アルディの写像 - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

こっちにおいで

たれかある

たそがれに たれかある さくらのかおりがする

真清水るる

時の名を考える

奇妙な味わい

時の名前、おもしろい発想です。黒髪ワールド炸裂です。

yamabito

声明 流木から

詩人の生きざま

言葉と詩に、導かれ救われ、時に誤りながらも、糧にしていく。 赤裸々に描写した生きざまは、素晴らしいとしか言いようがない。

羽田恭

喘息の少年の世界

酔おう。この言葉に。

正直意味は判然としない。 だが、じんわりあぶり出される情景は、良い! 言葉に酔おう!

羽田恭

魔法はある 犬ver

うまいと感じました(内容は15禁)

レスが少ない順から眺めていったんですが、埋もれてましたので掘り出しました。

yamabito

誰かがドアをノックしたから

久しぶりにビーレビ来たんだけどさ

この作品、私はとても良いと思うんだけど、まさかの無反応で勿体ない。文にスピードとパワーがある。押してくる感じが良いね。そしてコミカル。面白いってそうそう出来ないじゃん。この画面見てるおまえとか、そこんとこ足りないから読んどけ。

カオティクルConverge!!貴音さん

あなたへ

最高です^ ^ありがとうございます!

この詩は心に響きました。とても美しく清らかな作品ですね。素晴らしいと思いました。心から感謝申し上げます。これからも良い詩を書いて下さい。私も良い詩が書ける様に頑張りたいと思います。ありがとうございました。

きょこち 久遠恭子

これ大好き♡

読み込むと味が出ます。素晴らしいと思います。

きょこち 久遠恭子

初恋

輝き

海の中を照らしているのですね。素晴らしいと思います☆

きょこち 久遠恭子

アオゾラの約束

憧れ

こんなに良い詩を書いているのに、気付かなくてごめんね。北斗七星は君だよ。いつも見守ってくれてありがとう。

きょこち 久遠恭子

藤の花

紫の香り

少し歩くと川の音が大きくなる、からがこの作品の醍醐味かと思います。むせかえる藤の花の匂い。落ちた花や枝が足に絡みつく。素敵ですね。

きょこち 久遠恭子

冬の手紙

居場所をありがとう。

暖かくて、心から感謝申し上げます。 この詩は誰にでも開かれています。読んでいるあなたにも、ほら、あなたにも、 そうして、私自身にも。 素晴らしいと思います。 ありがとうございます。みんなに読んでもらいたいです。

きょこち 久遠恭子

犬のしっぽ

カッパは黄色いのだから

良く目立ちます。 尻尾だけ見えているという事ですが、カッパには手足を出す穴がありますよね。 フードは、普通は顔が見えなくなるのであまり被せません。 それを見て、僕はきっと嬉しかったのでしょう。健気な可愛い姿に。ありがとうございました。

きょこち 久遠恭子

あなたのために

永訣の詩

あなたが出発していく 光あれ

羽田恭

十月

あなたには「十月」が足りていますか?

もし、あなたが「今年は、十月が足りてない」と お感じでしたら、それは『十月の質』が原因です。 詩の中に身を置くことで『短時間で十分な十月』を得ることができます。この十月の主成分は、百パーセント自然由

真清水るる

だれのせいですか

どんな身体でも

どんな自分であっても愛してくれるか、抱きしめてくれるか、生きてくれるか SNSできらきらした自分だけを見せてそんな見た目や上辺で物事を判断しやすいこんな世の中だからこそ響くものがありました。例えばの例も斬新でとても魅力的です。

sorano

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

ほば

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

アルディの写像    

唇にクチナシ。雨に濡れた睫毛は君がついた嘘。 首筋には蝶々がへばりついて、行く先の定まらない視線の向こうでは、 カインの剥製がまた喧騒に揺れている。 砲弾の傍らに横たわるのは男娼で、 彼の官能が真実の一つだったとしても、 今やもう誰も目を向けることはない。 朝露は誰の下にも訪れる来客。 つゆを持て成す人にだけ、未来は保護される。 プラットホームから立ち去ったのは、 かつて虚飾の街で救世主と呼ばれた男。 だが骸が生身の現実になった今となっては、 もう僕は彼を追いかけない。 君の落とした貨幣の数々が、 みなしごのために使われなかったとして、 それでも喪失した人々の残り香を、 君が手元に置いているのならば、 頬をなでる涙も嘘ではなくなる。 唇からは蜜。 花弁が裂かれ、虫の寝息でさえ途切れる頃、 僕は部屋を出ていく。 アルディの標本が粉々になる前に。

scroll


作成日時 2022-05-01
コメント日時 2022-05-15
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

アルディの写像 ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 10
P V 数 : 1036.1
お気に入り数: 0
投票数   : 2
ポイント数 : 0
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2022/05/21現在)投稿後10日間
叙情性00
前衛性00
可読性00
エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合ポイント00
 平均値  中央値 
叙情性00
前衛性00
可読性00
 エンタメ00
技巧00
音韻00
構成00
総合00
閲覧指数:1036.1
2022/05/21 02時08分17秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

アルディの写像 コメントセクション

コメント数(10)
田中宏輔
田中宏輔
作品へ
(2022-05-02)

頬をなでる涙も嘘ではなくなる。 ほっとしました。

0
stereotype2085
田中宏輔さんへ
(2022-05-04)

田中宏輔さん、コメントありがとうございます。ほっとしたということは、この詩全体を覆っている危機的な情緒を感じ取ってくれたからでしょう。余談ですが「風は、失明した」やこの「アルディの写像」は本当に綺麗な詩ですし、クオリティ、深みとも万全だと個人的には感じるのですが、コメやPV数を見る限り、なかなかみなへ届かないんだな、と少し寂しく残念な気持ちを抱いています。あくまで僕個人による僕の詩へ向けた評価でしかないのですが。余談でしたね。

0
ねねむ
作品へ
(2022-05-05)

拙文お許しください。 一連目、二連目で綴られる「今やもう」、「かつて」と男娼あるいは、救世主が過去のものになっていると綴っておられます。 まず、どちらの連も表現の大変美しさが印象的でした。 過ぎ去ったものとして、美しいものあるいは権威あるものが描いておられることで、表現の美しさがより響く様に思いました。 過ぎ去った過去は、筆者様の過去への喪失を描かれたのでしょうか。第三連で再度登場する「君」はキーワードの様に思いました。「君」との過ぎ去った過去への思いを綴られたのかもしれないなあ、なんて愚考しておりました。すいません。 第三連で展開が変わられるように思います。 第一連の「雨に濡れた睫毛」は第三連の「頬をなでる涙」と重なる様に思います。 第一連ではそれは嘘であると綴られ、 第三連では >それでも喪失した人々の残り香を、 >君が手元に置いているのならば、 「嘘ではなくなる」 と綴っておられます。 失われたものは第一連の男娼、あるいは救世主をまずは想起するのですが、もしかすると筆者様ご自身の事をさしておられるのかもしれないなあ、なんて思って読ませていただいておりました。 まだ「君」が筆者様の事を思いの片隅にとどめてくれているならば、という事になるでしょうか。 第三連は、「君」が中心である事は間違いなく思われます。そして、筆者様と「君」との関係性を愚考しておりました。 それを踏まえての第四連という事になるかとは思いますが、 「僕」は部屋を出ていく。とう行動をとられます。 新たな場所への移動、新たなステージへと「僕」が向かおうとすると読むのが一般的かとは思います。 「君」との決別とも思ったのですが、「僕」は「君」への思いを抱えたまま、どこか新たなステージを目指される印象を、第三連の流れからは受けました。 最後「アルディ」というタイトルにも使われる単語が出てきます。 恥ずかしながら調べた範囲で私には「アルディ」という言葉の意味を調べきることができませんでした。 作者様の作られた言葉かもしれません。いずれにせよ、インパクトを残す単語ですよね。 これも私の頭が固まってしまっているのか「君」と「僕」の関係性で読んでしまいます。 思い出が粉々になる前に。粉々になることはない様に私には思えたのですが、色褪せてしまわないうちに。色鮮やかなうちに、との意味で読ませていただいておりました。 「君」と「僕」との関係性で作品をどうしても読んでしまいました。「危機的な情緒」と仰る筆者様のコメントも印象的でした。 作品通じて、筆者様が仰る通り美しい表現で綴られており、それだけで十分にお腹いっぱいになれる作品だと思いました。 こんなことしか書けなくて本当にすいません。 素敵な作品に対して全くの拙文で申し訳ないです。 素敵な作品を読ませていただいた事に心から感謝いたします。

1
stereotype2085
ねねむさんへ
(2022-05-13)

ねねむさんへ、コメントありがとうございます。返信遅れました。素晴らしい読解感謝です。君と僕との関係性で読み解くのもある意味正しいと思います。ただこの場合「君」が何を指すのかが重要になってくるように思います。君、は文字通り恋い慕った異性なのか、それとももっと大きな意味合いで、郷土とか国土とかあるいは地球という概念そのものなのか。そこで読み方は違ってくると思います。ダブルミーニング的に読み解くのも面白くて、僕個人としては恋人としての君、かつて理想的だった「世界」としての君、どちらにも読み取れて僕自身とても気に入っています。何れにせよ、なかなか陽の目を見なかった今作に最大級の賛辞と評価付与してくださり嬉しいです。 ちなみにアルディとはアルディピテクス・ラミドゥスという猿人の名前で初めて二足歩行をしたということです。そうなると更なる広がりを感じますよね。あとタイトルは写像ではなく、シンプルに肖像がよかったかな、とも思っています。

1
エイクピア
作品へ
(2022-05-14)

アルディと言えば、人類史の起源と言うか、古い時代へのアルカディア的感情が湧きたつのですが、この詩で出て来るカインのはく製とは象徴的です。みなしごが泣いて居るわけではないのかもしれませんが、唇からの蜜は、誰か花の蜜を吸おうとしたのか、その行為にこの詩の秘密が隠されているような気がしました。

0
ささら
ささら
作品へ
(2022-05-15)

 好きな人に対して自分だけが成長してしまい、その人の元を去るのはこんな感じだろうかと思いました。自分が変わってしまったのか相手が劣化したのかはわかりませんが、その惜しむ気持ちと(人に対する)郷愁とを醸し出してるのがすごいです。好きな人が決定的に身を崩すまえに部屋を出ていくのも納得です。  アルディが猿人と聞いて、私はSFも想像しました。地球の環境破壊が進んでもう住めなくなるというなか、地球を発つ際に、猿人の頃から(カインが最初の殺人を犯してから)現在までに連綿と築かれた人類文明(あるいは地球)に宛てて読まれる、というようなシチュエーションです。

0
アポロン
アポロン
作品へ
(2022-05-15)

観念的な語り口で、この世の儚さとかを語られてますね。 官能そのものに真実はなく、官能に絡む心に真実がある気がします。 救世主も、本当に他人のことを思ってた人は、比較的長く人々の心に残る気もします。

0
stereotype2085
エイクピアさんへ
(2022-05-15)

エイクピアさん、コメントありがとうございます。蜜とは何であったか、に着目していただけて嬉しいです。蜜の箇所、実は血にするかどうかで悩んだのです。甘い蜜、誘惑にも近い何か。同時に、聖書には「口に蜜する者の言葉に耳を傾けてはいけない」とあったはずです。甘言、耳に聞こえのいい言葉。そういう意味もこの蜜には含まれているのかもしれません。

0
stereotype2085
ささらさんへ
(2022-05-15)

ささらさん、コメントありがとうございます。お見事。ほぼ完ぺきに近い読解。完ぺきな読解というものが、詩に存在するのかは謎ですので、僕の意図したところを限りなく汲み取ってくださったという印象です。環境破壊や戦争、果ては激しすぎる貧富の格差。朽ちかける資源を前にして、もう地球とさよならする、地球に存在する文明圏から別れて次なる時代へ、というニュアンスもこの詩には含まれています。部屋とは自室でも、仕事部屋でもなく、地球という概念そのものだったのかもしれません。

1
stereotype2085
アポロンさんへ
(2022-05-15)

アポロンさん、コメントありがとうございます。官能に絡む心に真実。深く鋭いですね。官能そのものはただの肉体的快楽であり、それを奪い合い、競い合って疲弊したり、あるいは分かち合い、満たされ合って、近づいたり遠のいたりする心。そしてその心の仕組みにこそ真実があるのかもしれません。感情というものは果たして個人的なものなのかどうか、というテーマについても、YouTube「夕ステ」にて話すこともあるでしょう。それはきっといい機会になるはずです。謎を紐解くための。

0
ログインしてコメントを書く
ログイン







新規ユーザー登録はこちら

パスワードを忘れた方はこちら

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン
推薦文を書く

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2