浅草旅行にて - B-REVIEW
新規登録
ログイン
PICK UP - REVIEW

死んだベテルギウス

衝撃を受けました

ベテルギウス。まずそれに注目する感性もですが、詩の内容が衝撃。 猫。木。家族。犬(のようなもの)。女の子……。など、身近にあふれている極めて馴染み深いものベテルギウスというスケールの大きいものと対比されているように感じられました。

二酸化窒素

七月の雨

ずっと待っていた

渇いた心を満たす雨に満たされていく

afterglow

桃太郎の神殿

幻想的な具体、具体的な幻想

時刻、刻々、刻むということは生きるということである。生きる、生まれる、死を予感する全ての事象が望む新たな幻想、書かれるべき詩、読まれるべき詩がここにある。

狂詩人

優しい人が好き

淡くうかびあがる差異のせつなさ

自分にとって「優しい人」と他者にとって「優しい人」は同じ「優しい人」だろうか。同じ言葉を使っていながら思いうかべるものは同じだといえるだろうか——

沙一

死ね、ニュートン

こいつはいい

こいつはいいよ。文体とイメージは翻訳ランボーの剽窃だが詩の勢いはホンモノ。

豆大福の日

ひとつ私に くださいな。

仮に、お伽噺のような平和があるとしても 敵は、存在するする。人には 雉、猿、そして犬のようなタイプの人のように個性が色々であっても、共通する敵が いる。敵に勝つために、もっとも大事なことは、共通する喜びに きがつくこと

真清水るる

ひらいて、とがって

ひらひらとひらかれひかれて

ひざこぞう、に出逢ってください。そして手をのばして作品の言葉にためすすがめつ、触れてほしい。

帆場 蔵人@⚰

薬売り

胡散臭さがたまらない

怪しいものや不思議なものが好きな方におすすめしたい、世にも奇妙な掌編——

沙一

書かざる言わざる、雄弁に水銀を

黙って笑ってろ、沈黙は金

これを見ているあなた、恥ずかしくはないんですか? 答えられないのですか。 なんでですか。 理由があるという訳でもないのですか? ああ、そうか。 全部、冗談だというのですね。

鳴海幸子

夏は夜。月のころはさらなり

田舎の夜道は暗くとも、恋は華やかで明るい——

沙一

あなたとどんぐりとハナミズ……

悪意のないホローポイント弾

ここには○○の残酷さが描かれている。 ○○が何なのかは、読めばわかる… …かもしれないし、わからないかもしれない。 感じ方は「人それぞれ」だから。

R

祖父の痕跡

黙想を貫いた彼が最後にみたものは…

祖父の遺物が並んだ「私」だけの世界… 彼の深層に踏み込むべく「私」は宝物箱に触れてしまうのか…祖父とは一体何なのか…

つつみ

直列つなぎ-うんこ!!(……

青春の現代詩

青春はいつも、エロくて汗臭い。そして切ないけど優しいところもあり、美しい瞬間もあるけど、昆虫たちも僕らも命を捨てて夫婦になることを受け入れる。それが生きるということだから。個人的には、僕は飯田華子さんの紙芝居を観に行きたい。

蛾兆ボルカ

ちがう星

ピッチャーとキャッチャーみたいだね

それから時々 おなじ星

三浦果実

いつまでもあいさつをしてゆ……

伝説の流行語はここから始まった

「かきかきたぶんしない」は伝説になった。わからない人には永遠にミューズは来ない。

三浦果実

粘土

こんにゃろっというやり場のない怒れる者よ

ほの暗い系男子がたどり着いた極北のモノローグがきみにはわかるまい

三浦果実

菊の花

2020年10月の裏番長/裏大賞

これの良さがわかるまで詩を書くんじゃない

三浦果実

死んだベテルギウス

地球は退屈な諦念に埋め尽くされてる

重力に支配された地球人にはわかるまい

三浦果実

風吹き抜ける青

残酷なロマンティズムがきみにはわかるまい

そのまま生き地獄で野垂れ死にするといいという孤高の美

三浦果実

ぢんせぃ

その喪失感は夢かうつつか

ネットとリアルがボーダーレスな、デジタルネイティブ世代の感性──

沙一

潮風

潮の香りにのまれるように

不思議な気配が手招きをしている

帆場 蔵人@⚰

空の下

大自然という舞台への出奔

二人が走り出す。広大な大自然という舞台へ。

羽田恭

明るい朝の歌

明るい朝のうらには、暗い夜があった

外をみつめることが、内をみつめることにつながっている──

沙一

震え 揺れ 回る

一気に詩情が注ぎ込まれていく。 それが 震え 揺れ 回る。 詩を詠み終えても、止まらない。

羽田恭

生きるためにパイを焼く

どうしようもなく生きていくということ

ただパイを焼く。それだけなのだけれど、衒いも奇抜さもなく心にぶつかってきて揺さぶられる。

帆場 蔵人@⚰

この作品は読んだことがありません。


作品を
別枠表示

浅草旅行にて    

家族と喧嘩して有り金を握って飛び出した 安ホテルで裸でベッドに寝転び ストロングゼロ檸檬を2本開けた 投げ出された乳房は時をもて余して垂れる コロナ禍で仲見世も歯の抜けたシャッター商店街だ 外国人目当ての客引き商品が高くて寂しくなる 人通りも少ない 寂しさのなかで檸檬について考える その中二病な美しい漢字が好きだ 食べられない実は中年おんなで おぼこの私に似ている 狂気の孤独に似ている 都市のはや贄の狂人は御御御付という言葉の可愛さに泣き お味噌汁ほどの人権や生活を恋い焦がれる 青春の苦い記憶と切なさに 苦しかったにも拘らず美貌を見る 孤独な葛藤は良く生きたかったからだ 劣り、侘しいことに愛を感じる寂しさよ ヤクチュウのように酒を注入する 私の憂鬱は心だけを愛されたことだ SNSで美しい詩を書き人に愛された 私は実像と開きのあるプリクラをアップして更に好かれた ほんとの私は病を四つ持ち、コロリと肥り、外観に問題がある 嫌われる類いの病なのだ 相手の恋心が純粋だから私は罪に 心がボロ雑巾のように絞られる その人はストラディバリウスみたいな人だから 病で20年も孤独に暮らしてきた 老けたネンネの私には釣り合わないの 死にたいような生きたさは、叶わない あの人にファムファタルの夢を見せて 魔性のおんなとして罪深く 煙となって消えよう

scroll


作成日時 2021-07-05
コメント日時 2021-07-14

浅草旅行にて ポイントセクション

作品データ

コメント数 : 10
P V 数 : 939.4
お気に入り数: 2
投票数   : 2
ポイント数 : 10
#現代詩 #縦書き
項目全期間(2021/09/20現在)投稿後10日間
叙情性33
前衛性00
可読性11
エンタメ11
技巧44
音韻00
構成11
総合ポイント1010
 平均値  中央値 
叙情性1.51.5
前衛性00
可読性0.50.5
 エンタメ0.50.5
技巧22
音韻00
構成0.50.5
総合55
閲覧指数:939.4
2021/09/20 20時12分15秒現在
※ポイントを入れるにはログインが必要です
※自作品にはポイントを入れられません。

    作品に書かれた推薦文

浅草旅行にて コメントセクション

コメント数(10)
三浦果実
作品へ
(2021-07-06)

はじめまして みうらと申します 生々しい人間くさいのが好きでして、本作理屈抜きに好ましく、最後まで楽しめました。

1
まさ
まさ
作品へ
(2021-07-06)

全編通してやさぐれているのですが、 やさぐれ方が、冷静で、知的で、多角的で、かっこいいです。 檸檬や御御御付というワードとそこからの連想が素敵です。 ネットやSNS上の詩人に心惹かれることがありますが、 それを心だけの愛というのはなるほどなあ、と思いました。

1
AB
作品へ
(2021-07-06)

投稿直後におっ、と思いポイントして、後でちゃんとしたコメント入れようと考えてましたが、うまく書けません。 タイトルも、檸檬の考察も、全体の雰囲気も好きです。

1
湖湖
湖湖
三浦果実さんへ
(2021-07-06)

有り難うございます!やむにやまれず、旅先でこのサイトを見つけ、詩を書き落としてしまいました。日常ではいい淀む内容なんですけどね。苦笑

0
湖湖
湖湖
まささんへ
(2021-07-06)

有り難うございます、ヤサグレテ、酔いながら書きました!(笑)まだ旅先です!詩は心の友にしてます!心だけで詩を書くのは間違いだったのか、言行一致の必要を少し考えます。

1
湖湖
湖湖
ABさんへ
(2021-07-06)

ポイント有り難うございました。詩を書くカタルシスとコミニュケーションが好きです。音楽性のある詩を書きたいものです。

0
stereotype2085
作品へ
(2021-07-08)

お礼も含めまして湖湖さんの作品で一番好みだった当作にコメントさせていただきます。一見しただけでかなりレベルの高い手練れの書き手さんだと分かります。檸檬という漢字を二度登場させて、その中二病的な美しさが好きだと言明する辺り限りなく蛇足に近いと僕自身は感じながらも、そこが結構この詩の中核、厳密に言うとこの詩の話者たる中年女性の心情、輪郭を描くのに最適で上手い。SNSのくだりはより一層話者の淀んだリアリティが出ていて、詩全体に収縮と膨張のバランスをもたらしていますね。この詩の向こう側にいる書き手さんは物凄く虚しい侘しい生活環境にいるかもしれないのに、詩自体はそんなことを感じさせないほどパワフルだと思いました。

1
湖湖
湖湖
stereotype2085さんへ
(2021-07-08)

ドキドキ?ご丁寧に的確なコメントをくださり有り難うございました! そうなんですねー、育ちは明るくて性格は楽天的なのですが、なぜか経験が病気や犯罪にあふれ不幸も多いんです。インド好きなので旅の数奇も有ったりするんでネタには不自由しないのですが、変わりすぎていて一般の人を貫く詩の説得力、普遍性を失いがちかと危惧してます。理解の言葉で感謝します‼️

0
yamabito
作品へ
(2021-07-12)

かたくなな文書といいますか、何か決意のようなものが感じられる。好感を持ちました。

0
湖湖
湖湖
yamabitoさんへ
(2021-07-14)

ありがとうございます。かなりため込んでいたものを、思い切ったときに書いたんですねぇ。勇気をもって生きるのはでも、難しいです。

0

B-REVIEWに参加しよう!

新規登録
ログイン

作品をSNSで紹介しよう→

投稿作品数: 2