい声はそのままの意味で、熱っぽい声色って怒ってる声だったとして。 私はそういう人に対して嘘をつくことが多かったです。悪意はないが優しさでもない。自分を守るためです。 しかし、ここ最近、そういう苦し紛れの嘘をつくことをやめました。傘や毛布の代わりに嘘をつくことは、自分を傷つけることだったから。 今はどうしているかというと、「何も言わない」という対応です。例え相手が、嘘でもいいから傘や毛布代わりの言葉を求めていたとしてもです。 最後のシンデレラの魔法のように、一瞬は相手の感情を抑えるための嘘だったとしても、それは傘でも毛布でもなく、ただの灰で、少し風が舞っただけで消えてしまう。または、その嘘が相手を、自分自身を燃やして、消え去ることもある。 個人的な感想でしたが、そのようなことを考えました。

抒情:30 前衛:10 可読:5 エンタメ:10 技巧:20 音韻:10 構成:30  
0
黒髪
作品へ
(2022-05-08)

死刑にしてほしい男などに対し、倫理的に厳しい目を持ちつつも、嘘です、と優しい言葉もかける。その両方がある。 現代的な洗練さと、個人のつくり上げてきた知恵および優しさ、 生得の心を誠実に扱っていること、などが表れている詩であると思います。 意味的な展開を見事に見せており、使われている言葉も素晴らしいと思いました。 このような世界の中で住んでいる人間は、素晴らしい感情を持ってお互いにそれぞれ 生きているでしょうね。そんなことを感じさせられました。詩というものの、 良い形だと思います。

0
森石 州未州
森石 州未州
作品へ
(2022-05-09)

浅井健一が耳元でささやいてくるような作品でした。 こういう世界観好きです。 ただ言葉のセレクトという点において、 ハードボイルドに持っていきたいのかウェットでソフトな路線なのか、 くっきりさせたほうがわたしはより好きです。

0
ほば
つつみさんへ
(2022-05-12)

ひとは兎角、真実か角を立てない選択肢のどちらかを選ぶものなのでしょうかね。嘘ってなんだろう。よく考えます。自分が楽になるための嘘や、これだけは人に知られたくないこととか、人のためとか。出来れば詩では嘘をつきたくないなぁ、と思うこの頃です。

1
ほば
黒髪さんへ
(2022-05-12)

色々と反社会的な許されないことをニュースなんかで観る時、駄目だなこいつ、という気持ちとそうなるに至った道筋を考えてしまう事があります。もちろん、それで無罪な訳もないけど。そうした気持ちも忘れずに生きていきたいと思ってしまいますね。

1
ほば
森石 州未州さんへ
(2022-05-12)

ブランキージェットシティ…懐かしいさ、すらかんじますね。どうもハードボイルドに徹しきれない、自らが出てしまったようです。チャンドラーやハメットのようにはいかんようです。

0
三浦果実
作品へ
(2022-06-01)

この世界観はマンションポエムらしさがあってよい。言葉の意味とそれを使う意図の差、ズレ方にこそ散文の手法による煌めきがある。大嘘つきな私の表現はそれをコアとしていて、この作品には好感を持った。一票入れます。

0
紫陽花
紫陽花
作品へ
(2022-06-02)

最初の二行にやられてしまいました!

0
ほば
三浦果実さんへ
(2022-06-03)

話は逸れるがマンションポエムは知る限りにおいて、名前であり販売するためのマンションを不思議なことに排除するかのようなものを感じます。さらに考えるとあれはマンションのある土地とそこに住む人のイメージを演出しているように思います。はて?何を書きたかったのかを忘れてしまった。あぁ、つまり、言葉なんて簡単に信じちゃいけないよね、かな。なにが嘘で何が本当か。イメージの焦点を散文でずらしていく。グラデーションするみたいにじりじりと。注意ぶかく信用しないで、でもたまには騙されたくもあるのが矛盾だよなぁ。

0
ほば
紫陽花さんへ
(2022-06-03)

やったぜ!サンクス、ありがとう

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 3